映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< 巴里の女性 | TOP | 街の灯 >>

チャップリンの黄金狂時代

チャップリンの黄金狂時代 (1925 アメリカ)

チャップリンの黄金狂時代(1925)原題   THE GOLD RUSH
監督   チャールズ・チャップリン
脚本   チャールズ・チャップリン
撮影   ローランド・トザロー
音楽   チャールズ・チャップリン
出演   チャールズ・チャップリン ジョージア・ヘイル マック・スウェイン
     トム・マーレイ ヘンリー・バーグマン
     マルコム・ウェイト ベティ・モリシー

第15回(1942年)アカデミー賞劇・喜劇映画音楽賞、録音賞ノミネート



アラスカで金鉱が発見され一攫千金をもくろむ人々が押し寄せる、ゴールド・ラッシュで賑わうアラスカにチャーリーがやってきた!猛吹雪に襲われ、転がり込んだ山小屋で彼と同様金鉱を求めてやってきたジムと指名手配中の凶悪犯ラーセンに出会う。やがてチャーリーは酒場の踊り子ジョージアに一目ぼれするが…。チャップリンの最高傑作と名高い作品。空腹のあまり靴をゆでて食べる、チャップリンが鶏に見えたジムが彼に襲いかかる、フォークを刺したロールパンのダンス、チャップリンの背中越しに映る酒場の賑わいなど有名な場面の連続!極めつけは崖っ淵で家が傾き、そこから必死で脱出を図る場面。チャップリンの"リアリズムの笑い"の決定版!
☆☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



 1942年、オリジナルの字幕に変わり、音楽と自分自身のナレーションを入れて、ラスト場面に修正を加えて再公開。アカデミー賞2部門にノミネートされたが無冠に終わった。

変更される前はこれ
The Gold Rush (1925) : Original Ending


Charlie Chaplin - The Gold Rush - Roll Dance


靴を食べる!トラウマになりそうな場面
Charlie Chaplin eating his shoe The Gold Rush High Quality


<チャップリン長編映画>
キッド (1921)
巴里の女性 (1923)
サーカス (1928)
街の灯 (1931)
モダン・タイムス (1936)
チャップリンの独裁者(1940)
チャップリンの殺人狂時代 (1947)
ライムライト (1952)
ニューヨークの王様 (1957)
伯爵夫人 (1967)

<チャップリン伝記映画>
チャーリー (1992)
2017.12.23 Saturday | 23:39 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2020.01.20 Monday | 23:39 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top