映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち) | TOP | フィクサー >>

クローバーフィールド/HAKAISHA

クローバーフィールド/HAKAISHA (2007 アメリカ)

「クローバーフィールド/HAKAISHA」原題   CLOVERFIELD   
監督   マット・リーヴス   
脚本   ドリュー・ゴダード     
撮影   マイケル・ボンヴィレイン            
出演   マイケル・スタール=デヴィッド
      マイク・ヴォーゲル オデット・ユーストマン
      リジー・キャプラン ジェシカ・ルーカス T・J・ミラー

徹底的な秘密主義が効を奏し制作費2500万ドルながらも全米公開3日間で4000万ドル強の興行収入をあげ話題となった作品。劇場に入るときにこんな注意書きが手渡された。

〜「クローバーフィールド/HAKAISHA」は、特別な手法による映像により、ご覧になる方によっては、激しい車酔いに似た症状を引き起こす可能性がございます。誠に恐れ入りますが、予めご了承の上でご覧ください。〜

はっきりいって別の意味で気分が悪くなる映画だ。

自由の女神像の頭がもげ落ち、背後のマンハッタンには煙が立ち込めている...。
9.11を連想させるこのポスター画像は、「一体この映画は何なのだろう?」という期待感を煽る。

全編ハンディ・カメラで撮影された(風の)映像は、"かつて「セントラルパーク,N.Y.」と呼ばれていた場所で回収されたコードネーム"CLOVERFIELD"と呼ばれるビデオで、合衆国国防省に保管されているもの。民間人ロブ・ホーキンスによって撮影されたこのビデオには事件当日の5月22日、6:43pmから翌日6:42amまでの12時間に起きた出来事がおさめられている"という設定で、そのビデオをそのまま流すという形で映画は展開していく。

ハンディ・カメラ撮影による画面のゆれ、インターネットを利用して思わせぶりな話題つくりをする一方、作品の内容については徹底的な秘密主義を貫く...。『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)をほうふつさせるマーケティング戦略がヒットにつながった形だ。

そのマーケティング戦略とは?

・2007年7月2日、『トランスフォーマー』の上映劇場で、「J・J・エイブラムス製作」「08年1月18日全米公開」とだけが表示されたタイトル不明の予告編が登場、ニューヨークのど真ん中での爆発、パニック状態で逃げる人々、転がり落ちた自由の女神の頭部などの映像が流される。7月11日にはネットにも登場し話題が広がっていく。11月16日にようやくタイトルつきの新予告編が登場。12月には5分間の拡大バージョンが公開される。映像は追加されていくが肝心の内容については何もわからないまま。

・2008年1月、映画の公開日が近づくと映画の周辺情報らしきものが流される。日本の石油会社タグアルトのWebサイト、そしてその企業を攻撃する過激環境保護団体TIDOWAVEのサイトが登場し、タグアルトによる海上堀削基地破壊といった擬似ニュース映像が日本語を含む8カ国語で流される。
だがこれらが映画にどう関係するのかどうかは明らかにされぬまま...。



・全米公開直後に多くの映画館が「ハンディカメラ映像による乗り物酔い注意」との張り紙を掲げたのを受けて公開4日目、アメリカのトークショー『コナン・ブライアン』の中で"『クローバーフィールド』の上映劇場で吐く人続出"というネタでバケツを持ち込んだシチュエーション・コメディが披露される。
実際に吐いた人がいるというニュースは全く伝わってこないようだが。

さて、ようやく映画の内容に入ります、と言いたいところですが...。
どうもこの作品、ネタバレしてはいけない雰囲気が強い。
そもそもこの映画、ネタバレできるほどのネタがない
ニューヨークの街に怪物が襲ってくる、それだけの物語だ。
9.11を彷彿させるシチュエーションだが、作品の内容にそんな気配はまるでなし。
途中、この惨劇が軍部のしわざであるかのような台詞が出てくるが、単なる思わせぶりだろう。前述の『ブレア〜』と違い、こちらはプロが作った作品ゆえ映像はそれなりの見応えがあるが、中身のなさはいいとこ勝負。まあ、そもそもこの映画にまどもな内容を期待しているヒトはあまりいないだろうが。

さて公開後の全米の評価はというと...
何と全米の76%の批評家はこの作品をそれなりに支持しているのである!参考

確かに、この映画には正面切って批判しづらい雰囲気がある。
内容に踏み込んだ記述はできないし、下手に批判しようものなら"イベント映画に乗り切れない、シャレがわからないイタイ奴"というレッテルを貼られかねない。

だが、筆者ははっきり言う。

映画『クローバーフィールド』はまごうことなき駄作である。

うざったい若い男女とかわいくない怪物が出てきてカメラが揺れているだけの作品。
この映画のどこをほめる?(映画本編だけをみて)何をどう楽しめばいい?

映画公開後、話題性は急に失速し、全米では興行収入8000万ドル程度で終わりそうな気配。ちなみに『ブレア・ウィッチ〜』は1億ドルを超えている。何度も同じ手にだまされるほど観客もバカではない。制作費が2500万ドルだからそれでも大成功といえるのかもしれない。ただ、前述の仕掛けつくりなどの広告宣伝費は制作費をはるかに上回っているらしい。本編の制作費より宣伝費のほうが高いなんて!イベント・ムービーらしいといえばそれまでだが、中身で勝負できないから仕掛けに頼っているにすぎない。

見かけほど儲かっているとは思えないのだが、既に続編製作が決定しているらしい。
そんなにラジー賞がほしいのか!(爆)

というわけで、イベント好きな方、糞映画にあたたかい眼差しをむけることができるほど心とお金と時間に余裕がある方にのみオススメの作品であります、はい。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

クローバーフィールド/HAKAISHA@映画生活

2008.04.06 Sunday | 00:13 | 映画 | comments(14) | trackbacks(30) |

スポンサーサイト


2019.09.05 Thursday | 00:13 | - | - | - |

コメント

お邪魔します〜♪
≪映画『クローバーフィールド』はまごうことなき駄作である。≫
おおお〜〜〜!!ハッキリ仰いましたね〜

私は結構面白かったです。
ブレ映像は苦手ですし、本来物語に筋がない映画は好みではないのですが、意外に楽しんじゃいました〜
きっと心とお金と時間に余裕があるんでしょうねぇ〜(笑)
映画としてこれはどうかなぁ〜という気もしましたが、まぁ〜OKかな、と。
2008/04/06 4:06 PM by 由香
由香さん、こんばんわ。
駄作とはこの作品のためにある言葉です。

映像のゆれもストーリーのなさも別にかまわないのですが、他に見るべきところがない!
もっと面白いアイデアが隠されているのでは?と期待していたんですが(泣)

皆さん一生懸命この作品を楽しもうと努力していらっしゃるようで...。
情報操作に惑わされすぎでは?

『ブレア・ウィッチ〜』も公開直後の評判はそんなに悪くなかったと思います。
今、あの作品を傑作だという人はいないでしょう。
つまらないものは最初からつまらないと言い切るべきです!はい(笑)
2008/04/06 7:39 PM by moviepad
moviepadさん☆
ちょっとお久しぶりです

最近なかなか皆さんのところへ行けなくって、、、
お!!!
はじめてつまらないと言い切ったレビューを拝見しました!^^
わたしは駄作とまでは思わなかったんですが、
期待しすぎたなぁって印象でした、
もっと展開があったりびっくり、とかワクワク感があると思っていたので、、、
ラストが特に拍子抜けしちゃいました、、、、。
2008/04/06 9:49 PM by mig
migさん、こんばんわ
かなりお忙しいそうなので最近お邪魔を遠慮していましたが、こちらにきていただけるなんて恐縮です。m(_ _)m

>はじめてつまらないと言い切ったレビューを拝見しました!^^

はい、この手のことは当ブログのお家芸ですので(爆)
この映画、僕もかなり期待していたんですが...。
もう少しアイデアを使ってほしかったですね。

『ブレア・ウィッチ〜』と同じように、時がたてばこれは単なる駄作であったと皆さん気づくでしょう。(爆)
2008/04/06 10:12 PM by moviepad
およよ、本当に言い切ってますね。
私はそれなりに体感して楽しみましたが、気分が悪いほうが印象に残った感じです...。

ここは、結構、映画を褒め上げているレビューブログだと思っていましたよ。

私はですね、気が弱いもんで、あまりに嫌いな映画は最近upしなくなりました、たはは。



2008/04/06 11:35 PM by あん
あんさん、こんばんわ

>ここは、結構、映画を褒め上げているレビューブログだと思っていましたよ。

そう思っていただけるとうれしいのですが、
意外とそーでもないのです(^^;

>あまりに嫌いな映画は最近upしなくなりました、たはは。

自分も同じで、記事を書く予定で観にいったけどあまりにとほほだったため、
ボツにした作品が過去いくつかあります。
この映画の記事は本来ボツにすべきなのですが
今週、他にネタがなくて(^^;
「モンゴル」は観る気しないし...。

この映画、ネタとしては面白いため「これは映画記事ではない。ゴシップ記事だ」
と自分に言い聞かせて書きました。いけませんね〜(^^;
2008/04/06 11:57 PM by moviepad
moviepadさん、こんにちは。

おおぅ〜!!
キッパリスッキリの評価ですね。
全体的に肯定的な評価が多い中、moviepadさんのように
はっきりと否定的評価を下した記事は初めて拝見しました。
>ネタバレできるほどのネタがない。
には笑ってしまいました。
おっしゃる通りなんですよ。
相当隠しながら宣伝していった割には
予告編で全部寝たバレしていますからね(苦笑)

すでに続編体勢ですけど、どうなのでしょうかね。
『ブレア〜』の続編は大変な駄作でしたしね。
日本企業のサイトなども作られて相当気合は言っていますね。
2008/04/07 2:15 PM by swallow tail
swallow tailさん、こんばんわ。

何ひとつフォローすることなく
ここまではっきり書いたのは『ダ・ヴィンチ・コード』以来ですね(^^;
大ヒット確実の作品じゃないとできないです、はい。

>全体的に肯定的な評価が多い中

やっぱりそうなんですか...。
この映画に関しては、他の方の記事は
(TBをいただいたもの以外は)極力読まないようにしているのでよくわからないのですが。
下手に読んでしまうと
「本当にこの××映画が面白いと思うのか!嘘こけ〜!
リアリティ?臨場感?この映画よりはるかに優れているものは星の数ほどある!
このヒトは生まれてはじめて映画を見たのだろうか」
とHAKAISHAのようなコメントを入れかねないので(爆)
ああ、こんなこと書くとTBがこなくなる.....。

yahoo掲示板とかでは、駄作と断言しているヒトは結構いるんですけどね。
ブログの記事で書く人はいない...んでしょうね(心細)

『ブレア〜』の続編は見てません。
1作めで十分うんざりしたので。
ただ、『ブレア〜』は作品の質はともかく
学生がアイデアを振り絞って大ヒットさせた
という意味では画期的でした。
それを今さらプロが真似してどうする?って感じです。

日本企業のサイト、日本語版の詳細が
つくられていないことに気づきましたか?
中途半端ですね〜(笑)
2008/04/07 9:49 PM by moviepad
moviepadさん、こんばんは☆

コメントありがとうございました♪
この作品は、宣伝マジックというか、たまたま視聴者のニーズに合致しただけの駄作だと思います。
人それぞれいろいろな感性がありますので、賛否両論あってもおかしくないですが、この作品に限っては、騙されたと感じた人も多かったのではないでしょうか〜
JJエイブラハムが息子さんと大好きなあるものフィギュアをアキバに買いに行って思いついたという、もろパクリもんで(オマージュとも言うか・・)、勢いだけで作っちゃった、そんな印象しかなかったです。脚本もだめだめだし、役者の演技も超適当ですし、パニックムービーかと思っていたらクリーチャーにかまれて穴という穴から出血しちゃうシーンなんかホラー映画だったかと・・・、
興ざめもいいところでした(涙)
2008/04/29 12:12 AM by rikocchin
rikocchinさん、こんばんわ

この映画、"退屈だな、いつ面白くなるんだろう?"、と思っていたらそのまま終わってしまった、という印象です。

この映画を面白いと思った人は(宣伝戦略も含めた)見せ方が新鮮だったんでしょうね。
ただ、手ぶれカメラ風の映像なんて別に珍しくないし、脚本なんてダメダメもいいとこ。
突っ込みどころが多すぎるので、とてもこの映像を"体感"することなんてできませんでした。
謎なんて最初からないと思われるので、続編でも解明なんかされないでしょう。
とくに斬新な要素もない。本当に"何もない"映画で、
0のものを100に見せようとする宣伝戦略だけが印象に残る作品。
本当、金返せ!と叫びたくなりました(大泣)
2008/04/29 3:52 AM by moviepad
こんばんは〜
私も申し訳ないけど楽しんだクチで〜す。
でも,「うざったい男女とかわいくない怪物〜」の表現には,膝を叩いて笑ってしまいました。
それは,まさにその通り!かもしれませんね〜〜。
人物設定とかね,ストーリー展開とかは
私もかなりつっこみながら観ましたわ。
この手法,私も『ブレア・ウィッチ』を思い出したので
これが草分けとは思わなかったけど
乗り物酔いに強いから,楽しめたのかな〜。
ネタばれするほどネタがない・・・というのも
その通りでございます。
2008/04/30 10:04 PM by なな
ななさん、こんばんわ!

>私も申し訳ないけど楽しんだクチで〜す。

何ですと?ケシカラン!!!(爆)

>でも,「うざったい男女とかわいくない怪物〜」の表現には,膝を叩いて笑ってしまいました。

この映画の紹介なんてこの1行で十分です。(笑)

この手の映画って作品そのものよりも
観終わった後でいろいろとツッコミを入れてみたり
文句を言うのが楽しいのかもしれません。
個人的には、中身カラッポのものを
ワケありに思わせるようなやり方は
苦手です。
カラッポならカラッポであると
開き直るくらいの潔さが必要です。(爆)
2008/05/01 12:25 AM by moviepad
はじめまして、友人に薦められて観ましたが
自分の中でも駄作のレッテル貼らせて頂きました。

>本編の制作費より宣伝費のほうが高いなんて!イベント・ムービーらしいといえばそれまでだが、中身で勝負できないから仕掛けに頼っているにすぎない

最近こういう映画増えた気がします、正直5分あれば足りる内容ですね。
2008/05/03 4:23 PM by しろくま
しろくまさん、はじめまして。

この映画は例え気に入ったとしても
他人に勧めるべきものじゃないですね(笑)

最近は続編やリメイク、日本だとTVドラマの映画化とか
安易な企画ものが多くてうんざりしています。

ハリウッドでは宣伝費は制作費の3割程度が標準だという話を
聞いたことがあります。
通常、低予算映画は内容で勝負するものなんですけどね。
2008/05/03 6:00 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/184

トラックバック

クローバーフィールド / HAKAISHA
 アメリカ  SF&サスペンス&パニック  監督:マット・リーヴス  出演:マイケル・スタール=デヴィッド      マイク・ヴォーゲル      オデット・ユーストマン      リジー・キャプラン 【物語】 とあるニューヨークの夜、日本への転属が決ま
(江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 2008/04/06 2:25 PM)
「クローバーフィールド/HAKAISHA」
「クローバーフィールド/HAKAISHA」、観ました。 え〜と、怪獣映画ファンで、ほとんど車酔いしない人限定の映画です。 感覚的には低予算映...
(クマの巣 2008/04/06 2:46 PM)
クローバーフィールド/HAKAISYA
映画史上初めてタイトルを隠した映画未知の何者かが大規模な破壊を繰り広げるSFパニック・アクション超大作人気TVシリーズ「LOST」や『M:i:III』のクリエイター、J.J.エイブラムスが仕掛けたなどと、何かと話題の本作―以前観た『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』は苦
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2008/04/06 3:53 PM)
Cloverfield
我が視界 他人事ならぬ 曠野かな   日本での上映より一足お先に観させていただきました。と言っても、この「クローバーフィールド」という映画、観た直後は、まさか日本では興行されないだろうなと高を括っておりました。それがネット調査で本国でも上映される
(空想俳人日記 2008/04/06 7:02 PM)
クローバーフィールド
 本当に気持ちが悪くなるような映画です。(4月5日 清水MOVIXにて鑑賞)
(eclipse的な独り言 2008/04/06 8:25 PM)
「クローバーフィールド HAKAISHA」映画館レビュー 力
この映画の素晴らしい所。 ●しょうもない日常に突如爆発音が侵入してきて一気に映画のボルテージを上がって近くに自由の女神の頭飛んできて…の滑稽さの上に生みだすカタルシス。 ● 冒頭の重低音、エンドロールの最初で最後の21世紀伊福部(風)音楽(笑)
(長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 2008/04/06 9:17 PM)
クローバーフィールド HAKAISHA /CLOVERFIELD
『LOST』を手がけたJJ.エイブラムスが、極秘プロジェクトで進行してる新作は タイトルもなく、頭のない自由の女神のビジュアルだけ明かされて、、、、 という去年のわずかな情報を聞いた時からずーっと楽しみにしてた作品、 全米では1月に公開『スターウォーズ』を抜
(我想一個人映画美的女人blog 2008/04/06 9:50 PM)
クローバーフィールド/HAKAISHA
ん〜『クローバーフィールド』を観た!という満足感はあるのよ(笑) 『この映画、観て良かった!』という満足感では無く、あまりにも思わ...
(描きたいアレコレ・やや甘口 2008/04/06 11:29 PM)
クローバーフィールド観てきました
前々から絶対みたい映画だった。アメリカ人気TVの「LOST」「エイリアス」を制作したJJエイブラムスの作品だから。 それに題名すら分からない予告編も気になっていた。 頭のない自由の女神!謎の日本企業が関係してる? ストーリも分からないしぃ、 ハンデ
(ぱるぷんて海の家 2008/04/07 10:14 AM)
クローバーフィールド/HAKAISHA
原題:CLOVERFIELD 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:85分 監督:マット・リーヴス 原作:―― 脚本:ドリュー・ゴダード 出演:...
(スワロが映画を見た 2008/04/07 1:53 PM)
謎の“クローバーフィールド”
『クローバーフィールド/HAKAISHA 』内容が“秘密”の映画ですから、お約束どーりの公開初日(ネタばれする前)に観てきました。ドラマ『LOST』好きとしては・・  “J・J・エイブラムス”プロデュース作品は行っておかないとね。上映時間の85分がアッと言う間に
(- HOW STYLE - プジョーのガレージライフ ブログ 2008/04/07 11:45 PM)
クローバーフィールド〜5.23ある愛の詩の真相
公式サイト。J.J.エイブラムス製作、 マット・リーヴス監督、マイク・ヴォーゲル。一種のモキュメンタリー映画。米国防総省が公開した市民撮影の「あの時」の映像記録。その全容が明らかになると、あまりの生々しい若い男女の悲劇に全世界が涙した。「ロブとベス」はそ
(佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン 2008/04/08 11:28 AM)
【クローバーフィールド/HAKAISHA】
監督:マット・リーヴス 出演:マイケル・スタール=デヴィッド、マイク・ヴォーゲル、オデット・ユーストマン、リジー・キャプラン、ジェシカ・ルーカス、T・J・ミラー 「ニューヨーク、セントラルパーク付近に突如現われた何か。 日本に栄転する弟のサプライ
(日々のつぶやき 2008/04/08 2:54 PM)
「クローバー・フィールド」家庭用ビデオカメラ映像で悪酔いしそう
「クローバー・フィールド」★★★ マイケル・スタール、リジー・キャプラン、マイク・ヴォーゲル出演 マット・リーヴス監督、2007年、アメリカ かつて「セントラルパークと呼ばれた場所」で 回収された、民間人の撮影したビデオと称して 映像が流される。
(soramove 2008/04/09 12:45 AM)
『クローバーフィールド/HAKAISHA』
監督:マット・リーヴス CAST:マイケル・スタール=デヴィッド 他 ニューヨーク。ある夜、翌日日本に赴任するロブ(マイケル・スター...
(Sweet*Days** 2008/04/09 9:25 AM)
劇場鑑賞「クローバーフィールド/HAKAISHA」
「クローバーフィールド/HAKAISHA」を鑑賞してきました本来なら、公開初日に鑑賞予定でしたが、しかし昨日は、行きつけのシネコンが、地震の影響により安全点検をやっていたため、午後6時まで上映見合わせ状態だったので鑑賞出来なかったのです・・・。ま、払い戻しの
(日々“是”精進! 2008/04/09 12:32 PM)
クローバーフィールド/HAKAISHA■「ゴジラ」の正統的後...
「ゴジラ」(1954年版)は日本人の戦争体験と被爆体験が色濃く反映された作品であり、あの作品こそは時代が生んだ傑作だと言えよう。それと同じように「クローバーフィールド」は、アメリカ人が9.11同時多発テロを体験したことによって初めて作られた作品ではなかろうか
(映画と出会う・世界が変わる 2008/04/09 8:04 PM)
クローバーフィールド を観た
[E:movie]「クローバーフィールド/HAKAISHA」を観ました 劇場予告編では 「
(ヤジャの奇妙な独り言 2008/04/10 9:45 PM)
「クローバーフィールド/HAKAISYA」 極小的な視点が産むリアリティ
お気に入りの海外ドラマで「LOST」のプロデューサーである、J.J.エイブラムズ
(はらやんの映画徒然草 2008/04/11 9:38 PM)
【2008-83】クローバーフィールド/HAKAISHA(CLOVERFIELD)
人気ブログランキングの順位は? その時、何が起きたのか?
(ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! 2008/04/11 11:09 PM)
「クローバーフィールド/HAKAISHA」観てきました♪
☆「クローバーフィールド/HAKAISHA」 監督:マット・リーヴス 出演:マイケル・スタール=デヴィッド、マイク・ヴォーゲル、オデット・ユーストマン、リジー・キャプラン、ジェシカ・ルーカス、T・J・ミラー ニューヨーク・ダウンタウンのアパートで、東京への
(りんたろうの☆きときと日記☆ 2008/04/14 1:16 AM)
クローバーフィールド/HAKAISHA (Cloverfield)
監督 マット・リーヴス 主演 マイケル・スタール=デヴィッド 2008年 アメリカ映画 85分 パニック 採点★★★★★ 今更わざわざここで書くことでもないような気もするんですが、原爆や大空襲の恐怖やなす術のない絶望感を、黒く巨大な“なにか”に具象化したのが、第一
(Subterranean サブタレイニアン 2008/04/14 11:34 AM)
[映画『クローバー・フィールド/HAKAISHA』を観た]
☆この作品は、巨大モンスターがニューヨークを壊滅させる話だそうだが、そのモンスターの姿は秘匿されたまま、本日の公開に至っている。 その「秘密戦略」は、宣伝が開始された頃は、映画のタイトルさえも謎とされていた、ようだ。 チラシなどには、謎めいたキーワー
(『甘噛み^^ 天才バカ板!』 2008/04/14 6:47 PM)
「クローバーフィールド/HAKAISHA(CLOVERFIELD)」映画感想
謎に満ちた予告編と、首なし自由の女神のポスターで話題になっていた「クローバーフィールド/HAKAISHA」(原題:CLO
(Wilderlandwandar 2008/04/14 10:02 PM)
クローバーフィールド HAKAISHA
とにかく臨場感が半端なく、ジェットコースターみたいな「体感」する映画です。確かにゆれがすごい。時折下を向いて目を落ち着かせたりしながら観ました。でも気分は悪くならなかった。体調良かったからかな? あとは、正直言って映画館じゃないと、観てもあんまり意
(映画めも 2008/04/20 11:36 PM)
『クローバーフィールド/HAKAISHA』
人気ドラマ『LOST』『エイリアス』などのプロデューサーであり、『M:i:III』の監督でもあるJ・J・エイブラムスが製作したパニックムービー。 あの映像スタイルをまずは楽しめるかが肝でしょうね、きっと。。。 ニューヨークのマンハッタンのある高級アパートの一
(cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー 2008/04/27 12:15 AM)
「 クローバーフィールド HAKAISHA /CLOVERFIELD  (2008) 」
【クローバーフィールド 】2008年4月5日(土)公開 監督 : マット・リ...
(MoonDreamWorks★Fc2 2008/04/27 10:20 PM)
クローバーフィールド/HAKAISHA
巨大都市ニューヨークが,“未知の何者か”によって,ある晩突然大規模に破壊される様子を描いた,SFパニック・アクション。 あらすじ: とあるニューヨークの夜、日本への転属が決まり、赴任することになったロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)のために、大勢の仲間
(虎猫の気まぐれシネマ日記 2008/04/30 9:56 PM)
『クローバーフィールド/HAKAISHA』@日劇
ニューヨークのとある高級アパート。東京への転属が決まったロブのためにサプライズ・パーティが開かれている。そんな中、突然、とてつもない爆音が響き渡る。表を見ると、外では大爆発が起きている。そこに何かが飛んでくる…近くのビルに激突し、地面に落下したのは自
(映画な日々。読書な日々。 2008/05/11 9:11 PM)
クローバーフィールド/HAKAISHA−(映画:2008年40本目)−
監督:マット・リーヴス 出演:マイケル・スタール=デヴィッド、マイク・ヴォーゲル、オデット・ユーストマン、リジー・キャプラン、ジェシカ・ルーカス、T・J・ミラー 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) マンハッタンに「何か」がやってきて
(デコ親父はいつも減量中 2008/05/12 12:45 AM)

▲top