映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ダージリン急行 | TOP | Sweet Rain 死神の精度 >>

ノーカントリー

ノーカントリー(2007 アメリカ)

「ノーカントリー」公式サイトにリンク原題   NO COUNTRY FOR OLD MEN   
監督   ジョエル・コーエン イーサン・コーエン   
原作   コーマック・マッカーシー 『血と暴力の国』   
脚色   ジョエル・コーエン イーサン・コーエン      
撮影   ロジャー・ディーキンス                  
音楽   カーター・バーウェル               
出演   トミー・リー・ジョーンズ ハヴィエル・バルデム
      ジョシュ・ブローリン ウディ・ハレルソン
      ケリー・マクドナルド ギャレット・ディラハント
      テス・ハーパー バリー・コービン

第80回(2007年)アカデミー賞作品・監督・助演男優(ハヴィエル・バルデム)・脚色賞受賞。撮影、音響、編集、音響効果編集賞ノミネート。

ピュリッツァー賞作家コーマック・マッカーシーの小説『血と暴力の国』の映画化である。原題は”NO COUNTRY FOR OLD MEN”。年老いたものが住む国はない、と訳せそうだが、それだと老人の繰り言のように思える。映画『ノーカントリー』で描かれている世界はそんな層の薄いものではない。oldには分別があるという意味もあるし、”The Old Adam”という言い回しをすると人間の罪深い性質という意味になる。oldのどの訳語をあてはめてみても”NO COUNTRY”は変わらない。老人も、分別あるものも、罪深いものも、安住の地などない。

この物語の舞台は1980年代。アメリカ、テキサスのメキシコ国境に近い砂漠である。狩りをしていたベトナム戦争帰還兵のルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)は死体の山に遭遇したあげくかつ大量のヘロインと200万ドルもの大金が入っているトランクを発見する。麻薬取引の末銃撃戦が行われたのだろう。危険を感じつつもモスはそのトランクを持ち帰る。その後、不注意がきっかけで謎の殺し屋シガー(ハヴィエル・バルデム)に追われるはめになる。ほんの出来心が彼から心の平穏を永遠に奪い取り、彼らの行く先には新たな死体が転がり続ける。老保安官エド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)はモスを保護しシガーを逮捕するべく事件の捜査に乗り出すが...。



モスが身を隠しているモーテルをシガーが見つけた後の攻防の場面は、コーエン兄弟らしいサスペンス性あふれる映像である。だがこの作品はサスペンスを売り物とした追跡劇ではない。この映画を象徴するのが”感情のない”と評されるが、妙に生真面目な雰囲気も漂わせる殺人鬼シガーだ。得体の知れないこの男をハビエル・バルデムが実にうまく演じている。ハヴィエルは最初、「自分は車も運転しない。2人で会話しているような映画が好きで暴力は嫌いだ」という理由でこの役のオファーを断った。だがコーエン兄弟は「だからこそ君をキャスティングしたんだ」と答えたという。それゆえか、最近の映画に時折見られるイカれたサイコ・キラーとはひと味もふた味も違う雰囲気を醸し出すことに成功している。コインの裏表で殺すかどうかを決めることもあるが、快楽殺人というわけでもなさそうだ。"運命”にこだわる冷静極まりない殺人鬼。1958年のコインが20年以上さまよい続ける話が出てくるが、無数の人の手を渡り歩き、汚れていくコインにシガーはおのれの運命を重ねているのだろうか?

シガーは酸素ボンベのようなものを持ち歩いているが、これは屠殺する前に牛を気絶させるために使うキャトルガン(cattle gun 正確にはCaptive bolt pistol)らしい。このことは作中でエドが語る、牛の屠殺する男のエピソードと不気味にリンクする。

― 屠殺がうまくいかず牛が暴れだしたので、ついに銃をはなった。だが牛はさらによがったため、銃弾が彼の肩に当たってしまった。世の中何が起こるかわからない…。― 

ベトナム戦争を生き延びたモスは、殺人鬼シガーから逃げとおす自信があった。
シガーは”金は自分のところに戻ってくる運命にある。自分から逃げられるものなどいない”と確信している。ベル保安官はこんな”ならずもの社会”の中でも、法と正義を信じている。だが、世の中、何が起こるかなど誰にもわからない。

自分には理解できない犯罪ばかりが起こる状況にベル保安官はほとんどお手上げ状態である。表には出さないが、精神的にはすでに万歳しているといってもよい。とうとう彼は辞職を決意する。だが、それで心が休まるわけではない。

「この国は人にきびしい。俺が神でも俺を見放しただろう。」

この物語のテーマではないか、とひそかに思っている台詞がある。

人は失われたものを取り戻そうとしてさらに失う。結局は出血を止めるしかないんだ。

出血は止められず、血はしたたり落ちる。その血をたどっていけば新たな血にめぐり合う。血だけがにじみこむ乾ききった荒野。無法地帯と化した土地には砂塵が舞い踊る。“もう手の施しようがない...”声なき悲痛のこだまが画面全体に静かに響き渡っている作品だ。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

ノーカントリー@映画生活

2008.03.18 Tuesday | 02:04 | 映画 | comments(10) | trackbacks(29) |

スポンサーサイト


2018.06.24 Sunday | 02:04 | - | - | - |

コメント

moviepadさんの映画評は、すばらしいですね。
私は、いろいろ思ってもここまで書けません。
この映画は結末の意味が難しく、どうとでもとれますが、やはり「この国は人にきびしい」ということではないかと思います。
2008/03/18 10:33 PM by honyomi
honyomiさん、こんばんわ

>moviepadさんの映画評は、すばらしいですね。

3回くらいコピー&ペーストしたくなる(笑)コメントをありがとうございますm(_ _)m

ラストは原作と同じらしいですね<未読ですが
決して安直にあきらめているわけではないのだけど、
自分の努力だけではどうにもならない
"運命"とか"無法状態"とかそういったものに対する
無力感みたいなものが漂っているように感じました。
2008/03/18 11:41 PM by moviepad
普通の映画なら冷酷な殺人鬼に対抗するベトナム帰還兵や老保安官という描き方ができると思いますし、多くの一般客はそういう期待をしていたと思います。

でもコーエン兄弟が3人の男の所業を通じてアメリカ社会の闇と矛盾。彼らの行動がどうではなく、彼らの行動が何をもたらすか。
この辺りはコーエン好きとそうでない人の間ではかなり温度差があるみたいですね。
2008/03/19 12:49 PM by にゃむばなな
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。
作品賞だということで楽しみにしていた映画でしたが、少々モヤモヤした気持ちが残りました。
で・・・色々な方の感想を読ませて頂いても、「ああ〜そうか!!ビンゴ!!」と、自分の心のモヤモヤを晴らしてくれるものになかなかぶち当たりません。
それでふと思ったのですが、監督の意図は確かにあるのですが、まるで難解な詩のように、観る人によって色々な解釈がなされ、それは正解でも間違いでもないよ〜ん的な作品なんじゃーないかと。
だから、皆さんの感想を参考にもう1度観て(DVDで・爆)、自分が何か感じたことがあったら、それでヨシとしよう・・・なんて思っています♪(笑)

不思議と劇中のセリフがあまり頭に残らなかったのですが、私も『人は失われたものを取り戻そうとしてさらに失う。結局は出血を止めるしかないんだ』という言葉は印象に残りました。
これは色々な意味を含んでいるなぁ〜と思った覚えがあります。
2008/03/19 6:45 PM by 由香
にゃむばななさん、こんばんわ

僕はコーエン兄弟作品は「未来は今」と「ファーゴ」しか見ていないので、
コーエン好きとそうでない人との温度差がよくわからないんです。
別にコーエン兄弟が嫌いというわけではないのですが、何となくスルーしがちでした。

ただこの映画は(わからないなりに)傑作だと思います。
いわゆる追跡劇ではないですね。
深読みできる要素がたくさんある。
ただ、コーエン好きかどうかというよりは、
80年代あたりのアメリカの事情に精通している人じゃないと
この作品の世界を理解するのは難しいんじゃないかな、とも思います。
2008/03/19 8:51 PM by moviepad
由香さん、こんばんわ!

あ、この映画のレビューをいくつか読みましたが僕も
(自分が書いたものも含めて)ビンゴがないですね〜。

>観る人によって色々な解釈がなされ、それは正解でも間違いでもないよ〜ん的な作品なんじゃーないかと

まさにそのとおりだと思います。
ただ、自分のテイストに合わないものを無理に
理解する必要はないんじゃないかと...。

僕はこの作品、(よくわからないけど)気に入っています。
一滴の涙すらすぐ吸い上げてしまいそうな乾ききった砂漠のイメージがいい。
ただ、あまり深読みしたいという意欲がわかない作品です。
それをやってしまうと絶望だけが待っているような気がするので...。
2008/03/19 9:47 PM by moviepad
moviepadさん、こんばんは。
オスカー受賞作、やはり多くのブロガーさんがご覧になっていますね。
まぁ、自分も見てきたんですけど、
思ったよりも難解で奥深い作品で、ギャフンといわされた気分です(苦笑)

>人は失われたものを取り戻そうとしてさらに失う。
この台詞、スワロも印象深かったです。
まさしくその通り!と思ったし、
現代人の心理を痛烈に皮肉った一言だとも思いました。
2008/03/25 11:22 PM by swallow tail
swallow tailさん、こんばんわ

個人的にはアカデミー賞、作品賞と外国語映画賞は信用に値しないと思っているのですが、
今回の作品賞は久しぶりにまともな結果を出してくれました(笑)大納得です。

「失われたもの〜」の台詞にはやられました。
認めたくないけど、その通りだ...。

中盤はサスペンスを楽しんだのですが、
ラストで谷底に突き落とされたような気分になりました。
時代の気分を反映するアカデミー賞。
この映画が受賞するということは今、いい時代じゃないんだな...。
2008/03/26 12:02 AM by moviepad
こんばんは〜
DVDでやっと観ました。
県内の劇場に来なかったもんで・・・。
ノーカントリーは「安住の地なし」という意味だったのですね。
なんて厳しい内容なんでしょうね。
でもアメリカだけでなく,銃を持たないわが国でも
最近の信じられないような衝動的な殺人事件を目にするたびに
日本も一昔まえよりはノーカントリー化してきてるよな〜と
やりきれない思いになったりしました。
2008/08/08 7:38 PM by なな
ななさん、こんばんわ

無法地帯化しつつある社会が、人の運命のはかなさをいっそう加速させている、
という感が漂う映画でした。

日本もまさに安住の地なし!ですね...。
今のご時世、どんな人であれば神に見放されなれずにすむのでしょう?
2008/08/08 9:14 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/181

トラックバック

映画『ノーカントリー』 コーエン兄弟が久々に描ききったアメリカの荒涼。
今年のアカデミー賞最多4部門をの受賞をはじめ、世界中で賞を取りまくったことで、久々にコーエン兄弟に『バートン・フィンク』『ファーゴ』そして『ビッグ・リボウスキ』あたりの作品の冴えがもどったなとほくそえんだ人は多いのかも。 今日の新宿の某劇場は、朝10時
(日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 2008/03/18 5:57 AM)
映画レビュー「ノーカントリー」
◆プチレビュー◆暴力的なのに抗いがたい魅力がある逃亡/追跡劇。コーエン兄弟独特のノワールな笑いが彩りを添える。 【90点】  80年代のアメリカ・テキサス。砂漠でハンティング中だったモスは、偶然に、死体の山と麻薬、現金200万ドルを見つけ、危険を承知で
(映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 2008/03/18 10:21 AM)
ノーカントリー
No Country for Old Men   ★★★★ 今年のアカデミー賞 監督賞 作品賞 助演男優賞 を受賞した作品。 
(本の世界の迷子です 2008/03/18 10:27 PM)
『ノーカントリー』
(原題:No Country for Old Men) ----これって、アカデミー賞の本命と言われている映画でしょ? 確か最多8部門ノミネートで、 他の映画賞でもゾクゾク受賞。 「うん。2月5日現在で 作品賞23冠。 助演男優賞25冠。監督賞21冠。 各映画賞計96部門受賞。まさに快挙だね」
(ラムの大通り 2008/03/18 11:58 PM)
ノーカントリー・・・・・評価額1800円
ハビエル・バルデムの変な髪形だけではない、超一級のクライムサスペンス。 監督デビュー作の「ブラッド・シンプル」以来コーエン兄弟が拘っ...
(ノラネコの呑んで観るシネマ 2008/03/19 12:12 AM)
本年度アカデミー賞作品賞「ノーカントリー」意外と社会派作品
※画像はパンフレットではありません。 プレスシートです! 本年度のアカデミー賞で ”作品賞””監督賞””脚色賞””助演男優賞”の 最多4部門を受賞した「ノーカントリー」 イメージ的に言うと 異様な殺し屋が登場するバイオレンス、 その殺し屋に追われる男のス
(夢を伝える紳士bobby`s☆hiroのシネプラザ 2008/03/19 12:24 AM)
『ノーカントリー』
コーエン兄弟といえばアメリカ社会の矛盾と闇を時にはコミカルに、時にはシリアスに描く映画監督。第80回アカデミー作品賞受賞作品で一気に知名度の上がったこの映画はコーエン作品の中でも特に演出面において特筆すべき素晴らしさがある一方で、見終わったあと多くの観
(めでぃあみっくす 2008/03/19 12:35 PM)
ノーカントリー/NO COUNTRY
アカデミー賞、最多4部門受賞、中でも作品賞を穫った映画とはどのようなものか? ハビエル・バビデムはどのような"悪"を演じているのか?その...
(描きたいアレコレ・やや甘口 2008/03/19 1:45 PM)
ノーカントリー
第80回アカデミー賞で、≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫そして≪助演男優賞≫を受賞した本作の公開を待ちわびた。特に助演男優賞のハビエル・バルデムの演技をとっても楽しみにしていた―【story】狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2008/03/19 6:31 PM)
「ノーカントリー」
大金を拾い、黙って自分のものにしようとした男が、恐ろしい殺し屋に追われる。 老保安官は、自分には理解できないような犯罪が増えたことを...
(或る日の出来事 2008/03/19 11:15 PM)
「ノーカントリー」 エド・はるみ効果?
上映スクリーン数: 41 オープニング土日興収: 4346万円「不都合な真実」(
(映画コンサルタント日記 2008/03/20 12:52 AM)
ノー・カントリー
 割引も使わないで映画を観たのは何年ぶりでしょうか。アカデミー賞に敬意を表して、
(eclipse的な独り言 2008/03/20 6:08 PM)
『ノーカントリー』
□作品オフィシャルサイト 「ノーカントリー」□監督・脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン □原作 コーマック・マッカーシー(「血と暴力の国」)□キャスト ハビエル・バルデム、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、ウディ・ハレルソン、
(京の昼寝〜♪ 2008/03/20 11:43 PM)
ノーカントリー: NO COUNTRY FOR OLD MEN
   第80回アカデミー賞 4部門受賞作品 「ノーカントリー」   今までに観たことがない殺人鬼、ハンニバル・レクター以上に凄い男をハビエル・バルデムが演じています。そしてこの役で彼は見事、最優秀助演男優賞をゲットしたわけです。   3月18日、東
(銅版画制作の日々 2008/03/21 11:14 AM)
*ノーカントリー*
{{{   ***STORY***             アメリカ   2007年 メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモ
(Cartouche 2008/03/23 12:14 AM)
映画「ノーカントリー」(2007年、米)
     ★★★★☆  1980年代のテキサスを舞台に 不気味な殺人鬼を描いたCoen兄弟監督のサスペンス。 2008年アカデミー賞の 作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞をとった。 原題は「No Country for Old Men 」。  テキサス州西部の荒野で、 麻薬取引のこじ
(富久亭日乗 2008/03/23 9:46 AM)
「ノーカントリー」
「ノーカントリー」、観てきました。 本当のタイトルは「No Country for Old Men」。(小説の方では「血と暴力の国」というタイトルをつけてい...
(クマの巣 2008/03/24 9:27 AM)
今の国を作ったのは誰なのか?●ノーカントリー
過去を懐古し、今を憂うだけでは何も変わらない。 『No Country for Old Men』 ノーカントリー - goo 映画 メキシコ国境に近い砂漠でハンティング...
(Prism Viewpoints 2008/03/24 6:54 PM)
ノーカントリー
原題:NO COUNTRY FOR OLD MEN 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:122分 監督:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 原作:コーマッ...
(スワロが映画を見た 2008/03/25 10:53 PM)
「ノーカントリー」完全無欠の追跡者、誰も逃げられない
「ノーカントリー」★★★★オススメ・完成度高い トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム 、ジョシュ・ブローリン 主演、 ジョエル・コーエン 、イーサン・コーエン 監督、2007年、アメリカ、122分 偶然見つけた複数の死体の側には 大金と大量
(soramove 2008/03/27 1:03 AM)
「ノーカントリー(NO COUNTRY FOR OLD MEN )」映画感想
アカデミー賞で作品、監督、脚色、助演男優、の4部門で受賞した
(Wilderlandwandar 2008/03/29 11:39 PM)
おかっぱ頭の殺人鬼 こえーっ!「ノーカントリー」
 昨日は映画の日なんで春闘終わって腑抜けな状態の書記長社労士はフラフラと映画館へ。 しかしネットで事前予約が出来て、決済もネットで済ましておいて、映画館では並ぶことなくチケットを受け取れるってのはホントにお手軽だ。 昔ならわざわざ映画館に行ってみたのに
(労組書記長社労士のブログ 2008/04/02 4:49 PM)
ノーカントリー
追われる男、追う男、追いつけない男
(悠雅的生活 2008/04/03 11:22 PM)
コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観た!
渋谷の渋東シネタワーで、コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観ました。といっても、コーエン兄弟とは誰のこと?まあ、知らないことはたくさんあるので、別に驚きませんが。実は知人のブログで、彼がこの映画を観たということを知って、渋東シネタワーであれば駅から繋
(とんとん・にっき 2008/04/04 12:02 AM)
ノーカントリー  NOCOUNTRYFOROLDMEN
日の当たる白いポーチに出て男はおもむろに靴底の汚れを気にした。たったそれだけの仕草で私たちは全てを悟る。静寂の中に漂う異様なまでの緊迫感。コインの表裏という彼にしか解らない奇妙なルール。「私は選ばない。決めるのはあなただから」搾り出すようなそれがた
(映画に恋してる 2008/04/08 9:25 PM)
『ノーカントリー』 @シャンテシネ
メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非
(映画な日々。読書な日々。 2008/04/15 10:07 PM)
『ノーカントリー』
アカデミー賞4部門受賞の話題作をやっと鑑賞ー。とにかくハビエル・バルデムのイッちゃった演技は強烈でした。 テキサスの砂漠で狩りをしていたモスは、銃撃戦が行われたと思われる現場を発見。複数の死体が転がる現場には大量のヘロインを積んだトラックがあり、近
(cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー 2008/04/25 11:37 PM)
ノーカントリー
2008年度,アカデミー賞受賞作品。DVD[E:cd] リリースを待ちかねての鑑賞。 単純に「感動した」とは言いがたい。しかしさすがに,途方もないパワーを持った,超ヘビー級の作品だった。 あらすじ: 狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれ
(虎猫の気まぐれシネマ日記 2008/08/08 7:39 PM)
「ノーカントリー」
「ファーゴ」(1996年)や「未来は今」(94年)などの作品で知られる米国のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が2007年にコーマック・マッカシーの小説「血と暴力の国」を映画化したクライム・サスペンス「ノーカントリー」(原題=No Country For Old Men、米
(シネマ・ワンダーランド 2008/08/18 11:36 PM)

▲top