映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 鰐〜ワニ〜 | TOP | コースト・ガード >>

(2005 韓国)

「弓」映画チラシ英題   THE BOW  
監督   キム・ギドク   
脚本   キム・ギドク      
撮影   チャン・ソンベク                  
音楽   カン・ウニル              
出演   チョン・ソンファン ハン・ヨルム
      ソ・ジソク チョン・グクァン

老人(チョン・ソンファン)と少女(ハン・ヨルム)が船で暮らしている。老人は10年前に少女を船に連れてきて、大切に育てていた。少女が17歳になったら2人は結婚する予定である。老人はカレンダーに×印をつけながらその日がくるのを心待ちにしていた。釣り人に船を開放することで老人は生計をたてていた。その釣り人のひとりであった青年(ソ・ジソク)に少女が恋をしたことから2人の関係は揺らぎ始める...。

春夏秋冬 そして春』の湖に浮かぶ寺を彷彿させるようなシチュエーション。社会をすべて断絶するかのごとく、水に囲まれて静かに暮らすというのはキム・ギドク監督の理想なのだろうか?

例によって登場人物のバックグラウンドはまったくわからない。
老人はいつからこんな暮らしをしているのか?
少女はどういう経緯で老人にさらわれ暮らすようになったのか?
登場人物の背景をきっちりと描くことが人間を描くことだといわんばかりの映画が多い中、ギドク作品はあくまで映像の断片の積み重ねにより感情を表現することに専念している。

タイトルの『』はこの映画ではさまざまな意味をもつ。
少女に手を出そうとする釣り人を守るための武器。
少女のために音楽を奏でる楽器。
そして"弓占い”この映画で一番印象的な場面である。船からつるされたブランコを少女が漕いでいる。少女の背後にある観音像の絵にむけて弓をはなつ老人。あまりに危険なやり方に釣り人たちは驚くが、少女は何食わぬ顔で微笑みながら、矢が刺さった位置で未来を読みとる。少女は結果を老人に耳打ちし、老人は客にそれをそっと伝える。妙にエロティックな場面である。
この2人の穏やかな関係に"水をさす"ことになった青年は老人に弓占いを要求する。
「彼女にとってここに残るのが幸せなのか。船に残るのが幸せなのか」
弓をひく老人の手はふるえ、今までになく緊張している。
第3者から見ると、弓占いなどいくらでもイカサマできそうなお遊びに思えるのだが...。
老人はこの弓占いにどんな意味を見出していたのだろうか?
少女の白いスカートに弓が刺さる。そこには血がにじんでいる。
この弓とはもしかすると男性自身を象徴するものなのかもしれない。

ギドク作品は眼力の強い、眼の表情が非常に豊かな男優が起用されるのが常。
チョン・ソンファンもその例にもれず、ほどんど眼力だけで感情の機微を見事に表現している。
一方、少女を演じるのは『サマリア』にも出演していたハン・ヨルム。韓国のアンジェリーナ・ジョリーといいたくなるような大胆不敵な微笑みを浮かべ大人の色香を撒き散らしたかと思えば、少女のあどけなさ、弱さをも同時に醸し出す。末恐ろしい女優である。

ぴんと張った弓には強さと美しい音色がある。
死ぬまで弓のように生きていたい。


ラストに流されるテロップがこの映画のテーマを如実に物語る。
海の色、婚礼衣装の美しさ、そして真っ直ぐに飛ぶ弓…。
ギドクワールド全開にもかかわらず、鑑賞後、神話を聞いたような気がして妙に心地よい。
不思議な魅力にあふれる、とても美しい映画である。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

弓@映画生活

2008.05.11 Sunday | 00:11 | キム・ギドク | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト


2017.11.23 Thursday | 00:11 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/198

トラックバック

▲top