映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< コーラスライン | TOP | ロレンツォのオイル/命の詩 >>

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢(2008 アメリカ)

「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」公式サイトにリンク原題   Every Little Step   
監督   ジェームズ・D・スターン アダム・デル・デオ
音楽   ジェーン・アントニア・コーニッシュ
      マービン・ハムリッシュ               
出演   ボブ・エイビアン バイオーク・リー
      ドナ・マケクニー マービン・ハムリッシュ
      ジェシカ・リー・ゴールディン ニッキ・スネルソン
      メレディス・パターソン ジェイソン・タム
      高良結香 J・エレーン・マルコス
      ラシェール・ラック ディードリ・グットウィン
      シャーロット・ダンボワーズ ナターシャ・ディアス
      ジェフリー・シェクター キース”タイス”ディオリオ

ニョーヨークの街に長い列ができている。16年ぶりに再演が決まった伝説のミュージカル『コーラスライン』のオーディションに挑むダンサーたちだ。その数、約3,000人。選ばれるのはわずか19人。最終選考が行われるのは8ヶ月後。長く苦しい戦いが今、幕を開けようとしている。『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』はこのオーディション風景をおいかけたドキュメンタリー映画である。ブロードウェイの長い歴史の中で、初めてオーディション会場にカメラが入ることが許されたことでも話題になっている作品だ。ドキュメンタリーというよりは舞台版をそのまま映画にした雰囲気さえ漂う、見応えあふれる仕上がりになっている。



再演版の演出を担当するのはボブ・エイビアン。オリジナル版『コーラスライン』でマイケル・ベネットの振付助手を務め、ベネットとともに1976年トニー賞のベスト振付家賞を受賞した人だ。バイオーク・リーの顔も見える。オリジナルではコニー役を演じただけでなく、ベネットのアシスタントとしてダンサーたちの目配りをしていた。2人はベネットの両腕的な存在で、ベネットとダンサーたちの衝突を和らげる潤滑油の役割をもはたしていたといわれている。一方、アダム・デル・デオと共同で、映画を監督しているのはジェームズ・D・スターン。数多くの映画製作にかかわるかたわら、ミュージカル『ヘアスプレー』でトニー賞を受賞、「プロデューサーズ」の再演、ダンスショー「stomp」でも製作をつとめているプロデューサーである。今回、カメラが入るのを許可されたのはスターンの信用によるところが大きいのかもしれない。

 審査する側、される側

このドキュメンタリーの見所のひとつは、審査風景だ。
コニー役のオーディションで日本の高良結香が審査員室に登場すると早速審査員から質問が飛ぶ。
「いつから米国に?」
「1998年からです」
その後、dancingなどいくつかの英単語を発音させられる。高良は英語の発音に難ありとみなされているようだ。彼女が元気に退室したあと、エイビアンは「英語の発音は鍛えれば何とかなる」と主張。はつらつとした高良に好印象をもっているようだ。一方、バイオーク・リーは「5歳からF席に座っていないとダメね」と渋い顔。バイオーク・リーはニューヨーク・チャイナタウン生まれ、インド人の母と中国人の父をもち、何と5歳のときにブロードウェイデビューしている。『王様と私』でユル・ブリンナーの子役として採用されたのだ。まだ字が読めなかったリーは、母親の手助けでセリフを丸暗記して、オーディションに臨んだという。役をもらえたのは東洋系だったからで歌や踊りがうまかったからではない、と聞かされたリーは8歳で役を降ろされた後、本格的にダンスの勉強をはじめた。リーの身長は147cm。コニー役で自分を演じていたともいえる。オリジナルで自分が演じた役を、渡米して数年の小娘に簡単に渡すものか?とリーが思っていたかどうかは定かではない。ただ、オリジナル・キャストが審査員をつとめるコニー役はとくに厳しくチェックされていたのは間違いないだろう。



審査員の厳しさにダンサーたちは
「好感度が大事なのよね」
「人に好かれる可能性ノー100。イエス 1」
「審査員全員を納得させる。その可能性はゼロよ」
と愚痴をこぼす。
ところが、審査員全員をすんなり納得させてしまったツワモノがいる。
ポール役でオーディションに臨んだジェイソン・タムだ。
ポールは、歌こそないものの、『コーラスライン』の出演者の中でも最も目立つ役どころのひとつである。ラスト近くで、女装してショーに出ること、自分が同性愛者であることを両親に受け入れてもらうまでのいきさつを演出家ザックに話す。ダンスはもちろんだが、繊細さ、誠実さを表現できる演技力が求められている。

ポール役の候補者たちが次々とオーディションにのぞむ。
“ゲイゲイしく演じればいい”といわんばかりの、味気ないパフォーマンスが続き、審査員たちは議論の余地なし、と言わんばかりに履歴書をテーブルの隅にほおりなげる。
“もうあきらめかけていた”ところに救世主のごとく登場したのがジェイソン・タム!
ジェイソンの自然で繊細な演技は審査員たちをたちまち魅了。演技終了後拍手が沸き起こった。
「オーディションで泣くなんて」
彼の退室後、涙をふく審査員たち。
審査員にとってはポールのセリフは耳にタコができるくらい聞いてきたはず。
それほどジェイソンの演技が純粋に審査員の心を捕らえたのだろう。

 最終選考...

いよいよ最終選考の日がやってた。
シーラ役でオーディションに挑むラシェール・ラック
だが彼女の演技を見てエイビアンは戸惑いを隠せない。
「演技が変化している。やたら感傷的になっている」
そしてエイビアンはラシェールに「1次予選の演技に戻せ」と指示し、
彼女に再チャレンジの機会を与える。
「8ヶ月前に戻せといわれても…思い出せない」
ラシェールはおろおろしはじめる。
彼女はダンサー。ダンスと同じように演技も体で覚えてしまっている。
急に8ヶ月前に戻せといわれても戻せないのだ。
おそらく彼女はシーラ役の最有力候補だったのだろうが...。

8ヶ月にわたる長丁場を乗り切るためには一瞬たりとも気を抜けない。
過程はすべて記憶しておかないと勝ち抜くことはできない、過酷な闘いであることがよくわかるエピソードだ。

最終結果は『コーラスライン』のように全員をいっせいに集めて発表したりしない。
合格者に後日、電話で通知するというパターンだ。
見事シーラ役を勝ち得たダンサーは「はじめて仕事が途切れていたの」と安堵のため、泣き崩れていたのが印象的だった。

8ヶ月にわたるオーディション。合格する保証はどこにもない。
報われる可能性がはてしなく低いにもかかわらず、努力を続けるダンサーたちの姿が心をうつ。

落選したものは別のオーディションに向かう。オーディションに合格したものも『コーラスライン』が終わればまた次のオーディションに向かう。『コーラスライン』に出演できたからといってキャリア・アップは約束されていない。現にオリジナル・メンバーは誰ひとりスターになっていないのだ。それでもダンサーたちにためらいはない。好きだから続ける。

♪Kiss today goodbye,
The sweetness and the sorrow.
Wish me luck, the same to you.
But I can't regret♪

(悔やまない 選んだ道がどんなにつらく この日々が報われず過ぎ去ろうと
劇団四季版 日本語訳より)

ラストに流れる“What I Did for Love”(愛した日々に悔いはない)の歌詞そのままの世界だ。

Cast of A Chorus Line performs on 2007 Tony's



 『コーラスライン』映画の決定版!

『コーラスライン』は周知のとおり、マイケル・ベネットがダンサーとともにワークショップを行い、そこで聞いた実際のエピソードをもとに積み上げて作っていった物語である。そのワークショップでの録音テープの一部が映画の中で流されている。『コーラスライン』ファンは感涙ものだろう。

『コーラスライン』の映画化企画が持ち上がったとき、演出・振付を担当したマイケル・ベネットにも話はあった。だが、ベネットは”舞台を映画にそのまま移し変えるよりも、映画向けにオーディションを行いその光景を撮りたい”と主張。要求が却下されてしまったため、ベネットは映画企画にかかわらなくなったという。

『コーラスライン』のストーリーはシンプルそのもの。ミュージカルのダンサーオーディションがあり、合格するものもいれば、落ちるものもいる。それだけの話だ。『コーラスライン』物語はブロードウェイの至るところで実際に、幾度となく繰り返されている。ラスト、不合格者も含めて"one"を歌い踊る幻想的な場面がないだけである。

『コーラスライン』はオーデションの物語である。ならば、わざわざ舞台の物語をたどってお芝居をさせなくても、実際のオーディション風景をそのまま映し出したほうが嘘がなく、原作の魂に迫れるという考え方は実にまっとうである。『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』はドキュメンタリーというより、むしろブロードウェイ・ミュージカル『コーラスライン』の最も誠実な映画化というべき作品なのだ。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

関連記事 『コーラスライン

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢@映画生活


スポンサーサイト


2017.03.28 Tuesday | 00:11 | - | - | - |

コメント

こんばんは。
ここには、いい意味での
アメリカン・ドリーム、
サクセスに向って突き進む人々が描かれていました。
そこに生まれる「光と影」。
ドラマ以上にドラマチックでした。
2008/10/27 9:59 PM by えい
えいさん、こんばんわ

最近『ブロードウェイ物語』という本を読んで知ったことなのですが、
ブロードウェイのダンサー環境は本当に過酷で、
伝説の舞台『コーラスライン』へ出演が決まったからといって
たちまちスターになってアメリカン・ドリームの実現!
ということにはならないようです。

『コーラスライン』といえどもひとつの仕事にすぎず、
舞台が終われば、単なる1ダンサーとして
他の人と同じようにオーディションを受け、次の仕事を探さなければいけない。

合格したダンサーが「はじめて仕事が途切れていたの」と泣き崩れていたのは
あの『コーラスライン』に出演できる!という誇らしさというよりは、
ひとつの仕事が手に入った安堵感によるものが大きいだと思います。

8ヶ月にわたるオーディションに落とされても
好きだからこの道を続ける!

これこそが『コーラスライン』の真髄です。
ひたむきなダンサーたちの姿に感動しました!
2008/10/27 11:58 PM by moviepad
ミュージカルは、自分にとっては縁遠いものだったので、この作品もパスしようかと思っていたのですが、moviepadさんの記事を読んでると、気持ちが変わってくるのが不思議ですね。
すごく興味が沸いてきてます。
ダンサーたちのひたむきな姿を見て、自分を元気付けたいとも考えてます。

今月、後半になったら更新するというお話だったので、非常に楽しみにしてました。
これからもよろしくお願いします。
2008/10/28 2:06 AM by
亮さん、こんばんわ

何と嬉しいことを言ってくださるのでしょう!

僕はミュージカル映画が好きで
本物のブロードウェイのオーディション現場に
カメラが入った!というだけで大満足だったりします。

ただ、この映画はある程度『コーラスライン』の予備知識が
あったほうがいいですね。

でも、自分の映画『コーラスライン』の記事は
読まないほうがいいかもデス。
"なぜ映画版『コーラスライン』はつまらないのか?"
というタイトルに変えたほうがいい内容になってしまったので(^^;
2008/10/28 7:52 PM by moviepad
こんにちは。
moviepadさんの記事が素晴らしいので、また感動を新たにしている私です。
>シーラ役でオーディションに挑むラシェール・ラック
私はこのシーンが印象深いです。
最初の演技の方がいいなあーと思った次第。
8ヶ月間は長すぎですね。
彼女は可哀想でした。
Cast of A Chorus Line performs on 2007 Tony'sの動画を見て、またまたジーンとしています。トニー賞はTVで見たのでこのシーンも記憶にありますが、映画を観終えてから見ると、また違う感動があります。

トラックバックさせて貰ってよろしいですか?
2008/10/30 6:22 PM by zukka
zukkaさん、こんばんわ

>moviepadさんの記事が素晴らしいので、また感動を新たにしている私です。

感涙もののコメントをありがとうございます。

シーラ役のエピソードは切なかったですね。
「8ヶ月前の演技をしろといわれても...覚えてない」
と彼女がいったりきたり、うろうろする場面。
最終選考なのに...。
彼女のあせりと苛立ちがはっきりわかる。
ドキュメンタリーならではの映像でした。

トニー賞の動画は
『コーラスライン』の記事の下のほうに張ってある
1976年時のトニー賞映像と見比べてみると面白いですよ。
2007年版も、もちろん素晴らしいですが
1976年はまだ上演されてから日が浅いので
客席の盛り上がりが半端じゃない。
『コーラスライン』が
初演当時大反響をまきおこしていたことが
よ〜くわかります。

TBはもちろん大歓迎です♪
2008/10/30 8:49 PM by moviepad
はじめまして。

あまりに素晴らしい記事で、
かなり真剣に読ませていただきました。

ブロードウェイのオーディションを
観られるだけで嬉しいドキュメントなのに
作品そのものとオーバーラップさせられる
「コーラスライン」を題材にしたところが
もう感涙モノの1本でした。

2008/11/14 12:40 PM by ANDRE
ANDREさん、はじめまして。

<あまりに素晴らしい記事で、かなり真剣に読ませていただきました。

ありがとうございます。m(_ _)m
ANDREさんのように、ミュージカルに詳しいと思われる方から、
このように言っていただけるのは光栄です。

本場ブロードウェイのオーディションにカメラが入った!
しかも作品は「コーラスライン」!
伝説の録音テープもたぶん初公開だと思います。

充実感いっぱいの映画でした!
2008/11/15 12:41 AM by moviepad
moviepadさん、こんばんは。
ご無沙汰しておりました。
コーラスラインは私の記念ミュージカルであるゆえに。とても感慨深かったですー。
興奮、感動でいっぱいでした。
でもって、このアイディアは本当にナイスですよね。
いや、しかし、ダンサーの生活はやっぱり大変なんですね。
苦労があるから、あんなに熱くオーディションに立ち向かえるのだろうし、ステージが素晴らしいものになるんでしょうね。
来日公演が観に行きたくなってしまうーー
2008/11/15 1:20 AM by かえる
かえるさん、お久しぶりです!

この映画は本当にアイデアの勝利ですね。
題材となっている「コーラスライン」がダンサーの物語であるからこそ、
単なるオーディション映像を超えた説得力が出てきている。
「コーラスライン」以外の作品だったら
TVで観るオーディション風景と大して変わらない、
ありふれたドキュメンタリーに見えてしまったかもしれません。

かえるさんはブロードウェイで「コーラスライン」ご覧になったんですね。
うらやましい!!!
来日公演、見たいけど
かなりお金ためないとキツイな....。
2008/11/15 2:26 AM by moviepad
やっとこの作品を観ることができました!
いやぁ、素晴らしかったです。
自分は英語が得意ではないのですが、途中から、彼らのダンスや歌声に釘付けになって、字幕を全く読んでませんでした。
スクリーンを通してなのに、迫力が伝わってきましたよ。
大満足な映画です。
こんな素晴らしい映画を教えていただいてありがとうございます。
2009/01/15 9:52 PM by
亮さん、こんばんわ

>こんな素晴らしい映画を教えていただいてありがとうございます。

そんな大それたものではありませんが...
ミュージカルが苦手らしき亮さんが満足していただけて
とても嬉しいです!

>自分は英語が得意ではないのですが、途中から、彼らのダンスや歌声に釘付けになって、字幕を全く読んでませんでした。

すごいのめりこみですね。
確かに映像だけを見ていても十分堪能できる作品です。
本場ブロードウェイの底力を感じますね。
2009/01/15 10:36 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/245

トラックバック

『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』
(原題:Every Little Step) ----これってミュージカルのオーディション風景を追った ドキュメンタリーなんでしょ。 そんなのオモシロくなるの? 「いやいや、それが観る前に思っていた以上に感動したね。 というのも、このミュージカルというのがただのミュージカル
(ラムの大通り 2008/10/27 1:07 PM)
ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢
感動的なバック・ステージものにして迫力のドキュメンタリーだ。舞台や映画になった傑作「コーラスライン」の再演が決定、そのオーディションに集まるダンサーたちの姿をカメラが追う。8ヶ月に渡るオーディション、不安と希望が交錯するダンサーたちの心情、初演時の貴
(映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 2008/10/28 12:55 AM)
ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢
       観終わった後、ブロードウェイ♪へ飛んでいきたくなる           感動でエンドクレジットが涙でにじんだ ...
(気ままに綴りたい。 2008/10/31 6:11 AM)
「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」
自分の夢にチャレンジする人たちの姿は、それだけで感動を呼ぶ。 ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」のオーディションの風景を追...
(或る日の出来事 2008/11/03 12:06 PM)
「ブロードウェイ♪ブロードウェイ 」その輝きが本物の理由
「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」★★★☆ アダム・デル・デオ 、ジェームズ・D・スターン 監督 ドキュメンタリー、2008年、93分 伝説のミュージカル「コーラスライン」の 16年ぶりの再演。 8ヶ月におよぶ苛酷な オーデ
(soramove 2008/11/11 12:22 AM)
『ブロードウェイ♪ブロードウェイコーラスラインにかける夢』(20...
原題:EVERYLITTLESTEP監督・製作:ジェイムズ・D・スターン&アダム・デル・デオ製作総指揮:ジョン・ブレグリオ出演:「コーラスライン」オリジナルキャスト&スタッフ、マイケル・ベネット公式サイトはこちら。<Story>トニー賞9部門制覇、6137回の公演、664
(NiceOne!! 2008/11/11 11:05 AM)
「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」〜&「コーラスライン」
映画 「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」     EVERY LITTLE STEP -THE JOURNEY OF A PHENOMENON.A CHORUS LINE- を観ました         ジェームズ・D・スターン / アダム・デル・デオ監督・製作 ジョン・ブレグリオ製作総指揮
(cocowacoco 2008/11/11 1:53 PM)
映画「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」
every little step 2008年 アメリカ ミュージカルの傑作の1つ「コラースライン」が2006年にブロードウェイでリバイバル上演されることになった時の8ヶ月に亘るオーディションの様子を追ったドキュメンタリーということで、とても観たかった作品。これからご覧にな
(Andre's Review 2008/11/14 12:21 PM)
『ブロードウェイ♪ブロードウェイ〜コーラスラインにかける夢〜』
躍動。感動。 2006年に再演を果たしたブロードウェイ・ミュージカル「コーラスライン」のオーディションがドキュメンタリーになった。1975年から1990年まで、16年のロングラン公演記録を誇ったあの「コーラスライン」が帰って来た。〜One!Singular sensation. Ev'ry
(かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY 2008/11/15 1:14 AM)
「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」 第18位
上映スクリーン数: 14オープニング土日興収: 1017万円「RENT/レント」
(映画コンサルタント日記 2008/11/17 1:15 AM)
「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」:勝者と敗者と審査員と
監督:ジェームズ・D・スターン、アダム・デル・デオ 米国2008年 「『コーラスライン』ってえと……確かオーディションを題材にしたダンサーの話だよねえ」なんて超
(ひねくれ者と呼んでくれ 2008/11/19 6:56 AM)
146●ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける橋
シェアブログminiに投稿 これまた心躍るドキュメンタリー!ブロードウェイミュージカルの『コーラスライン』の再演のために集まったオーディション、のドキュメンタリー。つまり『コーラスライン』の映画(もしくは舞台)を見た人には話が早いはず。モノホンの『コーラ
(レザボアCATs 2008/11/19 11:55 PM)
『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』@新宿ピカデリー
トニー賞9部門制覇、6137回の公演、664万人の観客動員、15年のロングラン記録。伝説のミュージカル「コーラスライン」16年ぶりの再演。ブロードウェイの頂点を目指し、8ヶ月におよぶ苛酷なオーディションを勝ち抜いていくダンサーたちの生の姿を追う。[上映時間:93分
(映画な日々。読書な日々。 2008/11/20 12:05 AM)
ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける橋
ブログネタ:【すんも賞を狙え!!】今まで一番泣いた映画は? 参加中 トニー賞9部門制覇、6137回の公演、664万人の観客動員を記録する、 1975年に初演されてから1990年までロングランされた ブロードウェイの大ヒット・ミュージカル「コーラスライン」。
(映画、言いたい放題! 2009/01/15 2:48 PM)
ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢
ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢’08:米 ◆原題:EVERY LITTLE STEP ◆監督: ジェイムズ・D・スターン「アイム・ノット・ゼア」アダム・デル・デオ◆出演: 「コーラスライン」オリジナルキャスト&スタッフ 、 マイケル・ベ
(☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆ 2009/01/18 8:12 PM)

▲top