映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 第62回(1989年)アカデミー賞 | TOP | 第64回(1991年)アカデミー賞 >>

第63回(1990年)アカデミー賞

第63回(1990年)アカデミー賞

63回アカデミー賞作品賞「ダンス・ウィズ・ウルブズ」第63回アカデミー賞trivia
〜ケヴィン・コスナー監督『ダンス・ウィズ・ウルブズ』に作品・監督賞〜

★ ケヴィン・コスナーが製作・監督・主演をつとめ、12部門にノミネートされていた『ダンス・ウィズ・ウルブズ』が下馬評どおり作品・監督を含む7部門を受賞。作品賞発表のあと、コスナーはステージにあがり「この作品の受賞は世界情勢にくらべるまでもありませんが、われわれには大きな意味をもっています」とコメントした。その後、コスナーは主演作『ボディガード』を大ヒットさせるなどスター街道まっしぐらのように思えた。だが、監督第2作『ウォーターワールド』撮影中、莫大な制作費の無駄遣いが批判され、かつ作品自体も興行・批評ともに惨敗したこと(日本ではそれなりにヒットしましたが)をきっかけに急激に失速していくことになる。



★ 主演女優賞は『ミザリー』のキャシー・ベイツ。舞台を中心に活動してきたベイツだが、スティーヴン・キングの原作のイメージにぴったりということでキャスティングされた。ベイツはステージにあがると「(共演者の)ジェームズ・カーンに感謝します。足を折ったりしてごめんなさい」と映画内の出来事にわびをいれるユーモラスなスピーチをした。ベイツはオスカー受賞をきっかけに多くの映画に出演するようになり、存在感あふれる女優として独自の地位を築き上げている。



★ デンゼル・ワシントンがプレゼンターをつとめた助演女優賞は下馬評どおり『ゴースト/ニューヨークの幻』のウーピー・ゴールドバーグ。ウーピーは興奮のあまり放送禁止用語"f××K"を口にしてしまったが、その後「ニューヨークの低所得住宅に育った私は、子供のころから女優になるのが夢でした」としんみりと語った。ウーピー・ゴールドバーグはアカデミー賞、グラミー賞、エミー賞、(プロデューサーとして)トニー賞を受賞している数少ないエンターティナーのひとりである。2002年、ウーピーはオスカー像を製造元へクリーニングを依頼した。しかしオスカー像が配送途中で遺失し、その後オンタリオ空港のゴミ捨て場に捨ててあったところを回収されるという珍事が起こっている。




★ 助演男優賞は『グッドフェローズ』のジョー・ペシ。大ヒット作『ホームアローン』への出演がプラス要素に働いての受賞だと言われている。強面イメージのペシだが、ステージでは恥ずかしそうに「大変な名誉です。サンキュー」と言っただけでそそくさと退場した。



★ 歌曲賞はマドンナが歌った「sooner or later」。自ら出演した『ディック・トレイシー』からのナンバーで、ミュージカルの大御所ステーヴン・ソンドハイムが作詞作曲を手がけた曲である。マドンナは"私に釣り合う男"としてマイケル・ジャクソンをエスコート役に選んで、会場入り。観客席に尻をむけて歌いだすという大胆不敵なパフォーマンスを披露した。で、↓の動画をご覧ください。一見、堂々たる歌いっぷりのようですが、よ〜く見ると手が無茶苦茶震えております。あのマドンナでも、アカデミー賞授賞式ともなると緊張するんですね〜。

Madonna - Sooner or Later (Live - Oscar 1991)



第63回(1990年)アカデミー賞ノミネート一覧

 マークは受賞作品。リンクは原則としてamazon

作品賞
  「ダンス・ウィズ・ウルブズ
   「レナードの朝
   「ゴースト/ニューヨークの幻
   「ゴッドファーザーPART III
   「グッドフェローズ

主演男優賞
 ジェレミー・アイアンズ 「運命の逆転
   ケヴィン・コスナー 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
   ロバート・デ・ニーロ 「レナードの朝」
   ジェラール・ドパルデュー 「シラノ・ド・ベルジュラック」
   リチャード・ハリス 「ザ・フィールド」



主演女優賞
  キャシー・ベイツ 「ミザリー
   ジュリア・ロバーツ 「プリティ・ウーマン
   メリル・ストリープ 「ハリウッドにくちづけ
   アンジェリカ・ヒューストン 「グリフターズ/詐欺師たち
   ジョアン・ウッドワード 「ミスター&ミセス・ブリッジ」

助演男優賞
  ジョー・ペシ 「グッドフェローズ」
   アンディ・ガルシア 「ゴッドファーザーPART III」
   グレアム・グリーン 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
   ブルース・デイヴィソン 「ロングタイム・コンパニオン
   アル・パチーノ 「ディック・トレイシー

助演女優賞
 ウーピー・ゴールドバーグ 「ゴースト/ニューヨークの幻」
   アネット・ベニング 「グリフターズ/詐欺師たち」
   ロレイン・ブラッコ 「グッドフェローズ」
   ダイアン・ラッド 「ワイルド・アット・ハート
   メアリー・マクドネル 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」

監督賞
 ケヴィン・コスナー 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
   フランシス・フォード・コッポラ 「ゴッドファーザーPART III」
   マーティン・スコセッシ 「グッドフェローズ」
   スティーヴン・フリアーズ 「グリフターズ/詐欺師たち」
   バーベット・シュローダー 「運命の逆転」

脚本賞
<オリジナル脚本>
 「ゴースト/ニューヨークの幻」
   「アリス
   「わが心のボルチモア
   「グリーン・カード
   「メトロポリタン」

<脚色>
  「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
   「レナードの朝」
   「グッドフェローズ」
   「グリフターズ/詐欺師たち」
   「運命の逆転」

撮影賞
 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
   「わが心のボルチモア」
   「ディック・トレイシー」
   「ゴッドファーザーPART III」
   「ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女

美術監督・装置賞
  「ディック・トレイシー」
   「シラノ・ド・ベルジュラック」
   「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
   「ゴッドファーザーPART III」
   「ハムレット」

音響賞
 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
   「デイズ・オブ・サンダー
   「ディック・トレイシー」
   「レッド・オクトーバーを追え!
   「トータル・リコール

編集賞
  「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
   「ゴースト/ニューヨークの幻」
   「ゴッドファーザーPART III」
   「グッドフェローズ」
   「レッド・オクトーバーを追え!」

作曲賞
 「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
   「わが心のボルチモア」
   「ゴースト/ニューヨークの幻」
   「ハバナ」
   「ホーム・アローン

歌曲賞
  「スーナー・オア・レイター」 Sooner or Later(I Always Get My Man) (ディック・トレイシー)
   「ブレイズ・オブ・グローリー」 Blaze of Glory (ヤングガン2
   「アイム・チェッキン・アウト」 I'm Checkin' Out (ハリウッドにくちづけ)
   「ゴッドファーザーPART III愛のテーマ」 Promise Me You'll Remember (ゴッドファーザーPART III)
   「サムフェア・イン・マイ・メモリー」 Somewhere in My Memory (ホーム・アローン) 

衣装デザイン賞
 「シラノ・ド・ベルジュラック」
   「わが心のボルチモア」
   「ダンス・ウィズ・ウルブズ」
   「ディック・トレイシー」
   「ハムレット」

メイクアップ賞
 「ディック・トレイシー」
   「シラノ・ド・ベルジュラック」
   「シザーハンズ

視覚効果賞
 「トータル・リコール」

音響効果編集賞
 「レッド・オクトーバーを追え!」
   「フラットライナーズ
   「トータル・リコール」

短編賞
<アニメ>
 「快適な生活」
   「チーズ・ホリデー
   「GRASSHOPPERS」

<実写>
 「THE LUNCH DATE」
   「BRONX CHEERS」
   「DEAR ROSIE」
   「WHAT HAVE WE DONE?」
   「12:01 PM」

ドキュメンタリー映画賞
<短編>
 「待ちわびる日々」
   「BURNING DOWN TOMORROW」
   「CHIMPS:SO LIKE US」
   「JOURNEY INTO LIFE:THE WORLD OF THE UNBORN」
   「ROSE KENNEDY:A LIFE TO REMEMBER」

<長編>
 「AMERICAN DREAM」
   「BERKELEY IN THE SIXTIES」
   「BUILDING BOMBS」
   「FOREVER ACTIVISTS:STORIES FROM THE VETERANS OF THE ABRAHAM LINCOLN BRIGADE」
   「WALDO SALT:A SCREENWRITER'S JOURNEY」

外国語映画賞
 「ジャーニー・オブ・ホープ」 (スイス)
   「シラノ・ド・ベルジュラック」 (フランス)
   「菊豆」(中国)
   「ナスティ・ガール」 (ドイツ)
   「宣告」 (イタリア)

名誉賞
 ソフィア・ローレン
   (映画に永遠の輝きを与え、忘れられない演技に満ちたキャリアに)
  マーナ・ロイ
   (輝かしい業績に)

功労賞
 イーストマン・コダック社

アーヴィング・G・タールバーグ記念賞
 リチャード・D・ザナック、デヴィッド・ブラウン

ゴードン・E・ソーヤー賞
 ステファン・クデルスキ

人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!
2009.02.07 Saturday | 21:59 | アカデミー賞の軌跡 | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2017.09.09 Saturday | 21:59 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top