映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< スリー・ビルボード | TOP |

第90回(2017年)アカデミー賞

第90回(2017年)アカデミー賞

第90回(2017年)アカデミー賞作品賞「」第90回アカデミー賞trivia
〜セクハラ告発(#MeToo 運動)にゆれるハリウッド〜

2017年10月5日、ニューヨーク・タイムズ誌に掲載されたある記事をきっかけにハリウッドは大混乱に陥った。アカデミー賞にも大きな影響力をもつ大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが過去20年以上にわたってハリウッドの若手女優や社員に対しセクハラを続けていたという内容。記事はアシュレイ・ジャッドの告白ではじまり、ミーティングを装って女優をホテルに呼び出す手口やローズ・マッゴーワンなど最低8人の被害者と示談に応じていたことなどが記されていた。続いて10日、「New Yoker」がワインスタインがセクハラのみならずレイプもしていたことを報道。「New York Times」も続報を出し、グウィネス・パルトロウ、アンジェリーナ・ジョリーなどが被害者として名乗り出た。そのあと、サルマ・ハエック、ケイト・ベッキンセイル、レア・セドゥ、ルピタ・ニョンゴなど数多くの女優が被害者として名乗りを上げる。そのうちのひとり、オスカー女優ミラ・ソルヴィーノは「自分のキャリアが低迷したのは、他の理由もあるだろうけどワインスタインの誘いを断ったからかもしれない」と語った。そのあと、ピーター・ジャクソンが「ロード・オブ・ザ・リング」のキャスティングにあたってワインスタインから「ミラ・ソルヴィーノとアシュレイ・ジャッドには過去酷い目にあった。絶対に使わないように」と通達を受けていたことを告白し、セクハラを断った女優に実際嫌がらせをしていたことが判明。その話を聞いてミラは泣き崩れたという。

ワインスタインは自分の会社であるワインスタイン・カンパニーを解雇、アカデミー会員の資格もはく奪された。だが、これをきっかけにセクハラ被害を訴える流れが加速。名指しでとりあげられた者は、アカデミー賞にからんだことのある人に限ってみてもベン・アフレック、ダスティン・ホフマン、オリヴァー・ストーン、シルヴェスター・スタローン、ポール・ハギス、ジェフリー・ラッシュ、リチャード・ドレイファス...。派手にとりあげられたのは2度のアカデミー賞受賞をほこる性格俳優ケヴィン・スペイシー。ワインスタインの報道があった直後に当時14歳だったアンソニー・ラップに性的暴行を加えようとしたことをラップが告発。スペイシーは事実を認めた。だが、それと同時に自分がゲイであることを告白。"論点ずらし","同性愛者のイメージを悪くした"と非難殺到。かつ同様の告発があいつぎた。スペイシーはリドリー・スコット監督『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド』に出演、その演技は撮影中から絶賛され、配給会社はアカデミー助演男優賞の有力候補としてプッシュする戦略を立てていた。だが、この疑惑を受けてリドリー・スコット監督は代役にクリストファー・プラマーをたててスペイシーの出演場面を全て撮りなおした。また、主演男優賞ノミネート有力とみられていたジェームズ・フランコは彼の映画学校の生徒からセクハラ告発を浴びる。ゴールデン・グローブ賞受賞式の際、"TIME UP”バッチをつけていたため、偽善者と糾弾されたのだ。結局、フランコは候補漏れ。告発はアカデミー賞投票締め切りの直前だったため、告発の影響による落選とは考えにくいが...。(アカデミー会員の大半は用紙が届いたらすぐ投票するといわれている)フランコは危機を感じ、11月ごろから女性たちを探し回り、謝罪の手紙を出して根回しに勤しんでいたらしいデス、ハイ。
一方、ケヴィン・スペイシーの代役クリストファー・プラマーは助演男優賞にノミネートされている。88歳でのノミネートは『タイタニック』(1997年)のグロリア・スチュアート(当時87歳)を抜き史上最高齢での候補入り!ケビン・スペイシーのスキャンダルをうけ、急遽ピンチヒッターに起用された彼は11月20日から11月28日の僅か9日間、1日18時間、22シーンをロンドンとローマで撮影を行ったという。老人虐待!(笑)でも報われて何より。それにしてもプラマーのバリバリ現役感は本当すごい。

ワインスタインへの告発をきっかけに、性暴力被害者が名乗りを上げる #MeToo 運動が盛り上がった。#MeToo運動の矛先は加害者のみならず、運動支持を表明する"自称支援者"にも及んだ。ゴールデン・グローブ賞授賞式で、セクハラや男女不平等に抗議するため、メリル・ストリープら出席者は皆黒いドレスを着る予定と報道されると、ワインスタインへの告発者のひとりローズ・マッゴーワンは「あの豚のために喜んで働いたメリル・ストリープたちが黒いドレスを着るらしい」「あなたたちの沈黙が問題なの。偽善に嫌気がさす」とメリル・ストリープを偽善者呼ばわりした。メリルは"本当に知らなかったの"と反論したが、多くの映画関係者が"業界の人間ならだれでも知っている有名な話"と語っており、一般的にはあまり信用されていない。

ワインスタインの後押しで有名になったベン・アフレックは"知らなかった"と語りワインスタインを批判したが、すぐに嘘がばれ、自身のセクハラまで報道されてしまった。また、好感度俳優だったマット・デイモンも当初、知らなかったと言ったが、"ベン・アフレックから聞いて知っていた"と発言をひるがえし,さらに"ちょっとお尻をさわることと、レイプ、性的いたずらを同一視すべきではない"と語り、大きくイメージダウン。ワインスタインの申し子のようなクエンティン・タランティーノはさすがに嘘はつけず、"(ミラ・ソルビーノと交際していたので)知っていたけど言えなかった"と語っている。タランティーノはユマ・サーマンからも相談されたが、彼はワインスタインの肩をもったことが暴露されている。タランティーノ、今後大丈夫?

#MeToo 運動のさなか、小さいころウディ・アレンから性的虐待を受けたと主張していた養女がはじめてTVに登場し、詳細を語った。そのためウディ・アレンへの疑惑が再燃。過去、アレン映画に出演した俳優(オスカーを受賞したミラ・ソルビーノや監督賞ノミネート、グレタ・ガーウィグ、主演男優賞ノミネート、ティモシー・シャラメらを含む)から「出演を後悔している」発言が相次ぎ、出演でえたギャラを女性の性的被害者や雇用不平等を支援する団体「TIME'S UP」に寄付するという動きがみられた。オプラ・ウィンフリーが「Time’s Up」を立ち上げたリース・ウィザースプーンやナタリー・ポートマンらにインタビュー
ジェームズ・フランコを激しく非難したスカーレット・ヨハンソンは「アレン映画に何本も出ているくせに何いっているの!」と非難され、フランコ同様、TIME'S UPを支援するバッチをつけゴールデングローブ賞授賞式に出席したジャスティン・ティンバーレイクは「アレン映画に出演したくせに」と偽善者扱いされた。アカデミー賞ノミネートは数知れず、かつて"俳優ならだれでも出演したがる"と言われたウディ・アレンですら#MeToo 運動の盛り上がりのなか、その名声は崩れ落ちそうになっている。アレンの新作「Wonder Wheel」に主演したケイト・ウィンスレットは有力候補とみられていたが、前哨戦を含めほぼ完全に無視された。アレン作品であったことが影響したかどうかはわからない。

加害者のみならず、それを支援する発言をしたものまで矛盾を指摘されて偽善者呼ばわり、#MeToo 運動は異様な方向に進みつつある。フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーブなどその行き過ぎを懸念する声も少しずつ増えてきている。(フェミニストで有名なジョディ・フォスターも"相手に反論する機会を与えず、一方的に糾弾する"ことに疑問を唱えている。あまり報道されていませんが)

 アカデミー主演女優賞のプレゼンターは前年の主演男優賞受賞者が行うのが習わしとなっているが、ノミネート発表からわずか2日にして、昨年の主演男優賞受賞ケイシー・アフレックが授賞式を欠席することが明らかになった。アフレックは昨年セクハラ訴訟で示談が成立していたことが報じられていた。そんな彼の受賞は物議をかもし、プレゼンターのブリー・ラーソンが拍手をしなかったことが話題となった。アカデミー事務局は「(辞退するという)判断に感謝する。ショーに集中することができる」とコメントを発表した。まあ、これは予想通り。ノミネート発表からわずか2日後、"彼は出席するのか?”という話題を引きずりたくなかったんでしょう。ただ...事務局が"ありがたく思う"なんて言っちゃだめだと思います。たとえ本音であろうとも。

本年の候補者の中では、主演男優賞最有力候補のゲイリー・オールドマンには15年前の妻との離婚理由がDVであるとの告発がまたしてもなされている。(本人は否定)また、短編アニメ部門にノミネートされている「Dear Basketball」はNBAの元スター選手コービー・ブライアントの手記をもとにした作品だが、ブライアントは2003年のレイプ疑惑がむしかえされている。この2件、結果に大きな影響はなさそう...。

 長編アニメ部門において、日本アニメは4年連続でノミネートを勝ち得てきた。本年も日本から『この世界の片隅に』『メアリと魔女の花』『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』『映画「聲の形」』『劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−』がエントリーされていたが、いずれも候補入りを逃した。過去4年のノミネート作はいずれもスタジオジプリ制作作品で、本年はジプリ作品新作のエントリーがなかったから...?実は本年からアカデミー賞長編アニメ部門の投票ルールが変更されている。アカデミー賞では候補作品を決める段階では監督、俳優、脚本など各部門に属する会員が自分の所属する部門のみに投票し、受賞作はすべての部門に投票できるという方式。候補決めの段階で全会員が投票できるのは作品賞と外国語映画賞のみであった。だが、昨今のアニメ隆盛を受けて、今年から長編アニメ部門においてもノミネートの段階で全会員が投票できるように変更された。この変更は大手スタジオ作品に有利となり、日本アニメのように(全米で)小規模公開作品は不利になると危惧されていた。ただ、候補作を見る限り、投票ルールの変更が影響したかどうかは疑問。ジプリ作品がなかったことのほうが大きい?まあ、アカデミー賞会員はLEGO映画が嫌いなことは確かなようです(^^;。ちなみに短編アニメ部門で候補入りした『Negative Space』でアメリカ人マックス・ポーターとともに、桑畑かほるが受賞対象になっている。またメイクアップ・ヘアスタイリング賞で辻一弘が3度目の候補。「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」で主演男優賞が期待されるゲイリー・オールドマンの特殊メイクを手掛けているため、今回は受賞が有力視されている。

 この記事はあくまでその年のアカデミー賞のまとめを目的としており、セクハラ問題の是非を語るつもりはありません。それでもあえて記載したのはこの問題が"今後の映画の評価"に影響する可能性が考えられるから。今後,製作者や監督、俳優らの"資質"も"映画の評価"の対象となってしまうのか?(これまでのアカデミー賞はそれらは芸術の評価とは関係ないという姿勢を比較的示していた)近年、"ネット炎上が映画の評価をおかしくしている"という指摘がみられるが、今回の騒動はその傾向に油をそそぐのではないか?映画の評価基準が変わるということは、結局アカデミー賞の結果にも影響するということです。上記のとおり今回第90回(2017年)の結果に大きく影響するとは思いませんが、その後は...?この記事は個人的メモの意味もありいったん暫定的にアップロードしています。受賞結果が発表され、ひと段落するまでこの記事は常に編集・更新予定

 大量ノミネート作品
13部門 「シェイプ・オブ・ウォーター」
8部門 「ダンケルク」
6部門7ノミネート 「スリー・ビルボード」
6部門 「ファントム・スレッド」、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
5部門 「レディ・バード」
4部門 「ゲット・アウト」、「マッドバウンド 哀しき友情」、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」、「ブレードランナー 2049」



 現時点での下馬評
作品賞 「シェイプ・オブ・ウォーター」VS「スリー・ビルボード」か?2作ともFOX SEARCHLIGHT配給。どっちを推すの?贅沢な悩みです。ただし、2作ともさほど勢いがあるといえず、今のところ"本命なし"とみるのが妥当。不気味なのはサプライズ大躍進の「ファントム・スレッド」。
 「スリー・ビルボード」見ましたが、これに作品賞与える?物語を面白くしようと不自然なまでに事件を次々おこす。設定のみで勝負。社会派映画なんかじゃないです。TVドラマっぽいノリの娯楽映画。監督賞ノミネート漏れも納得。「ゲット・アウト」のほうがずっとスマートで良い出来だった。「シェイプ・オブ・ウォーター」に期待!
監督賞 「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロ が本命。クリストファー・ノーランはようやく監督賞初ノミネートとなったが受賞までの勢いはなさそ。
主演男優賞 ゲイリー・オールドマンが大本命。ただし、彼には昔、妻との離婚理由がDVだと噂があって...(本人は否定)。
 予想通り、彼の3番目の妻ドーニャ・フィオレンティーノが彼のDVを告発しました。離婚申請の際、お互い相手がアルコール&ドラッグ中毒と主張し、裁判の末、子供の親権はオールドマンにわたっている。15年前のことで影響は....?
主演女優賞 フランシス・マクドーマンドが本命。でも2度目だしね。スピーチもうざそ。 個人的にはサリー・ホーキンスにとってほしい。
助演男優賞 前哨戦において前半はウィレム・デフォーが圧勝だったが、後半に入りゴールデン・グローブ賞、俳優組合賞などの大きな賞でサム・ロックウェルが勝利。出演作の力を借りて逆転してしまった印象。(どう見ても主演なんですが...)個人的にはハリウッド大作からインディペント映画まで幅広く出演を続けるウィレム・デフォーにとってほしい。悪役顔の彼がいい人の役をするとギャップがなかなか良い感じ。
助演女優賞 こちらも前哨戦前半はローリー・メトカーフが優勢だったが、後半に入りアリソン・ジャニーが逆転。このまま突っ走りそう。2人ともエミー賞など多くの受賞歴をほこる大ベテラン、映画にも多数出演しているがアカデミー賞は初ノミネート。気になるのはレスリー・マンヴィル。「家族の庭」はよかったなあ。彼女も初ノミネート。初々しさゼロ...。

 「スリー・ビルボード」みて、フランシス・マクド―マンドもサム・ロックウェルもそんなに良いと思わなかった。演技をじっくり見せるようなつくりじゃなかったしね。受賞するのかな...。と思ったら英国アカデミー賞で「スリー・ビルボード」5部門受賞。really?まあ、ここ数年、英国アカデミー賞よりは米国アカデミー賞のほうがまっとうな結果が出てますけどね....。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

第90回(2017年)アカデミー賞ノミネート一覧



※ こっちのほうが豪華キャストで候補者が出席すれば視聴率とれそ...。

※ ★マークは受賞作品。リンクは当サイト記事もしくはamazon

作品賞
   「君の名前で僕を呼んで」
   「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
   「ダンケルク
   「ゲット・アウト
   「レディ・バード」
   「ファントム・スレッド」
   「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
   「シェイプ・オブ・ウォーター」
   「スリー・ビルボード

主演男優賞
   ティモシー・シャラメ 「君の名前で僕を呼んで」
   ダニエル・デイ=ルイス 「ファントム・スレッド」
   ダニエル・カルーヤ 「ゲット・アウト」
   ゲイリー・オールドマン 「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
   デンゼル・ワシントン 「Roman J. Israel, Esq.」

主演女優賞
   サリー・ホーキンス 「シェイプ・オブ・ウォーター」
   フランシス・マクドーマンド 「スリー・ビルボード」
   マーゴット・ロビー 「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
   シアーシャ・ローナン 「レディ・バード」
   メリル・ストリープ 「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

助演男優賞
   ウィレム・デフォー 「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」
   ウッディ・ハレルソン 「スリー・ビルボード」
   リチャード・ジェンキンス 「シェイプ・オブ・ウォーター」
   クリストファー・プラマー 「All the Money in the World」
   サム・ロックウェル 「スリー・ビルボード」

助演女優賞
   メアリー・J・ブライジ 「マッドバウンド 哀しき友情」
   アリソン・ジャニー 「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
   レスリー・マンヴィル 「ファントム・スレッド」
   ローリー・メトカーフ 「レディ・バード」
   オクタヴィア・スペンサー 「シェイプ・オブ・ウォーター」

監督賞
   クリストファー・ノーラン 「ダンケルク」
   ジョーダン・ピール 「ゲット・アウト」
   グレタ・ガーウィグ 「レディ・バード」
   ポール・トーマス・アンダーソン 「ファントム・スレッド」
   ギレルモ・デル・トロ 「シェイプ・オブ・ウォーター」

オリジナル脚本賞
   「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」
   「ゲット・アウト」
   「レディ・バード」
   「シェイプ・オブ・ウォーター」
   「スリー・ビルボード」

脚色賞
   「君の名前で僕を呼んで」
   「The Disaster Artist」
   「LOGAN ローガン
   「モリーズ・ゲーム」
   「マッドバウンド 哀しき友情」

撮影賞
   「ブレードランナー 2049
   「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
   「ダンケルク」
   「マッドバウンド 哀しき友情」
   「シェイプ・オブ・ウォーター」

美術賞
   「美女と野獣」
   「ブレードランナー 2049」
   「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
   「ダンケルク」
   「シェイプ・オブ・ウォーター」

音響賞(録音賞)
   「ベイビー・ドライバー」
   「ブレードランナー 2049」
   「ダンケルク」
   「シェイプ・オブ・ウォーター」
   「スター・ウォーズ/最後のジェダイ

編集賞
   「ベイビー・ドライバー」
   「ダンケルク」
   「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」
   「シェイプ・オブ・ウォーター」
   「スリー・ビルボード」

作曲賞
   「ダンケルク」
   「ファントム・スレッド」
   「シェイプ・オブ・ウォーター」
   「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
   「スリー・ビルボード」」

歌曲賞
   "Mighty River" (マッドバウンド 哀しき友情)
   "Mystery of Love" (君の名前で僕を呼んで)
   "Remember Me" (リメンバー・ミー)
   "Stand Up for Something" (Marshall)
   "This Is Me" (グレイテスト・ショーマン)

衣装デザイン賞
   「美女と野獣
   「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
   「ファントム・スレッド」
   「シェイプ・オブ・ウォーター」
   「Victoria and Abdul」

メイクアップ&ヘアスタイリング賞
   「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
   「Victoria and Abdul」
   「Wonder」

視覚効果賞
   「ブレードランナー 2049」
   「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
   「キングコング 髑髏島の巨神
   「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」
   「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

音響編集賞
   「ベイビー・ドライバー」
   「ブレードランナー 2049」
   「ダンケルク」
   「シェイプ・オブ・ウォーター」
   「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」

短編賞
   「DEAR BASKETBALL」
   「ガーデンパーティー」
   「LOU」
   「NEGATIVE SPACE」
   「REVOLTING RHYMES」

ショートショート フィルムフェスティバル & アジア channel


<実写>
   「DeKalb Elementary」
   「The Eleven O'Clock」
   「My Nephew Emmett」
   「The Silent Child」
   「Watu Wote/All of us」

ドキュメンタリー映画賞
<短編>
   「Edith+Eddie」
   「Heaven Is a Traffic Jam on the 405」
   「ヘロイン×ヒロイン」
   「Knife Skills」
   「Traffic Stop」

<長編>
   「Abacus: Small Enough to Jail」
   「Faces Places」
   「イカロス」
   「アレッポ 最後の男たち」
   「ストロング・アイランド」

外国語映画賞
   「ナチュラルウーマン」 (チリ)
   「The Insult」 (レバノン)
   「ラブレス」 (ロシア)
   「心と体と」 (ハンガリー)
   「ザ・スクエア 思いやりの聖域」 (スウェーデン)

長編アニメ賞
   「ボス・ベイビー」
   「The Breadwinner」
   「リメンバー・ミー」
   「Ferdinand」
   「ゴッホ 最期の手紙」

名誉賞
   ドナルド・サザーランド
   アニエス・ヴァルダ
   チャールズ・ブルネット
   オーウェン・ロイズマン
2018.02.02 Friday | 00:22 | アカデミー賞の軌跡 | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2018.02.24 Saturday | 00:22 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top