映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< まぼろしの市街戦 | TOP | 秋のソナタ >>

戦場にかける橋

戦場にかける橋 (1957 アメリカ)

戦場にかける橋(1957)原題   THE BRIDGE ON THE RIVER KWAI
監督   デヴィッド・リーン
原作   ピエール・ブール 『クワイ河の橋』
脚本   カール・フォアマン マイケル・ウィルソン
撮影   ジャック・ヒルデヤード
音楽   マルコム・アーノルド
出演   アレック・ギネス ウィリアム・ホールデン 早川雪洲
     ジャック・ホーキンス ジェフリー・ホーン ジェームズ・ドナルド
     アンドレ・モレル アン・シアーズ ピーター・ウィリアムズ

第30回(1957年)アカデミー賞作品、監督、主演男優(アレック・ギネス)、脚色、撮影、編集、作曲賞受賞。助演男優賞(早川雪洲)ノミネート



第二大戦下、日本軍捕虜収容所の斎藤大佐は、ビルマとタイを結ぶ鉄道を完成させるため、国境のクワイ河に橋をかける命令を受ける。早速、ニコルソン大佐を隊長とする英国捕虜に労働を命じるが大佐は強い抵抗をしめす。結局、工事現場において英国が主導権を握ることを条件に承諾。橋はなんとか完成する。だが、その頃脱走した米海軍少佐を通して英国軍による橋爆破計画が進められており...。英捕虜たちが利敵行為であることを乗り越えて完成させた橋。同じ英軍が自国の捕虜たちの精神性を否定するかのごとくあっさり爆破。戦争において考え方の違いは簡単に相手の人間性を破壊する。英捕虜たちが口笛で奏でる「クワイ河マーチ」が虚しく響く。
☆☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2018.09.16 Sunday | 00:55 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1259

トラックバック

▲top