[ここは広告枠1]
[二行表示か画像]

第25回(1952年)アカデミー賞
2009/01/18 日 00:25
moviepad

第25回(1952年)アカデミー賞

25回アカデミー賞作品賞「地上最大のショウ」第25回アカデミー賞trivia
〜受賞理由不明の作品賞〜

★ 司会のボブ・ホープが「テレビというやつは、私たちを失業させようとして生まれたものでありまして」と言ったが映画業界はまだテレビを敵視していた。この年も従来どおりのやり方で開催しようとしたが、映画会社が賛助金を出し渋ったため授賞式は中止か、もしくは小規模開催を余儀なくされる危機に陥った。。ここで救世主となったのが何と天敵のテレビ!NBCテレビが10万ドルで放映権を買い取ったことで、ついに授賞式のテレビ中継がはじまった。テレビ中継の視聴率はNBC開局以来の記録となった。

★ 作品賞は『真昼の決闘』と『静かなる男』の激突と思われていたが、セシル・B・デミル監督の『地上最大のショウ』が受賞した。デミルは66歳ではじめて監督賞にもノミネートされていたが、アカデミーは受賞は無理だと判断しアーヴィング・G・タールバーグ賞を贈ることを早々に決定していた状況だった。マスコミは「受賞理由不明」と報じ、冗漫なだけの当作の受賞には不満の声があがった。『地上最大のショウ』のような大スペクタル映画こそが観客をテレビから映画館に呼び戻す術であるとハリウッド人が判断したためという説もある。

続きを読む

<< 第24回(1951年)アカデミー賞 | [:ゼロ:]TOP | 第26回(1953年)アカデミー賞 >>

[:1:]moviepadのプロフィール
[:2:][アカデミー賞の軌跡]の一覧
[:3:]コメントを見る (0)
[:4:]コメントする

[ここは広告枠2]
[二行表示か画像]
[ここは広告枠3]
[二行表示か画像]

管理者(moviepad)のプロフィール
[:7:]友達にメールする
[:8:]管理者ページ
[:9:]JUGEMトップへ

リンク集
カテゴリ表示

月別の記事表示


◆JUGEM 検索◆

着うた

[JUGEM]
(c)GMOペパボ