映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ヒトラーの贋札 | TOP | アメリカン・ギャングスター >>

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光(2008 日本)

「チーム・バチスタの栄光」公式サイトにリンク監督   中村義洋   
原作   海堂尊 『チーム・バチスタの栄光』
脚色   斉藤ひろし 蒔田光治
撮影   佐々木原保志
音楽   佐藤直紀
出演   竹内結子 阿部寛 吉川晃司
      池内博之 玉山鉄二 井川遥
      田口浩正 田中直樹 佐野史郎
      野際陽子 平泉成 國村隼

現役医師でもある海堂 尊(かいどう たける)の2006年第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作を映画化したのが『チーム・バチスタの栄光』。2006年2月に発売するや、映画会社・TV局各社25社より映像化件のオファーが殺到したそうです。この話題作のメガホンをとったのは『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督。キャスティングも豪華で、娯楽に徹したつくりになっています。

 ネタバレはしておりませんので安心してお読みください(笑)

〜物語〜
拡張型心筋症に対する"バチスタ手術"。成功率60%といわれる難易度の高いこの手術を26回連続成功させてきた東城大学病院の専門集団“チーム・バチスタ”。ところが、3件連続で術中死が発生。医療ミスか?それとも故意の殺人か?病院側は”グチ外来”と呼ばれる部署で患者の悩みを聞くのを仕事としていた田口(竹内結子)に内部調査を依頼する。素人探偵にできる仕事ではなく「単なる事故」で片付けようとしたところに厚生労働省の役人白鳥(阿部寛)が現れる。報告書を見て「これは殺人だ、犯人はチーム・バチスタの7人の中にいる!」と断定し、田口を引き連れて再調査に乗り出すが...。

 バチスタ手術とは?

バチスタ手術とは拡張型心筋症に対する手術術式のひとつで、正式名称は「左心室縮小形成術」。
考案者のランダス・J・V・バチスタ (Randas Jose Vilela Batista) 博士の名前をとって、一般的には「バチスタ手術」と呼ばれています。日本では1996年12月心臓外科医須磨久善氏により1はじめて実施されました。アメリカでは、その危険性などから、数年前から禁止術式とされています。
映画の中での執刀医、桐生の「俺は人を一度殺すんだ」という台詞にもあるとおり、"心臓を一度止める"手術ですからね〜。手術後再び呼吸音が聞こえてくるかどうか? これほど恐ろしい結果待ちはないかもしれません。なお、前述の須磨氏はこの映画の医療指導を行っているようです。

 参考
Suma Heart Consultation
見直される心臓縮小手術




 鑑賞前の楽しみ方

原作は"現役医師による医療ミステリー"という触れ込みです。ディテールで勝負!の社会派作品だろうと思い、今ひとつ興味が沸かなかったので原作は読んでいません。この映画も当然スルーの予定でしたが、なぜか応募した記憶がない試写状が届いた!見たかったのは他の作品だったのに...。
世の中タダより高いものはないと思いつつも、せっかくだから自分なりにこの映画の楽しみ方を考えてみました。それは犯人を鑑賞前に決めてしまうことです。これでとりあえず当たるか当たらないか、という観点では楽しめます。まずは本格派推理小説のパターンにそって考えてみました。

 もっともあやしくない人が犯人?
この映画では”ミスター・パーフェクト”と呼ばれるバチスタ執刀医、桐生恭一(吉川晃司)が該当します。自分の名前に傷がつくことをわざわざするとは思えない...?

 それなりの動機をもつ人が犯人?
これはある意味でストレートすぎて面白くないパターン。
一番わかりやすい動機をもつのは、外科医第一助手の垣谷雄次(佐野史郎)です。
次の助教授は自分だと思っていたところに、桐生がやってきたためチャンスを逃してしまっている...。
佐野史郎サンは「私はこういう作品に出るとだいたい“怪しい”と思われちゃうんですね」とコメント。そうでしょうね〜(笑)もう一人います。病理医の鳴海涼(池内博之)。桐生とともにアメリカで修行を積みましたが、手術中の事故で手に怪我をしたため病理医に。この"桐生とともに"ってところが曲者ですね。

あ、このヒトもそうかな?前任者の退職に伴って途中から看護師になった大友直美(井川遥)。
彼女に代わってから事故が続いた。嘘泣きの達人です。(笑)

 とりあえず動機はなさそうだが、あやしい雰囲気をまきちらしている人が犯人?
まずは、麻酔医の氷室真一郎(田中直樹)。常に手術を5つ、6つと掛け持ちさせられているので疲労気味。昼食はアイスキャンデーだけ。次は外科医第2助手の酒井利樹(玉山鉄二)。桐生に平伏、垣谷を軽視。密かに大友を愛している...。最後は臨床工学医師の羽場貴之(田口浩正)。一見温和そうな性格だが、夕食の献立が自分の希望と違うだけでキレる。ジキル&ハイド的要素をもっている?

犯人はこの7人のなかにいることになっています。
出来の悪い推理小説を読んでいると、物語も終盤に差し掛かったころに突然犯人役として新たな登場人物が出現してきて唖然とすることがありますが、この映画ではさすがにそんなことははありません。実は野際陽子が犯人だった!なんてこともありません。ちゃんとこの7人の中にいました。

さて、映画鑑賞前、僕が誰を犯人と予想したかというと...。面倒くさくなったので役柄などおかまいなし、俳優の名前だけを見て決めることにしました。犯人役を演じるなら、それなりの演技力が必要だろう。
かつ”絵になる俳優”のほうが望ましい...。ということで、華も演技力もある××××が演じた役が犯人であると決めつけました。当たったかって?それは言えねえな〜(笑)

 漠然と犯人あてを楽しむべき作品?

バチスタ手術だの、訳ありな登場人物だのいろいろ有るので、ちょっと予習しておいたほうがいいかな、と思いがちですが、その必要は全くありません。映画の中で全部教えてくれますので。
それゆえ、前半はやや説明的でかつカメラアングルも単調です。
医療ミステリーという触れ込みですが、社会派映画という感じもしない。とはいうものの、手術場面は見ごたえありましたし、各担当医の立ち位置などは興味深かったです。詳細はここ

また、出演者による演技合戦といった風味でもない。
それでも佐野史郎田口浩正らは手堅い演技でした。池内博之は目の大きさを生かした役どころで、文字通り目立ってました。存在感がひときわあふれていたのは吉川晃司。どこか少年ぽさを残した彼の表情とスター・オーラが役柄にぴったりマッチしていました。演技はお世辞にもうまいとはいいかねますが、スクリーン映えのする人ですね。全体を支えていたのは、やっぱり主演の竹内結子。頼まれたら断れない、お人よしの感じがよく出ていました。原作では41歳のさえない窓際医師の男という設定なので、原作ファンは戸惑っているようですが...。
一方、破天荒な厚生省役人の白鳥役、原作では小太りで油ぎったゴキブリのような男らしいのですが、その役を演じるのは元祖"ソース顔"の阿部寛!?顔の濃さが買われたのかな(笑)。阿部ちゃんもいつのまにか映画にドラマに大活躍の性格俳優になっています。ただ、あまり器用な役者じゃない。それが持ち味でもあるのですが。今回、出演時間がそれほど多くないので、"ただ変なだけ"の役で終わってしまった感があるのが残念。阿部ちゃんご本人は、性格のよさそうな人なんですけどね。

主演の2人に限らずすべてのキャラクターの描き方が表面的なので、登場人物の感情が今ひとつ伝わってこない。濃厚なドラマを期待していたら、見事に肩透かしをくらいます。物語展開が最優先の作品ですから、余計な要素は加えないほうがすっきりするのかもしれません。時折コミカルな味つけもされていますが、はっきりいってこれはサスペンス性をそぎ、全体的にゆる〜い印象を与えてしまっています。かつギャグはすべり気味。笑っているオバサンも結構いましたけどね。

全体的に見ると前半はちょっと退屈だったけど、犯人探しがクライマックスに達した後半はやっぱり面白かったですね。謎解きに関しては伏線らしきものはありますが、医療の知識がないとちときついかな。見栄を張らずに漠然と犯人を予想する程度に留めるのが正しい鑑賞法です。ただ、鑑賞後拍子抜けするくらい余韻が残らない。10分もすれば内容を全部忘れてしまいそうです。もっと重々しいものを期待していたんですけどね。この"結末のあっけなさ"が逆に現代社会を象徴しているといえるかもしれません。ちなみに、ラストに流れるEXILEの曲は映画の内容と全然マッチしてない。まともに聞いていたら映画の余韻なんか跡形もなく消え去ります。それがイヤな人は曲が流れてきたらすぐ席を立ちましょう(笑)。

上映終了後客席からざめめきが起こるなど話のネタにはなりそーな映画。
犯人探しのポップコーン・ムービーと割り切ってみれば楽しめる作品です。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

チーム・バチスタの栄光@映画生活




 警告! 物語の性質上、犯人の特定、もしくは容易に特定できるような記載内容のあるコメント&TBは 
(ネタばれ注意の但し書きがあっても)削除させていただきますので、あらかじめご理解のほどお願いいたします。



2008.02.01 Friday | 00:05 | 映画 | comments(2) | trackbacks(47) |

スポンサーサイト


2017.12.10 Sunday | 00:05 | - | - | - |

コメント

こんにちは!
ご忠告頂きましたが、観に行って参りました。
で・・・ご心配頂いた通りイマイチでしたぁ〜(笑)
原作のことは脇へ置いておいたつもりだったのですが、、、映画自体に面白みを感じませんでした(汗)
物語は原作の筋をチョンチョンと追っているだけで、、、インパクトに欠けた気がします。
もしかしたら連続ドラマの方が向いていたかもなぁ〜なんて思いました・
2008/02/09 5:11 PM by 由香
由香さん、こんにちわ!

>ご心配頂いた通りイマイチでしたぁ〜(笑)

そうでしょうね〜(笑)
この作品はっきり言って
映画としての魅力は乏しいので、
原作読んで事前に犯人知ってたら
楽しめる部分はあまりないでしょう。

>物語は原作の筋をチョンチョンと追っているだけで、、、インパクトに欠けた気がします。

ベストセラー・ミステリーの映画化って
そういう作りにせざるを得ないんでしょうね。
あの『ダ・ヴィンチ・コード』もそうでしたし...。
原作自体、ストーリーよりも"映画化されていない箇所"のほうが
面白かったりするのに、そこをカットされてしまうと
ちょっと厳しいですね。
2008/02/09 6:17 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/163

トラックバック

『チーム・バチスタの栄光』試写会
『チーム・バチスタの栄光』 監督 中村義洋 原作 海堂尊 CAST 竹内結子/阿部寛/吉川晃司/池内博之・・・story 高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田口(竹内結子
(ミチミチ 2008/02/01 11:53 PM)
『チーム・バチスタの栄光』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
1/23に行った1ヶ月ぶりの舞台挨拶。2008年1発目は、第四回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した現役医師・海堂尊原作『チーム・バチスタの栄光』登壇したのは、竹内結子、阿部寛、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、佐野史郎、中村義洋監督、原作者・海堂
(|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο 2008/02/02 3:00 PM)
チーム・バチスタの栄光舞台挨拶試写会
「チーム・バチスタの栄光」の舞台挨拶試写会に息子と一緒に行って来ました。 竹内結子の舞台挨拶ということで、普段より少し早めに行ったのですが、既に凄い列、、、 さすが竹内結子は、人気がありますねぇw( ̄O ̄)w 息子の友達の竹内結子ファンが「2万円で譲って
(アートの片隅で 2008/02/03 2:20 PM)
チーム・バチスタの栄光
試写会に誘って頂いて「チームバチスタの栄光」を観た。 成功率60%といわれる心臓の「バチスタ手術」に26連勝という成功記録をもつ専門集団に、3例続けて死亡事故が起きる。院長に調査を命じられたのは、手術経験のない心療内科医の田口(竹内結子)。問題を見
(シネマ大好き 2008/02/03 9:54 PM)
感想/チーム・バチスタの栄光(試写&文庫)
このミステリーがすごくない! 『チーム・バチスタの栄光』2月9日公開。"愚痴外来"と揶揄される科に勤務する医師・田口の元に意外な指令が届いた。それは、病院が誇る「チーム・バチスタ」の内部調査。バチスタ手術26連勝という奇跡的偉業を成し遂げていた彼らが、突如
(EDITOREAL 2008/02/03 11:35 PM)
チーム・バチスタの栄光
くどくて申し訳ないが、海堂尊氏の『チーム・バチスタの栄光』が大好きだ。だから、その小説が映画になると聞いた時に、「ほぅー」と思った。で、キャストを聞いた時には思わず「ゲゲッ」となった。何故なら、本作の主役を務める田口公平の名前が田口公子になっており・
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2008/02/09 4:56 PM)
『チーム・バチスタの栄光』
----これって原作が大ベストセラーだよね。 「うん。本屋に文庫本が平積みになっていた」 ----チームって、なにかスポーツのお話ニャの? 「いや。バチスタっていうのはね。 拡張型心筋症に対する非常に難易度の高い手術。 この映画は アメリカ帰りの天才外科医を中心と
(ラムの大通り 2008/02/09 9:31 PM)
チーム・バチスタの栄光
2006年第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した海堂尊原作の同名ベストセラーを映画化したものだそうです。ミステリーものが大好きな私としては、この原作が以前から気になっていて、ずっと読みたいなと思っていたのですが、なかなか小説を読む機会がなく・
(Yuhiの読書日記+α 2008/02/10 1:05 PM)
2008-07『チーム・バチスタの栄光』を鑑賞しました。
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2008-07『チーム・バチスタの栄光』(更新:2008/02/10) 評価:★★★★☆ 犯行現場は、半径10センチ…衆人環視の中、実行された究極の完全犯罪。 心臓外科手術って凄いよねって思って見入っちゃいま
(はっしぃの映画三昧! 2008/02/10 3:48 PM)
チーム・バチスタの栄光
予告編で「面白そうだな」と思って楽しみにしていた「チーム・バチスタの栄光 」。 いつもの土曜日のレイトショーで鑑賞。 雪がかなり降る中、傘をさしてお出かけ。 「UCとしまえん 」も、さすがに大雪?のせいか、人は少なめ? 「チーム・バチスタの栄光 」
(いい加減社長の日記 2008/02/10 6:34 PM)
手口がずるすぎる/映画「チーム・バチスタの栄光」
原作が「このミステリーがすごい!」大賞受賞。ということで、二転三転のスリリングな展開あるんだろう、面白そうだな、と期待を膨らませていたのですが…。 ずるい。の一言。 <あらすじ> とある大学病院の心臓外科の集団「チーム・バチスタ」は、心臓手術の難
(しー、こいこいこい・・・ 2008/02/10 7:41 PM)
チーム・バチスタの栄光
【チーム・バチスタの栄光】2008/02/09公開(02/10鑑賞)製作国:日本 監督:中村義洋原作:海堂尊 『チーム・バチスタの栄光』(宝島社刊)出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎、野際陽子、平泉成、國村
(映画鑑賞★日記・・・ 2008/02/10 9:03 PM)
チーム・バチスタの栄光
難しい心臓手術を26回連続で成功させてきた東城大学附属病院のチームが、27回目から3回連続で手術に失敗し、患者を死なせてしまう。原因はチームのメンバーにも分からず、心療内科の田口が調査にあたるが、いったんは「問題なし」との結論に至る。ところが、そこに厚生
(kazhik.movie 2008/02/10 10:08 PM)
『チームバチスタの栄光』
『チームバチスタの栄光』   犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。  ■東城大学付属病院では、成功率60%といわれる心臓手術”バチスタ手術”の専門集団「チーム・バチツタ」を結成、奇跡的に26連勝という手術成功記録をのばしていた。しかし突
(唐揚げ大好き! 2008/02/11 5:52 AM)
チーム・バチスタの栄光
原作者と,メディア, マスコミの絶賛はおかしい!
(Akira's VOICE 2008/02/11 10:45 AM)
【劇場映画】 チーム・バチスタの栄光
≪ストーリー≫ 東城大学付属病院では、難易度の高い心臓移植手術“バチスタ手術”の専門集団「チームバチスタ」を作り、100%の確率で成功を収めていた。ところが今、3例続けて術中死が発生している。はたして患者たちの死は、事故なのか、殺人なのか?病院長は内部調
(ナマケモノの穴 2008/02/11 2:18 PM)
チーム・バチスタの栄光
公開日 2008/2/9監督:中村義洋 「アヒルと鴨のコインロッカー」出演:阿部寛/竹内結子/吉川晃司/池内博之/玉山鉄二/井川遥/田口浩正/田中直樹/佐野史郎 他【あらすじ】東城大学付属病院では、高難度の心臓手術“バチスタ手術”の専門集団「チーム・バチスタ」を結成
(Good job M 2008/02/11 2:50 PM)
「チーム・バチスタの栄光」映画感想
本の紹介でも書きましたチーム・バチスタの栄光の映画を見てきま
(Wilderlandwandar 2008/02/11 4:54 PM)
チーム・バチスタの栄光
チーム・バチスタの栄光’08:日本 ◆監督:中村義洋「アヒルと鴨のコインロッカー」◆出演: 阿部寛、竹内結子、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎 ◆STORY◆ 東城大学付属病院でのバチスタ手術が3例続けて失敗する。内部
(C'est Joli 2008/02/11 10:25 PM)
チーム・バチスタの栄光
               犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。 2006年第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した海堂尊原作の同名ベストセラーの映画化。 原作 海堂尊 上映時間 120分 監督 中村義洋 脚本 斉藤ひろし、蒔田光治 音楽 佐藤
(to Heart 2008/02/12 12:37 AM)
「チームバチスタの栄光」この映画がすごい!まではもう少し
「チームバチスタの栄光」★★★☆オススメ 竹内結子、阿部寛主演 中村義洋 監督、2008年、108分 成功率60%といわれる心臓手術 “バチスタ手術”の専門集団「チーム・バチスタ」 連続26例の手術に成功したチームが、 その後3例は失敗をし、その原因究明が
(soramove 2008/02/12 7:58 AM)
≪チーム・バチスタの栄光≫(劇場@2008/02/10@090)
公式HP    詳細@yahoo映画 昨日は突然思い立ってこの作品を劇場鑑賞して来た 予告を見て前々から面白そうだから観に行きたいなぁとは思っていたんだけど 翌日が休み&レイトショー&公開二日目って条件だからか8割くらい入ってて結構混んでた
(ミーガと映画と… -Have a good movie- 2008/02/12 1:32 PM)
チーム・バチスタの栄光
観てきました〜。 今日はチーム・バチスタとLのかけもちだったんで少々疲れました
(せるふぉん☆こだわりの日記 2008/02/12 9:14 PM)
チーム・バチスタの栄光
《チーム・バチスタの栄光》 2008年 日本映画 東城大学付属病院のバチスタチ
(Diarydiary! 2008/02/12 10:07 PM)
『チーム・バチスタの栄光』
□作品オフィシャルサイト 「チーム・バチスタの栄光」□監督 中村義洋 □脚本 斉藤ひろし、蒔田光治□原作 海堂尊 □キャスト 阿部寛、竹内結子、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎 ■鑑賞日 2月9日(土)■劇場 チネ
(京の昼寝〜♪ 2008/02/13 12:07 PM)
●「チームバチスタの栄光」
読書家の友達が、 「チームバチスタの栄光」の原作を読んで 「おもしろかったよ」と言ってたので 原作を読もうとしてたとこだったけど、 先に映画を観ちゃった。 事件の謎を解いていくのが心療内科医の 田口医師(竹内結子)。 医師ではあるけれど
(月影の舞 2008/02/13 12:08 PM)
チーム・バチスタの栄光
田口、ちっとも役に立ってないじゃないか! 最後だけ役にたったけどね。
(八ちゃんの日常空間 2008/02/13 2:22 PM)
≪チーム・バチスタの栄光≫
何年ぶりだろう・・公開2日目の映画を観に行くなんて・・・。両脇、前後あんな人がいっぱいいる作品観に行ったの久々。(笑)本当は。玉木君主演のKIDSを観たかったんだけど、この映画公開1週間にしてうちの近くの映画館ではヒドイ扱い。(笑)夕方遅い時間とレイ
(鳥飛兎走 2008/02/13 5:16 PM)
「チーム・バチスタの栄光」:大塚四丁目バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}花とらないで・・・。悲痛な叫びだな。 {/hiyo_en2/}ほんと、命をとらないで、ってことだもんね。 {/kaeru_en4/}しかも、命を救ってくれるはずの病院で命をとられちゃうこともある。 {/hiyo_en2/}ああ、「チーム・バチスタの栄光」のことね。バチスタ手術
(【映画がはねたら、都バスに乗って】 2008/02/13 9:40 PM)
【映画】チーム・バチスタの栄光
■動機 原作を読んで映像化作品を観たくなったため ■感想 よしときゃよかった ■満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり ■あらすじ 高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任された
(新!やさぐれ日記 2008/02/13 10:23 PM)
劇場鑑賞「チーム・バチスタの栄光」
 「チーム・バチスタの栄光」を鑑賞してきました第4回「このミステリーがすごい」大賞を受賞した、現役医師・海堂尊の手によるベストセラー同名小説を映画化。新感覚医療ミステリー!ストーリーは・・・成功率60%といわれる心臓手術、バチスタ手術を26回連続成功
(日々“是”精進! 2008/02/14 2:43 PM)
「チーム・バチスタの栄光」を観る
とっても評判がいいみたいなのとミステリーというので、試写会マニアとしては珍しく公開直後のレディス・デイ(混むっ)に、鑑賞しに行った「チーム・バチスタの栄光」。 原作は読んでいないんですよ、(姪が最近勉強に忙しくて読書まで手が回らない→、ので本を買って
(紫@試写会マニア 2008/02/15 11:45 PM)
【チーム・バチスタの栄光】
監督:中村義洋 出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄ニ、井川遥、田中直樹、佐野史郎、田口浩正 「病院長に呼ばれた愚痴外来と言われる窓際医師の田口は、通常6割の成功と言われている難易度の高いバチスタ手術を100%成功させてきた桐生率いるチー
(日々のつぶやき 2008/02/16 11:39 AM)
チーム・バチスタの栄光
満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:中村義洋 キャスト:竹内結子       阿部寛       吉川晃司       池内博之       玉山鉄二       井川遥       田口浩正       田中直樹   
(★試写会中毒★ 2008/02/16 2:31 PM)
映画「チーム・バチスタの栄光」を観ました!!(2008-05)
映画「チーム・バチスタの栄光」を観ました!!2008年の第5作目です
(馬球1964 2008/02/16 4:48 PM)
やっぱり行き着く先は、ここ。『チーム・バチスタの栄光』
有能な心臓手術チームに起きた連続術中死をめぐり、謎を解き明かす医療ミステリー映画です。
(水曜日のシネマ日記 2008/02/16 5:36 PM)
チーム・バチスタの栄光
まず家電販売店を節電させろ!
(聖なるブログ 闘いうどんを啜れ 2008/02/16 6:06 PM)
映画『チーム・バチスタの栄光』
これでいんだよね。
(頑張る!独身女!! 2008/02/16 9:22 PM)
「チーム・バチスタの栄光」 第2位→第2位
上映スクリーン数: 284 オープニング土日祝興収: 3.8億円2週目土日興収:
(映画コンサルタント日記 2008/02/20 12:49 AM)
チーム・バチスタの栄光
評価☆☆☆ バチスタ手術というとビックコミックで連載されている医龍をまず思い出して、この作品も医龍のような純粋な医療ものの映画かと思っていたんだけど、実はバチスタという手術室の中で起きた密室殺人のトリックを暴いていく医療サスペンスもの。原作は現役の
(豪の気ままな日記 2008/02/21 5:26 PM)
チーム・バチスタの栄光 [監督:中村義洋]
個人的評価:■■■□□□ (最高:■■■■■■、最低:■□□□□□) 昨年「アヒルと鴨のコインロッカー」で、新人監督を対象にした映画制作者協会の賞「新藤兼人賞」の金賞を受賞した中村義洋監督の作品・・・・ということで期待して観に行った。原作は読んでいない。
(自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ 2008/02/21 8:04 PM)
【2008-33】チーム・バチスタの栄光
人気ブログランキングの順位は? 心臓手術のエリート 「チーム・バチスタ」 3件連続 原因不明の手術失敗 容疑者は7人の天才 究極の完全犯罪 犯行現場は半径10センチ 犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。
(ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! 2008/02/24 8:57 PM)
映画『チーム・バチスタの栄光』
 《「チーム・バチスタの栄光」は本格的医療ミステリーです》だって?竹内結子がソフトボールをしてるあのTVスポットを見て、映画を見たい気...
(闘争と逃走の道程 2008/02/28 5:16 AM)
チームバチスタの栄光
★★★  予告編をちらっと観たとき、この映画はマンガ『医龍』のパクリなのだろうか。そして主演の竹内結子はバチスタメンバーなのだろうと、勘違いしてしまった。 確かにバチスタチームを中心にしている点は『医龍』と同じだが、そもそも竹内結子はバチスタメンバー
(ケントのたそがれ劇場 2008/03/01 4:24 PM)
チーム・バチスタの栄光
これちょっと面白そう。 現役医師・海堂尊が書いた、 2006年第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した 300万部を超える同名のベストセラー小説の映画化。 ドラマにもなるそうで。 原作は未読。 DVDで鑑賞。 高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26
(映画、言いたい放題! 2008/09/26 2:19 AM)
「チーム・バチスタの栄光」(日本 2008年)
バチスタ手術失敗の陰に潜むのは事故か? それとも殺人か・・・?! 
(三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 2009/03/04 9:43 PM)
チーム・バチスタの栄光
2008年度 日本作品 120分 東宝配給 STAFF 監督:中村義洋 脚本:斉藤ひろし 蒔田光治 原作:海堂尊『チーム・バチスタの栄光』 CAST 竹内結子 阿部寛 吉川晃司 池内博之 玉山鉄二 井川遥 田中直樹 佐野史郎 原作は読んで、ドラマは飛び飛びですが観てました
(pure's movie review 2009/03/21 1:34 AM)

▲top