映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< ルディ・レイ・ムーア | TOP | アイリッシュマン >>

失くした体

失くした体 (2019 フランス)

失くした体(2019)原題   J'AI PERDU MON CORPS
英題   I LOST MY BODY
監督   ジェレミー・クラパン
原作   ギョーム・ローラン
脚色   ジェレミー・クラパン ギョーム・ローラン
音楽   ダン・レヴィ
出演(声) ハキム・ファリス ヴィクトワール・デュボワ パトリック・ダスンサオ

(Netflix)

第92回(2019年)アカデミー賞長編アニメ賞ノミネート



研究所に保管されていた"切断された手"が、研究所を抜け出して元の体の主ナウウェルを探す旅に出る。ナウウェルは両親の死後、ピザの配達人をして暮らしていた。そこで出会った図書館員ガブリエルに淡い恋をして、結局、手が彼のもとから離れてしまういきさつまで語られる。手の旅の場面がなんともシュール。ネズミと格闘したり犬に咥えられたり...赤ちゃんの傍にいき、落とした哺乳瓶をひろって口にくわえさせてあげる場面にほっこり。まるで野良猫のような旅を続ける"手"。この手はナウウェルの心の旅=潜在意識を示しているかのようにみえる。独特の世界観に溢れる作品。大人でも理解しづらい感覚をアニメで綴るのはさすがおフランス。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!
2019.12.26 Thursday | 20:19 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2020.01.20 Monday | 20:19 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top