映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< ウォッチメン | TOP | ディクシー・チックス シャラップ&シング >>

グラン・トリノ

グラン・トリノ(2008 アメリカ)

「グラン・トリノ」公式サイトにリンク原題   GRAN TORINO
監督   クリント・イーストウッド
原案   デヴィッド・ジョハンソン ニック・シェンク   
脚色   ニック・シェンク
撮影   トム・スターン
音楽   カイル・イーストウッド マイケル・スティーヴンス
出演   クリント・イーストウッド ビー・ヴァン
      アーニー・ハー クリストファー・カーリー
      コリー・ハードリクト ブライアン・ヘイリー
      ブライアン・ホウ ジェラルディン・ヒューズ
      ドリーマ・ウォーカー ジョン・キャロル・リンチ スコット・リーヴス

ファーストシーン。しかめ面した男が立っている。
妻の葬式で喪主をつとめているようだ。
妻を亡くした悲しみに耐えている風情はない。
遅刻して教会に入ってくる親族たち、へそピアスをしている孫を見て顔をゆがめる。
自分を取り巻くすべてのことが気に入らないのだ。

男の名はウォルト(クリント・イーストウッド
フォードの自動車工場を勤め上げ、ひとり暮らしだ。
ビールを飲み、月に一度床屋にいく。楽しみといえば、所有している72年製のフォード車グラン・トリノをぴかぴかに磨いてそれを眺めることくらい。グラン・トリノは誰もがほしがるヴィンテージ・カー。だが、ウォルトがこれに乗ることはない。まるでこの車だけが彼に残されたアイデンティティであるかのようだ。

ある日、グラン・トリノを盗もうとした者がいた。
犯人は隣に住むタオ(ビー・ヴァン)という16歳の少年だ。学校にも行かず、仕事もしていない。本を読み、いつも寂しそうにうつむいている内気なモン族の子である。
一方、姉のスー(アーニー・ハー)は、言いたいことをはっきり言う快活な娘。
スーに導かれ、孤独で頑固な老人ウォルトと、モン族一家との奇妙な交流がはじまった。
タオは車を盗もうとしたことへの"償い"として、ウォルトの家で仕事をすることになる。
ウォルトはタオに、以前からの懸案であった家の修繕をさせることにした。
タオは、仕事を与えられたことで自分の存在価値を見出したかのように生き生きとしていく。
ウォルトもそんなタオを一人前の男に育て上げることに生きがいを感じはじめていた。

タオ少年はグラン・トリノを洗っている。
おそらくウォルトはこの車を誰にも触らせたことがないはずだ。
そのグラン・トリノを、"盗もうとしていた男"タオに洗わせている。
ウォルトが彼を許し、心を開きつつあることを象徴する場面だ。
その場面も強調されることもなく、バックでさりげなく映し出される。
クリント・イーストウッドらしい控えめな映像表現である。

ウォルトは、モン族一家との交流に家族以上の親しみを感じ始めていた。
一方、初対面の占い師に、自分が今抱えている悩みをすべて言い当てられ驚愕する。
そんな日々をすごしながら、孤独で頑固な老人ウォルトの中で何かが変わっていく。

タオ少年は、従兄を含む近所の不良グループにいつもいじめられていた。
グラン・トリノを盗もうとしたのも彼の意思ではなく、不良グループから無理やりやらされていたのだ。

学校にも行けず、仕事もないタオ。
「彼はこのままでは一生安らぐことはできない
タオの将来を心配するウォルト。
そのウォルトも"一生安らぐことができない"トラウマを抱えていた。
彼を"孤独で頑固な老人"にしてしまったのは、誰とも感情を分かち合うことができない、そのトラウマが原因だったのだ。

そんな最中、不良グループによってスーとタオが暴行を受ける事件が起こる。
この2人の惨状を見て、ウォルトは妻の葬式ですら見せなかった涙をひっそりと流す。
そして彼はある決断をする。

行動に移す前に、さんざん馬鹿にしていた神父のところにいって懺悔を行った。
だが、"肝心なこと"は告白していない。

彼は行動によって、スーやタオ少年に今まで得られなかった心の安らぎをプレゼントした。
また、彼自身も長年抱えていたトラウマに決着をつけた。

ラスト、道路を走るグラントリノが映し出される。バックに流れるジャズ風の主題歌が心にしみる。
1番をイーストウッド、2番をジャズ・シンガーのジェイミー・カラムが歌っている。
(クレジットはジェイミー・カラムのみとなっているが、1番はどう聞いてもイーストウッドの声!)


↓ これはジェイミーのソロ・バージョンです。
Jamie Cullum - Gran Torino




映画『グラン・トリノ』は、さりげない余韻をじわりとにじませる作品。
巨匠クリント・イーストウッド監督に、またひとつ代表作が加わった。

人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

グラン・トリノ@映画生活





※ コメント欄にネタバレが含まれています。未見の方は映画鑑賞後にお読みください。




2009.04.01 Wednesday | 21:07 | 映画 | comments(13) | trackbacks(43) |

スポンサーサイト


2019.09.05 Thursday | 21:07 | - | - | - |

コメント

moviepadさんこんにちは★もう観てたんですね〜!
これ、期待以上によかったです!!
もうスーがやられたところで涙出て
神父の最後の話でまた涙止まらなくなっちゃった、、、、

少々イーストウッドがよすぎたって感じもするんですが(笑)
今年のベスト3以内は決定です!^^えへへ。
2009/04/08 11:43 AM by mig
追伸☆
あの最後はイーストウッドの歌でしたか、気づくとはさすがですね^^
2009/04/08 11:44 AM by mig
migさん、こんばんわ

珍しく試写にあたったもので
早々に観ることができました。

イーストウッド監督作品最高の興行収入(約1億4000万ドル)をあげたというニュースを聞いたとき、
「そんなにヒットしそうな話じゃないのにな?」と思いましたが、映画を観て納得。
「グラン・トリノ」は日本でもヒットしそうです。

ラストの歌、あのダミ声(1番のみ)はどう聴いてもイーストウッドでしょう!

2番はタオ少年役のビー・ヴァンが歌っているように聞こえました。。
それにしては上手すぎるな、と思っていたら
案の定、プロのジャズ・シンガー、ジェイミー・カラムでした。
ウォルトとタオ少年のデュエットに聞こえるように
タオ少年と声が似ている歌手を選んだのだと思います。
2009/04/08 7:34 PM by moviepad
こんばんは^^
初めまして。
migさんのとこから辿っておじゃまします♪
素晴らしい作品でした。
コピーにもあるとおり、人生の締めくくりを迷っていたコワルスキーがタオと出会うことで、その最期を飾れた…。
ショックだったけど、死に場所を探していた彼にとってはこれでよかったんでしょうね。

彼の想いはグラン・トリノとともにタオに託されたのでしょうから。

最後の歌はやっぱりイーストウッドでしたか。そうじゃないかと思ったんですが、どこにもそんなこと書いてなかったんで。^^;
2009/04/11 3:16 AM by KLY
KLYさん、はじめまして。

イーストウッドの歌はクレジットされていませんからね。
というか、他の人が歌ったならクレジットするでしょう。

今からご覧になる方、絶対違う!と思う方は
遠慮なくこのコメント欄でご指摘ください。
ただし、誰が歌っているのかちゃんと教えてくださいね。違うだけじゃダメ(笑)

今後もよろしくお願いします。
2009/04/11 12:31 PM by moviepad
こんにちは、

感動作でした。
イーストウッドの作品にハズレなしです。

最後の歌を彼が歌っていたのは気がつきませんでした。
DVDを見てみます。
2009/05/04 10:18 AM by かめ
かめさん、こんばんわ

予想通り皆さん、大絶賛ですね。

イーストウッドの歌は声の独特のしゃがれ具合で聞いてすぐわかりました。
2人で歌っているのにクレジットがジェイミー・カラムのみになっているので間違いない!と。
2009/05/04 10:17 PM by moviepad
こんにちは〜moviepadさん♪
詩的に物語を紹介していらっしゃいますね〜映画を思い出しながらじっくり読んじゃった。
私は全く物語を紹介せず、ただ感動した〜と書いて記事を済ませました。ははは(汗)

心に沁みるいい映画でしたね〜
イーストウッドの演じたウォルトが愛おしかったです・・・最後は泣けちゃったなぁ〜
2009/05/07 12:14 PM by 由香
>詩的に物語を紹介していらっしゃいますね

単なる箇条書きに近いんですが....(^^;
たま〜にこういう記事の書き方をします。
でも、それは作品を気に入っている証拠。
言葉による解説を必要としないのが良い映画です。
<エラソー(笑)

>私は全く物語を紹介せず、ただ感動した〜と書いて記事を済ませました。ははは(汗)

そうなんです。
自分もほとんどそれに近い感覚。
この映画を紹介するのに中途半端な能書きは垂れたくない!
周辺情報も不要!
そんな気分になる映画でした。
2009/05/07 8:58 PM by moviepad
イーストウッドの監督作品のなかでは、間違いなく私のトップ3に入る名作です。(すべての監督作品を観たわけではないのですが……)
イーストウッドがテラスで缶ビールを飲みながら周辺を見下ろしている様子だけでも、なんとなく決まっていますね。
「チェンジ」を掲げる今のアメリカにふさわしい映画ともいえます。

皆さんと同じことを書いて申しわけないのですが、やっぱり、あの歌声はイーストウッドだったのかね。私のエントリーにもそうしたコメントが寄せられたので、もしやとも思ったのですが、クレジットされていなかったみたいなので否定的なレスポンスを返したのですが(苦笑)。
いずれにせよ、本作でも監督イーストウッド氏は音楽の使い方がやっぱり巧いと思ったですね。
2009/05/11 8:47 PM by syunpo
>イーストウッドがテラスで缶ビールを飲みながら周辺を見下ろしている様子だけでも、なんとなく決まっていますね。

そうなんですよね。
こんなにカッコイイ78歳は地球に2人といません(笑)。

『グラン・トリノ』はイーストウッドの中では異色といえる作品ですね。
なぜなら、アカデミー賞から完全に無視されたのに興行的には自己最大のヒットになっている。
批評家よりも観客に愛された作品なんてはじめてじゃないかな。

あの歌声は正確を期するなら

"イーストウッドが歌っていると思われる"

と記すべきです。

何のフォローもなしにはっきり断定しているブログ記事をいくつか見て
”おい、おい"と思いました。自分も断定して書いているのに(爆)

この映画は珍しく試写にあたったので劇場公開よりも25日前に見ることができました。
鑑賞後、ラストの声はイーストウッドだろう、と思い英語サイトを含めていくつか調べてみましたが一番を歌っていた謎の老人が誰かさっぱりわからない。ウィキペディアにすら出ていませんでした。

ただ、声はどう聞いてもイーストウッドなんですよね。歌い方もどこか役者っぽいし。
また、あんな目立つ使い方をしておきながらクレジットしないなんて考えられない。
他の人が歌っているのなら大クレームものです(笑)
人格者として信望のあついイーストウッドがそんなことをするとは考えにくい。
イーストウッド本人が歌っているからクレジットしなかった、としか思えないんですよね。

>クレジットされていなかったみたいなので否定的なレスポンスを返したのですが

僕は"間違いない!"と思ったので断言しましたが
信用に値するソースがない以上、これは正しい対応だと思います。
でにsuynpoさんは、さりげなくかわしてますよね。
どこかの誰かみたいに(ハイ、私のことです)違う!とトゲトゲしく言ったりしない(爆...自戒)
2009/05/11 10:39 PM by moviepad
上手いですね、イーストウッドの親父は!映画が好きな人は、ある時期に訳の判らない高尚なサクヒンってモノにはまります。シンプルで相手にわかりやすく表現するというのは、裏を返せば、技術やセンスが備わっている証です。
この映画は、幅広い方の心に染み入る事こそが大事であるという大人の配慮をも見越したものだと思いますね。
わかる人にわかればいいんだ!も、ある意味
うんうんそうそう・・ですけど、たくさんの方に暖かい涙を流させる事は、実に素晴らしい仕組みです。彼の昔からのファンの方なら、センチメンタルアドベンチャーという映画を知っているかもしれません。地方公開しかされなかった愛すべき映画でした。私は、この82年公開の映画がグラントトリノとかぶりました。未見の方、是非見てください。(でも、この作品、DVD化されてないかも?)。今の所、今年のNO1ですね。チェィサーと違う感情の高まり方でした。では、また!映画最高ばい!
2009/07/07 6:13 PM by みちしるべ
こんばんわ

>映画が好きな人は、ある時期に訳の判らない高尚なサクヒンってモノにはまります。

はまらない人も結構多いようです。
映画ブログを3年以上やっているとよ〜くわかります(笑)。

この映画のシンプルさはイーストウッドの余裕を感じますね。

センチメンタルアドベンチャーは残念ながら未見ですが、
『グラン・トリノ』は『ミリオンダラー・ベイビー』に物語構成がそっくり。
イーストウッドってこういうタイプの話が好きなんでしょうね。
2009/07/08 12:23 AM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/371

トラックバック

グラントリノ / GRAN TORINO
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click アンジェリーナ・ジョリー主演『チェンジリング』でイーストウッド作品にハズレなし{/ee_3/}と断言したばかりですが... やっぱりイーストウッド作品にハズ
(我想一個人映画美的女人blog 2009/04/08 11:41 AM)
「グラン・トリノ」試写会観てきました♪
☆「グラン・トリノ」 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー
(りんたろうの☆きときと日記☆ 2009/04/10 2:35 AM)
『グラン・トリノ』
さーて今週最後の試写会は クリント・イーストウッド監督・主演最新作『グラン・トリノ』です。 この監督の作品にハズレは基本的にないので期待度はMAXで鑑賞に臨みました。 あらすじ: 長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し 妻に先立たれてからは、ふ
(映画批評_気ままにツラツラと・・ 2009/04/11 2:41 AM)
グラン・トリノ
前作『チェンジリング』のみならぬ、数々の名作を世に送り出したクリント・イーストウッド最新作。監督、主演ともにイーストウッド本人が務める。本人曰く俳優としてのクリント・イーストウッドはこれが引退作だとのこと。そんなことを言わないで欲しい、俳優としても監
(LOVE Cinemas 調布 2009/04/11 3:23 AM)
グラン・トリノ
- 俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。 - 昨晩『グラン・トリノ』の試写会へ行ってきました。 『ミリオンダラー・ベイビー』以来、クリント・イーストウッドが4年振りに監督・主演を務めた作品です。 78歳になるイース
(Peaceナ、ワタシ! 2009/04/11 9:27 PM)
「グラン・トリノ」を観る
今作品をもって俳優引退の意向を示した、今や大監督で今回はプロデューサーも勤めたクリント・イーストウッド主演の「グラン・トリノ」を観てきました。 「グラン・トリノ」とは100年に一度の不況でビッグはビッグでも「虫の息のBig3」(マツダ株が日本に帰って
(紫@試写会マニア 2009/04/12 5:57 PM)
グラン・トリノ
今日はヤクルトホールの「グラン・トリノ」の試写会に行ってきました。 半端でない頑固親父のウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)が、だんだん心を開いていくところ、内気な隣人のタオ・ロー(ビー・ヴァン)の心の成長ぶりが、うまーく描かれています
(まぁず、なにやってんだか 2009/04/12 6:24 PM)
「グラン・トリノ(GRAN TORINO)」映画感想
珍しく試写会にご縁がありまして 久々にクリント・イーストウッド監督、主演の作品「グラン・トリノ(GRAN TORINO)
(Wilderlandwandar 2009/04/15 2:14 AM)
グラン・トリノ
イーストウッドのトリの最高傑作 【Story】 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工...
(Memoirs_of_dai 2009/04/22 8:18 PM)
【グラン・トリノ】★クリント・イーストウッド
グラン・トリノ HPグラン・トリノシネマトゥデイ英題:GRANTORINO製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年4月25日スタッフ監督・製作:クリント・イーストウッド製作:ロバート・ロレンツ/ビル・ガーバー製作総指揮:ジェネット・カーン/ティム・ムーア/ブ
(猫とHidamariで 2009/04/23 4:51 PM)
グラン・トリノ
道に迷う全ての人に向けた人生講座。  
(Akira's VOICE 2009/04/25 4:27 PM)
グラン・トリノ
2004年『ミリオンダラー・ベイビー』以来の出演作品。この作品では、監督・製作も兼ねています。 華が無く、家族からも疎まれ、社会の表舞台で大活躍をする事も無く老境に入った朝鮮戦争帰還兵ウォルト・コワルスキーをクリント・イーストウッドが非常に上手く演じてい
(勝手に映画評 2009/04/25 5:11 PM)
グラン・トリノ
古き良きもの。静かなる去り際。そして、明日へ。
(悠雅的生活 2009/04/25 10:14 PM)
グラン・トリノ
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド    コリー・ハードリクト    ブライアン・ヘイリー    ブライアン・ホウ    ジェラルディン・ヒューズ    ドリーマ・ウォーカ
(Lovely Cinema 2009/04/25 10:59 PM)
グラン・トリノ
クリント・イーストウッドが監督・主演を務めたヒューマンドラマ。その他のキャストはビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘーリー他。 <あらすじ> 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退
(Yuhiの読書日記+α 2009/04/26 12:24 AM)
「グラン・トリノ」 Gran Torino
〜 あのときの映画、「ダーティ・ハリー」はどうでしたか?きみはニュースのほうが… ♪ と吉田拓郎が歌っていた1972年、その年のモデルであるフォード・グラン・トリノに思いを込め、人生の終盤を迎えた老人と隣人家族との心の交流を描きつつ、古き良きアメリカへの惜
(俺の明日はどっちだ 2009/04/26 3:10 PM)
グラン・トリノ
『硫黄島からの手紙』や『チェンジリング』のクリント・イーストウッド 監督が『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年振りに監督・主演を努めた 人間ドラマ。 妻に先立たれた孤独で人種差別の偏見を持つ老人が、愛車グラン・トリノの 盗難未遂事件をきっかけに、隣に
(だらだら無気力ブログ 2009/04/26 5:42 PM)
グラン・トリノ/Gran Torino
クリント・イーストウッド最後の映画出演とも言われている「グラン・トリノ 」。 ちょっと重そうな気もしたけど、やっぱり見ておくべきだろうなと思って。 「UCとしまえん 」は、普通かなぁ。 「グラン・トリノ 」は、中くらいのスクリーンで、8〜9割。
(いい加減社長の日記 2009/04/26 6:28 PM)
『グラン・トリノ』
信じられないほどの傑作。この作品を最後に俳優業を引退するかも知れないクリント・イーストウッドが『許されざる者』のさらにその先の境地に達したかのような素晴らしき映画でした。雨の中での母の愛を描いた『チェンジリング』とは真逆の年老いた父親の乾いた映画では
(めでぃあみっくす 2009/04/26 9:34 PM)
グラン・トリノ
このブログでも度々書いているように、筆者はイーストウッド監督作品に、「人間の尊厳」という観点をもって鑑賞している。特に「ミリオンダラー・ベイビー」以降、それは顕著であり、「父親たちの星条旗」で決定的になった。映画という総合芸術の世界で、俳優として、
(利用価値のない日々の雑学 2009/04/26 11:46 PM)
グラン・トリノ
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を―。 少年は知らなかった、人生の始め方を―。 原題 GRAN TORINO 製作年度 2008年 上映時間 117分 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出演 クリント・イーストウッド/ビー・ヴ
(to Heart 2009/04/27 11:32 AM)
グラン・トリノ
 アメリカ  ドラマ  監督:クリント・イーストウッド  出演:クリント・イーストウッド      ビー・ヴァン      アーニー・ハー      クリストファー・カーリー 【物語】  妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルトは、自動車工の
(小泉寝具 ☆ Cosmic Thing 2009/04/27 2:14 PM)
グラン・トリノ
頑固で偏狭なウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ息子たちとも疎遠で、一人静かに暮らしている。 ある日...
(心のままに映画の風景 2009/04/27 2:29 PM)
グラン・トリノ
●ストーリー●妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァ
(映画君の毎日 2009/04/27 6:16 PM)
クリント・イーストウッド監督「グラン・トリノ」(★★★★★)
監督 クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド、ビー・バン、アーニー・ハー  すばらしいシーンがいくつもある。私がいちばん感情を揺さぶられたのは、イーストウッドが病院で診察を受け帰宅し、息子に電話をかけるシーンである。頑固一徹で気弱な
(詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記) 2009/04/28 2:11 AM)
劇場鑑賞「グラン・トリノ」
 「グラン・トリノ」を鑑賞してきました「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、自ら主演して世の中に怒れるガンコ老人を演じた感動の人間ドラマ。急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者
(日々“是”精進! 2009/04/28 3:28 PM)
「グラン・トリノ」 第5位
上映スクリーン数: 272オープニング土日興収: 1.29億円クリント・イースト
(映画コンサルタント日記 2009/04/29 12:44 AM)
胸が痛い・・・。『グラン・トリノ』
人種差別者で気難しい元軍人のアメリカ人男性と隣りに住むアジア系移民の物語です。
(水曜日のシネマ日記 2009/04/29 8:22 AM)
GRAN TORINO☆クリンスト・イーストウッド俳優としての最後の作品
クリント・イーストウッドが“人生”を賭けた作品 遠くの家族より、近くの他人。昔の人はいいこと言いました。まさにこのことわざどおりだ。 クリント・イーストウッドが、この作品以降、俳優業から、監督業中心とする活動を意向したそうです。残念ですね。でも素晴
(銅版画制作の日々 2009/04/29 11:09 AM)
グラン・トリノ Grand Trino
●「グラン・トリノ Grand Trino」 2008 アメリカ Warner Bros.Village Roadshow Pictures,Malpaso Production,117min. 監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー他 <
(映画!That' s Entertainment 2009/04/29 8:00 PM)
「グラン・トリノ」すべての人へ…見てください!
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワード   クリント・イーストウッド4年ぶりの主演、そして監督作、「グラン・トリノ」(ワーナー・ブラザース)。終焉の時を迎えた男が選択する、“人生の幕の降ろし方”に、熱い涙がこぼれます。  妻に先立たれたウ
(シネマ親父の“日々是妄言” 2009/04/29 10:11 PM)
『グラン・トリノ』(2008/クリント・イーストウッド)
「世の中には、決して怒らせてはいけない男ってのがいるのを知らないのか?例えば、俺だよ」 そこに立っているだけで十分という、圧倒的な...
(愛すべき映画たち 2009/04/30 5:51 PM)
映画:グラン・トリノ Gran Torino 「名作」と呼ぶにふさわしい傑作。
春の叙勲で旭日中綬章を受章することになったことが話題のイーストウッドの新作。 前作「チェンジリング」CHANGELING を、「間違いなく今年有数の傑作」と評したが、この「グラン・トリノ」は噂通り。 もっとすごかった!(正直まいったよ) 彼ならではの視点から発せ
(日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 2009/05/03 1:22 AM)
グラン・トリノ-★★★★★-
    (C) 2009 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED. 英題: GRAN TORINO 製作年: 2008年 製作国: アメリカ 日本公開: 2009年4月25日 (丸の内ピカデリー ほか) 上映時間: 1時間57分 配給: ワーナー・ブラザース映画 カラー 公式サイト 監督・製作
(not simple. 2009/05/03 1:59 PM)
グラン・トリノ 2009-21
「グラン・トリノ」を観てきました〜♪ 妻に先立たれ、息子や息子の嫁、孫に悪態をつくウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、自分の世界だけで生きている頑固ジジイだった。或る日、ウォルトが大事にしている愛車グラン・トリノを隣人のタオ(ビー
(観たよ〜ん〜 2009/05/04 10:28 PM)
Gran Torino グラン・トリノ
 監督 クリント・イーストウッド  脚本 ニック・シェンク  キャスト  クリント・イーストウッド        ビー・バン        アーニー・ハー        クリストファー・カーリー ほか                 クリント・イーストウッド
(You got a movie 2009/05/05 1:23 PM)
イーストウッドの力
日曜日のことだが、映画「グラン・トリノ」を鑑賞しました。 クリント・イーストウッド監督、主演 もう、この時点で平均以上の作品であるだろうと もちろん、今作もその思いは裏切られなかった 頑固な老人ウォルトとモン族の少年タオの交流 ストーリーはとてもシンプ
(笑う学生の生活 2009/05/06 12:31 AM)
グラン・トリノ
[グラントリノ] ブログ村キーワード ↓クリックしていただけると嬉しいです↓ 評価:9.0/10点満点 2009年42本目(37作品)です。 かつてはフォードの作業員として働いており、朝鮮戦争で体験した傷が癒えないウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド
(必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! 2009/05/06 2:52 PM)
グラン・トリノ
予告もチラシも見ずに、予備知識なしで鑑賞―で、、、≪グラン・トリノ≫って車のことだったのね〜【story】朝鮮戦争の退役軍人で、自動車工の仕事を引退したウォルト(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ、息子たちとも疎遠で単調な生活を送っていた。そんな
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2009/05/07 11:55 AM)
『グラン・トリノ』 @新宿ピカデリー
ブログネタ:GW何した? 参加中 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職し、妻も亡くなりマンネリ化した生活を送っている。彼の妻はウォルトに懺悔することを望んでいたが、頑固な彼は牧師の勧めも断る。そんな時、近所のアジア系移民のギ
(映画な日々。読書な日々。 2009/05/10 11:57 PM)
映画『グラン・トリノ』
 時代の変化は人智を超えている。権力者も金持ちも独裁者でさえも時代を手玉にとることはできないだろう。ならば、一人の人間が変化を遂げる時、そこにはいかなる力が働くことになるのだろうか。個人の自覚的な努力だろうか。社会からの圧力だろうか。人間関係の中に時
(コラムニスト宣言 2009/05/11 8:49 PM)
グラン・トリノ
 イーストウッドは,なぜこんな素晴らしい作品と連発できるのだろう。  役者として
(EURISKO2005 2009/05/25 1:00 AM)
グラン・トリノ
イーストウッドの最後の主演作品になるはずというのに、とっくに終わって見逃したと諦めていたら、なんとまだやっていて、やっと行ってきました。あ~、観れてよかった。 貧しい郊外に一人暮らすウォルト・コワルスキー。偏屈な老人で、彼の口を突くのは汚いののしり
(シネマ大好き 2009/06/29 8:21 PM)

▲top