映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 眺めのいい部屋 | TOP | 真夜中のパーティー >>

ラストエンペラー

ラストエンペラー (1987 イタリア・イギリス・中国)

ラストエンペラー(1987)原題   THE LAST EMPEROR
監督   ベルナルド・ベルトルッチ
脚本   ベルナルド・ベルトルッチ マーク・ペプロー エンツォ・ウンガリ
撮影   ヴィットリオ・ストラーロ
音楽   坂本龍一 デヴィッド・バーン スー・ソン
出演   ジョン・ローン ジョアン・チェン ピーター・オトゥール
     坂本龍一 デニス・ダン ヴィクター・ウォン 高松英郎
     マギー・ハン リック・ヤン ヴィヴィアン・ウー
     ケイリー=ヒロユキ・タガワ リサ・ルー

第60回(1987年)アカデミー賞作品、監督、脚色、撮影、編集、作曲、美術、衣装デザイン、音響賞受賞



清朝最後の皇帝、のちに満州国皇帝となった愛新覚羅溥儀の数奇な生涯を描いた作品。外国に対して初めて許可が下りた紫禁城の中、溥儀3歳での即位式の映像が目を見張る。溥儀は" 紫禁城の中では皇帝である"状態から脱出を試み、やがて国家の改革を志して自発的に満州国皇帝となるも、結果として常に利用されてきた。傀儡的な主役よりも英国人家庭教師レジナルド・ジョンストンやアヘンに溺れていく皇后婉容のほうが印象に残る皮肉。名匠ヴィットリオ・ストラーロ撮影による色彩、光のまぶし方が美しい。耽美的映像が、主人公の孤独感、"前に進めないもどかしさ"がもたらす空虚な心を呑み込んでしまっている。物語より映像を堪能すべき作品。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2018.06.24 Sunday | 22:43 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1236

トラックバック

▲top