映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< アカデミー賞、作品賞ノミネート枠が10本に拡大! | TOP | 精神 >>

ディア・ドクター

ディア・ドクター(2009 日本)

「」公式サイトにリンク監督   西川美和
原案小説 西川美和 「きのうの神さま」
      (第141回直木賞候補作)
脚本   西川美和
撮影   柳島克己
音楽   モアリズム
出演   笑福亭鶴瓶 瑛太
      余貴美子 井川遥
      香川照之 笹野高史
      松重豊 岩松了
      中村勘三郎 八千草薫


緊迫感あふれる映像、幾通りもの解釈が成り立つ文学性あふれる物語...。
西川美和監督の前作『ゆれる』は映画が総合芸術であることを知らしめてくれる作品だった。
30代前半でこんな傑作をモノにしてしまうと後が続かないのではないか?と危惧していたが余計な心配であった。西川美和監督の最新作『ディア・ドクター』は僻地治療に尽力をそそぐ無免許医者伊野(笑福亭鶴瓶)の姿を通して"本物の悪、ニセモノの正義"を問いかける作品。前作にまさるとも劣らない見事な仕上がりである。いやはや、西川美和、恐るべし。

『ディア・ドクター』の着想は、3年前に見た新聞記事がきっかけだという。
「四国の僻地で白タク運転手が逮捕され、お年寄りが病院に通えなくなったという記事を読んで、僻地医療に興味を持った。見捨てられた辺境の地で成り立つ正義とは何なのかを探りたかった。」
「“僻地で働く素晴らしい医師、温かい村民”という構図ではくくれない現実を描きたかった」 参照
西川監督はこう語る。  参考 新聞記事とは↓のこと?
→『《地方は〜限界集落から〜》月2回通院 毎回5000円はきつい/「白タク」過疎地の足』(朝日新聞2006.3.27)


また数多く発生した食品偽装事件にも影響を受けたという。
「なぜ誰も偽物を見抜けなかったのか。その事実への反省はなく、人々はただ騒ぐだけだったのではないか」この疑問から偽者と本物というテーマが浮かび上がった。

 これ以降は物語の核心にふれておりますので映画をご覧になった後でお読みください



"先生"が逃げ出してしまい大騒ぎになる場面から物語は始まる。そして警察が関係者に事情聴衆する様子を適時織り交ぜながら、僻地治療に奮闘する伊野の姿が描かれる。はじまって1時間くらいたつと「はあ、 鳥飼かづ子(八千草薫)の治療の件でごまかしがきかなくなり、伊野は逃げ出したんだな」と推測がつく。だが推測がついたころに若い青年がかつぎこまれる場面が挿入されているのがミソ。看護師、大竹朱美(余貴美子)は治療法を見抜き、伊野に指示を出す。だが"先生"は自信がないのかたっぷりひや汗をかき、注射器をもったまま立ちすくんでしまう。何かを疑うような目つきで伊野をせかす朱美。不安気に見守る研修医、相馬(瑛太)。観客は"もしかしたらこっちで失敗をやらかしたために逃げ出したのではないか?”と推測を変更しそうになる。結果はやはり推測どおりに進むのだが、概要が見えてきたころにワンクッション置く演出が実に巧い。患者を無事大きな病院に送り出した後、朱美はこっそり泣き崩れる。彼女は伊野が"ニセモノ"であることにここで気づいたのか?それともずっと疑っていてそれが確信に至ったのか?また相馬もこの場面で何らかの疑惑が心をよぎったはずだ。それでも2人は伊野についていく。2人にはそれぞれ"世間体だけのホンモノ"よりも"きちんと患者に感謝されるニセモノ"を信じたくなる理由があった。

この後は映画のテーマに密接にからむ場面のオンパレード。一瞬たりとも見逃せなくなる。
薬のセールスマンである斎門(香川照之)が伊野の意外な過去を警官から聞かされる。その後、警官は「何であんなことするのかね。愛かい?」という馬鹿げた問いかけをする。そこで斎門はわざと椅子から転がり落ちてみせる。助けようとする警官。そこで斎門はいい放つ。「あなたは私を愛していたから助けようとしたんですか?

主人公の伊野は決して善人とはいえない。無免許で村にもぐりこみ高額報酬をせしめて頃合をみてトンズラしようという魂胆だと思われる。だが、彼には"人に頼りにされるとイヤといえない"気質があった。"人の善さ"とは微妙に異なる。警察が斎門を助けようとしたのと同じように、はてしなく本能に近いものなのだ。

前作同様、当作も行間を読まなければいけない場面がたくさん出てくる。極め付けは伊野がりつ子(井川遥)から"ある言葉"を聞いて混乱し病院を飛び出すところだ。相馬は突然消えた伊野を探すが...。
個人的にはここで終わると思ったがそれでは説明不足すぎるか?物語はさらに続く。失踪した伊野の行方を追って刑事は聞き込み調査をはじめる。ある日、伊野と2人の刑事が駅のプラットフォームで隣り合わせになる。刑事は隣にいる標的に気づかない。やがて伊野だけが電車に乗る...。西川監督いわく、当初はこの場面で終わるつもりだったという。だがこれでは伊野が"逃げただけの男"に終わってしまうため続きを書き足したようだ。

結局、最後まで登場人物のバックグラウンドはわからないことだらけだ。
・大竹朱美が伊野のもとで働くようになったきっかけは何か?そして彼女はいつごろ伊野の正体に気づいたのか?
・金持ちのボンボンにしか見えない相馬がなぜわざわざ僻地を研修場所に選んだのか?
暗示する台詞はあるのだが、詳細はわからない。

鳥飼かづ子はなぜ娘に病状を伝えるのを頑なまで拒むのか?医者である娘のりつ子は自分の父親の死の際、どんな対応をしたのか?かづ子の家には1枚の写真が飾ってある。いくら家族全員が写っているとはいっても夫が病気で苦しんでいる写真を掲げているのは奇異なことに思える。かづ子には"娘に心配をかけたくない"という建前とは別の、何か大きなこだわりがあることが想像される。伊野はかづ子の思いを理解したからこそ"ある申し出"を受けたのだ。そしてその申し出には、伊野自身の過去とシンクロする心理要素があったに違いない。

そもそも、伊野は何をきっかけに無免許医師への道に走ったのだろうか?善良な動機も不純な動機も考えられる。その両方が織り交ざったものかもしれない。伊野が一時期、製薬会社の営業をやっていたこと、大切にもっている父親のボールペン、そして現在父親は重病...つながるようなつながらないような微妙なメタファーが映画では撒き散らされている。

映画を観終わった後、次から次へと疑問が湧き出てくる。ただ誰もが"命の扱い方"について何らかのトラウマを抱え続けていることは間違いないだろう。

警官はつぶやく。
「あのニセモノが帰ってきたら、俺たちがニセモノだと言って追い出されるかもしれないなあ」




現在ほど本物と偽者の違いがあいまいな時代はない。
偽ブランド商品を売っていた業者が捕まったというニュースを時折耳にする。この種の事件で興味深いのはお客の大部分が"偽ブランド"と知っていて購入している点だ。偽ブランド業者は、本物を貶めたという点では犯罪である。だが、お客には"本物もどき"を安値で提供して"ちょっとリッチな気分"にさせた。小さな幸せを与えていたのである。どれが本物でどれが偽者か?という定義はひとりひとりの心の持ち方次第。極めて個人的かつ主観的なものなのかもしれない。

ラストは一見唐突な印象を与える。だが、笑福亭鶴瓶、八千草薫という2つの柔らかい個性が重なり合うことで、ひまわりが急に咲き誇ったような余韻を残す。伊野は"ニセモノ"医者だったが、彼の中の何かは"本物"だった。そしてそれが本物であることはかづ子だけが見分けられた。これで十分だ。

『ディア・ドクター』は、命という究極のテーマのもと、"本物"と"偽者"という2つの既成概念にとことんゆさぶりをかけてくる。練り上げられた脚本、見事な演技のアンサンブル...文句なしの傑作である。
西川美和の才能は疑いようがないくらい"本物"だ。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

 前作「ゆれる」の小説版も三島由紀夫賞候補になっているのですが、今作の原案小説「きのうの神さま」が第141回直木賞候補作に選出されました。映画をきちんとご覧になった方なら驚きはしないでしょう。それにしても西川美和さん、新作を発表するたびに映画界、文学界の両方をにぎわす存在になりそうです。恐るべし!

 当ブログもお世話になっているzukkaさんの「気ままに綴りたい」に、札幌のミニシアター、シアターキノで行われた西川美和監督と川本三郎氏の対談内容が掲載されています。『ディア・ドクター』、『ゆれる』のラストに対する西川監督のコメントや、刑事が伊野を見逃してしまった場面に対する解釈など非常に興味深い内容です。ぜひ一読を!
→ 「映画が名作になるとき」対談 







2009.07.03 Friday | 00:05 | 映画 | comments(12) | trackbacks(11) |

スポンサーサイト


2017.11.23 Thursday | 00:05 | - | - | - |

コメント

こんにちは。
さすが、movipadさん、素晴らしい記事です!

自分のブログにも書きましたが、自分はこの映画と非常に近い経験をしているんです。
手術し、喉に管を通され、ベッドに寝たままの父と、看病する家族、そして、遠くにいる医者の兄。
父は、よく筆談で、「迷惑かけて悪い」と書いてました。
あれが、親の気持ちなのかもしれませんね。
また、兄は、父が死んだあと、救えなかった自分を悔やんでいました。
でも、看病していた自分たちは、これ以上の延命は望んでいなかったかもしれません。

すいません。変な話にそれました。
とにかく、素晴らしい映画ですよね。
是非、いろいろな人に見てもらいたいです。
2009/07/03 7:24 AM by
亮さん、こんばんわ。

ブログ読ませていただいてびっくりしました!
まさにこの映画の世界を地でいくような経験をなさっているんですね。
記事を読ませていただくて、この作品がいかに諸問題の本質に切り込んでいるかが改めてよくわかりました。

僕はこの映画を見て
かづ子がなぜ頑なに娘への連絡をこばむのかについて
・生まれ育った場所で死にたいという気持ち
・子供に迷惑をかけたくないという気持ち
のほかに、
夫の死の際、
・娘とのあいだに何かわだかまりがあったのではないか?
・医療ミスに近いようなことがあったのではないか?などと推測してしまいました。
ここは未だによくわかりません。

また、娘のりつ子の本心がどうしても理解しがたいものがあったため
記事でもほとんど触れませんでした。
亮さんやお兄様なら"感覚的に"おわかりになるでしょうが...。

『ディア・ドクター』は素晴らしい作品だと改めて思いました。
2009/07/03 9:25 PM by moviepad
こんにちは。
西川美和監督は、人間の本質を突くのが上手いですよね。自分の記事には書ききれなかったのですが、刑事(松重豊)が、心情的には偽医者の伊野をかばいそうになってしまう(私です)のを、ズバズバと正論で確信をついた台詞を言ってくれます。彼が効いていました。
moviepadさんも書かれてますが、
>斎門はわざと椅子から転がり落ちてみせる。助けようとする警官
このシーンは衝撃的で印象に残っています。
上手いですよねー。
「ゆれる」も何度観ても結論の出ない作品なのですが、これもそうかな・・・。
でも30代で、素晴らしい作品を作りますよね。
2009/07/03 11:02 PM by zukka
刑事と斎門のやり取りはこの映画の最重要場面のひとつでしょうね。
香川照之、今回出番少なかったけどしっかり見せ場もらってます(笑)

そもそも刑事にやる気ないのがありあり。
でなければ、プラットホームで伊野に気づかないはずがない。
なぜやる気がないか、と言うと
伊野を逮捕したところで誰にも感謝されないから。

"感謝されないホンモノ"の刑事。
"感謝されるニセモノ"の伊野。

この辺りの対比も本当に巧い!
2009/07/03 11:27 PM by moviepad
こんにちは。書き込むかどうかで悩んでいましたが、敢えて書きます。

我が家の場合は、手術をしなければ半年、しても2,3年という診断でした。
それで、手術をするほうを選んだわけですが、術後の生活は従来までとは大きく変わってしまいました。
私たち家族も、きっと本人も描いて普通の生活とは大きく異なっていたと感じ続けていたと思います。
この映画で、手術を拒む理由は、その様子を真横で見ていたからかもしれません。

また、医者であるものからすれば、全ての命は救うべきである反面、命には限りがあることはかわりありません。
人生におけるその最期を、喉に管を通し、話すこともできなくなった状態にしてまで伸ばす必要があるのか・・・  りつ子は、医者としての自分と、子供としての自分の間で悩んでいたと思います。

長文、すいませんでした。
2009/07/05 7:01 AM by
亮さん、こんばんわ。

>術後の生活は従来までとは大きく変わってしまいました。
>この映画で、手術を拒む理由は、その様子を真横で見ていたからかもしれません。

こう言われると私のような浅薄なものにはグーの音も出ません。
そう考えるとしっくりきますね!

映画を観る限りでは、りつ子は"ある種の現実逃避"ではないかと感じていたのですが、
それでは彼女のラストの台詞の説明がつかない。

>医者としての自分と、子供としての自分の間で悩んでいたと思います。

そう考えるとある程度納得がいきます。ただ"おまかせします。1年後〜"はちょっと....。
ここがひっかかってわからなくなりました(^^;

「ゆれる」もそうでしたが、西川監督作品は観客にたくさんの宿題を与えてくれますね。
観る人の数だけ解釈がある。それが西川監督作品の一番の魅力だと思います。

"敢えて"なんておっしゃらずにじゃんじゃんご指摘ください!
2009/07/05 7:30 PM by moviepad
こんばんは、

>現在ほど本物と偽者の違いがあいまいな時代はない。

本当そうおもいます。

>『ディア・ドクター』は、命という究極のテーマのもと、"本物"と"偽者"という2つの既成概念にとことんゆさぶりをかけてくる

んー、また上手い事言いますね。

moviepadさんほど絶賛は出来なかったんですが(好みの問題で)
良い映画を作る監督ですよね、「蛇イチゴ」も観なくては。。。。
2009/07/09 11:29 PM by mig
migさん、こんばんわ

伊野(ニセモノ)が白衣(ホンモノ)を投げ捨てる場面が
現在における本物と偽者の違いのあいまいさを象徴している気がしました。

確かにこの映画は"好みの問題"がかなり入ってきますね。
「ゆれる」は犯人あてという部分で最後までひっぱっていたので
ミステリーの要素も強かったけど
「ディア・ドクター」は伊野の正体なんて誰でもすぐわかる(爆)
その分心理的な謎や社会問題などがさりげなくかつぞんぶんに!散りばめられていました。

僕はこういう映画大好きなんです。
よってイチャモンなしの傑作と断定しました!
2009/07/10 2:19 AM by moviepad
こんばんは。トラックバックありがとうございました。

私は医療の現場で仕事をしておりますので、身につまされる部分がたくさんありました。

現在の研修医制度では「地域医療研修」を行うことになっているはずですので、相馬が診療所にやってきたのはこれのためでしょうね。
いくつかある病院の選択肢を研修医同士のじゃんけんで決める・・・都会の研修医のたくさんいる病院ではありそうなことです。

あと、大竹看護師が田舎に来たのはきっと子供のためではないでしょうか。
喘息発作で苦しんでいる場面があったように思います。

全体として、本当に現場をよく見て撮った映画なのだな、と感じました。
2009/07/13 11:31 PM by ako
akoさん、こんばんわ

>現在の研修医制度では「地域医療研修」を行うことになっているはずですので

あ、そうなんですか!少し前、最近は研修医が赴任したがる病院が限られてしまっており、
もう数年ひとりの研修医もやってこない病院も多いという内容の新聞記事を読んだこともあり、
相馬は自分の意思であえて僻地を選んだのかと思っていました。ちょっとかいかぶりすぎだったかな?

>喘息発作で苦しんでいる場面があったように思います。

うっ、そういえばありましたね。気づかなかった...。

>全体として、本当に現場をよく見て撮った映画なのだな、と感じました。


医療の現場を知っている方がこのようにおっしゃるのですから、
「ディア・ドクター」はあらためてすごい映画だと思いました。

西川監督が取材をすすめているとき、医療関係者に「この物語のようなことは現実としてありえるか?」
と質問したところ、はっきり「ありえる」と言われたそうですが...。
2009/07/14 12:21 AM by moviepad
西川美和監督にはずっと注目しています!
今作も「ゆれる」同様
観ているこちらの気持ちも揺れっぱなしでしたが
ほんと深くて素晴らしい作品だったと思います。
何が本物で何がニセモノか・・?
理屈や常識やもちろん法律でも
一概に定義できないものがあるんだなぁと改めて感じました。
人間って謎だなぁ・・・とも。

底抜けにお人よしの笑顔を持ちつつも
ときに「笑ってない目」がシリアスで怖かった釣瓶さんのキャラ
この役にぴったりでした。
2009/08/23 10:33 PM by なな
ななさん、こんばんわ。

実は目が笑っていない、というコメディアンは結構多いですね。
伊野役はまさに鶴瓶サンのために書かれたような役!
他の役者が演じることはちょっと想像できない。
でもこの作品、あて書き(最初から演じる俳優を想定してつくられた役)は
八千草薫さんだけのようです。
オダジョーが「自分が出演できると思ってた...」と悔しがっていたとか(笑)
2009/08/24 11:08 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/405

トラックバック

ディア・ドクター
お気に入りの映画 『ゆれる』 の 西川美和監督。 同じ監督の作品となれば、見逃せません。 『ゆれる』の時ほどの衝撃はなかったにせよ、...
(気ままに綴りたい。 2009/07/03 11:03 PM)
映画レビュー「ディア・ドクター」
ディア・ドクター オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆嘘と真実が入れ替わる不思議。若手女性監督のエース・西川美和監督の深い心理描写が光る。 【85点】 山あいの村でただ一人の医者・伊野が失踪する。彼は誰からも慕われ頼りにされていただけに村中が動
(映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP 2009/07/03 11:53 PM)
『ディア・ドクター』
□作品オフィシャルサイト 「ディア・ドクター」□監督・原案・脚本 西川美和□原作 西川美和(「きのうの神さま」ポプラ社刊)□キャスト 笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子、井川遥、八千草薫、香川照之、松重豊、岩松了、中村勘三郎、笹野高史■鑑賞日 6月28日(日
(京の昼寝〜♪ 2009/07/05 1:02 PM)
【映画】ディア・ドクター
▼動機 待ってました!今年一番の期待作。 ▼感想 絶対的な別格扱い ▼満足度 ★★★★★★★ べっかく ▼あらすじ 村でただ一人の医師、伊野(笑福亭鶴瓶)が失踪する。村人たちに全幅の信頼を寄せられていた伊野だったが、弟子の相馬(瑛太)や、看護師の大
(新!やさぐれ日記 2009/07/05 5:12 PM)
ディア・ドクター/ Dear Doctor
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click つるべー主演かぁ...。なんて思いながらも 『ゆれる』の、西川美和監督の新作ってことだけで観てきました〜 チラシや予告編なんかでははっきり、 "その嘘は
(我想一個人映画美的女人blog 2009/07/09 11:25 PM)
「ディア・ドクター」
札幌シネマフロンティアにて  「ディア・ドクター」 ちょっとネタバレがあります。 医療ものの映画やドラマはまず見ないんですが、かな...
(ひだまりの猫 2009/07/12 11:05 PM)
「ディア・ドクター」(日本 2009年)
山あいの小さな村からひとりの医師が失踪した。
(三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 2009/07/19 3:05 PM)
デイア・ドクター/虚と実の間 
(ネタバレ注意!) 美しい田舎の原風景を舞台に、最初から最後までウソっぽさにまみれたコメディタッチで、シリアスなテーマ性のあるミステリードラマが展開される。  何がホンモノで何がニセモノか分からない。このあいまいさが本作の肝である。  観賞中、主人
(マダム・クニコの映画解体新書 2009/07/21 12:42 AM)
ディア・ドクター
その嘘は,罪ですか? 物語は,僻村の医師である伊野(笑福亭鶴瓶)の突然の失踪事件で幕を開ける。3年半の間,村人から「神様」とまで崇められ,絶大な信頼を受けていた彼が何故?・・・・・・。現在と過去を行きつ戻りつするストーリーは,次第に伊野の秘密を明らか
(虎猫の気まぐれシネマ日記 2009/08/23 10:34 PM)
ディア・ドクター
どんな道草にも花が咲く
(悠雅的生活 2009/10/01 6:13 PM)
ディア・ドクター:「ゆれる」の西川美和が描いた現代医療の課題
「ゆれる」で複雑な兄弟の関係を描いた西川美和が、「無医村」問題をモチーフに「善意」と「正しさ」の狭間を描いた日本アカデミー最優秀脚本賞受賞作。「ゆれる」のようなキリキリとする緊張感はないものの、それだけに僕らの日常が無意識に「伊野」を追い込む姿は笑え
(ビールを飲みながら考えてみた… 2010/03/29 11:31 PM)

▲top