映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< パラサイト 半地下の家族 | TOP | クロース >>

ジョジョ・ラビット

ジョジョ・ラビット (2019 ドイツ・アメリカ)

ジョジョ・ラビット(2019)原題   JOJO RABBIT
監督   タイカ・ワイティティ
原作   クリスティーン・ルーネンズ
脚色   タイカ・ワイティティ
撮影   ミハイ・マライメア・Jr
美術   ラ・ヴィンセント
衣装デザイン マイェス・C・ルベオ
編集   トム・イーグルズ
音楽   マイケル・ジアッキノ
出演   ローマン・グリフィン・デイヴィス トーマシン・マッケンジー タイカ・ワイティティ
     レベル・ウィルソン スティーヴン・マーチャント アルフィー・アレン
     アーチー・イェーツ サム・ロックウェル スカーレット・ヨハンソン

第92回(2019年)アカデミー賞脚色賞受賞。作品、助演女優(スカーレット・ヨハンソン)、編集、美術、衣装デザイン賞ノミネート。第44回トロント国際映画祭観客賞



ジョジョはヒトラーユーゲント(ナチス青少年団に憧れ、入隊を希望するも臆病な性格のため雑務しか任されない。そんなある日、屋根裏でユダヤ人少女エルサが囲われていたことに気付く。忌み嫌うべきユダヤ人を前にジョジョは戸惑うも、だんだんエルサに惹かれていく。ヒトラーを"想像上の友達"に持つという設定がユニーク。風刺と戦争の厳しさを無理なく融合させ小さなディテールまで物語に活かした脚本は見事。10歳の子供目線での戦争物語ゆえ、ドイツの敗戦を予期していた大人たちがどういう思いを抱えて死んでいったか、ジョジョの今後も含めて余白が多すぎる作品。人に笑われるのは幸せなことよ。私は美人すぎて...意味わかりません。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

2020.01.17 Friday | 19:03 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2020.02.22 Saturday | 19:03 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top