映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ゲティ家の身代金 | TOP | シルクウッド >>

レディ・バード

レディ・バード (2017 アメリカ)

レディ・バード(2017)原題   LADY BIRD
監督   グレタ・ガーウィグ
脚本   グレタ・ガーウィグ
撮影   サム・レヴィ
音楽   ジョン・ブライオン
出演   シアーシャ・ローナン ローリー・メトカーフ トレイシー・レッツ
     ルーカス・ヘッジズ ティモシー・シャラメ ビーニー・フェルドスタイン
     スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン ロイス・スミス
     オデイア・ラッシュ ジョーダン・ロドリゲス

第90回(2017年)アカデミー賞作品、監督、主演女優(シアーシャ・ローナン)、助演女優(ローリー・メトカーフ)、脚本賞ノミネート



2002年、カリフォルニア州サクラメントで暮らす高校生クリスティン。自分を"レディ・バード"と名乗るイタイ少女が、母親との対立、恋などを経てNYの大学に進学するまでの1年間を描く。女優グレタ・ガーウィグの監督デビュー作。登場人物も上手く描き分けられており、非常に手堅いつくり。350ページあった脚本初稿を凝縮したという。そのためか全体的に窮屈で94分の上映時間が長く感じる。マザー・グース童謡"lady bird, lady bird, fly away home"の飛び立ったイメージは皆無。既成の枠にがっちりはまり込んだ物語で、それが田舎町の閉塞感を示唆しているのならうまくいっているといえるが。
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2018.10.14 Sunday | 11:37 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1273

トラックバック

▲top