映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< マリッジ・ストーリー | TOP | ルディ・レイ・ムーア >>

2人のローマ教皇

2人のローマ教皇 (2019 イギリス・イタリア・アルゼンチン・アメリカ)

2人のローマ教皇 (2019)原題   THE TWO POPES
監督   フェルナンド・メイレレス
脚本   アンソニー・マクカーテン
撮影   セザール・シャローン
音楽   ブライス・デスナー
出演   アンソニー・ホプキンス ジョナサン・プライス
     フアン・ミヌヒン シドニー・コール リサンドロ・フィクス
     マリア・ウセド エンマ・ボニーノ

(Netflix 劇場公開あり)

第92回(2019年)アカデミー賞主演男優(ジョナサン・プライス)、助演男優(アンソニー・ホプキンス)、脚色賞ノミネート



2012年、カトリック教会は数々のスキャンダルで批判にさらされていた。不満を抱くベルゴリオ枢機卿はベネディクト教皇に辞任を申し入れるが、教皇はそれを許可せず枢機卿をローマに呼びつける。「教理の番犬」と呼ばれるほど超保守派のベネディクト教皇と進歩派のベルゴリオ枢機卿。考え方が正反対の2人は話しあいに臨むが...。ベネディクト16世の辞任(現職のローマ教皇が719年ぶりに自分の意志で行った辞職)を元にした物語。「変化とは妥協だ」「変わったんです。妥協ではない」このセリフがテーマを象徴している。"2人のローマ教皇"をアンソニー・ホプキンスとジョナサン・プライスが円熟した演技で魅せる。品格に充ちた傑作。
☆☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

 祈りながら喫煙はだめ。喫煙しながら祈るのはよい。何てハイレベルなジョークなんでしょう。

 ベネディクト教皇が「カトリック教会の性的虐待事件」にまともに対応しなかったことも批判されたことのひとつ。事前にアカデミー作品賞受賞作『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)を見ていれば、一層興味深く鑑賞できるだろう。本作もアカデミー賞主要部門を総ナメしてもおかしくないクオリティ高い作品だが、今のところ候補入りすら微妙な状況。『スポットライト〜』が受賞できたのはあくまで"ジャーナリストが主役"の映画だったから。宗教と真正面から向き合った映画はアカデミー賞において敬遠される傾向がある。しかもNetflix配給。前哨戦ではゴールデングローブ賞に4部門(作品、主演男優、助演男優、脚本)ノミネートされているのが目立つ程度。何か受賞すれば流れは変わる?ベルゴリオ枢機卿(現在のフランシスコ教皇)を演じたジョナサン・プライスは受賞に十分値する名演だと思います。

 2020.1.14追記。アカデミー賞3部門ノミネートされました。よかった、よかった!欲をいえば作品賞もノミネートしてほしかったけど宗教的題材、Netflix配給ということもあるからね...。望みうる範囲で最良の結果が出たといってよいでしょう。
2019.12.23 Monday | 21:50 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2020.02.22 Saturday | 21:50 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top