映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< バイス | TOP | ある女流作家の罪と罰 >>

COLD WAR あの歌、2つの心

COLD WAR あの歌、2つの心 (ポーランド・イギリス・フランス)

COLD WAR あの歌、2つの心(2018)原題   ZIMNA WOJNA
監督   パヴェウ・パヴリコフスキ
原案   パヴェウ・パヴリコフスキ
脚本   パヴェウ・パヴリコフスキ ヤヌシュ・グロワツキ
撮影   ウカシュ・ジャル
音楽   マルチン・マセッキ
出演   ヨアンナ・クーリク トマシュ・コット アガタ・クレシャ
     ボリス・シィツ ジャンヌ・バリバール セドリック・カーン
     アダム・ヴォロノヴィチ アダム・フェレンツィ アダム・シシュコフスキ

第91回(2018年)アカデミー賞監督、撮影、外国語映画賞ノミネート。第71回カンヌ国際映画祭監督賞。第31回(2018年)ヨーロッパ映画賞作品、監督、女優(ヨアンナ・クーリグ)、脚本、編集賞受賞。男優賞(トマシュ・コット)ノミネート。



1949年、共産主義下のポーランド。音楽舞踏団を率いるヴィクトルはオーデションにやってきたズーラに目を留め、恋に落ちる。ヴィクトルはパリへ亡命し離ればなれとなる。数年後、ズーラが舞踏団公演でパリを訪れ、2人は再会する。88分の上映時間が長く感じる濃密さ。主演ヨアンナ・クーリクの危うげな魅力、鏡ごしにみつめる酒場場面、ポーランドの民族音楽がパリでjazzyに生まれ変わるパフォーマンスなどが印象的。音楽多めだが、モノクロ映像が静謐な雰囲気を醸し出す。典型的なメロドラマで終わりが近づくにつれ展開に無理を感じるも、冗長になりすぎず終わるべき場面できちんとぶった切ってくれたので良し。半世紀前の名作風味。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

2019.06.29 Saturday | 22:55 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2019.10.06 Sunday | 22:55 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top