映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< レミーのおいしいレストラン | TOP | This is BOSSA NOVA ディス・イズ・ボサノヴァ >>

リトル・チルドレン

リトル・チルドレン(2006 アメリカ)

「リトル・チルドレン」公式サイトにリンク原題   LITTLE CHILDREN  
監督   トッド・フィールド   
原作   トム・ペロッタ 『Little Children』 
脚色   トッド・フィールド トム・ペロッタ     
撮影   アントニオ・カルヴァッシュ                  
音楽   トーマス・ニューマン               
出演   ケイト・ウィンスレット パトリック・ウィルソン
      ジェニファー・コネリー ジャッキー・アール・ヘイリー

第79回(2006年)アカデミー賞主演女優(ケイト・ウィンスレット)、助演男優(ジャッキー・アール・ヘイリー)、脚色賞ノミネート。


俳優出身のトッド・フィールドの映画初監督作品『イン・ザ・ベッドルーム』(2001)は全編にわたって緊迫感がみなぎる傑作だった。第74回(2001年)のアカデミー賞でも作品賞など5部門にノミネート。主演シシー・スペイセクの演技は特に絶賛された。そのトッド・フィールドの5年ぶりの監督作品が、この映画『リトル・チルドレン』。トム・ペロッタのベストセラー小説の映画化で、作者自身脚色に参加している。『イン・ザ〜』では中年夫婦の危機を描いたが、この『リトル・チルドレン』は"まだ人生のやり直しがきく"年齢である2人の男女を中心に、自分の居場所を探し続ける人々の心模様を綴っていく。



〜物語〜
アメリカのボストン郊外の住宅街ウッドワード・コート。サラ・ピアース(ケイト・ウィンスレット)は、企業ブランディングの会社で成功した夫のリチャード(グレッグ・エデルマン)と3歳の娘ルーシー(セイディー・ゴールドスタイン)とともに引っ越してきた。娘を連れて「公園デビュー」に挑むが、”郊外の典型的主婦集団”となかなか打ち解けることができない。彼女たちの関心はひそかに"プロム・キング" (高校の卒業パーティーであるプロムのキングに選ばれそうな男性)と呼ぶ若い男性。彼はブラッド(パトリック・ウィルソン)といい、司法試験合格を目指して勉強中。家計はドキュメンタリー映像作家キャシー(ジェニファー・コネリー)にまかせっきりで主夫状態だった。サラは”典型的主婦集団”を驚かすため、公園に現れたブラッドとハグをしてキスを交わす。そのことがきっかけで、2人はお互いの存在が気になるようになる。そんな中、性犯罪で服役していたロニー(ジャッキー・アール・ヘイリー)の釈放され、街の話題を独占する。ブラッドの友人である元警官ラリー(ノア・エメリッヒ)は子どもたちを守るためにロニーを糾弾するビラを街中に撒いていた。

映画の中で有閑マダムたちがフローベールの名作『ボヴァリー夫人 』を語りあう場面が出てくる。"郊外の典型的主婦"は主人公にまゆをひそめる。そのとき、サラは「今と違った人生への渇望を描いているのよ」と自分自身とボヴァリー夫人を重ね合わせるように叫び、周りをひかせてしまう。このセリフこそがこの作品の表向きのテーマである。誰でも「もしあのときこうしていれば、今頃は別の人生を送っているかも」という思いを抱えて生きている。若者は「後悔するような生き方はしたくない」と往々にして熱弁をふるうが、多かれ少なかれ人生において後悔しない人はいないだろう。

専業主婦と主夫の不倫 − 一歩間違えれば、昼メロワールド一直線のストーリー。その危機を救っているのは主演2人の確かな演技である。ケイト・ウィンスレットはキャリア最高といってもいいほどの繊細な演技を見せる。
この作品でのケイトはほとんど笑顔を見せないのだが、それでも今までのどの出演作より美しい。外面的なものではなく、まさに内面からこみ上げてくる美しさだ。日本では『オペラ座の怪人』のラウル役で有名なパトリック・ウィルソン。ウィルソンはもともとは舞台俳優であり、トニー賞ノミネート経験もある実力派。"プロム・キング"ブラッドは下手な役者がオーバーアクトで演じたら、ただのヒモ・バカ男にしか見えないであろう役。ウィルソンの、絶妙なさじ加減の演技は役柄に微妙な陰影を見事に醸し出している。とはいってもこの映画の裏の主役は、釈放されたばかりの元性犯罪者ロニーと、そのロニーを執拗に糾弾し続けるラリーだろう。
この2人の役は極端な話、カットしたとしても、物語は昼メロ御用達不倫ドラマとして十分に成り立つ。不必要な役をあえて盛り込んだのはこの2人の役が映画の本当のテーマを内包しているからだ。

"過去は変えられない。未来は変えられる"
映画ラストのモノローグはそう語る。このラストはややご都合主義のキライもあるが、結局は誰も未来を変え切れていない。過去に引きづられずに未来を変えることは口にするよりはるかに難しいのだ。若い2人と違って、ロニーとラリーはちょっとやそっとじゃ封じ込められない過去を抱えて生きている。ロニーは釈放後、幼児たちでいっぱいのプールに飛び込む。"元性犯罪者"の存在に気づいた親たちはあわてて子供をプールから外に抱えだす。ロニーだけがプールで泳ぎ続けている。やがて、ロニーは警察に呼ばれ、プールから追い出される。
「ただ涼みたかっただけなんだ!」
ロニーは叫ぶ。確かに彼は泳いでいただけ。他に何もしていない。"元性犯罪者"ロニーの、真の社会復帰への道のりがはてしなく遠いことを残酷なまでに暗示する。

その彼を必要以上に糾弾し続けるのが、元警察官のラリー。彼を追放することを訴えるビラを街中にばらまき、ロニーの自宅にはまるで高校生のように「EVIL(悪魔)」とスプレーで落書きまでする。映画が進むにつれてラリーの行動は自分の消しがたい過去の過ちの反動であったことがわかってくる。サリーとブラッドの不倫なら、ひとときの過ちとして片付けてしまうことも可能だろう。だが、ラリーやロニーにとって、過去はもちろん未来を変えることはもっと難しい。この"簡単に未来を変えることができない"人々の苦しみを描くことが、この映画の本当のテーマではないかと個人的には思う。「EVIL」と書かれた落書きを必死で消すロニーの母メイ(フィリス・サマーヴィル)の姿が心を打つ。たとえ自分の子供が性犯罪者のレッテルを貼られようが、大スターになろうが、親にとってはただの"自分の子"にすぎないのだ。

この映画の最大の話題はかつての子役スター、ジャッキー・アール・ヘイリーの奇跡的なカムバック。「がんばれ!ベアーズ」の名子役も「ネメシス」(1992)以降、出演作がとぎれ、俳優業を離れピザの配達、リムジンの運転手などをして生計を立てていた。知り合いの映画編集者にピザを届けるようなこともしょっちゅうだったという。ショーン・ペンの推薦で『オール・ザ・キングスメン』で銀幕に復帰。当作でも共演したケイト・ウィンスレットの強力なプッシュも効き、この大役を獲得。トッド・フィールド監督が「この役に共感する?」と尋ねたときジャッキーは泣き出してしまったという。出演時間もセリフもそれほど多くない。だが、ジャッキーの自分の人生を重ねた演技は圧倒的な存在感を放ち、主演2人をもかすませてしまうほどだ。ジャッキーは「ウィンスレットにはとても感謝している。今までの人生にはいろいろあったが、ロニー役を演じて俳優が一番自分のやりたい仕事であることに改めて気づいた。今45歳だが、残りの人生は俳優を続けていくことを決心した」と語っている。ジャッキーは、このロニー役の演技で第79回(2007年)アカデミー賞助演男優賞ノミネートを受けている。この映画の登場人物たちとは違い、ジャッキーは”自分探しの闘い”をひたすら続け、そして勝った。

映画『リトル・チルドレン』は見終わった後、もやもやとした、すっきりしない余韻を観客に残す。それはまさに自分の心の奥底にひそむ「別の人生への渇望」に気づかされたからに他ならない。これを「大人になりきれない」と称するのは、少し違和感を覚える。「別の人生への渇望」は、死ぬまで抱え続ける感情であるはずだから。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!


2007.07.29 Sunday | 00:15 | 映画 | comments(6) | trackbacks(33) |

スポンサーサイト


2019.09.05 Thursday | 00:15 | - | - | - |

コメント

こんばんは☆ジャッキーアールヘイリーがすごく良かったですね。
がんばれベアーズは観てないんですよ〜。
子役だったんですよね、
なかなか良い映画でした☆
2007/07/31 8:07 PM by mig
migさん、こんばんわ!

ベアーズは僕も観てません(^^;

でも10年以上映画から遠ざかって
復帰したとたんオスカーノミネートってかっこいいですね。
この映画観てから3日くらいたちますが、ジャッキーの演技以外の記憶が
おぼろげになるくらい、存在感ありました。
役になりきっていたし、単なる演技を超えた何かがあるんですよね。
2007/07/31 11:37 PM by moviepad
こんばんは。わたしも「ボヴァリー夫人」のシーンがこの映画のエッセンスの部分だと思いました。
チラシの言葉を見ると、なんか明るいラストのように聞こえますが、現実はそう割り切れるものではないのかなと感じます。
2007/08/17 12:51 AM by カオリ
カオリさん、こんばんわ

この映画、大人になりきれない人々を描いた作品としてとらえられてますよね。
タイトルも『リトル・チルドレン』だし(笑)
「他の人生への渇望」をもつことが大人になりきれないってことなんでしょうか。
これは誰でもあると思うんですけどね。
むしろトシをとればとるほど(^^:
2007/08/17 1:34 AM by moviepad
こんばんは!moviepadさん☆
初めてこの作品で、私と同じように感じられた方を見つけた気分です。
>もやもやとした、すっきりしない余韻(中略)〜それはまさに自分の心の奥底にひそむ「別の人生への渇望」に気づかされたからに他ならない
>これを「大人になりきれない」と称するのは、少し違和感を覚える。
>「別の人生への渇望」は、死ぬまで抱え続ける感情であるはずだから。
この最後の言葉、本当にそう思います。
実を言うと、これを見終わった後、友達も同じように感じたらしく、二人でこの話をしたのです☆
本当、「自分の人生、これでいいはずだ」とは誰も考えないと思います。
2007/09/16 2:29 AM by とらねこ
とらねこさん、こんにちわ!

はい、僕もとらねこさんの記事を読んで同じ感想をもちました。
「別の人生への渇望」は誰でもあることで、
それを「大人になりきれない」と切り捨てて解釈するのは
この作品のテーマとはむしろ真逆なのでは、と思ったりします。

ひとつの物語として完結していない、むしろ未完成であることが魅力の映画で、
登場人物4人の今後がとても気になります。
ロニーとラリーはもちろんですが、
サラとブラッドだってそう簡単に元の木阿弥には戻らないでしょう。
いつか、また同じような感情にとらわれる日が出てくるはず...。
2007/09/16 2:36 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/120

トラックバック

リトル・チルドレン
♪あのころの未来に僕らは立っているのかなぁ♪ (by SMAP )
(ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! 2007/07/29 8:58 AM)
リトル・チルドレン(ケイト・ウィンスレット:主演)
「リトル・チルドレン(ケイト・ウィンスレット:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「トム・...
(ブログで情報収集!Blog-Headline/enjoy 2007/07/31 11:11 AM)
リトル・チルドレン /Little Children
                                                        {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} トム・ペロッタ原作のベストセラー小説を自らの脚色で映画化し
(我想一個人映画美的女人blog 2007/07/31 8:09 PM)
『リトル・チルドレン』
(原題:Little Children) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----この映画、ジャッキー・アール・ヘイリーがカムバックを遂げた作品だよね。 確か、各映画賞で助演男優
(ラムの大通り 2007/08/01 12:45 AM)
「リトル・チルドレン」
7月28日より公開される映画「リトル・チルドレン」の試写。原作はトム・ペロッタ、監督はトッド・フィールド。脚本はトッド・フィールド、トム・ペロッタ。出演はケイト・ウィンスレット 、パトリック・ウィルソン 、ジェニファー・コネリー 、ジャッキー・アール・ヘイ
(やまたくの音吐朗々Diary 2007/08/01 9:58 PM)
感想/リトル・チルドレン(試写)
大人になれない大人たち。は愚かですか? 『リトル・チルドレン』7月28日公開。夫と娘と、不自由のない暮しをするサラ。美人妻と愛息を持つブラッド。子供を連れて公園で出逢った2人は、やがて惹かれあう。成熟した大人でありながらも、子供のように何かを求めてしまう
(APRIL FOOLS 2007/08/01 11:54 PM)
リトル・チルドレン
 アメリカ  ドラマ&コメディ  監督:トッド・フィールド  出演:ケイト・ウィンスレット      パトリック・ウィルソン      ジェニファー・コネリー      ジャッキー・アール・ヘイリー 【物語】 アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッ
(江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 2007/08/05 12:43 AM)
リトル・チルドレン
満たされない想いを抱えたまま、さ迷う大人たち。 本当の自分の居場所を探し当てた時、そこでやっと蝶の如く空へ羽ばたける・・・
(シャーロットの涙 2007/08/05 9:22 AM)
「リトル・チルドレン」
「Little Children」2006 USA 「イン・ザ・ベッドルーム/2001」の脚本家であり監督のトッド・フィールドが、同じく監督、脚本を担当した“大人になれない大人”のメロ・ドラマ。 主演の3人は「ネバーランド/2004」「ホリデイ/2006」のケイト・ウインスレットと「
(ヨーロッパ映画を観よう! 2007/08/10 12:04 AM)
『リトル・チルドレン』
予告編をさんざん劇場で観せられたので、「観とかなきゃ...」の一本になりました。今年はケイト・ウィンスレットよく登場しますねぇ。
(映像と音は言葉にできないけれど 2007/08/10 6:26 AM)
リトル・チルドレン
郊外に暮らすサラは、夫との生活にも育児にも疲れ、退屈な毎日を送っていた。ある日サラは娘を公園で遊ばせている時、場違いな雰囲気を持った子連れの男ブラッドと出会う。彼との出会いに今まで感じたことの無い刺激を覚えたサラは、子守のついでを装って彼と毎日のよ
(5125年映画の旅 2007/08/12 7:42 AM)
リトル・チルドレン Little children
Please be good boy■ストーリー郊外に住む主婦のサラは、幸せながらも退屈な日常を送っていた。そんなある日、近所の公園で子連れの主夫ブラッドと知り合いになる。やがて二人は惹かれあい、気持ちを抑えられなくなっていく。元性犯罪者のロニーが釈放され、街では住居
(シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー 2007/08/13 7:29 PM)
「 リトル・チルドレン/ LITTLE CHILDREN (2007) 」
【リトル・チルドレン 】 7月28日(土) 公開 監督・脚本・制作 : トッド・フィールド 出演 : ケイト・ウィンス
(MoonDreamWorks★Fc2 2007/08/15 12:33 AM)
熱いやかんに触れた子供たち。『リトル・チルドレン』
アメリカのボストン郊外にある閑静な住宅街ウッドワード・コートに住む人々の物語です。
(水曜日のシネマ日記 2007/08/16 10:06 PM)
ケイト・ウィンスレットの「リトル・チルドレン」を観た!
朝日新聞夕刊(8月15日)の第一面に載っている記事に引き込まれました。1977年に放送されたTBS「岸辺のアルバム」の製作秘話です。原作者で脚本家の山田太一や、製作にかかわったTBSのプロディユーサー、ディレクターの談話を記事にしたものです。「夫は忙しく妻と口も
(とんとん・にっき 2007/08/16 10:32 PM)
リトル・チルドレン(06・米)
閑静な高級住宅街。子どもを公園で遊ばせているマダムたちの輪の中に入ることを嫌悪しているサラ(ケイト・ウインスレット)は、司法試験勉強中の主夫ブラッド(パトリック・ウィルソン)と出会う。お互い、子どもの育児に追われる日常から逃れられないことに不満な2人
(no movie no life 2007/08/17 1:15 AM)
映画「リトル・チルドレン
 やっと休みになって、午前中に映画を見た。「リトル・チルドレン」だ。 それから、日常生活を保つためのいろいろなことをしながら、 「何をもって大人というのかな?」なんて考える。  カレーを煮込むという、本当に現実的な家事をしながら、 登場人物たちが、
(don't worry!な毎日 2007/08/17 4:54 PM)
リトル・チルドレン
 『今の自分を愛せたら、 未来はきっと変えられる 心の中で、大人と子供が揺れている。幸せ探しの物語』  コチラの「リトル・チルドレン」は、トム・ペロッタのベストセラー小説を自ら脚色した脚本を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化
(☆彡映画鑑賞日記☆彡 2007/08/19 9:42 PM)
リトル・チルドレン
リトル・チルドレンLittle Children(2006年/アメリカ/トッド・フィールド監督/公式サイト)ある郊外の町に引っ越してきたサラは、公園での主婦たちの平凡な会話に飽き飽きしている。主婦たちが「プロム・キン...
(辛口だけれど映画が好きです 2007/08/22 7:42 AM)
リトル・チルドレン
前々からすごく楽しみにしていた作品を早チケでレディースデイの席取りをして万全の体勢で映画館に行きました。超満員だったので席の確保しておいてよかったぁ〜! 郊外の街に住む主婦サラは、いつも娘を遊ばせに来る公園での主婦付き合いに飽き飽きしていた。そんな
(Alice in Wonderland 2007/08/23 3:27 PM)
リトル・チルドレン 2007-46
「リトル・チルドレン」を観てきました〜♪ 閑静な住宅地に住むサラ(ケイト・ウィンスレット)は、娘を遊ばせる公園での主婦付き合いに飽き飽きしていた。ある日、司法試験合格を目指すブラッド(パトリック・ウィルソン)が息子を連れて公園にやってくる。お互いに
(観たよ〜ん〜 2007/08/29 8:01 PM)
映画『リトル・チルドレン』を観て
60.リトル・チルドレン■原題:LittleChildren■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:137分■鑑賞日:8月12日、ル・シネマ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:トッド・フィールド□原作・脚本:トム・ペロッタ□製作:ア
(KINTYRE’SDIARY 2007/08/31 7:22 AM)
リトル・チルドレン
夏の終わりにオトナの映画を観た...。オトナになれない大人達の物語。 ちょっと前に観たけど”塩漬け”になっていて、やっとupです。 ツタヤで『がんばれベアーズ!』が空くのを待っていたら、9月になってしまいました...
(描きたいアレコレ・やや甘口 2007/09/10 4:35 PM)
リトル・チルドレン
 標題の意味は主人公二人の子供たちにかけて、この大人たちもまだまだ子供だといいたいのでしょう。  しかしながら、男であろうが女であろうが誰だって(?)結婚して子供ができても、大なり小なりすてきな恋愛に
(シネクリシェ 2007/09/14 6:08 AM)
#118.リトル・チルドレン
痛々しいほどリアルな人物描写が、ズキズキ来る。人物描写をどこまでも的確に、等身大に、ずるいところも、成長できていない部分も、欠けている部分も・・・。あからさま、とすら言えるほどのこの写実的な描き方は、ひたすら胸をエグる。 ネタバレの感想です。
(レザボアCATs 2007/09/16 2:30 AM)
愛を求める大人たち、情に気付く子供たち●リトル・チルドレン
ビールと恋愛は、最初が一番美味しい。 ただし、飲み干した旨さと、一緒に過ごした味わいは、何物にも変え難い。 『Little Children』 アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コート。 成功したビジネ
(Prism Viewpoints 2007/10/01 2:16 AM)
リトル・チルドレン“大人になれない大人たち”
  ケイト・ウィンスレットが脱いだ!なんていうのはちょっと大げさなのかも・・・・・。 彼女がこういう役を演じるのは「えぇ〜〜!」って感じだった。私個人の印象は上品なイメージだったし・・・・。かなり濡れ場も多いです。結構かな?でも体当たりに演じているケ
(銅版画制作の日々 2007/10/07 8:11 PM)
リトル・チルドレン−(映画:2007年133本目)−
監督:トッド・フィールド    出演:ケイト・ウィンスレット、パトリック・ウィルソン、ジェニファー・コネリー、ジャッキー・アール・ヘイリー 評価:83点 公式サイト (ネタバレあります) リトル・チルドレン=大人になりきれない大人達、の物語。
(デコ親父はいつも減量中 2007/11/29 1:22 AM)
リトル・チルドレン
 正直言って身につまされる話でした。自分にも重くのしかかってきます。
(eclipse的な独り言 2008/01/02 5:46 PM)
『リトル・チルドレン』'06・米
あらすじ郊外の住宅地で夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、その生活にうんざりしていた。ある日、彼女は主婦たちの憧れの的であるトッド(パトリック・ウィルソン)と話をする機会を得る。主夫である彼とサラは意気投合し、お互いの子どもを連れて会うよ
(虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ 2008/02/23 1:55 PM)
リトル・チルドレン
レンタルで鑑賞―【story】郊外の住宅地で夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、その生活にうんざりしていた。ある日、彼女は主婦たちの憧れの的であるブラッド(パトリック・ウィルソン)と話す機会を得る。主夫である彼とサラは意気投合し、お互いの子ど
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2008/03/24 9:27 AM)
映画『リトル・チルドレン』
原題:Little Children 公園デビューを無事果たしたプロム・クイーン、プロム・キングとのハグ&キスは空虚な思いの隙間を埋め、行き着くとこまで突き進むに十分な出来事?・・ 特に美人というわけではないサラ(ケイト・ウィンスレット)だけど、裕福な家庭
(茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 2008/07/25 1:33 AM)
リトル・チルドレン
 大人の顔をした、小さな子供たち    
(悠雅的生活 2008/07/29 10:00 PM)

▲top