映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< ターミネーター4 | TOP | グレン・グールドをめぐる32章 >>

レスラー

レスラー(2008 アメリカ)

「レスラー」公式サイトにリンク原題   THE WRESTLER
監督   ダーレン・アロノフスキー
脚本   ロバート・シーゲル
撮影   マリス・アルベルチ   
音楽   クリント・マンセル
主題歌  ブルース・スプリングスティーン  
出演   ミッキー・ローク マリサ・トメイ
      エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー
      マーク・マーゴリス ワス・スティーヴンス
      ジュダ・フリードランダー アーネスト・ミラー
      ディラン・サマーズ

第81回(2008年)アカデミー賞 主演男優賞(ミッキー・ローク)、助演女優賞(マリサ・トメイ)ノミネート。第65回ベネチア国際映画祭「金獅子賞」受賞。

とんでもないものを見てしまった。そんな言葉しか思いつかない。

レスラー』は、昔栄華をきわめたが今は地方巡業にかけくれるプロレスラー、ランディが心臓発作を起こしたことをきっかけに一度引退を決意するが、自分の居場所はプロレスにしかないと確認。再びリングにあがるまでを描いた物語。これはランディを演じるミッキー・ロークの実人生にそのままシンクロする。ミッキー・ロークミッキー・ロークは1980年代、『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』、『ナインハーフ』、『エンゼル・ハート』などでセクシー・スターとしての地位を固めたが、その後ボクシングに転身。日本では"猫パンチ"ボクサーとして悪名をとどろかせました。その後、整形手術の失敗、激太り、薬物売人への暴力事件などでスターの座を追われていた。再びリングにあがるランディの姿は、俳優として再起をかけるミッキー・ロークの姿ともろに重なる。『レスラー』はミッキー・ロークの生き様がスクリーン全体を覆いかぶさっている映画なのだ。

The Wrestler - Official Trailer



脚本は明らかにミッキー・ロークの出演を想定して書かれたと思われ、当然のごとくロークにランディ役のオファーがいった。だが、映画スタジオは問題児ミッキー・ロークの起用に難色を示し、ニコラス・ケイジに変えさせてしまった。だが、ケイジは監督の"意中の人"があくまでもミッキー・ロークであることを知って降板。ランディ役は再びロークに舞い戻った。その監督、ダーレン・アロノフスキーダーレン・アロノフスキーはロークいわく"かわいいピンクの指を突きつけて"彼に言い放った。

「これからは自分が言うとおりにやってもらう。時間厳守、夜遊び禁止。スタッフの前で僕に対して絶対に不遜な態度をとらないこと。これが守れたらギャラを払う」

ロークは「ダーロンは俺の4倍は金の集まる俳優より俺を信じてくれた。そのためにぎりぎりの予算を余儀なくされたが俺のためにとことん闘ってくれた。」と監督を信頼。そして期待に応えた。

ファースト場面、試合が終わり疲れ果てたランディの姿を映し出す。その後、息を切らしながら帰宅するのであるが後姿だけが映し出され、顔を見せてくれない。男は背中で人生を語る?そしてミッキー・ロークの顔が映し出されたとき、観客は年月を感じずにはいられないのだ。役を演じる俳優の実人生をうまくあてこんだ映画としては『サンセット大通り』(1950)のグロリア・スワンソン、『エビータ』(1996)のマドンナが思い浮かぶが、『レスラー』もミッキー・ローク抜きでは成り立たない映画だ

前半で特に興味深いのは"エンターティメント"プロレスの実態がきっちりと描かれていること。
巡業では観客が盛り上がってくれることが何よりも大事。対戦相手は事前に"打ち合わせ"をしている。試合結果は二の次で盛り上がりを演出できればGOOD JOB! 当日対戦した相手同士がその夜いっしょに飲みに行くという話も聞いたことがあるが、この描写はかなり実態に即したものであろう。嘆くのは野暮というものである。ちなみに最初の試合が終わったあと、ロークが休んでいる場所の壁には小学生の絵みたいなものが飾られている。次の試合会場ではなんとシャンデリアがつるされている。一体、どこで試合をしとるんじゃ!何はともあれ、この地方巡業の描写はかなり面白かった。

いくら"エンターティメント"であっても、リアリティにかけたものであれば観客にすぐ見抜かれる。
よってレスラーは無傷で試合を終えることはできず、ランディのようなベテランレスラーは体中、傷だらけである。映画はその傷をこれでもか、とばかりにえぐりとるように見せる。心臓発作で倒れたランディに対し、医者が"適度な運動なら大丈夫です"と事務的に言い放つ場面は爆笑。プロレスにおいて"適度な運動"では商売にならない。

老レスラー、ランディをミッキー・ロークは文字通り体当たり演技で魅せる。
ミッキー・ロークの演技が素晴らしい!などとしたり顔でいう気はさらさらない。
これはもう演技を超えている!まさに実況ドキュメンタリーのような迫力で観客を圧倒する。

ランディの娘ステファニー役を演じているのがエヴァン・レイチェル・ウッドエヴァン・レイチェル・ウッド。若手演技派として知られ、マリリン・マンソンと交際するなどなかなかの強物なのだが、ロークの"むきだし演技"を前にすると、ウッドの演技は"人工的"に感じられてしまう。ケミストリーも今ひとつで2人が親子には見えない。あっさり和解してしまうところもひっかかりこの父娘パートは映画の興をそいでしまっている。だがここで"家族"という概念を浮かび上がらせたことがラストにつながっている

一方、ロークを支えるストリッパー、キャシディ役を演じたマリサ・トメイはまさにお見事。
仕事モードの彼女はその表情、仕草まさにストリッパー。その一方で「お客とは一線を越えないの。それに私は子持ちなのよ」と仕事を離れたOFFの顔とのギャップをしっかり演じ分けている。オスカー女優だからといって脱ぎ惜しみなどせず、素顔もさらす潔さ。これくらい肝がすわっていないと、ロークには対抗できません。トメイはかつてロバート・ダウニー・Jr.と交際していたこともあり、猛獣の取り扱いには慣れている?出すぎた真似はせずきっちり主演猛獣ミッキー・ロークの引き立て役に徹している。助演の鑑のような演技である。マリサ・トメイマリサ・トメイは1992年『いとこのビニー』でアカデミー賞助演女優賞を受賞後、作品に恵まれず低迷。"オスカーの呪い"の犠牲者と言われていたが、『イン・ザ・ベッドルーム』(2001)で2度目のオスカーノミネートを受け復活。『レスラー』でもノミネートを受け、今やマーシャ・ゲイ・ハーデンやキャサリン・キーナーと並んで"最も信頼できる脇役女優"の地位を確立した感がある。

ところでステファニーへのプレゼントを買うためランディに付き合う場面でのトメイはほとんどスッピンで、"アンタ誰?"状態。ところが、その後、ビールにつきあう場面での彼女はしっかりメイクしているため、演じている女優がマリサ・トメイであると判別できました。キャシディちゅー女はさえない中年男とビールを一杯飲むためにわざわざメイクするのか!?という野暮なツッコミはこの際、やめておきます。

心臓発作の後ランディは一度引退を決意したが、やはり自分の居場所はリングにしかないことを確認。「俺にやめろといえるのはファンだけだ」と宣言し、ファンが自分の家族であることを宣言する。リングが居場所であり、家族であるということは...死に場所でもある。その決意を表明するかのように"死のダイブ"で映画は終わる。ダイブの直前、キャシディが見守っているかどうかを確認するが、彼女がいなかったから"死のダイブ"を決行したのか?答えはおそらくNo。あくまで彼はリングの上で死ぬことを選んだのである

最後にブルース・スプリングスティーンブルース・スプリングスティーンの主題歌が流れる。ロークが友人であったスプリングスティーンに手紙を書いて作曲を依頼。低予算で苦しむ映画のため、スプリングスティーンは無償で曲を提供してくれたそうだ。"血を流して君たちを喜ばせただろう?"と語る歌詞は映画の内容にシンクロしている。
だが、はっきり言ってこの曲は不要。雄弁すぎる歌詞が"死のダイブ"の余韻をかき消してしまっている。また、スプリングスティーンは『フィラデルフィア』や『デッドマン・ウォーキング』にも曲提供をしており新鮮味にかけるきらいもある。

『レスラー』は、まさにミッキー・ロークのための映画である。物語は凡庸であるが、ロークの存在感が映画をすべて呑み込んでいる。ロークの演技を受け止めるマリサ・トメイのパフォーマンスも一級品。
ミッキー・ロークの"むきだしの魂"が迫ってくる『レスラー』。
一見の価値は十分にある力作である。

人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!
2009.06.17 Wednesday | 20:54 | 映画 | comments(10) | trackbacks(14) |

スポンサーサイト


2019.09.05 Thursday | 20:54 | - | - | - |

コメント

おはようございます!moviepadさん☆

泣いちゃいました?(笑)
ミッキー・ロークのドキュメンタリー映画
を観ているようでしたよね〜。
プロレスを知らないワタシにはビックリの
連続でしたが地方巡業の描写はホントに面白かったです。
淡々と音楽もなく進行しているせいか
彼の孤独がこちらの身体に染み入ってくるようで
胸が締め付けられてしまいました。
(一部音楽ありましたがそのヘンの80年代音楽はニガテなもので・・・)
マリサ・トメイは猛獣の扱いに慣れてる女優さんなのですね(笑)
とーっても良かったし素顔かわいかったです☆
男の人には死の美学ってのが
常に頭の中にあるんだろうなーんて
思っちゃいました。
2009/06/18 5:48 AM by
>いくら"エンターティメント"であっても、リアリティにかけたものであれば観客にすぐ見抜かれる。
ですね!ベタなストーリーですが、キャスティングも選曲も、これしかない!なかでも、監督がミッキー・ロークにこだわったのは、よ〜く分かります。

ブルース・スプリングスティーンの楽曲もこの映画の雰囲気に合ってましたが、確かに歌詞は説明的すぎました。それをツッコンでるのはmoviepadさんトコならではでしょうね(笑)
2009/06/18 12:33 PM by あん
こべにさん、こんばんわ

ラストのダイブ(思いっきりネタバレですけど、ストーリーを追う映画ではないので
未見の方はお許しを)で泣きました(;_;)
地方巡業の描写は妙に好きです。
試合が終わって控え室に戻ってくるランディに、皆が"nice job!"と拍手で迎えるところとか(笑)

<マリサ・トメイは...素顔かわいかったです☆

えっ、不肖ワタクシめ、コイツ誰?と思いましたが(笑)
2009/06/18 7:35 PM by moviepad
あんさん、お久しぶりです。
まさに、ミッキー・ロークのための映画で
彼以外のキャスティングは考えられないですね。
ローク嫌いのあんさんがよかったというのだから本物です。

>それをツッコンでるのはmoviepadさんトコならではでしょうね(笑)

はい、ここは性悪ブログですので(爆)

ブルース・スプリングスティーン、曲はよかったんですけど
あのラストの後に流されるとちとツライ。
もう、あのダイブを観た直後って"言葉を聞きたくない"気分になるので....。

不要なんて(いつものごとく)どぎつい言葉を使いましたが、
"置き場所を間違えた"と表現したほうが正確かもしれません。
ラストではなく、劇中に使用してくれればよかったのに!
2009/06/18 7:36 PM by moviepad
こんにちは。
この映画、観たいんですが、近くの映画館ではまだ上映が始まっていないんです。
どうやら来月になる可能性が・・・
うーん、こちらの記事を読むべきか、読まざるべきか・・・  
何度も、記事を読もうと思ってこちらにきては、読まずにいる自分がもどかしいです。
やっぱり、映画は、感想を語り合ってこそ、楽しいんですよね。それを実感してます。
2009/06/21 6:25 AM by
亮さん、おはようございます。

結論を先にいいます。
(T4の記事みたいだ...)

今は読まないでください。

「レスラー」はミッキー・ロークを体感する映画です。
物語をたどることは重要ではないと判断したためネタバレ注意報すら発することなく
結末をわっております。

予備知識不要の映画ですし、ご覧になった後でお読みいただくことをお勧めします。
2009/06/21 10:34 AM by moviepad
ご無沙汰です。

>ファースト場面、試合が終わり疲れ果てたランディの姿を映し出す。その後、息を切らしながら帰宅するのであるが後姿だけが映し出され、顔を見せてくれない。男は背中で人生を語る?
……私と同じように冒頭のシーンに注目しておるので、びっくりだ。この冒頭の撮り方は私もたいへん印象に残りました。
ミッキー・ローク以外では凡作になったでしょうね。お話じたいはなるほど凡庸の極地だもの(笑)。
ヴェンダースが絶賛していたので観る気になったのですが、観て損はなかった、というより必見です。
2009/06/27 8:21 PM by syunpo
syunpoさん、こんばんわ。

ファースト場面はミッキー・ロークの昔のイメージち今とのギャップを計算にいれての演出でしょうね。
ただ、息切れは演技ではないでしょう(笑)。

まさにミッキー・ロークなしではなりたたない話で、彼のリアリティ番組みたいでした。
ストーリーが凡庸なので、感想も凡庸になります(笑)。
ただ観ればいい作品。でも、これこそ(いい意味で)オーソドックスな映画のあり方なのかもしれません!
2009/06/27 10:55 PM by moviepad
はじめまして 
レスラー人生もピークを過ぎ、娘とは絶縁状態、ステロイドの影響で心臓は弱っているありさまの中年レスラー ランディー。

せっかく 親子関係を修復するチャンスだったのに娘さんとの約束すっぽかすのは さすがにマズイよ〜(´Ц`)

 マリサ演じるストリッパーのキャシディのトップレスにTバック姿で踊る姿はとってもキレイでしたよ。

自分には「この場所しかない」不器用な生き方しかできないランディーは やはり 悲しい男です。
>日本では"猫パンチ"ボクサーとして悪名をとどろかせました。その後、整形手術の失敗、激太り、薬物売人への暴力事件などでスターの座を追われていた
ボクシングはスクリーンの中だけにしておけばよかったんですよ。・・同じミッキー・ロークの主演の「ホーム・ボーイ」という'88年の映画 知っていますか?

 こちらは、ロークが アメリカ各地を渡り歩く流れ者ボクサーのジョニー役です。元妻のデボラ・フューアーと共演しています

 これ以上説明するとネタバレになりますので 省略しますが レスラーのランディーとはまた違った男の不器用さを「ホーム・ボーイ」のジョニーは持っています。

 「レスラー」と「ホーム・ボーイ」 ともにミッキー・ロークの主演で、ふたりの不器用な男が主人公 ランディーとジョニー

 ふたつの作品を比べながら見るのも 悪くないですよ


2011/09/25 8:41 AM by zebra
zebraさん、はじめまして。

「ホーム・ボーイ」は未見です。若い時のミッキー・ロークはちょっと苦手なので,,,。今ひとつ食指が動きませんが、機会があれば。

マリサ・トメイは最近"脱ぎキャラ"になりつつありますが、いい女優だと思います。
2011/09/26 6:50 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/401

トラックバック

レスラー
主演のミッキー・ロークと共演のマリサ・トメイの双方がアカデミー賞主演男優賞と助演女優賞にノミネートされた作品です。ちなみにゴールデングローブ賞では主演男優賞を獲得。ミッキー・ローク久々の返り咲きでした。監督は『レクイエム・フォー・ドリーム』、『ファウ
(LOVE Cinemas 調布 2009/06/17 10:04 PM)
レスラー/The Wrestler
輝く場所も生きる場所も死ぬ場所も、ここしかない。 ロープの上で、万感の思いで笑ってみせてくれたランディ。この泣き笑いの表情に、ミッ...
(描きたいアレコレ・やや甘口 2009/06/18 12:15 PM)
レビュー:レスラー
[ドキュメント風ドラマ][プロレス][ロートル物][流血][乳見せ・性描写][実写][洋画][スコープ][R15] 不器用度:★★★★☆ もがき度:★★★☆☆ 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ミッキー・ローク、 マリサ・トメイ、 エヴァン・レイチェル・ウッ
(シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記 2009/06/18 6:37 PM)
[映画『レスラー』を観た]
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。  若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。  私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情
(『甘噛み^^ 天才バカ板!』 2009/06/18 11:12 PM)
レスラー / THE WRESTLER
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「尊敬するミッキー・ロークが復活してくれた{/atten/}」 とは、アカデミー賞主演男優賞を獲得したショーン・ペンの言葉。 同じくアカデミー賞でノミネート
(我想一個人映画美的女人blog 2009/06/18 11:18 PM)
★「レスラー」
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 スポーツ新聞の一面がここ連日、プロレスラー三沢光晴さんの死亡を伝えてるけど、 この作品にも注目が集まりそう・・・
(★☆ひらりん的映画ブログ☆★ 2009/06/20 3:24 AM)
レスラー
かつて人気を極めたものの、今では落ち目のレスラーになったランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでアルバイトをしながらなんとかプロ...
(心のままに映画の風景 2009/06/22 7:40 PM)
レスラー  THE WRESTLER
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞受賞を始め、アカデミー賞ノミネート、 全世界の映画賞54冠に輝いた今年最高のヒューマンドラマの呼び声高く、 ミッキー・ローク久々の主演映画ときたら見ないわけにはいきません。 その上「王様のブランチ」映画コーナーで、リリ子さ
(映画の話でコーヒーブレイク 2009/06/22 11:17 PM)
THE WRESTLER 《レスラー》
ミッキー・ローク、復活! 人生は過酷である、ゆえに美しい。 6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映
(銅版画制作の日々 2009/06/23 11:00 AM)
映画『レスラー』
 控室のベンチにうずくまりながら咳き込んでいる一人のプロレスラー。やがて撤収中の試合会場を出て帰途につくが、トレーラーハウスは家賃未納のため鍵を替えられていて中に入ることができず、やむなくクルマの中で眠りにつこうとする。  冒頭のこのシークエンスでは
(コラムニスト宣言 2009/06/27 8:24 PM)
【映画】レスラー
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を
(新!やさぐれ日記 2009/06/29 9:19 PM)
「レスラー」
「レスラー」、観てました。 中年さえ超えようとしていた、かつての有名レスラー・ランディ。ランディは悲鳴を上げる体を引きづり、今もリ...
(クマの巣 2009/07/07 1:42 PM)
♯38 「レスラー」
映画 「レスラー」 THE WRESTLER      ダーレン・アロノフスキー監督 2008年 アメリカ 「レスラー」と「96時間」を続けて観ました。 熟年親父の物語。どちらも父と娘のエピソードがありました。 (ネタバレあり) こちらは、かつて栄光誇ったプロレスラ
(cocowacoco 2009/08/30 11:18 AM)
【映画】レスラー
『レスラー』(2008年・監督:ダーレン・アロノフスキー) 恥ずかしながらワタシは、『白いドレスの女』(81年)も『ナインハーフ』(85年)も『エンゼル・ハート』(87年)も観ていないので、
(【@らんだむレビューなう!】 Multi Culture Review Blog 2011/04/21 9:38 PM)

▲top