映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 枯葉 | TOP | 霧の中の風景 >>

攻撃

攻撃 (1956 アメリカ)

攻撃(1956)原題   ATTACK!
監督   ロバート・アルドリッチ
原作   ノーマン・ブルックス "FRAGILE FOX"
脚色   ジェームズ・ポー
撮影   ジョセフ・バイロック
音楽   フランク・デ・ヴォール
タイトルデザイン ソウル・バス
出演   ジャック・パランス エディ・アルバート リー・マーヴィン ロバート・ストラウス
     バディ・イブセン ペーター・ヴァン・アイク リチャード・ジャッケル ウィリアム・スミサーズ

ヴェネチア国際映画祭(1956年)イタリア批評家賞



1944年、第二次世界大戦末期のヨーロッパ戦線。"フラジール・フォックス"隊のC分隊は独軍の砲撃により多くの戦死者を出した。コスタ中尉はその責任がクーニー大尉の失策にあるとしてバートレット大佐に訴えるが、政治的野心をもつ大佐は有力者の息子であるクーニーに便宜をはかり訴えを黙殺。コスタは"今度失敗したら殺す"とクーニーを脅すが...。息のつまる、何ともやるせないサスペンス。無能な上司により人生を変えられる点で胸がつまる思いをする人も多いだろう。アメリカ国防省はこの映画の脚本を読んで一切の強力を拒否。制作中止の勧告をした。ロバート・アルドリッチ監督の反骨精神の結晶。自作で一番のお気に入りだという。
☆☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2019.05.21 Tuesday | 01:44 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1285

トラックバック

▲top