映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 攻撃 | TOP | 永遠と一日 >>

霧の中の風景

霧の中の風景 (1988 ギリシャ・フランス)

霧の中の風景(1988)原題   Τοπίο στην ομίχλη
英題   LANDSCAPE IN THE MIST
監督   テオ・アンゲロプロス
原案   テオ・アンゲロプロス
脚本   テオ・アンゲロプロス トニーノ・グエッラ タナシス・ヴァルニティノス
撮影   ジョルゴス・アルヴァニティス
音楽   エレニ・カラインドロウ
出演   ミカリス・ゼーナ タニア・パライオログウ
     ストラトス・ジョルジョグロウ エヴァ・コタマニドゥ ヴァシリス・コロヴォス

ヴェネチア国際映画祭(1988年)銀獅子賞、ヨーロッパ映画賞(1989年)作品賞



12歳の少女ヴーラと5歳の弟アレクサンドロスは父親を知らない。父はドイツにいるという母の言葉を頼りに金も持たずにアテネから国際列車に飛び乗りドイツを目指す。人生はあてのない旅だということを2人の子供を通して描いた作品。霧の中、あるいは真夜中に2人でとぼとぼと歩く姿、雪が降ってきて立ち止まる人々、海岸から引っ張られてきた巨大な人間の手、映像のひとつひとつが静謐で夢幻のような印象を残す。ラスト、国境をわたりドイツにたどりついた2人。霧がはれて現れたものは...解釈を施すよりも映像を目に焼き付け、感覚にしみこませるべき作品。これぞ映画と呼びたくなる様式美の連続。巨匠テオ・アンゲロプロス監督の代表作。
☆☆☆☆★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2019.01.16 Wednesday | 00:47 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1279

トラックバック

▲top