映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 牯嶺街少年殺人事件 | TOP | 魅惑の巴里 >>

恐怖の報酬

恐怖の報酬 (1953 フランス・イタリア)

恐怖の報酬(1953)原題   LE SALAIRE DE LA PEUR
監督   アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
原作   ジョルジュ・アルノー
脚本   アンリ=ジョルジュ・クルーゾー ジェローム・ジェロミニ
撮影   アルマン・ティラール
音楽   ジョルジュ・オーリック
出演   イヴ・モンタン シャルル・ヴァネル
     ペーター・ヴァン・アイク フォルコ・ルリ
     ヴェラ・クルーゾー ウィリアム・タッブス
     ダリオ・モレノ ジョー・デスト

第6回(1953年)カンヌ国際映画祭グランプリ、男優賞(シャルル・ヴァネル)受賞。第3回(1953年)ベルリン国際映画祭金熊賞。第8回(1954年)英国アカデミー賞作品賞(総合)



中米の町ピエドラス。500キロ先の油田で大火災が発生した。石油会社は少しでも早く火を消すため、ニトログリセリンの使用を決意。危険な運搬作業には2000ドルという"恐怖のの報酬"がかけられ、マリオ、ジョー、ビンバ、ルイジの4人が選ばれた。彼らは安全装置のないトラックに2手に分かれて乗り込み、油田に向かう。スポンジのような橋、転回困難な路、道をふさぐ落石、油びたしの道など困難が次々と待ち受ける。ニトログリセンを運ぶだけのシンプルな物語にして手に汗を握る場面の連続!観客はブルったおっさん状態になります。映画でしか表現できない極上のサスペンス。ラスト、運命はワルツのリズムに乗って回って回って回って...。
☆☆☆☆★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2018.06.13 Wednesday | 19:17 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1199

トラックバック

▲top