映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ネイキッド | TOP | 恋するシャンソン >>

ベルヴィル・ランデブー

ベルヴィル・ランデブー (2002 フランス・ベルギー・カナダ)

ベルヴィル・ランデブー(2002)原題   LES TRIPLETTES DE BELLEVILLE
監督   シルヴァン・ショメ
脚本   シルヴァン・ショメ
音楽   ブノワ・シャレスト
出演(声) ジャン=クロード・ドンダ ミシェル・ロバン モニカ・ヴィエガ
     リナ・ブードロー マリ=ルー・ゴーティエ ミシェル・コシュトゥー

第76回(2003年)アカデミー賞歌曲(“The Triplets of Belleville)、長編アニメ賞ノミネート



戦後フランス。孤独な孫を元気づけようと祖母が三輪車をプレゼント。孫は三輪車に夢中になり世界自転車競技の祭典、ツール・ド・フランスに出場するまでになる。レースの途中で事故が起こり、孫はマフィアに連れ去られる。孫の行方を追うため、祖母は愛犬ブルーノとともにベルヴィルに到着。三つ子の老姉妹の助けを得て追跡に挑む。TVで短い映像を見ただけで一目惚れしたアニメ。人物など造形は極端にデフォルメされ、犬から赤ちゃんに至るまで可愛くない。食事はまずそ。"HOLLYFOOD"か。しかしセピア色の夜をメインとした上質な欧風包み紙のような映像は圧巻。ラストはおフランスのエスプリ?レトロ感覚に酔いしれる。音楽も良い。
☆☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



 アカデミー賞ノミネート紹介のときの映像をみて、このテーマ曲にも惚れました。この映像、後ろのほう(映画では序盤の映像ですが)にジャンゴ・ラインハルトやフレッド・アステアも登場します。

スポンサーサイト


2019.01.16 Wednesday | 00:33 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1299

トラックバック

▲top