映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 第59回(1986年)アカデミー賞 | TOP | 第61回(1988年)アカデミー賞 >>

第60回(1987年)アカデミー賞

第60回(1987年)アカデミー賞

60回アカデミー賞作品賞「ラスト・エンペラー」第60回アカデミー賞trivia
〜シェールに主演女優賞!〜

★ 「ハリウッドの虚飾業界の皆様、幸運な人たちが生まれ、友情が失われる夜のはじまりです」司会のチェビー・チェイスの痛烈なひとことで授賞式は始まった。

★ 助演女優賞は下馬評どおり『月の輝く夜に』のオリンピア・デュカキスが受賞。最後に「OK、マイケル、Let's go!」と締めた。マイケルとは民主党の大統領候補指名で苦戦中だった、いとこマイケル・デュカキスのことである。



★ 主演男優賞は『ウォール街』のマイケル・ダグラス。既に『カッコーの巣の上で』のプロデューサーとしてオスカーを獲得しているため2度目の受賞であったが、俳優としては初ノミネートであった。ダグラスは「親の七光りから息子を脱出させようと助力を惜しまず、陽のあたる場所に出してくれた生みの親、カーク・ダグラスに捧げる。父は学生時代から僕が作った映画を見てくれ、励ましてくれた」とスピーチ。その父カーク・ダグラスは息子が落選したときのことを考えて授賞式は欠席していた。



★ 監督賞は『ラストエンペラー』のベルナルド・ベルトルッチの手にわたった。ベルトルッチは「自分はイタリア人だからオスカーなんて関係ないと思っていたが、9つもノミネートされたことを知ってからオスカー・ゲームのとりこになった。ニューヨークがBig AppleならロサンゼルスはBig Nipple(乳首)です」と語ったがウケは今ひとつだった。

★ 作品賞のプレゼンターはエディ・マーフィー。「60年のオスカーの歴史の中で黒人が演技賞をえたのは3人だけ。すると次に黒人が受賞するのは2004年ということになるね」ときついジョークを飛ばした後、『ラストエンペラー』の製作者にオスカー像を手渡した。

★ 主演女優賞は『危険な情事』のグレン・クローズと『月の輝く夜に』のシェールの争いとみられていたが、軍配はシェールにあがった。シースルー・ルックの露出過剰な衣装で登場したシェールは「柄にもなくあがっています。ショウ・ビジネスに入って24年になりますが賞には縁がありませんでした。 (『マスク』でカンヌ国際映画祭女優賞をとったことを忘れたか?ただし、シェールは本業の歌手においても当時グラミー賞とは無縁だった。1999年(第42回)大ヒット曲"believe"でグラミー賞最優秀ダンスレコーディング賞を獲得。アカデミー、グラミーの両方を受賞した稀有なエンターティナーとなる)

シェールは母親への感謝を切々と語り、その後"たくさん仕事をしなければいけない"メイクアップアーティストにも感謝した。そして「他の4人の候補者たちは素晴らしい女優ですが、特に『シルクウッド』で私と共演してくれたメアリー・ルイーズ・ストリープに感謝します」と述べ、本名で呼ばれたメリルは投げキッスで応答した。最後に「これで一人前の女優になったとは思わないけど、そうなるための道を歩いてきたと思うわ」(And I don't think that this means that I am somebody, but I guess I'm on my way.Thank you)と締めている。


(シェールって人気者だなァ)


第60回(1987年)アカデミー賞ノミネート一覧

 マークは受賞作品。リンクは原則としてamazon

作品賞
  「ラストエンペラー
   「ブロードキャスト・ニュース
   「危険な情事
   「戦場の小さな天使たち」
   「月の輝く夜に

主演男優賞
 マイケル・ダグラス 「ウォール街
   ウィリアム・ハート 「ブロードキャスト・ニュース」
   マルチェロ・マストロヤンニ 「黒い瞳
   ジャック・ニコルソン 「黄昏に燃えて」
   ロビン・ウィリアムズ 「グッドモーニング,ベトナム

主演女優賞
  シェール 「月の輝く夜に」
   グレン・クローズ 「危険な情事」
   ホリー・ハンター 「ブロードキャスト・ニュース」
   サリー・カークランド 「アンナ」
   メリル・ストリープ 「黄昏に燃えて」

助演男優賞
  ショーン・コネリー 「アンタッチャブル
   アルバート・ブルックス 「ブロードキャスト・ニュース」
   モーガン・フリーマン 「NYストリート・スマート」
   ヴィンセント・ガーディニア 「月の輝く夜に」
   デンゼル・ワシントン 「遠い夜明け



助演女優賞
 オリンピア・デュカキス 「月の輝く夜に」
   ノルマ・アレアンドロ 「ギャビー、愛はすべてを越えて」
   アン・アーチャー 「危険な情事」
   アン・ラムジー 「鬼ママを殺せ
   アン・サザーン 「八月の鯨」

監督賞
 ベルナルド・ベルトルッチ 「ラストエンペラー」
   エイドリアン・ライン 「危険な情事」
   ジョン・ブアマン 「戦場の小さな天使たち」
   ノーマン・ジュイソン 「月の輝く夜に」
   ラッセ・ハルストレム 「マイライフ・アズ・ア・ドッグ

脚本賞
<オリジナル脚本>
 「月の輝く夜に」
   「さよなら子供たち
   「ブロードキャスト・ニュース」
   「戦場の小さな天使たち」
   「ラジオ・デイズ

<脚色>
  「ラストエンペラー」
   「ザ・デッド/「ダブリン市民」より
   「危険な情事」
   「フルメタル・ジャケット
   「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」

撮影賞
 「ラストエンペラー」
   「ブロードキャスト・ニュース」
   「太陽の帝国
   「戦場の小さな天使たち」
   「MATEWANメイトワン1920 アメリカ暗黒の決闘史」

美術監督・装置賞
  「ラストエンペラー」
   「太陽の帝国」
   「戦場の小さな天使たち」
   「ラジオ・デイズ」
   「アンタッチャブル」

音響賞
 「ラストエンペラー」
   「太陽の帝国」
   「リーサル・ウェポン
   「ロボコップ
   「イーストウィックの魔女たち

編集賞
  「ラストエンペラー」
   「ブロードキャスト・ニュース」
   「太陽の帝国」
   「危険な情事」
   「ロボコップ」

作曲賞
 「ラストエンペラー
   「遠い夜明け」
   「太陽の帝国」
   「アンタッチャブル」
   「イーストウィックの魔女たち」

歌曲賞
  「ライム・オブ・マイ・ライフ」 (I've Had)The Time Of My Life (ダーティ・ダンシング)
   「遠い夜明け」Cry Freedom (遠い夜明け)
   「愛は止まらない」 Nothing's Gonna Stop Us Now (マネキン
   「シェイクダウン」 Shakedown (ビバリーヒルズ・コップ2
   「ストーリーブック・ラブ」 Storybook Love (プリンセス・ブライド・ストーリー) 

衣装デザイン賞
 「ラストエンペラー」
   「ザ・デッド/「ダブリン市民」より」
   「太陽の帝国」
   「モーリス
   「アンタッチャブル」

視覚効果賞
 「インナースペース
   「プレデター

メイクアップ賞
 「ハリーとヘンダスン一家」
   「ピーター・フォークの 恋する大泥棒」

短編賞
<アニメ>
 「木を植えた男
   「GEORGE AND ROSEMARY」
   「YOUR FACE」

<実写>
 「RAY'S MALE HETEROSEXUAL DANCE HALL」
   「MAKING WAVES」
   「SHOESHINE」

ドキュメンタリー映画賞
<短編>
 「YOUNG AT HEART」
   「FRANCES STELOFF:MEMOIRS OF A BOOKSELLER」
   「IN THE WEE WEE HOURS」
   「LANGUAGE SAYS IT ALL」
   「SILVER INTO GOLD」

<長編>
 「THE TEN-YEAR LUNCH:THE WIT AND LEGEND OF THE ALGONQUIN ROUND TABLE」
   「EYES ON THE PRIZE:AMERICA'S CIVIL RIGHTS YEARS/BRIDGE TO FREEDOM 1965」
   「却火ーヒロシマからの旅」
   「RADIO BIKINI」
   「A STITCH FOR TIME」

外国語映画賞
 「バベットの晩餐会」 (デンマーク)
   「さよなら子供たち」 (仏=西独)
   「COURSE COMPLETED」 (スペイン)
   「ラ・ファミリア」 (イタリア)
   「ホワイトウイザード」 (ノルウェー)

アーヴィング・G・タールバーグ記念賞
 ビリー・ワイルダー

ゴードン・E・ソーヤー賞
 フレッド・ヘインズ

特別業績賞
<音響効果編集>
 ステーヴン・ハンター・フリック、ジョン・ポスピシル(ロボコップ)

人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!
2009.02.06 Friday | 21:52 | アカデミー賞の軌跡 | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2017.05.25 Thursday | 21:52 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top