映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 第53回(1980年)アカデミー賞 | TOP | 第55回(1982年)アカデミー賞 >>

第54回(1981年)アカデミー賞

第54回(1981年)アカデミー賞

54回アカデミー賞作品賞「炎のランナー」第54回アカデミー賞trivia
〜ヘンリー・フォンダが主演男優賞受賞でキャリアを締めくくる!〜

★ ウォーレン・ベイティが『天国から来たチャンピオン』に引き続いて製作・監督・主演・脚本をつとめた『レッズ』が12部門にノミネートされた。『レッズ』はロシア革命を目の当たりにした「世界を震撼させた10日間」の著者ジャーナリスト、ジョン・リードを描いたドラマ。作品賞は『レッズ』と9部門ノミネートの『黄昏』の一騎打ちと思われたが、7部門ノミネートの英国映画『炎のランナー」にさらわれた。『炎のランナー』は作品、脚本、衣装デザイン、作曲の4部門を獲得するサプライズ。作品賞受賞が発表されたときは会場がどよめいた。『レッズ』はベイティ自身は監督賞を受賞したものの、他は助演女優、撮影の合計3部門受賞にとどまった。ベイティは「アメリカでこれだけの映画を作っただけで幸いだ。賞をもらうよりメッセージを送りたかった」と負け惜しみをいった。なおギリシャ人のバンゲリスが手がけた『炎のランナー』の主題曲は全米N0.1ヒットとなっており、今でもオリンピック番組などでよく耳にする曲。おそらく映画よりもこの「Chariots of Fire」のほうが有名だろう。







★ シシー・スペイセクがプレゼンターをつとめた主演男優賞。受賞者は『黄昏』のヘンリー・フォンダだった。フォンダは昨年名誉賞を獲得したが、それまでオスカーは2度ノミネートされただけ。幼いころに母親が自殺したことから父に反抗的だったジェーン・フォンダが父に主演男優賞をとらせるためアーネスト・トンプソンの舞台劇の映画化件を獲得、共演者に大女優キャサリン・ヘプバーンを迎え万全の体制で作った映画である。ヘンリーは病状が思わしくなく、授賞式当日も自宅のベッドで寝たきりであった。ジェーン・フォンダが代理でステージにあがり「パパ、私はとても幸せだし、あなたを誇りに思う。父はテレビの前で栄誉をかみしめ、喜び、驚いているでしょう」とスピーチ。会場は感動で包まれた。その夜オスカー像がヘンリーのもとに届けられたが、彼はすでに寝入っていたという。それから5ヶ月後の8月12日ヘンリーは心臓発作で亡くなった。77歳だった。

『黄昏』の撮影終了後ヘンリーの容態は急に悪化したため、ジェーンは監督のマーク・ライデルに「映画を早く父に見せてやってほしい」と懇願。ライデルは急ピッチで編集作業をすませヘンリーのために試写を開いた。映画を観終わったヘンリーは「私の生涯で最も重要な映画だ。よくやってくれた。ありがとう」とささやいた。ライデルは「そのひとことで私は報われた。どんな賞もいらなかった。この言葉だけでよかった」と語っている。



★ 名誉賞には過去4度ノミネートされておきながら受賞に恵まれなかったバーバラ・スタンウィックに贈られた。スタンウィックは1978年の授賞式でウイリアム・ホールデンとともに音響賞のプレゼンターとして登場している。そのときホールデンが「一言いわせてほしい」と断った後「(彼がスターになったきっかけである)『ゴールデン・ボーイ』では僕は不調で役を降ろされそうだった。そのとき助けてくれたのが(共演者の)バーバラ。彼女がいなければ今の僕は無い」と語っている。スタンウィックは、ホールデンを"マイ・ゴールデンボーイ"と呼び可愛がってきたが、ホールデンは授賞式の約5ヶ月前に亡くなった。スタンウィックはステージに立ち「ウィリアム・ホールデンが大好きでした。彼がいなくなってとても寂しい。彼はいつも私がオスカーを取ることを願ってくれていました。」そしてオスカー像をかかげ「マイ・ゴールデンボーイ!今夜あなたの願いがかなったのよ」スタンウィックの目には涙がたまっていた。



★ 特殊効果賞のプレゼンターはダン・アイクロイド。「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」のスタッフにオスカーを手渡した。実は『ブルース・ブラザーズ』でコンビを組んだジョン・ベルーシとともに登場する予定だったが、ベルーシが薬物過剰摂取で約1ヶ月前に急死。アイクロイドは「相棒もこの賞を贈呈したかったでしょう。あいつ自身が特殊効果みたいなやつだったから」と悲しそうに語った。

★ 1981年に亡くなった作詞家ハリー・ウォーレンをしのんだショーがグレゴリー・ハインズ、デビー・アレンによって繰り広げられた。ウォーレンは1930年〜40年代に『42番街』など多くのミュージカル作品を手がけており、彼の作品を歌っているアリス・ウェイも出演予定だったが、リハーサルにやってきたとき若手と一緒に歌わなければならないことを知り、ふてくされてそのまま帰ってしまった。

★ 歌曲賞のプレゼンターはベッド・ミドラー。女優たちのドレスの胸の持ち上げ方をちゃかしたり、『エンドレス・ラブ』を"endless movie、(つまらない映画)ENDLESS LOVE"と紹介するなどやりたい放題だった。ちなみに受賞はクリストファー・クロスが歌った「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」これは真面目に紹介していました。歌手の顔と声があまりにも一致しませんが(笑)いい曲です。




第54回(1981年)アカデミー賞ノミネート一覧

 マークは受賞作品。リンクは原則としてamazon

作品賞
  「炎のランナー
   「アトランティック・シティ
   「黄昏
   「レイダース/失われたアーク《聖櫃》
   「レッズ

主演男優賞
 ヘンリー・フォンダ 「黄昏」
   ウォーレン・ビーティ 「レッズ」
   バート・ランカスター 「アトランティック・シティ」
   ダドリー・ムーア 「ミスター・アーサー
   ポール・ニューマン 「スクープ・悪意の不在

主演女優賞
  キャサリン・ヘプバーン 「黄昏」
   ダイアン・キートン 「レッズ」
   マーシャ・メイソン 「泣かないで」
   スーザン・サランドン 「アトランティック・シティ」
   メリル・ストリープ 「フランス軍中尉の女



助演男優賞
  ジョン・ギールグッド 「ミスター・アーサー」
   ジェームズ・ココ 「泣かないで」
   イアン・ホルム 「炎のランナー」
   ジャック・ニコルソン 「レッズ」
   ハワード・E・ロリンズ・Jr 「ラグタイム」



助演女優賞
 モーリン・ステイプルトン 「レッズ」
   メリンダ・ディロン 「スクープ・悪意の不在」
   ジェーン・フォンダ 「黄昏」
   ジョーン・ハケット 「泣かないで」
   エリザベス・マクガヴァン 「ラグタイム」

監督賞
 ウォーレン・ビーティ 「レッズ」
   ルイ・マル 「アトランティック・シティ」
   ヒュー・ハドソン 「炎のランナー」
   マーク・ライデル 「黄昏」
   スティーヴン・スピルバーグ 「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」

脚本賞
<オリジナル脚本>
 「炎のランナー」
   「スクープ・悪意の不在」
   「ミスター・アーサー」
   「アトランティック・シティ」
   「レッズ」

<脚色>
  「黄昏」
   「フランス軍中尉の女」
   「ペニーズ・フロム・ヘブン」
   「プリンス・オブ・シティ」
   「ラグタイム」

撮影賞
 「レッズ」
   「エクスカリバー
   「黄昏」
   「ラグタイム」
   「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」

美術監督・装置賞
  「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」
   「フランス軍中尉の女」
   「天国の門
   「ラグタイム」
   「レッズ」

音響賞
 「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」
   「黄昏」
   「アウトランド
   「ペニーズ・フロム・ヘブン」
   「レッズ」

編集賞
  「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」
   「炎のランナー」
   「フランス軍中尉の女」
   「黄昏」
   「レッズ」

作曲賞
 「炎のランナー」
   「ドラゴンスレイヤー」
   「黄昏」
   「ラグタイム」
   「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」

歌曲賞
  「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」 Best That You Can Do (ミスター・アーサー)
   「エンドレス・ラブ」 Endless Love(エンドレス・ラブ
   「The First Time It Happens」 (マペットの大冒険/宝石泥棒をつかまえろ!)
   「ユア・アイズ・オンリー」 For Your Eyes Only (007/ユア・アイズ・オンリー
   「One More Hour」 (ラグタイム) 

視覚効果賞
 「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」
   「ドラゴンスレイヤー」

"Raiders of the Lost Ark" winning the OscarR for Visual Effects

衣装デザイン賞
 「炎のランナー」
   「フランス軍中尉の女」
   「ペニーズ・フロム・ヘブン」
   「ラグタイム」
   「レッズ」

メイクアップ賞
 「狼男アメリカン」
   「ハートビープス/恋するロボットたち」


短編賞
<アニメ>
 「クラック!
   「THE CREATION」
   「THE TENDER TALE OF CINDERELLA PENGUIN」

<実写>
 「VIOLET」
   「COUPLES AND ROBBERS」
   「FIRST WINTER」

ドキュメンタリー映画賞
<短編>
 「CLOSE HARMONY」
   「AMERICAS IN TRANSITION」
   「SEE WHAT I SAY」
   「JOURNEY FOR SURVIVAL」
   「URGE TO BUILD」

<長編>
 「ジェノサイド ナチスの虐殺 ホロコーストの真実
   「AGAINST WIND AND TIDE:A CUBAN ODYSSEY」
   「BROOKLYN BRIDGE」
   「EIGHT MINUTES TO MIDNIGHT:A PORTRAIT OF DR.HELEN CALDICOTT」
   「EL SALVADOR:ANOTHER VIETNAM」

外国語映画賞
 「メフィスト」 (ハンガリー)
   「THE BOAT IS FULL」 (スイス)
   「鉄の男」 (ポーランド)
   「泥の河」 (日本)
   「THREE BROTHERS」 (イタリア)

アーヴィング・G・タールバーグ記念賞
 アルバート・R・"キューピー"・ブロッコリ

ジーン・ハーショルト友愛賞
 ダニー・ケイ

ゴードン・E・ソーヤー賞
 ジョセフ・ウォーカー

名誉賞
 バーバラ・スタンウィック
   (映画演技の比類なき創造性と独創的な貢献)

特別業績賞
<音響効果編集>
 ベンジャミン・P・パート.Jr、リチャード・L・アンダーソン(レイダース/失われたアーク《聖櫃》)

人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!
2009.02.03 Tuesday | 22:47 | アカデミー賞の軌跡 | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2018.12.16 Sunday | 22:47 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top