映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ブルーノ | TOP | シャッター アイランド >>

悲夢

悲夢(2008 韓国・日本)

悲夢原題   悲夢 비몽
英題   SAD DREAM
監督   キム・ギドク
脚本   ジェフリー・フレッチャー
撮影   キム・ギテ
音楽   ジ・バーク
出演   オダギリジョー イ・ナヨン
      パク・チア キム・テヒョン チャン・ミヒ

胡蝶の夢、という言葉を聞いたことがあるだろうか?荘子の有名な一編である。〜わたし荘周は夢の中で胡蝶となった。楽しく舞っていたところ、はっと目が覚めた。私は夢の中で胡蝶となっていたのか?それとも自分は胡蝶であって、いま荘周となっている夢を見ているのか、どちらが本当か私にはわからない。〜という内容で夢、現実どちらも真実で、対立するものではないという荘子の考え方を示していると評される。『悲夢(ヒム)』は、キム・ギドク監督が”胡蝶の夢”をモチーフに作り出した物語である。



別れた恋人を忘れられない男ジン(オダギリジョー)は、彼女を追いかけている途中、交通事故を起こしてしまうリ夢を見る。ラン(イ・ナヨン)は彼が夢を見るたび、そのとおりの行動を現実に行うという奇妙なことが起きていた。ランにとって別れた恋人は憎んでいる男。ジンが夢の中で昔の彼女を求めれば求めるほど、ランは憎い男と不幸な時間を過ごすはめに陥る。精神科医は、ふたりが愛し合えば問題は解決するだろうとアドバイスする。

まず戸惑うのは、オダギリジョーが日本語で話していること。他の出演者はすべて韓国語。日本語と韓国語で会話が成立しているという奇妙な設定なのだ。オダジョーが韓国語を覚えられなかったための苦肉の策と思いきや、ギドクの指示によるものらしい。これについてキム・ギドクは「夢は通訳が要らない。夢の中だと外国人とも話せるはず。夢というものは時間も空間も超えられる」と答えている。また、オダギリ・ジョーは「芝居は相手の演技に反応するのであって、言葉は関係ない。中身が動いていないのに台詞だけ喋っている役者さんと芝居するよりは、今回の方が全く問題なくやれる」という趣旨のことを述べている。オダジョー君、結構な毒を吐いてますな(笑)。

それにしても、である。
あやしげな精神科医のオバチャンはいう。

「あなたが幸せなら彼女は不幸。2人は1人なのです」

キム・ギドクの作品にジョーシキなるものは一切通用しないことはわかっている。それにしても、こんなSFチックな設定を大真面目にやられると正直言ってついていけないものを感じた。頼むから、"結局、すべて夢だった"とか、"2人は結ばれて、苦しみを克服した"というオチにしてくれるなよ...。だが、彼女が夢遊病のごとく飛び出さぬよう、2人が手錠をかけたあたりから俄然面白くなる。

死ぬのと寝るのは違う

ジンはこう語る。夢を見るというのは、まさに"心が生きている"証。まさに夢も真実なのだ。"胡蝶の夢"の精神はここに登場する。だが、これはギドク映画全体のテーマでもある。代表作『うつせみ』には「私たちの住んでいるこの世が夢なのか現実なのか誰もわからない」と語られているではないか!

キム・ギドクの作る作品は、現代映画作家の中においても非常に純文学的だ。『悲夢』はその中でもとくに難解な作品。だが、こう考えると比較的わかりやすくなる。要はあの怪しげなオバチャンが言うとおり、この2人、文字どおり1人なのだ。現実に存在しているのはジンだけで、ランは夢の存在、彼の分身。彼は"夢を見る夢"を見ていた。そう、すべて彼の夢だったという困ったオチなのである。あからさまにうたってしまうと批評家とやらが罵倒するだろうからぼかしてあるだけ。日本語と韓国語でも会話は成り立っても別に変じゃない。

ラン=ジンであるなら、ランが会っていた男は誰の象徴?そしてラストの"白い手"の持ち主は?そしてあの4人が一斉に会した場面の意味は?訳わからなくなりますが、すべて夢ならば、物語の辻褄があっている必要はない。彼らはジンの潜在意識内の何かなのだ。

『悲夢』は夢という、やっかいな領域に踏み入れてしまったため散乱気味でギドク作品の中では成功作の部類に入らない。だが、夢だからとっ散らかっていて当然と言われればそれまで。うーむ、これは究極のアート映画だ。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



2010.04.01 Thursday | 17:54 | キム・ギドク | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト


2017.03.12 Sunday | 17:54 | - | - | - |

コメント

こんにちは。
前にDVDでのみ見たのですが、映画館へはいけず。
映像の美しさと刻印が印象に残っています。
ラスト、ジンが横たわってその体から蝶が飛んでいったようなところがあったと思うのですが、(かなり忘れてます)
それで、夢だったの?と思った気がしますが。
なるほど、ジンの全ては夢でランは存在していない。そう思ってもう一度見るとまた違うでしょうね。私には難解な映画です。
2010/05/13 1:03 AM by zukka
うーん、この映画に関しては
記事で書いたように考えてようやく腑に落ちるんです。
何しろ、ギドク様が「わかりやすい映画」とのたまわれているのですから。
こんなもん、フツーの人は訳わかりません(爆)。

キム・ギドクはハズレのない監督なんですが、
『悲夢』は(彼の作品の中では)やや不出来の部類?毒も薄いし。
それでも一般的基準で観れば、十分面白いんですけど
2010/05/13 8:32 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/451

トラックバック

「悲夢」  韓国版DVD
          blue と red 、照明、美術、ふんだんに使用される韓国ならではの風景によって           素晴らしい芸術映像の...
(気ままに綴りたい。 2010/05/13 12:56 AM)

▲top