映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< ジョーカー (2019) | TOP | スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け >>

アナと雪の女王2

アナと雪の女王2 (2019 アメリカ)

アナと雪の女王2原題   Frozen II
監督   クリス・バック ジェニファー・リー
脚本   ジェニファー・リー
音楽   クリストフ・ベック
楽曲   ロバート・ロペス クリステン・アンダーソン=ロペス
出演   (声)クリステン・ベル イディナ・メンゼル 
     ジョナサン・グロフ ジョシュ・ギャッド スターリング・K・ブラウン
     エヴァン・レイチェル・ウッド アルフレッド・モリーナ
      
第92回(2019年)アカデミー賞歌曲賞("Into the Unknown")ノミネート



雪と氷を操る力をもつアレンデール王国の女王エルサは妹アナや仲間たちと平穏な日々を過ごしていたが、時折聞こえてくる"不思議な歌声"に悩まされるようになる。ある日、アレクサンダー王国は突然の強風に見舞われ住民は避難を強いられた。エルサはその原因が"不思議な歌声”にあると考え未知の旅に出る。かつて迫害に苦しめられていた北欧の少数民族「サーミ」をモチーフとして神話的要素を織り交ぜた大人向けのお伽話。"ありのまま"だけでは足りない。未知の世界を開拓し自分の本当の居場所を見つけ正しいことをするべきだというメッセージが感じられる。水を通して過去や記憶と繋がることができれば、世の中少しは善くなるのでしょうか?
☆☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



 メガヒット作『アナと雪の女王』の続編。親しみやすかった前作とうって変わって大人向けの物語となっている。楽曲も粒ぞろいで前作を超えるクオリティ。メイン曲"Into the Unknown"は前作の"のLet it go"のキャッチー路線を意識しすぎて食傷気味。あと、"不思議な歌声"が全然不思議じゃなくて...。もう少し神秘的な声つくれなかったのかな?



 昨今、作品、経営方針、ニュースともに残念だらけのディズニー。このアナ雪2作がかろうじてディズニーの良心を(時代にあわせて進化した形で)継承している気がする。それにしてもこれだけクオリティの高い作品宣伝にステマする必要ある?日本のディズニーって自社の"作品本体の力"を信じていないんですね。下品な宣伝は作品を無駄に貶めるだけ。製作者は泣くぞ。
2019.12.14 Saturday | 11:31 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2020.04.05 Sunday | 11:31 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top