映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ネメシス/S.T.X | TOP | ワールド・ウォー Z >>

スター・トレック (2009)

スター・トレック(2009 アメリカ)

「スター・トレック」公式サイトにリンク原題   STAR TREK
監督   J・J・エイブラムス
原作   ジーン・ロッデンベリー
脚色   ロベルト・オーチー アレックス・カーツマン
撮影   ダン・ミンデル
音楽   マイケル・ジアッキノ
出演   クリス・パイン ザカリー・クイント
      エリック・バナ ウィノナ・ライダー
      ゾーイ・サルダナ カール・アーバン
      ジョン・チョー サイモン・ペッグ
      アントン・イェルチン ベン・クロス

第82回(2009年)アカデミー賞メイクアップ賞受賞。録音、視覚効果、音響編集賞ノミネート。

アメリカのテレビドラマを見ていると、「カーク船長が...」という台詞に時たま遭遇します。カーク船長とは言うまでもなく「スター・トレック」シリーズのメイン・キャラクター。突然何の脈略もない台詞の中に登場してもアメリカ人には意味がわかるわけです。日本人でも「スター・トレック」の名前を聞いたことがない、という人はほとんどいないでしょう。じゃあ、"誰でも知っている"このシリーズを"誰もが観たことがある"かというと甚だ疑問です。「スター・ウォーズ」シリーズが新作発表のたび一大イベントとなるのに対し、「スター・トレック」のほうはどちらかといえばマニア向けの印象。5つのTVシリーズ、そして10本の劇場映画がありイメージが散乱しているのも原因のひとつかもしれません。その劇場映画11作目がこの『スター・トレック』。続編ではなくリニューアルで、今まで描かれることのなかったカーク船長の青年期を描いたところが特徴です。監督は「M:i:III 」や『LOST』のJJ・J・エイブラムス。全米で劇場公開されるや早々に歴代シリーズの興行成績記録を塗り替えるヒットとなり、批評家の90%の支持も獲得。"良質なリメイク"として評価の高い作品です。

初出2009.5.26の記事に加筆・修正を加えて再UPしています。

スター・トレックの熱烈なファンのことを
トレッキーと呼ぶそうです。
前述のとおり、スター・トレックにはたくさんのTVドラマ、映画が存在します。
それらを区別するためにトレッキーの間では略号が使われている。
その略号紹介を含めて、これまでのシリーズを簡単に羅列してみます。

 TVシリーズ

1966年〜1969年 『宇宙大作戦(Star Trek) 』 後にTOS (The Original Seriesの略)と呼ばれる。
1987年〜1994年 『新スタートレック(Star Trek: The Next Generation) 』略称TNG
1993年〜1999年 『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン 』 (Star Trek:Deep Space Nine、略称DS9)
1995年〜2001年 『スタートレック:ヴォイジャー(Star Trek: Voyager』略称VGRまたはVOY
2001年〜2005年 『スタートレック:エンタープライズ』(Star Trek: Enterprise、略称ENT)



 映画

1979年 『スター・トレック(Star Trek: The Motion Picture)』  略号 ST1またはTMP
1982年 『スター・トレックII/カーンの逆襲  Star Trek II: The Wrath of Khan)』 略号 ST2
1984年 『スター・トレックIII/ミスター・スポックを探せ! (Star Trek III: The Search for Spock)』 略号 ST3
1986年 『スター・トレックIV/ 故郷への長い道 (Star Trek IV: The Voyage Home)』 略号 ST4
1989年 『スター・トレックV/新たなる未知へ(Star Trek V: The Final Frontier)』 略号 ST5
1991年 『スター・トレックVI/未知の世界(Star Trek VI: The Undiscovered Country)』 略号 ST6
1994年 『スタートレック ジェネレーションズ(Star Trek: Generations)』(1994) 略号 ST7
1996年 『スタートレック ファースト・コンタクト/STAR TREK(Star Trek: First Contact)』(1996) 略号 ST8
1998年 『スタートレック/叛乱(Star Trek: Insurrection)』(1998) 略号 ST9
2002年 『ネメシス/S.T.X(STAR TREK: NEMESIS)』(2002) 略号 ST10




1973年〜1974年にかけてTVアニメも存在しますが、これはスター・トレックの"正史"とはみなされていない模様。映画版ではST6までが『宇宙大作戦』をベースとしており、ST7は『宇宙大作戦』と『新スター・トレック』の登場人物の共演、ST8以降は『新スター・トレック』をもとに製作されています。最新版の『スター・トレック』は2001年〜2005年のTVシリーズ『スター・トレック:エンタープライズ』ということになりますが、これが放映直後から低視聴率に悩まされ、2005年5月で打ち切りになっています。このころから?映画11作目の噂が飛び交うようになり、2005年8月に『STAR TREK: THE BEGINNING』という題名で2007年夏公開予定だと伝えられました。物語は『スター・トレック:エンタープライズ』の2〜3年後と設定されていたですが、脚本がうまくまとまらず企画はお流れに。そして2006年4月J・J・エイブラムス監督による劇場映画が2008年夏に公開予定であることが公式発表されました。全米脚本家組合のストライキの影響で公開予定は2008年12月25日にずれこみ、かつ戦略上の理由でさらに延期。2009年5月にやっと公開されたというわけです。

2009年版『スター・トレック』が何をベースにしているかというと、映画ではなく一番最初のテレビシリーズ『宇宙大作戦』。"今まで描かれなかったカーク船長の青年期"が描かれているというのが売りですが、『バットマン・ビギンス』のようにソレを1時間もエンエンと描いたりしません。若かりし頃の描写はチャチャっとすまし、さっさと宇宙船に乗ってくれます。これはありがたい。

さて原点であるTVドラマ『宇宙大作戦』(TOS)がうけた理由とは

・従来のSFものと違って人間ドラマに主体が置かれていたため、大人の鑑賞に堪えうるものだった。
・人種差別がなくなった未来という設定ゆえ、メンバーにはアメリカ人、アフリカ民族、スコットランド人、ロシア人、アジア人、異星人まで多様に配している。

という点のようです。中でもアフリカ系女性ウフーラは、当時TVドラマに黒人がレギュラー出演することはほとんどなかったため、黒人女性に大きな希望を与えました。ウーピー・ゴールドバーグが彼女を見て女優を志したのは有名な話。ウーピーは『新スター・トレック』に準レギュラー出演を果たしました。彼女のほうから出演を希望し、ほぼノーギャラ(最低賃金)だったといいます。

一方TOSの欠点は映像が陳腐であること。特撮映像を見慣れてしまった今、これは仕方のないことでしょう。それゆえ、TOSは舞台劇であると評する人もいます。SFドラマなのに、映像が陳腐な舞台劇???2009年映画版ではこの弱点は当然のように克服されています。高所恐怖症の人にはおすすめできない場面が3回くらい出てきますよ。

さて、ようやく本編の話にうつります。



物語〜 ※結末まで記載されています。
2233年、謎の巨大宇宙船から、惑星連邦軍戦艦U.S.S.ケルヴィン号が攻撃を受けた。副長のジョージ・カーク少佐(クリス・ヘムズワース)は自らの命を犠牲にして800人のクルーを艦から脱出させた。ちょうどその頃彼の妻ウィノーナ(ジェニファー・モリソン)は息子を出産。ジェイムズ・T・カークと名付けられた。2255年、成長したジェイムズ・T・カーク(クリス・パイン)は酒とケンカにあけくれる日々を送っていた。ある日、カークはバーで宇宙アカデミー候補生と乱闘騒ぎを起こした後、パイク少佐(ブルース・グリーンウッド)から父親の話を聞かされたことをきっかけに宇宙艦隊アカデミーに志願する。カークは「コバヤシマル・シナリオ」という模擬試験で不正を行ったことから聴聞会にかけられていた。その途中にバルカン星から緊急救助要請が届いたため、候補生たちも、バルカン星に向かうエンタープライズに乗り込む。カークは謹慎中だったが、マッコイが機転をきかせてくれたため艦にもぐりこんだ。艦隊の敵は何とカークの父を殉職させた巨大宇宙船ナーラダ号だった。ナーラダ号のネロ船長(エリック・バナ)によってパイク艦長は連れ去られ、バルカン星は消滅させられてしまう。艦長不在のエンタープライズ号内でカークと艦長代理のスポック(ザカリー・クイント)が対立、立場の弱いカークは付近の惑星デルタ・ヴェガにほおりだされてしまう。そこで今のスポックより、129歳ほど年をとったもう一人のスポック(レナード・ニモイ)と出会う。老スポックは、自分の不手際で未来のロミュラン星を消滅させてしまったため、ネロは惑星連邦を故郷の敵とみなし、過去に遡って惑星連邦を滅亡させ、ロミュラン帝国再建を目論んでいることを話した。また、カークが艦長でないことに驚き、ネロが過去にさかのぼったことで老スポックがたどったものとは違う歴史が生まれていることを悟る。老スポックはネロの暴走を止めるためにカークがエンタープライズの指揮をとることを主張。カークは宇宙艦隊基地で出会ったスコット(サイモン・ペグ)とともに老スポックから教わったトランスワープ転送を使ってエンタープライズに戻る。カークはスポックを怒らせて規則違反に追い込み、艦長席に座る。スポックはカークに協力することを決意し、2人でナーラダ号へ潜入し、ナーラダ号の破壊とパイク船長救出に成功。功績を認められたカークは正式に館長就任。スポックは副長としてカークの下で働くことを名乗りでる。

監督のJ・J・エイブラムスはトレッキーではなく、2人の脚本家のうち、ロベルト・オーチーはトレッキーだったそうです。エイブラムスは「スター・トレックのファンもファンじゃなくても楽しめる作品にした」と力説。トレッキーのご機嫌を損ねることなく新しいファンを獲得したいというムシのいい魂胆...。でもそれが成功してしまっているんですね。

トレッキーのご機嫌を損ねないようにした最大の箇所は衣装でしょう。
TVドラマ「宇宙大作戦」の衣装はチープなTシャツもどき。
プラン9・フロム・アウター・スペース』を参考にした?(爆)
リメイクにあたって洗練された衣装に変えたいと思うところでしょうが、「衣装で誰だがわかるようにするため」あえてそのテイストを残したそうです。

キャラクター描写において2009年映画版ではジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)とスポック(ザカリー・クイント)の2人に絞られている感があります。生意気でケンカ早いカークは、自らを犠牲にして800人の命を救った父の話を聞いたことをきっかけにUSSエンタープライズに乗り込むことを決意。行動は直感的。対するスポックは人間の母とバルカン人の父をもつ。感情に左右されず、論理的な行動をとることがモットー。「それは論理的でない」が口グセです。若き日のカーク船長を演じるクリス・パインはところどころブラッド・ピットに似た表情をします。でも演技的にはコメディ部分のほうが光っている。ドラマ要素はカークよりもスポックが請け負っていますね。スポックの母役でウィノナ"万引中毒な私!"ライダーが老けメイクをほどこして登場。彼女はまだ素顔でシャバに出てはいけないのだろうか?(爆)

ここまで書いておいて今更いうのも何ですが、僕は『スター・トレック』シリーズを1度も観たことがありません。興味はあったのですが、何せ分量が多くて...。そんな自分でもこの映画は楽しく観ることができました。それはひとえにトレッキーな脚本家と、そうでない"映像至上主義"の監督のテイストが絶妙にブレンドしていたためでしょう。

前述のとおり、2009年版『スター・トレック』はこの手の作品としては珍しく全米で90%の批評家が支持を表明しています。といっても『ダークナイト』のような物語の深みがないため、マニア心をくすぐる魔力に乏しい。この映画版で新トレッキーが大量蔓延!ってことにはなりそうもない。

『バットマン』に続いての人気シリーズ"仕切りなおし"の成功。ネタ不足なのか、リメイク、続編だらけの昨今ハリウッドですが、これに"仕切りなおし"トレンドが加わりそうな悪寒。続編も決定しているようですが、個人的にはJ・J・エイブラムスを全く信用していないこともあり (理由?もちろん超駄作『クローバーフィールド/HAKAISHA』の製作者だから) 今回はたまたま上手くいっただけではないか?という疑念も残ります。基盤のあやしげな成功作です。トレッキーな視点とJ・J・エイブラムスの映像表現とのバランスが崩れてしまったら次回作は絶対に失敗する。"仕切り直し"『スター・トレック』の今後はトレッキーな脚本家の肩にかかっているといっても過言ではないでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
 上記は劇場公開当時、過去のスター・トレック作品を全く観たことがない状態で書いたものです。(〜物語〜のみ後日加筆)その後、映画版全作とTVシリーズの有名エピソードを観ています。ゆえに少し書き足してみます。

「スタートレックII カーンの逆襲」で紹介されたコバヤシマル・テストが登場。ファンは嬉しいでしょう。もう少しじっくり描いてほしかったのですが、それでは一般客が置いてきぼりを食うので...この程度が限界だったんでしょうね。

カークはやんちゃにしすぎたきらいがありますが、まあいいか。オリジナルキャストに比べて違和感があったのはウフーラ(ゾーイ・サルダナ)とチェコフ(アントン・イェルチン)。ウフーラってもっと凛としたイメージだったのに。ウフーラとスポックが恋仲って、やめてくれよ。また、チェコフはあんなに変じゃない。

・再見してみても、"基盤の怪しげな成功作"というイメージは変わらず。この映画のスター・トレックらしさは、Mr.スター・トレック、レナード・ニモイの存在感に頼る部分が大きい。彼が出てきたら「ああ、スター・トレックだ!と思いますからね。スター・トレックの魅力のひとつは台詞の深さ。残念ながら今作には、思わずメモしたくなるようなセリフがひとつもありませんでした。まあ、スター・トレックらしさを前面に出してしまうと、これまでどおり"観る人を選ぶ"映画になってしまうため仕方ないのか?といってもキャラクター設定だけを残し、後はフツーのSF映画じゃ、わざわざスター・トレックをやる意味もないような気がするのですが。まあ、これはスター・トレック映画が続く限り、永遠につきまとう課題でしょうね。

★★★
・この映画でおさえておきたい点は、この映画がこれまでスター・トレックで語られていた事柄との設定上の矛盾、食い違いがみられる点だ。リメイクのため設定を変えたということではなく、過去にタイムトラベルしたネロの行動により歴史が書きかえられたため起こったと説明されている。つまり、「スター・トレック」(2009)以降の作品は、宇宙大作戦以前の過去の物語ではなく、別の時間軸による並行世界での出来事であると。(SFではよく使われます)

具体的にいうと2233年にネロが出現した時点で歴史が枝分かれし、以下のような二つの歴史が生まれた。(startrek network journalより引用・要約)
1)ネロが出現せず、USSケルヴィンが破壊されない歴史
2)ネロが出現し、USSケルヴィンが破壊される歴史

つまり1)ではUSSケルヴィンは破壊されなかったため、カークは幸せに育ち
2)USSケルヴィンが破壊されたため、カークは不良に育つ

という。従来の1)ではカークは2250年にアカデミーに入隊したことになっているが、当作、つまり2)では2255年と5年のずれが見られる。今作「スター・トレック」(2009)に登場するカークやスポックは「宇宙大作戦」や映画版6作までに登場した彼等と完全に同一人物ではなく、異なる量子現実に存在するもう一人の彼らである。また、U.S.Sエンタープライズも1)では2245年に就役していたが、2)では2258年にまでずれ込んでいる。

2009年以降のスター・トレックを新時間軸版(Alternate reality)として区分されることもある。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

Star Trek at Memory Alpha (a Star Trek wiki)
Star Trek at Rotten Tomatoes
Star Trek at Box Office Mojo

スター・トレック(Amazon 検索)



スポンサーサイト


2017.08.15 Tuesday | 23:48 | - | - | - |

コメント

moviepadさん

こんばんは★

JJエイブラムス作品ってことで期待も大きかったんですよね、
キャラもあんまり魅力感じなかったので、
内容的にもフツウでした^^

でも今LOSTシーズン4みてるんですが
やっぱり面白いなー!!



2009/05/27 1:10 AM by mig
migさん、こんばんわ

僕はJ.J.エイブラムス作品ということであまり期待していませんでしたが、面白かったですよ。
『LOST』は興味あるんですけど、J.J.エイブラムスの名が目障りで観てません(^^;

でもキャラの描き方は薄味かな?スポックですらフツーに見える。
映像は迫力があって魅力的ですが、全体的にあまりクセがなくて手堅くまとめました!って印象。
これをきっかけにスター・トレックにはまる!ほどのエネルギーは感じませんでした
2009/05/27 1:45 AM by moviepad
自分は、TVの再放送でちょっとスター・トレックを観ています。
でも、カークとスポックのキャラを覚えてるくらいで、あまり思い出せないんですよね。
そこで、時間を見つけては、復習してますよ。

こちらの映画、結構、無難にまとめてありそうですね。
スポックのキャラがたってないのは、いただけないですが、是非、観てみようと思います。
楽しみです。

>小学生のころ、友達の一人がスポックというあだ名だったことを思い出しました。
なんとなく、雰囲気が似てて、話し方も論理的だったんですよね。
2009/05/27 7:24 AM by
復習しなくても大丈夫ですよ。リニューアルですから。
製作サイドはリ・イマジネーションと呼んでいるようですが。

本作もスター・トレックを観たことのある方にも好評みたいです。

何せアメリカで批評家の9割が支持、かつメガヒット中なので
『ダークナイト』ばりに構えて観にいったのですが、

面白かった→でも、大絶賛するほどではない?
ということです。(笑)そつなくまとまった映画よりは
少しアクの強いほうが個人的に好みなので。

この映画のスポックは最初は論理的なんですけど、
だんだん...
ということで観終わったあと、スポック=論理的という
イメージがあまり染み込みません。
やばい、ネタバレ気味だ(^^;

そういえば、自分の身の回りにもスポックと呼ばれていた人がいたような...。
意外とありふれたキャラクターなのかもしれません(爆)
2009/05/27 7:05 PM by moviepad
こんばんわ!moviepadさん☆

鑑賞予定ではなかったのですが
予告で流れてる音楽にそそられて
運動会が中止にならなきゃ
明後日レイトで見る予定です^^

スタートレックは
一度も観たことないので
カーク船長って誰?状態ですが
大丈夫そうですね!

また観たらお伺いしますね☆

こうして観る前にmoviepadさんの
記事読めると嬉しいです!
試写行ってくれると助かります^^
2009/05/29 3:35 AM by こべに
こべにさん、こんばんわ

トレッキーのために
マニアックなネタもいっぱい散りばめられているようですが
自分にはさっぱりわかりませんでした。(^^;

でも楽しめましたよ♪
予習はいりません。(笑)

>試写行ってくれると助かります^^

試写は当たらないといけないので....(^^;

女性をメインターゲットとしている映画の試写は
絶対に当たらないです。

当たるのは「グラン・トリノ」とか「スター・トレック」とか...
あとは単なる不人気映画(爆)

試写で観た映画を記事にするときには
極力ネタバレしないように
というか、肝心な箇所は伏せるようにしておりますので
劇場公開前の記事は安心してお読みください!

こべにさんはこの映画、結構気に入るんじゃないかな?
感想、楽しみに待っています♪
2009/05/29 7:29 PM by moviepad
観てきましたよ〜☆

うん!気に入ってると思うし
観てるときは楽しかったのだけど
これといった印象に残るものはなく
クセのない映画だったもので
家帰ったらすっかり忘れてしまうような
不思議な映画でした^^;
でも、面白かったんですけどね!

ウィノナはやっぱお母さんだったんだぁー
ぜんぜん気が付かなかったので
名前を見てびっくりしましたー!
2009/05/31 3:13 PM by こべに
そーなんですよね。

"それなりによく出来たSF娯楽映画"
って感じで観終わったら忘れてしまいそーです。

でもトレッキーの人たちは皆、熱狂している。
今のところ

トレッキー → 大絶賛
非トレッキー → まあまあ

といった評価が多いようです。これはちょっと意外でした。
J・J・エイブラムス監督だから、その逆の現象が起こるようなつくりだと予想していたので。


トレッキーさんとしてみれば、死にかけていたシリーズがこれで当分続くと思うと
それだけで嬉しいんでしょうね。何はともあれ、40年以上シリーズが続いているところはすごい!

ウィノナは主要キャストが皆、無名なのでアクセントをつける意味で起用されたんでしょう。
でも、このヒト、未だに反省の色がない模様。第一線復帰はもう無理?
2009/05/31 5:56 PM by moviepad
こんにちは〜♪
私もスタートレックは全く観たことがありませんでした。
でもそれなりに楽しめました〜あくまでも“それなり”で夢中になるほどではありませんでしたが(笑)

ところで『天使と悪魔』は鑑賞されないようですね〜(笑)
私は懲りずに観に行き、またまた撃沈・・・
でも前作よりは上手く映画化したと思います!(笑)
2009/06/02 7:56 AM by 由香
こんばんわ

やっぱり由香さんも"それなりに"なんですね。
トレッキーの人は皆、燃えているようです。
でもこの映画は今年の夏シーズンを代表しそうです。
「T4」はつまんねーらしいですよ。(観ませんが)

『天使と悪魔』はもちろんスルー!
原作も読んでおりません。もうアノ世界はイヤ(爆)
と思うくらい前作映画で懲りてしまったので...。TVで放送されれば観るかもしれません。

>私は懲りずに観に行き、またまた撃沈・・・
ははは、記事読みましたよ♪
原作ファンの人は、やっぱり映画観てしまうようですね。
2009/06/02 6:47 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/398

トラックバック

スター・トレック / STAR TREK
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ←こんなの持ってたり、、、 スター・トレックのパロディコメディとして人気の『ギャラクシー・クエスト』(通称 ギャラクエ{/warai/})大好きなくせに
(我想一個人映画美的女人blog 2009/05/27 1:08 AM)
「スター・トレック」これは、傑作!
[スタートレック] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年5月14日1:05 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  1966年の初放送以来、5本のTVシリーズと10本の劇場映画が製作され、40年以上に亘って我々を楽しませてくれた偉大な“宇宙活劇
(シネマ親父の“日々是妄言” 2009/05/28 12:50 AM)
「スター・トレック」
試写会で 観てきました。映画「スター・トレック」公式サイトテレビドラマや映画でおなじみの「スター・トレック」を再構築し、ジェームズ・T・カークの若き日を描くスペース・アドベンチャー。私スター・トレック観るの初めてで。昔やってたなー ってうっすら覚えて
(かいコ。の気ままに生活 2009/05/28 11:24 PM)
スタートレック(2009年、アメリカ)
 この映画は、ファミ通の試写会で観ました。 試写会の会場を見渡したところ、男女の比率はおよそ半々ぐらい。又、若い人が比較的多かったように見受けられました。 監督:J.J.エイブラムス出演:クリス・パイ
(泉獺のどうでも映画批評 2009/05/29 11:47 AM)
劇場鑑賞「スター・トレック」
スター・トレック「スター・トレック」を鑑賞してきましたTVシリーズ「LOST」、「クローバーフィールド/HAKAISHA」のヒット・クリエイター、J・J・エイブラムス監督が放つスペース・アドベンチャー。1966年に創作されたTVシリーズ「スター・トレック/宇
(日々“是”精進! 2009/05/29 3:37 PM)
スター・トレック
チョーおもしれ〜!!  
(Akira's VOICE 2009/05/29 3:48 PM)
「スター・トレック(STAR TREK)」映画感想
超人気TVドラマ、何度も映画化されていたけど、新たに再構築した、いわばビギニング的な最新作「スター・トレック(STAR
(Wilderlandwandar 2009/05/29 7:18 PM)
スター・トレック
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2009年/アメリカ 監督:J・J・エイブラムス 出演:クリス・パイン    ザカリー・クイント    エリック・バナ    ウィノナ・ライダー    ゾーイ・サルダナ    カール・アーバン    レナード・ニモイ
(Lovely Cinema 2009/05/29 8:52 PM)
[映画『スター・トレック』を観た]
☆昨夜、仕事の後でレイトショーにて『BABY BABY BABY!』(クリック!)を観て、未明にかけてレビューをエントリー・・・、  そして、今朝早起きし、遅番の仕事だったので、その前にモーニングショーで『スター・トレック』を観てきました。  で、帰宅して、明日は
(『甘噛み^^ 天才バカ板!』 2009/05/29 11:52 PM)
劇場最新作 スター・トレック J・J・エイブラムス監督
文字色29日より劇場公開されましたスター・トレック、画像は予告より、 実に新作劇場版はネメシス以来約7年ぶりとファンとしては非常に楽し...
(オタクな車椅子生活者の日々 2009/05/30 2:50 AM)
スタートレック
TVシリーズも含め超人気の「スタートレック」シリーズ最新作。監督はは『クローバーフィールド/HAKAISHA』のJ・J・エイブラムス。キャプテン・カークとスポックの若かりし頃を描いた本作、カーク役はクリス・パイン、スポック役は大人気ドラマ『HEROS』の最大の敵
(LOVE Cinemas 調布 2009/05/30 3:12 AM)
映画:スタートレック 「復活」を超越した「リ・イマジネーション」。
一度死んだシリーズが「復活」というだけでは言い足りない、極めて優れた「リ・イマジネーション」。 (どう死んじゃったかは、2006-10-12アップ「コンテンツの成長と衰退を考えさせられる 〜 ENTERPRIZE 最終回(STARTREKシリーズ)」を読んでいただければ良いかな?)
(日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 2009/05/30 8:18 AM)
スター・トレック
トレッキーと言われるほどの思い入れは有りませんが、TNG・DS9・VOYにハマって欠かさず深夜にチェックして、次の日眠い目を擦って学校に行ったり出社したりしてた俺。 久々の映画版はリ・イマジネーションでこれまでのスター・トレックの歴史をリセットし、これまでのシ
(そーれりぽーと 2009/05/30 1:30 PM)
スター・トレック
●ストーリー●ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズに乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。それが気に入らないスポック(ザカリー・クイント)は、カークを船から追い出そうと
(映画君の毎日 2009/05/30 6:49 PM)
スター・トレック
スター・トレック  5・30(土)@TOHOシネマズ 珍しく早々とUPしたのは寝て起きたら キレイさっぱり忘れてしまいそうだからです(あせ) 深夜によく放映されていたけれど ただ流れてるだけで真剣に見たことはないの。 いや、ホント!初めてで
(いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー 2009/05/31 3:04 PM)
「スター・トレック」:新宿駅東口バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}スタジオ・アルタって、「笑っていいとも」を収録しているスタジオでしょ。 {/kaeru_en4/}ああ、だから、毎日、たくさんのスターが出入りしている。 {/hiyo_en2/}このあたりなんて、スターの通り道になっているんでしょうね。 {/kaeru_en4/}スターの通り道
(【映画がはねたら、都バスに乗って】 2009/05/31 3:57 PM)
スター・トレック
Star Trek(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:J.J.エイブラムス 出演:クリス・パイン/ゾーイ・サルダナ/ザッカリー・クイント/サイモン・ペッグ/エリック・バナ/ウィノナ・ライダー/カール・アーバン/レナード・ニモイ なぜ挑むのか TVシリーズや映画で
(小部屋日記 2009/05/31 10:33 PM)
映画「スター・トレック」@一ツ橋ホール
 試写会の主権はアニマックスさん。客入りは8割ほどで年齢層は高く気のせいか男性客が多い。  映画の話 ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズ号に乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーにな
(masalaの辛口映画館 2009/05/31 11:07 PM)
スター・トレック マニアでないおいらは大喜び♪
【 32 -8-】 もし今までのスタートレックと同じように、シリーズの続編的な作品だったら観には行かなかったなあ。 トレッキー(スタートレックシリーズのある意味偏狂的な熱心なファンのこと)では無い俺、子供の頃にテレビで観ていた宇宙大作戦(スタートレックのこと
(労組書記長社労士のブログ 2009/06/01 12:11 AM)
スター・トレック
サイラーっぽさが若干垣間見えたスポック 【Story】 突然の非常事態に見舞われる惑星連邦軍戦艦USSケルヴィンの中で生を受けたジェーム...
(Memoirs_of_dai 2009/06/01 9:01 PM)
「スター・トレック」☆鑑賞
「宇宙大作戦」の頃からのファンもそうでない人も楽しめる映画でした!(←ここ重要)ファンならニヤリとしてしまう場面も、勿論多々あります。しかしそれだけでは終わらない、スリルも笑いも涙も織り込んで娯楽映画として「ダークナイト」以来の良作だと思いますよ!!
(帰ってきた二次元に愛をこめて☆ 2009/06/02 12:55 AM)
スター・トレック
過去のスター・トレックは観たことがありませ〜ん  そんな私でも楽しめるかな?―【story】ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズに乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。それが
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2009/06/02 7:53 AM)
スター・トレック
伝説のキャプテンを父に持つジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)は、 酒場で暴れているところを惑星連邦艦隊のキャプテン・パイク(ブ...
(心のままに映画の風景 2009/06/03 7:44 PM)
STAR TREK(2009)☆★
 新「スター・トレック」が上映開始されました。5月30日、東宝シネマズ二条にて鑑賞しました。 スター・トレックとは? 懐かしいテレビドラマ「宇宙大作戦」はアメリカのSFテレビドラマ。「スタートレック」シリーズの最初の作品であり、NBCネットワークにおいて1
(銅版画制作の日々 2009/06/04 9:00 PM)
★「スター・トレック」
今週の平日休みの2本目・・・ このシリーズ・・・何本も映画化されてるのに、超シンプルなタイトルでリリースするとは・・・ 内容的には船長の誕生秘話なので、「ライジング」とか「ビギニング」系といったところか。
(★☆ひらりん的映画ブログ☆★ 2009/06/05 3:18 AM)
スター・トレック
テレビドラマでおなじみの『スター・トレック』をJ・J・エイブラムス 監督が再構築し、ジェームズ・T・カークやスポック達の若き日の姿を 描いたSFアドベンチャー。連邦の宇宙船USSケルヴィン号は突如目の前に現れた謎の宇宙船から攻撃を 受ける。ジェームズ
(だらだら無気力ブログ 2009/06/05 10:59 AM)
レビュー:スタートレック
[SF][スペースエンタテインメント][ドラマ][宇宙戦争][友情][親子の絆][シリーズ物][実写][洋画][スコープ] キャラ立ち度:★★★★☆ 娯楽性:★★★★☆ ドラマ性:★★★☆☆ 監督:J.J.エイブラムス 出演: クリス・パイン、ザッカリー・クイント、カー
(シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記 2009/06/05 6:50 PM)
スター・トレック
原題 STAR TREK 製作年度 2009年 上映時間 126分 監督 J・J・エイブラムス 出演 クリス・パイン/ザカリー・クイント/エリック・バナ/ウィノナ・ライダー/ゾーイ・サルダナ/カール・アーバン/ブルース・グリーンウッド/ジョン・チョー/アントン・イェルチン テレビ
(to Heart 2009/06/06 6:03 PM)
Star Trek スター・トレック
監督    J・J・エイブラムス キャスト  クリス・パイン       ザッカリー・クイント       カール・アーバン       ゾーイ・サルダナ       エリック・バナ       ウィノナ・ライダー       サイモン・ペッグ  若
(You got a movie 2009/06/07 8:06 PM)
映画 「スター・トレック」 の感想です。
「スター・トレック」を観てきました。この映画はTVシリーズの他に、映画でも過去に10作品も製作されていたらしいけど、私は映画もDVDもこれまで殆んど観たことが有りませんでした。 でもこれだけ長年にわたり露出量が有った訳ですから、こんな無関心な私でもキャ
(MOVIE レビュー 2009/06/10 12:45 AM)
「スター・トレック」
「スター・トレック」、観てました。 未来の地球。惑星連邦に加盟している地球人類に謎の存在が理不尽な攻撃を仕掛けてくる。数奇な運命に...
(クマの巣 2009/06/14 7:33 PM)
「スター・トレック」観てきました♪
☆「スター・トレック」 (原題:STAR TREK) 監督:J・J・エイブラムス 出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー、ゾーイ・サルダナ、カール・アーバン、ブルース・グリーンウッド、ジョン・チョー、サイモン・ペッグ、アン
(りんたろうの☆きときと日記☆ 2009/06/26 9:03 AM)

▲top