映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< アキレスと亀 | TOP | 落下の王国 >>

アイアンマン

アイアンマン(2008 アメリカ)

「アイアンマン」公式サイトにリンク原題   IRON MAN   
監督   ジョン・ファヴロー   
脚本   マーク・ファーガス ホーク・オストビー
      アート・マーカム マット・ハロウェイ       
撮影   マシュー・リバティーク                  
音楽   ラミン・ジャヴァディ               
出演   ロバート・ダウニー・Jr ジェフ・ブリッジス
      テレンス・ハワード グウィネス・パルトロー
      ショーン・トーブ サミュエル・L・ジャクソン

第81回(2008年)アカデミー賞視覚効果、音響効果編集賞ノミネート

アメリカでは大ヒットしたのに、日本ではさっぱり客が入らない。最近、こういうケースが目立って多い。まずはコメディ映画。たとえアメリカで興行収入1億ドルを突破していても日本はDVDスルー、というパターンは珍しくなくなっています。コメディ映画の後塵を追うのが、アニメとアメコミ原作映画。ピクサー製作アニメや『スパイダーマン』シリーズといった例外はありますが...。『アイアンマン』はアメリカで興収3億ドル突破のアメコミ原作映画です。内容的にアメコミ特有のダークさはなく、ウルトラマンを彷彿させるようなシンプルなヒーロー物語。日本ではどう転ぶでしょうか?

ダークナイト』の興行成績が日本で奮わなかったことは、映画業界にとって深刻な問題でしょう。マーケットの大きさでは日本はアメリカについで世界第2位。その日本でコケた。世界中で大ヒット、内容的にも大絶賛を受けているのに...。「日本人はアメコミ映画が嫌い」なことが世界に向けて完全に立証されてしまった感があります。

おまけに『インクレディブル・ハルク』は日本で興行ベスト10に一度も入らない大惨敗。日本市場におけるアメコミ映画の可能性に対して絶望感が広がっている。まさに最悪のタイミングで『アイアンマン』は日本公開されました。

映画会社もあまり期待していないのか、予告編もさえない出来で、先行上映もない。公開初日に「かんたんカミロボアイアンマン」なんて今どき小学生でも喜ばない、しょぼ〜いプレゼントを観客に配ってお茶を濁す始末。とほほ...。

長ったらしい嘆き節はいいから早く映画の内容に入れ!
...はい、大変失礼しました。

さて、『アイアンマン』です。

まず、「自分たちが絶対的な正義であり、敵は巨悪である」というアメリカ人の単純な思考体系が今のご時世においてそのまま出ていることに戸惑います。その理由は原作にありそうです。

原作は1963年にスタン・リーら4人のクリエイターによって発表されたコミック。ベトナム戦争の時期に発表されたのがミソです。主人公のトニー・スタークは軍事企業スターク・インダストリーズの社長で、発明家でもある。新兵器をテストするため、ベトナムを訪れた際、地雷を踏んでしまい、現地のゲリラに捕まってしまう。心臓近くに破片がつきささり、命が危ぶまれるが、ゲリラは新兵器を開発することを条件に彼を助ける。だが、彼は新兵器開発とみせかけてパワードスーツをつくり敵を一掃する...。

映画の設定では、ベトナムがアフガニスタンに変わっています。
アメリカ人の「自分たちは正義で、敵は悪」という価値観が崩れ始めたのはベトナム戦争がひと段落してから。映画では舞台を変えただけであとは原作をそのまま流用してしまったため、感覚的に今の時代に合わなくなっている気がします。まあ、今でも似たようなことを思っているアメリカ人は少なからずいるでしょうが...。

でも映画『アイアンマン』において、その辺をマジメに突っ込むのは野暮というもの。社会性・現代性はこの映画のテーマとは思えないからです。上記内容は単なる物語設定だと割り切っている感がある。

また、物語は非常にシンプルです。軍事企業CEOトニー(ロバート・ダウニー・Jr)が自社兵器が敵であるテロ組織にわたっていることにショックを受け、その償いのため、軍需産業をやめアイアンマンとなってテロ撲滅を図る...。

死の商人」と非難されてもどこ吹く風、戦争でもうけている軍事産業のCEO様がそんなことするなんでありえねえ〜!と文句をつけるのも野暮です。なぜなら、この映画はパワードスーツを着た男の大活躍を描く単純な英雄物語だからです。主人公は、全世界の不幸を一身に背負っているかのようにうじうじと悩んだりしません。思い立ったら即行動。また、ヴィラン(敵)はあくまでヴィラン。『スパイダーマン』や『バットマン』シリーズのようにヴィランに強烈な個性をもたせたりしていません。この単純明解さが従来のアメコミ映画とひと味違うところです。

また、『スパイダーマン』のように、かわいくない男女のダラダラとした恋愛エピソードもありません。トニーと秘書のペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)との間にロマンスがほのめかされますがこれも実にあっさりしたもの。ネットリとした心理描写などなく実にテンポよく進んでくれます。

それでもこの映画は面白いです。それゆえ、といったほうがいいかもしれません。主演のロバート・ダウニーJr.は大きな目をくりくりさせて時にはシビアに、時には少年のような表情で観客を釘付けにします。この演技のさじ加減が絶妙で、決して軽薄には見えない。大金持ちの軍事企業CEOという誰も感情移入できそうもないキャラクターを実に魅力的に見せてくれます。

でも、この映画の最大の売りはパワードスーツの製作過程でしょう。最初の段階では、ブリキのおもちゃみたいだったのが(誰かがロボコンみたいだと言っていました)だんだんとバージョン・アップして最後には赤と金色のイカしたスーツに変わっています。バットスーツよりこっちのほうがずっとかっこいい!観客席では「あれはガンダムのぱくりだ」と怒っている人がいましたが、どうなんでしょうね(笑)。ヒーロー物のメカにこだわる人ならこの映画はかなり楽しめるのではないでしょうか?



社会性だの、恋愛だの、強烈な個性をもつ悪役だの、いろんな要素をぶちこみたがる映画が多い中、『アイアンマン』は今どき珍しいほどシンプルなヒーロー映画です。その潔さに惚れました(笑)。アメコミ嫌いな人でもこの作品なら大丈夫じゃないでしょうか?単純に面白い映画です、はい。

 10/16 追記
既に続編が2010年5月7日に全米公開されることが決定している『アイアンマン』ですが、ローズ大佐役のテレンス・ハワードがギャラを理由に降板ドン・チードルが代役をつとめるという噂がかけめぐっています。他のキャストは続投有力だそうです。原作ではローズ大佐もスーパーヒーローになるらしいのですが...。ドン・チードルがスーパーヒーロー???source


人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

アイアンマン@映画生活

2008.09.28 Sunday | 00:42 | 映画 | comments(16) | trackbacks(23) |

スポンサーサイト


2019.10.20 Sunday | 00:42 | - | - | - |

コメント

moviepadさん
おはようございます★
TBコメントありがとうです

無駄な恋愛は描かずにテンポよく
アメコミならではの良さを引き出していましたよね♪
女子でも楽しめると思いマス^^
細かい突っ込みはほんとこれには不要ですよね★
次回も楽しみですー♪
2008/09/28 9:30 AM by mig
migさん、おはようございます!

この映画、上映時間は2時間5分。
決して短くはないのですが、
「この場面、ダラダタと続けないでほしいな」と思った瞬間、スパっと変わる。
こんなにテンポがいい作品は珍しいです。

テンポがいいので突っ込む暇がないって
感じでしたね(笑)
2008/09/28 10:07 AM by moviepad
moviepadさん、こんにちは!
沢山映画を観賞されていますね〜
私もパコは観ようと思ったのですが、ここのところ忙しくって、どうやらスルーになりそうです。

で、、、アイアンマンは面白かったです!
『主人公は、全世界の不幸を一身に背負っているかのようにうじうじと悩んだりしません。』
そうそう!そういうところが良かったです♪
トニー・スタークのキャラが、すんなり受け入れられましたし、きっとロバート・ダウニー・Jrが上手かったんだろうなぁ〜と思います。
『かわいくない男女のダラダラとした恋愛エピソードもありません』
これも激しく同感です(笑)
グウィネスとの絡みも品があって良かったです。
この映画はキャストがしっくりいっていて、居心地よく観られました♪

それにしても日本でアメコミがコケルのは何故なんでしょうね〜私は大好きなのですが・・・
2008/09/29 5:14 PM by 由香
由香さん、こんばんわ。
お忙しいところ、コメントありがとうございます!

自分も来月以降、新作映画鑑賞は激減予定です(^^;
観たい作品は結構あるんですが...。
パコは個人的には気に入っていますが、好みは分かれそうな映画です。

ところで、この『アイアンマン』
キャストは実力派で固めてるんですよね。
アカデミー賞ノミネート経験者である
ロバート・ダウニー・Jr、ジェフ・ブリッジス、テレンス・ハワード
一応オスカー女優であるグウィネス...。

じゃあ、彼らが演技力を発揮できる場面があるかというと、ほとんどない(笑)
うだうだした描写を省くかわりに、何気ない場面でも雰囲気を作ることができる俳優を
起用したってことなんでしょうね。

>日本でアメコミがコケルのは何故なんでしょうね〜

わかりません(笑)

ダークな映像とか"心に傷を負った主人公が復讐に燃える"みたいな設定が
日本人は苦手なんでしょうね〜・
『メン・イン・ブラック』みたいなカラっとした作品はヒットしてますしね。
『スパイダーマン』は映像の迫力がずば抜けていることと
ヒロインにツッコミを入れる楽しさがあります(爆)

あと、原作コミックになじみがない、というのが大きいでしょうね。
そこがアメリカと大きく違うところです。当たり前か(^^;
2008/09/29 7:20 PM by moviepad
『インクレディブル・ハルク』は、日本でそんなに興行成績が悪かったのですか...。
確かに!原作コミックになじみがない、というのが大きいですよね。
日本のマンガ原作だと、かなりの読者層を取り込めますものね。かといって、ばんばん実写化されるのも、マンガ好きにとっては微妙なんですが。

かわいくない男女のダラダラとした恋愛エピソードもありませんでしたね(笑)ロバートさん、大きい目をくりくりさせて、魅力的でした。
うん、単純に面白かったですね!
2008/10/02 1:14 PM by あん
あんさん、こんばんわ

『インクレディブル・ハルク』は8月1日(映画の日!)に公開されたにも関わらず
11位スタート、その後もベスト10に入らずじまいだったようです。
この手の作品ってヒットしてナンボですよね...。

アメリカでアメコミがばんばん映画化されているように
日本でも映画、TVドラマとも最近マンガ原作だらけですね。
悪いこととは思いませんが、そればっかりだとさすがに...。

>かわいくない男女のダラダラとした恋愛エピソードもありませんでしたね(笑)

「スパイダーマン」のそこが好きって人もいるんでしょうね...。

単純に面白い、なんてボキャ貧がばれそうな表現はしたくなかったのですが、
そうとしかいいようがないですね(^^;
最近の、この種の映画はサービス精神過剰なあまり
あれやこれやぶち込みすぎる傾向があるので
『アイアンマン』のシンプルさは逆に新鮮でした!
2008/10/02 8:11 PM by moviepad
「映画と本 そして コーヒー」の亮です。
「闇の子供たち」でコメントさせていただいてから、こちらのブログのファンです。
とても内容が濃くて、いつも参考にしてます。

私も「アイアンマン」をみました。
単純におもしろい!
本当にそのとおりの映画だと思います。
でも、これくらい分かりやすいほうが良いのかもしれないですね。
好きなタイプの作品でした。


では。
2008/10/08 7:10 AM by
亮さん、こんばんわ

当方も亮さんのブログはちょくちょくのぞかせていただいています。
亮さんのお人柄ゆえかコメント欄がいつも賑わっていてうらやましい!

この映画のテンポは実に快適でした。
能書き不要の作品なので記事は逆に書きにくかったですね(笑)
2008/10/08 9:44 PM by moviepad
moviepadさん、こんばんは〜

>『スパイダーマン』のように、かわいくない男女のダラダラとした恋愛エピソードもありません。

爆笑!!!
ここ大いに肯きます♪
だから(笑)私は劇場でもDVDも借りてみてません。
テレビでは観ましたが、やはり自分好みではありませんでした。
「ハルク」「ダークナイト」が振るわなかったのはとても残念ですね…
こんな複雑な人間模様って苦手な方が多いのでしょうか〜。

「アイアンマン」は実に正統派なアメコミでした。
突っ込みもあるけど、皮肉も込められていて、ロバートの復活も良かったと思いました♪
2008/10/08 9:58 PM by オリーブリー
オリーブリーさん、こんばんわ

スパイダーマンは続編製作が決定しており
かわいくない男女の続投は確実のようです。
(トビーは契約済み。キルスティンはまだ..)

>こんな複雑な人間模様って苦手な方が多いのでしょうか〜。

複雑な人間模様というより
ヒーロー設定に問題アリ、かもです。

スパイダーマンが日本でヒットしたのは
"等身大のヒーロー"だったからという説もあります。
大富豪のヒーローが被り物で戦ってはダメだそうです。

ヒーローの被り物マニアもいるでしょうにね〜(爆)
2008/10/08 11:11 PM by moviepad
moviepadさん、こんにちは。
いつも更新を心待ちにしています。
ところで、お願いがあるのですが、相互リンクを貼らして頂いけないでしょうか。
こちらのブログは内容も充実しているので、私のブログに来てくれる方々にも、紹介できればなと思っています。
駄目でしたら、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
2008/10/14 10:11 AM by
亮さん、こんばんわ

リンクの件はもちろんOK!
というか、こちらからお願いしたいくらいでした。

もう張っていただいていて感激しました。
遅まきながら当方からも張らせていただきます。

パターン化していた週末更新がなくてすいません。 m(_ _)m
年内、諸事情で更新はかなり減る予定です。
ちなみに今月は、新作映画記事を25日以降に1本予定しています。
2008/10/14 10:46 PM by moviepad
相互リンクありがとうございます。
次の更新、非常に楽しみです。
でも、更新が苦痛にならないように、仕事等の諸事情のほうに、専念してください。
2008/10/15 8:06 AM by
亮さん、こんばんわ

こちらこそありがとうございました。

更新は苦痛じゃありませんよ〜。

今までの新作映画記事中心という
ブログの方向性について見直しをしている最中なんです。
年内は旧作記事のほうが多くなるかもしれません。
今後もよろしくお願いしますm(_ _)m



2008/10/15 9:54 PM by moviepad
こんばんは
ほおお,日本ではアメコミはあまりヒットしないんですか〜,なるほど。
あのアイアンマンは,あまり期待せずに観たのに
結構面白くておおいに楽しめました。
そう,あの単純明快さがとっても爽快でしたね〜
>『スパイダーマン』のように、かわいくない男女のダラダラとした恋愛エピソードもありません。
・・・ぷぷぷ。キルスティンは確かにかわいくなかったです。

2008/10/25 7:20 PM by なな
ななさん、おはようございます。

こんなにシンプルな物語は最近珍しいですね。

>・・・ぷぷぷ。キルスティンは確かにかわいくなかったです。


『アイアンマン』の記事なのに、なぜかこの箇所への反応が多くて。
"等身大すぎるヒロイン"も『スパイダーマン』人気の原因でしょうか?(笑)
2008/10/26 9:54 AM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/236

トラックバック

「アイアンマン(IRON MAN)」映画感想
今年はアメコミヒーロー映画の当たり年になるか? アイアンマンを見てきました。アイアンマンを直訳すれば鉄人、鉄人と言えば2
(Wilderlandwandar 2008/09/28 7:11 AM)
『アイアンマン』
監督:ジョン・ファヴロー CAST:ロバート・ダウニーJr、テレンス・ハワード、グウィネス・パルトロウ  他 軍事企業のCEOであり...
(Sweet*Days** 2008/09/28 7:38 AM)
アイアンマン/IRON MAN
アイロンマンじゃありません{/m_0088/} 5月2日に全米で公開され、初登場1位{/m_0158/} ウォシャウスキー監督の『スピードレーサー』を押さえて2週連続1位キープ、大ヒット{/m_0145/} 日本でも9月に公開が決まっているこの映画、ちょうど公開してたのでグアムで観
(我想一個人映画美的女人blog 2008/09/28 9:31 AM)
劇場鑑賞「アイアンマン」
「アイアンマン」を鑑賞してきましたメガヒットを連発するマーベル・コミックが立ち上げたマーベルスタジオ製作によるVFXアクション。全米で3億ドル超の興行収入を上げ、マーベル映画では「スパイダーマン」シリーズに並ぶ大ヒットなった。  ストーリーは・・・ア
(日々“是”精進! 2008/09/28 12:41 PM)
アイアンマン
予備は必ず作っておこう。
(Akira's VOICE 2008/09/28 2:27 PM)
アイアンマン
 アメリカ  アクション&SF  監督:ジョン・ファヴロー  出演:ロバート・ダウニー・Jr      ジェフ・ブリッジス      テレンス・ハワード      グウィネス・パルトロー 【物語】  米国政府と契約を結ぶ巨大軍事企業スターク・インダスト
(江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 2008/09/29 2:00 PM)
「アイアンマン」最強!家内制手工業(^^;!!
記事投稿日時 2008年8月31日12:34 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始後、1週間固定。  全米では、5月に公開されて大ヒット。日本公開は待たされて9月!そう今からでも約1ヶ月先…。「アイアンマン」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。
(シネマ親父の“日々是妄言” 2008/09/29 4:05 PM)
アイアンマン
ブログを始めてから2週間もの間、映画を観ず感想も書かなかったのは初めて。で・・・もう何をどう書いていいのか分からなくなっているき・緊張する。と・途方に暮れる。眠くなる・・・という事で、簡単に書いてみま〜す【story】巨大軍事企業の社長であり、天才発明家の
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2008/09/29 4:33 PM)
★「アイアンマン」
今週の週末レイトショウは、「TOHOシネマズ川崎」で。 おーーーっ、とうとうひらりん今回で、6000マイル到達ーーーーっ。 いつ一ヶ月フリーパス券に取替えよーかなっ。 それと、鷹の爪団のマナームービーがリニューアルしてたぞーー。 今回も、確実に笑えるっ。
(★☆ひらりん的映画ブログ☆★ 2008/09/30 2:47 AM)
映画 「アイアンマン」 の感想です。
「アイアンマン」が9月27日(土)から公開されました。 世界35カ国で興行収入ランク1位を獲得した話題作ですね! 世界的な大ヒットを受けて「アイアンマン2」の制作も決定しているようです。 そして、私の観てきた感想は、面白かったです! この映画もまた米マ
(MOVIE レビュー 2008/09/30 3:55 PM)
アイアンマン/Iron man
またもや、きみの名は、アメコミヒーローなるや。 ここ数年、アメコミヒーローの映画、どのくらい観ただろうか? さて今度のは、基本に...
(描きたいアレコレ・やや甘口 2008/10/01 3:50 PM)
「アイアンマン」文句なしのハリウッドアクションを楽しめ
「アイアンマン」★★★★オススメ ロバート・ダウニー・Jr、ジェフ・ブリッジス、 グウィネス・パルトロー出演 ジョン・ファヴロー監督、2008年、アメリカ、125分 全米で今もベストテン圏内に踏みとどまり 全米歴代21位、3.182億ドルという大ヒット映画。
(soramove 2008/10/03 7:52 AM)
アイアンマン
装着せよ──強き自分 原題 IRON MAN 製作年度 2008年 上映時間 125分 監督 ジョン・ファヴロー 出演 ロバート・ダウニー・Jr/ジェフ・ブリッジス/テレンス・ハワード/グウィネス・パルトロー/ショーン・トーブ/スタン・リー/サミュエル・L・ジャクソン 演技派ロバ
(to Heart 2008/10/04 1:11 PM)
『アイアンマン』2008・9・28に観ました
『アイアンマン』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 米国最大の軍需産業でも有り、世界的にも影響が有る超巨大軍事企業スターク・インダストリーズの社長で、天才発明者・工学者でも有るトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。 ある日、米軍
(映画と秋葉原と日記 2008/10/04 1:27 PM)
「アイアンマン」
ツバサ様や破壊王子様も観に行かれたという映画「アイアンマン」。自分の「観に行きたいリスト」には入っていなかった作品だが、この御二人が観に行かれたとなると、観に行かない訳にはいかないだろう。{/m_0060/} *************************
(ば○こう○ちの納得いかないコーナー 2008/10/05 1:52 AM)
映画「アイアンマン」
映画「アイアンマン」を鑑賞しました。
(FREE TIME 2008/10/05 7:16 PM)
アイアンマン
天才発明家で軍事企業CEOのトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、 武器のデモで訪れたアフガンで武装集団に拉致される。 兵器開発...
(心のままに映画の風景 2008/10/08 9:03 PM)
アイアンマン
翻訳ボタンをポチッ・・・「私は鉄男」
(ネタバレ映画館 2008/10/09 8:51 PM)
『アイアンマン』@日劇
軍事企業CEOにして天才発明家のトニー・スタークは、武器のデモで訪れたアフガンで武装集団に拉致され、兵器開発を強要される。彼は医師インセンと共に兵器開発をするフリをしながら脱出用のパワードスーツを製作し、命からがらの脱出を果たす。帰国後トニーは自社の軍
(映画な日々。読書な日々。 2008/10/11 12:45 AM)
アイアン・マン 2008-57
「アイアン・マン」を観てきました〜♪ 巨大軍事産業の会社社長のトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)は、最新兵器のデモストレーションの帰り、ゲリラに襲われ捕らわれてしまう。そこで目にしたのは、あるはずが無い自社の兵器たちだった。トニー・スターク
(観たよ〜ん〜 2008/10/13 7:18 AM)
アイアンマン
遅ればせながら,観てきました。ダークナイトでこの夏はお腹いっぱいになったから,アメコミヒーローものは,もういいや〜,とも思っていたのだが・・・。でも,このアイアンマンは,従来のアメコミ・ヒーローとはちょっと一味違う面白さがあった。 予告編を観たときに
(虎猫の気まぐれシネマ日記 2008/10/25 7:22 PM)
アイアンマン−(映画:2008年58本目)−
監督:ジョン・ファヴロー 出演:ロバート・ダウニー・JR、テレンス・ハワード、ジェフ・ブリッジス、グウィネス・パルトロウ、ショーン・トーブ、ファラン・タヒール、レスリー・ビブ 評価:85点 アイアン・マンといえば、ブッラク・サバスのアイアン・
(デコ親父はいつも減量中 2008/10/26 1:44 AM)
リコール製品自主回収
今年はアメリカンコミックやグラフィックノベルからの映画化作品が多かった。記憶にあるだけでも「ハルク」「バットマン」があり、今「ウォンテッド」と「アイアンマン」が公開中だ。「ヘルボーイ」が日本上陸するのは今年のことか? 漫画家の想像力を映像化するべく技
(MESCALINE DRIVE 2008/11/04 12:22 AM)

▲top