映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 第82回アカデミー賞ノミネート予想! | TOP | フローズン・リバー >>

速報!第82回アカデミー賞全ノミネートリスト

第82回(2009年度)アカデミー賞ノミネートが発表されました!

まずは大量ノミネート組のご紹介♪

9部門  「アバター」、「ハート・ロッカー」
8部門  「イングロリアス・バスターズ」
6部門  「プレシャス」
5部門(6ノミネート)「マイレージ、マイライフ」
5部門  「カールじいさんの空飛ぶ家」


Raw Video: Oscar Nominations



作品賞の有力候補といわれている作品が順当に大量ノミネートされています。作品賞は上位4本の中から選ばれることはほぼ確実。なかでも「アバター」VS「ハート・ロッカー」の線強し!皆さんご存知のとおり「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督は元夫婦!その2人が作品賞、監督賞を争うという何ともキナクサイ展開です(笑)。キャスリン・ビグローは女性監督としてはアカデミー賞史上4人目のノミネート。初の女性監督受賞に向けて期待が高まります。ただし、「イングロリアス・バスターズ」や「プレシャス」も予想以上に強い。作品賞の行方が楽しみになってきました。

監督賞ではジェームズ・キャメロンが12年ぶり、クエンティン・タランティーノは15年ぶりそれぞれ2度目のノミネート。そんな昔のことに思えないんですが...。

演技賞では助演女優賞で"ザ・地味女優"マギー・ギレンホールがノミネートされた以外はサプライズなし。ただ、ギレンホールのノミネートは出演作「Crazy Heart」の主演男優ジェフ・ブリッジスの勢いがかなり強いことの証。「しあわせの隠れ場所」が作品賞サプライズノミネートの「サンドラ・ブロックにも同じことが言える。ただ、サンドラ姐さん、前日発表されたラジー賞にも「All About Steve」でノミネート。オスカー&ラジーW受賞の期待が高まってまいりました

さて、ここ数年盛り上がっている日本勢ですが、『崖の上のポニョ』も長編アニメ賞ノミネートから漏れてしまい今年はメディア狂騒曲はなさそうです。ただ...長編ドキュメンタリー賞にノミネートされている「The Cove」(ルイ・シホヨス監督)は、和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りし、動物愛護の点から告発している作品。はっきり言うと受賞本命です。この作品が受賞したら、メディアは騒ぐのでせふか?

THE COVE - Official US Theatrical Trailer in HD




第82回(2009年)アカデミー賞ノミネート一覧

作品賞
   「アバター」
   「しあわせの隠れ場所」
   「第9地区」
   「17歳の肖像」
   「ハート・ロッカー」
   「イングロリアス・バスターズ」
   「プレシャス」
   「A Serious Man」
   「カールじいさんの空飛ぶ家」
   「マイレージ、マイライフ」

主演男優賞
   ジェフ・ブリッジス 「Crazy Heart」
   ジョージ・クルーニー 「マイレージ、マイライフ」
   コリン・ファース 「A Single Man」
   モーガン・フリーマン 「インビクタス 負けざる者たち」
   ジェレミー・レナー 「ハート・ロッカー」

主演女優賞
   サンドラ・ブロック 「しあわせの隠れ場所」
   ヘレン・ミレン  「The Last Station」
   キャリー・マリガン 「17歳の肖像」
   ガボーレイ・シディベ 「プレシャス」
   メリル・ストリープ 「ジュリー&ジュリア」

助演男優賞
   マット・デイモン 「インビクタス 負けざる者たち」
   ウッディ・ハレルソン 「The Messenger」   
   クリストファー・プラマー 「The Last Station」
   スタンリー・トゥッチ 「ラブリーボーン」
   クリストフ・ヴァルツ 「イングロリアス・バスターズ」

助演女優賞
   ペネロペ・クルス 「NINE」
   ヴェラ・ファーミガ 「マイレージ、マイライフ」
   マギー・ギレンホール 「Crazy Heart」
   アンナ・ケンドリック 「マイレージ、マイライフ」
   モニーク 「プレシャス」

監督賞
   キャスリン・ビグロー 「ハート・ロッカー」
   ジェームズ・キャメロン 「アバター」
   ジェイソン・ライトマン 「マイレージ、マイライフ」
   リー・ダニエルス 「プレシャス」
   クエンティン・タランティーノ 「イングロリアス・バスターズ」

オリジナル脚本賞
   「ハート・ロッカー」
   「イングロリアス・バスターズ」
   「The Messenger」
   「A Serious Man」
   「カールじいさんの空飛ぶ家」

脚色賞
   「第9地区」
   「17歳の肖像」
   「In The Loop」
   「プレシャス」
   「マイレージ、マイライフ」

撮影賞
   「アバター」
   「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
   「ハート・ロッカー」
   「イングロリアス・バスターズ」
   「The White Ribbon」

美術賞
   「アバター」
   「Dr.パルナサスの鏡」
   「NINE」
   「シャーロック・ホームズ」
   「ヴィクトリア女王 世紀の愛」

音響賞(録音賞)
   「アバター」
   「ハート・ロッカー」
   「イングロリアス・バスターズ」
   「スター・トレック」
   「トランスフォーマー リベンジ」

編集賞
   「アバター」
   「第9地区」
   「ハート・ロッカー」
   「イングロリアス・バスターズ」
   「プレシャス」

作曲賞
   「アバター」
   「Fantastic Mr. Fox」
   「ハート・ロッカー」
   「シャーロック・ホームズ」
   「カールじいさんの空飛ぶ家」

歌曲賞
   "Almost There"(プリンセスと魔法のキス)
   "Down in New Orleans"(プリンセスと魔法のキス)
   "Loin de Paname"(幸せはシャンソニア劇場から)
   "Take It All"(NINE)
   "The Weary Kind"(Crazy Heart)

衣装デザイン賞
   「Bright Star」
   「ココ・アヴァン・シャネル」
   「Dr.パルナサスの鏡」
   「NINE」
   「ヴィクトリア女王 世紀の愛」

メイクアップ賞
   「イル・ディーヴォ」
   「スター・トレック」
   「ヴィクトリア女王 世紀の愛」

視覚効果賞
   「アバター」
   「第9地区」
   「スター・トレック」

音響編集賞
   「アバター」
   「ハート・ロッカー」
   「イングロリアス・バスターズ」
   「スター・トレック」
   「カールじいさんの空飛ぶ家」

短編賞
<アニメ>
   「French Roast」
   「Granny O'Grimm's Sleeping Beauty」
   「The Lady and the Reaper (La Dama y la Muerte)」
   「Logorama」 
   「A Matter of Loaf and Death」

<実写>
   「The Door」
   「Instead of Abracadabra」
   「Kavi」
   「Miracle Fish」
   「The New Tenants」

ドキュメンタリー映画賞
<短編>
   「China's Unnatural Disaster: The Tears of Sichuan Province」
   「Last Campaign of Governor Booth Gardner」
   「The Last Truck: Closing of a GM 」
   「Music by Prudence」
   「Rabbit a la Berlin」

<長編>
   「Burma VJ」
   「The Cove」
   「Food, Inc.」
   「The Most Dangerous Man in America: Daniel Ellsberg and the Pentagon Papers」
   「Which Way Home」

外国語映画賞
   「Ajami」(イスラエル)
   「瞳の奥の秘密」(アルゼンチン)
   「The Milk of Sorrow」(ペルー)
   「Un Prophète」(フランス)
   「The White Ribbon」(ドイツ)

長編アニメ賞
   「コララインとボタンの魔女 3D」
   「Fantastic Mr. Fox」
   「プリンセスと魔法のキス」
   「The Secret of Kells」
   「カールじいさんの空飛ぶ家」

ソースはこちら→http://oscar.go.com/nominations

今年の授賞式は、バンクーバー五輪とのバッティングを避けるため、例年より2週間近く遅い3/7(日本時間3/8)です。当サイトでも2月25日あたりに受賞予想をする予定。ぜひ遊びにきてください!
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2018.10.14 Sunday | 22:41 | - | - | - |

コメント

moviepad様
「しあわせの隠れ場所」が入ってきた事以外は、予想通りのノミネートと捉えてよいのでしょうか。「アカデミー賞ノミネート」の看板がなくても、観たい作品が入っているなあと感じました。

2月25日あたり ですね。受賞予想を楽しみに待っています。
2010/02/05 7:31 PM by パール
パールさん、こんばんわ

サプライズと呼べるのは
「しあわせの隠れ場所」の作品賞ノミネート、
マギー・ギレンホールの助演女優賞ノミネートだけでした。

監督賞、主演2つに助演男優は組合賞と完全一致。
こーゆーの珍しいです。
(サプライズが無さすぎて)やや興ざめ。

受賞予想記事はゆっくり考えて書きます。
気長にお待ちいただければ!
2010/02/05 11:33 PM by moviepad

コメントする









▲top