映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 | TOP | ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 >>

大統領の陰謀

大統領の陰謀 (1976 アメリカ)

大統領の陰謀(1976)原題   ALL THE PRESIDENT'S MEN
監督   アラン・J・パクラ
原作   カール・バーンスタイン ボブ・ウッドワード 『大統領の陰謀 ニクソンを追いつめた300日』
脚本   ウィリアム・ゴールドマン
撮影   ゴードン・ウィリス
音楽   デヴィッド・シャイア
出演   ダスティン・ホフマン ロバート・レッドフォード ジェイソン・ロバーズ
     ジャック・ウォーデン ハル・ホルブルック マーティン・バルサム
     ネッド・ビーティ スティーヴン・コリンズ メレディス・バクスター
     ジェーン・アレクサンダー ヴァレリー・カーティン ポリー・ホリデイ
     F・マーレイ・エイブラハム ロバート・ウォーデン ペニー・フラー ドミニク・チアニーズ
     リチャード・ハード デヴィッド・アーキン ジョン・マクマーティン リンゼイ・クローズ

第49回(1976年)アカデミー賞助演男優(ジェイソン・ロバーズ)、脚色、美術、音響賞受賞。作品、監督、助演女優(ジェーン・アレクサンダー)、編集賞ノミネート



ウォーターゲート事件を徹底的に取材し、ニクソン大統領を辞任に追い込んだワシントン・ポスト紙の若手記者カール・バーンスタインとボブ・ウッドワードを描いた実話の映画化。地道な取材を積み重ね真相を追求するだけの物語なのに実にスリリング。ニクソンの当選を伝えるTVニュースとその背後でタイプを撃ち続ける記者の映像が作品を象徴している。取材が途方にくれているときはカメラが俯瞰的になる。ウッドワードがディープスロートにはじめて電話した時の霧雨のような気候。夜の街。時折ポロリと鳴り響く音楽。ディープスロートと面会する地下の駐車場。ラストのタイプライター音の響き。映画的魅力にあふれるジャーナリスト映画の金字塔。
☆☆☆☆★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



ウォーターゲート事件。妻や子供や犬や猫がいても許しません。


 長年、謎とされていたディープスロート(喉の奥)。2005年5月、当時FBI副長官だったマーク・フェルドが自分がディープスロートだと名乗りでる。その動機は不明であるが、「生きているうちに功績を認められるべき」と娘ジョアンが父親を説得したといわれている。ただし、娘さん、原稿料をせしめて自分の子供の学資ローンの返済にあてたいと考えていたとか...。ちなみにこの名前の由来は1972年の人気ポルノ映画...。Deep Throat (1972) - Trailer。ディープスロート側からウォーターゲート事件を扱った映画『ザ・シークレットマン』(2017)も制作されている。(この邦題は感心しません。有名な事件を扱っているのに何の映画かさっぱりわからない)

<関連作品>
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 (2017)
フロスト×ニクソン (2008)
ニクソン (1995)

スポンサーサイト


2018.06.13 Wednesday | 10:08 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1265

トラックバック

▲top