映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 第8回(1935年)アカデミー賞 | TOP | 第10回(1937年)アカデミー賞 >>

第9回(1936年)アカデミー賞

第9回(1936年)アカデミー賞

9回アカデミー賞作品賞「巨星ジーグフェルド」第9回アカデミー賞trivia
〜アカデミー賞は金で決まる?『巨星ジークフェルド』受賞〜

★ MGM撮影所の、アーヴィング・G・タールバーグは、ハリウッドの大物プロデューサーの中でも、作品のクオリティ、興行成績などの点で信用が厚かった。その彼が1936年9月14日、37歳の若さで肺炎により亡くなった。彼の功績をたたえ、次年度よりアーヴィング・G・タールバーグ賞が新設されることになる。1937年3月4日のアカデミー賞授賞式は、未亡人であり第3回女優賞受賞者であるノーマ・シアラーがルイス・B・メイヤーのエスコートのもと夫の死後、はじめて公に顔を出した日である。ノーマ・シアラーはこの年、『ロミオとジュリエット』の演技により女優賞本命といわれていたが、オスカーは26歳の舞台女優ルイーゼ・ライナーにわたった。ルイーゼ・ライナーは主人公の最初の妻の役。助演に近い役だっためライナーの受賞は物議を呼んだ。

★ 作品賞は、『桑港』や『科学者の道』が有力視され、クオリティ面では『オペラハット』『孔雀夫人』が高い評価を受けていた。にもかかわらず受賞は制作費200万ドル超の大作『巨星ジークフェルド』。もうひとつの大作『風雲児アドヴァース』も3部門を受賞。主要13部門中、7部門が大作で占められたため、"金が動かすアカデミー賞"といわれた。

★ 主演男優賞は有力視されたゲイリー・クーパーではなく『科学者の道』のポール・ムニの手に渡った。『科学者の道』はワクチンの発明者パスツールの伝記物語で、アカデミー賞が歴史的人物に弱いということがはっきりわかる結果となった。『科学者の道』は脚本賞において<脚色><原案>の両部門で受賞している。

★ フランク・キャプラ会長は、組合との軋轢をやわらげるため、助演男優、助演女優賞を新設した。ただ、1943年度までは助演受賞者に与えられたのは、黄金像ではなく、オスカー像のついた盾だった。

★ 助演女優賞のゲイル・ソンダーガードはもともと舞台女優で、映画初出演で受賞。コワイ女役で鳴らしたが、後に「赤狩り」でハリウッドから追放されることになる。彼女の夫は"ハリウッド・テン"のひとりとして知られるハーバード・ビーバーマンであった。

★ この年、ノミネートは会員全員の投票ではなく50人の委員会が選定することに改められている。

★ 短編カートゥーン賞では『チュー公の赤毛布』でウォルト・ディズニーが5年連続の受賞となった。プレゼンターはディズニーであり、結果に自分で自分にで賞をわたすことになった。


第9回(1936年)アカデミー賞ノミネート一覧

 マークは受賞作品。リンクは当サイト記事もしくはamazon

作品賞
 「巨星ジーグフェルド
   「風雲児アドヴァース」
   「孔雀夫人
   「結婚クーデター」
   「オペラハット
   「ロミオとジュリエット
   「桑港(サンフランシスコ)
   「科学者の道」
   「嵐の三色旗
   「天使の花園」

主演男優賞
 ポール・ムニ 「科学者の道」
   ゲイリー・クーパー 「オペラハット」
   ウォルター・ヒューストン 「孔雀夫人」
   ウィリアム・パウエル 「襤褸と宝石」
   スペンサー・トレイシー  「桑港(サンフランシスコ)」

主演女優賞
  ルイーゼ・ライナー 「巨星ジーグフェルド」
   アイリーン・ダン 「花嫁凱旋」
   クラディス・ジョージ 「情熱への反抗」
   キャロル・ロンバード 「襤褸と宝石」
   ノーマ・シアラー 「ロミオとジュリエット」

助演男優賞
  ウォルター・ブレナン 「大自然の凱歌
   ミシャ・オウア 「襤褸と宝石」
   スチュアート・アーウィン 「フットボール・パレード」
   バジル・ラスボーン 「ロミオとジュリエット」
   エイキム・タミロフ 「将軍暁に死す

助演女優賞
  ゲイル・ソンダーガード 「風雲児アドヴァース」
   ヒューラ・ボンディ 「豪華一代娘」
   アリス・ブラディ 「襤褸と宝石」
   マリア・アウスペンスカヤ 「孔雀夫人」
   ボニータ・グランヴィル 「この三人」

監督賞
 フランク・キャプラ 「オペラハット」
   グレゴリー・ラ・カーヴァ 「襤褸と宝石」
   ロバート・Z・レオナード 「巨星ジーグフェルド」
   W・S・ヴァン・ダイク 「桑港(サンフランシスコ)」
   ウィリアム・ワイラー 「孔雀夫人」

脚本賞
<原案>
  「科学者の道」
   「激怒」
   「巨星ジーグフェルド」
   「桑港(サンフランシスコ)」
   「天使の花園」

<脚色>
  「科学者の道」
   「夕陽特急」
   「孔雀夫人」
   「オペラハット」
   「襤褸と宝石」

撮影賞
  「風雲児アドヴァース」
   「将軍暁に死す」
   「豪華一代娘」

室内装置賞
  「孔雀夫人」
   「風雲児アドヴァース」
   「巨星ジーグフェルド」
   「勝閧」
   「鉄人対巨人」
   「ロミオとジュリエット」
   「目撃者」

録音賞
 「桑港(サンフランシスコ)」
   「膝にバンジョウ」
   「進め龍騎兵
   「孔雀夫人」
   「スパンキー将軍」
   「オペラハット」
   「テキサス決死隊
   「世界の歌姫」
   「天使の花園」

編集賞
  「風雲児アドヴァース」
   「花嫁凱旋」
   「大自然の凱歌」
   「巨星ジーグフェルド」
   「勝閧」
   「嵐の三色旗」

作曲賞
  「風雲児アドヴァース」
   「進め龍騎兵」
   「沙漠の花園
   「将軍暁に死す」
   「目撃者」

歌曲賞
  「今宵の君は」 (有頂天時代
   「Did I Remember」 (暁の爆撃隊
   「I've Got You Under My Skin」 (踊るアメリカ艦隊
   「A Melody from the Sky」 (丘の一本松
   「Pennies from Heaven 」 (黄金の雨)
   「When Did You Leave Heaven」 (SING,BABY,SING)

短編賞
<カートゥーン>
  「赤毛布の忠さん」
   「OLD MILL POND」
   「SINBAD THE SAILOR」

<1巻>
  「BORED OF EDUCATION 」
   「MOSCOW WOODS」
   「WANTED,A MASTER」

<2巻>
  「THE PUBLIC PAYS」
   「DOUBLE OR NOTHING」
   「DUMMY ACHE」

<カラー>
  「GIVE ME LIBERTY」
   「DOUBLE OR NOTHING」
   「DUMMY ACHE」

ダンス監督賞
  シーモア・フェリックス
   バスビー・バークリー
   ボビー・コノリー
   デイブ・グールド
   ジャック・ハスケル
   ラッセル・ルイス
   ハーメス・パン

助監督賞
 ジャック・サリバン (進め龍騎兵)
   クレム・ピーチャム (モヒカン族の最後)
   ウィリアム・キャノン (風雲児アドヴァース)
   ジョーゼフ・ニューマン (桑港(サンフランシスコ))
   エリック・G・ステイシー  (沙漠の花園)

特別賞
  「THE MARCH OF TIME」
   (映画産業の重要部門、ニュース映画に革命をもたらしたことにより)
  W・ハワード・グリーン、ハル・ロッソン
   (「沙漠の花園」のカラー撮影により)

人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!
2009.01.07 Wednesday | 00:35 | アカデミー賞の軌跡 | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2017.09.24 Sunday | 00:35 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top