映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< TOKKO -特攻- | TOP | リトル・チルドレン >>

レミーのおいしいレストラン

レミーのおいしいレストラン (2007 アメリカ)

「レミーのおいしいレストラン」公式サイトにリンク原題   RATATOUILL 
監督   ブラッド・バード  
脚本   ブラッド・バード     
撮影   シャロン・カラハン                  
音楽   マイケル・ジアッキノ               
出演   (声)パットン・オズワルト ルー・ロマノ
      ブラッド・ギャレット ジャニーン・ガロファロー
      イアン・ホルム ピーター・オトゥール

第80回(2007年)アカデミー賞長編アニメ映画賞受賞。オリジナル脚本賞、作曲賞、音響賞、音響効果編集賞ノミネート

「子供から大人まで楽しめる作品」という宣伝文句はよく目にします。まさにその言葉どおりの映画を作り続けているのはディズニーのアニメスタジオ・ピクサーです。『トイ・ストーリー』(1995) 、『バグズ・ライフ』(1998) 、『トイ・ストーリー2』(1999) 、『モンスターズ・インク』(2001) 、『ファインディング・ニモ』(2003) 、『Mr.インクレディブル』(2004年)、『カーズ』(2006)...。いずれも大ヒットし、批評も良好。『ファインディング・ニモ』と「Mr.インクレディブル』ではアカデミー賞長編アニメ賞を受賞しています。『レミーのおいしいレストラン』は、ピクサー作品の中でもベストとの呼び声高い『Mr.インクレディブル』のブラッド・バードが再び監督・脚本を担当。"子供から大人まで楽しめるアニメ映画"というよりはむしろ"大人が楽しめる上質の娯楽映画"となっています。

〜 物語 〜
ずば抜けた味覚と嗅覚の持ち主であるネズミのレミーは、"Anyone Can cook(誰でも名シェフ)"という、今は亡き天才シェフ、グストーの本を愛読し、一流レストランのシェフになりたがっている。だが、ネズミは、レストランにとって”最も招かれざる客”。かなわぬ夢であった。ある日嵐で流され、家族とはぐれレミーはひとりぼっちになる。そこにグストーの亡霊があらわれ、グストーの店にレミーを案内する。その頃、雑用係のリングイニが、ヘマをして完成したスープを台無しにしてしまう。その様子を見かねたレミーは見事にスープを作り直してしまう。料理の才能がないことに悩んでいたリングイニはレミーと手を組み、パリ一番のシェフを目指すことにするが...。

『Mr.インクレディブル』を劇場で見ていたときのことです。字幕版で見ていたのですが、映写機トラブルのため途中から日本語吹き替えに変わってしまいました。映画は中断され、映写機が復旧したところで改めて字幕版で再開されたのですが。...何と僕は5分くらいソレに気づかず観ていたのであります。聞こえてくる言葉が英語から日本語に変っているのに気づかないなんて...。それだけストーリーに没頭していたんですね。まあ、単に僕が鈍いだけなのかもしれませんが(笑)。

そう、ピクサー映画の一番の魅力はストーリーテーリング!『シュレック』等でドリームワークスとも仕事をしたことがあるというプロデューサーのブラッド・ルイスはピクサーと他のスタジオの違いについて尋ねられたとき「何よりもストーリーテリングを重要視し、そのために皆が献身的であること。監督が物語に対して自信を持てるようになるまで、周囲はときに残酷なまでに正直な意見を述べ、より良いものへと発展させていく」と述べています。

「僕は他人を失望させたことはないんだ。期待されたことがないから」と語るリングイニ。
レストランでの仕事はGarbage Boy。雑用係と訳されていましたね。garbageにはごみ、残飯という意味があります。一方レミーは父親のジャンゴらから「人間に近づくな」と諭されます。ネズミは所詮ネズミなんだ...。お互い自分の中で無意識に壁をつくり、勝手に自分の限界を決めてしまっています。

この映画『レミーのおいしいレストラン』でも、2者がお互いに欠けているものを補って協力し合うことで成功するという娯楽映画の常道パターンを踏みつつもそれに留まらない物語展開が待っています。
亡霊として登場する名シェフ、グストーはこの映画の核となる役どころです。
「過去にこだわってばかりいたら前に進めない。地上に出なさい」
グストーの亡霊はレミーを励まします。

グストーの著書"誰でもシェフ"は単に売れ線のタイトルをつけたわけではなく、グストーの本心であったことがストーリーが進むにつれ、だんだんとわかってきます。
ネズミは残飯をあさって死ぬものなの?まず僕らが変わらなきゃ
レミーは決意して、行動に移します。

料理評論家イーゴは辛らつな批評をしたため、グストーを死に追いやった張本人と評されているお方。
「私は大食家ではない。美食家なのだ。不味かったら飲み込まない
「注文は”将来性”だ。将来性は品切れかね
イヤミ極まるセリフのオンパレードです。またイーゴは『誰でもシェフ』というグストーが掲げるスローガンが特にお気に召さない模様。エリート意識の塊のよーな方ざんすね(笑)。かたやGarbage Boyや残飯をあさるだけの動物。もう一方は"不味かったら飲み込まない"ヒト。格差社会といわれる現代への皮肉も感じられます。試食した後のイーゴの批評や、ほろ苦い調味料が少しまぶされたようなラストがいったい何を意味するのかをお子様が理解するのはかなり厳しいと思われます。完全に大人向けの物語です。ちなみにイーゴの声をあてたのは名優ピーター・オトゥール。今年のアカデミー賞で主演男優賞8回連続落選という新記録を作ってしまったばかり。(2002年に名誉賞は受賞済)
オトゥールの中では将来性はまだ品切れではないはずです。

もちろん映像的にも見所は満載です。レミーの心象風景を象徴するかのように何度も出てくるエッフェル塔がそびえたつパリの夜景。それと対比するかのようなパリの地下水道の湿り気。料理長スキナーがレミーを追跡する場面のセーヌ川。ネズミはちゃんと4本足で歩いています。ダンスパーティでもただチョロチョロしているだけでした。ミッキーマウスみたいに2本足で歩いたりしません(笑)ネズミと人間が会話したりしないところもいいですね。ネズミという設定のアニメキャラではなく、(目を除けば)本物のネズミを見ている気がします。あれならお婆ちゃんに猟銃ぶっ放されるでしょう(笑)。個人的にはレミーよりも兄のエミールののんびりしたキャラがお気に入りだったりします。動きを見ているだけで妙にほほえましい。レミーも瓶の中に閉じ込められている時は可愛かったですけどね。



でも何といってもこの映画の映像の最大の見所は数々の料理場面。有名シェフ、トーマス・ケラー氏に協力を依頼。この映画の原題になっているラタトゥーユ(フランス南部の野菜煮込み料理)をはじめ、サーモンソテー、パン、ワイン等が非常にリアルに再現されています。空腹で見に行かないほうがいいです。シェフの手さばきも映像の参考にしたそうです。料理に関心のある方はその辺りも注目でしょうね。



映画『レミーのおいしいレストラン』は2007年上半期批評家にもっとも絶賛された作品です。
来年のアカデミー賞長編アニメ賞はもう決まりといわれていますが、十分作品賞を狙える出来!
アニメ映画がアカデミー賞の作品賞をとることはありえないといわれていますが、この映画がアニメ初のアカデミー賞を取ったらカッコいいですね。

レミーが作ったスープのようにだんだんとぬくもりが染み渡ってくる。
物語の語り口も料理も、まさに絶品モノの傑作です!
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!


 
2007.07.26 Thursday | 21:05 | 映画 | comments(4) | trackbacks(40) |

スポンサーサイト


2017.06.24 Saturday | 21:05 | - | - | - |

コメント

こんばんは。
字幕版が途中から吹き替えに?
そんな冗談みたいな事があるんですね。
気付かないほど没頭していたというのが凄いですが、作り手にとっては最高の褒め言葉でしょう。
これは個人的にはインクレよりも好きです。
ブラット・バードらしい良い映画でした。
2007/07/27 10:59 PM by ノラネコ
ノラネコさん、こんばんわ

>そんな冗談みたいな事があるんですね。

あったんです。何か変だなと思い始めたころに上映は中断されました。しばらく気づかなかった自分に唖然としましたが、それだけよく出来た作品だったと思うことにしております(笑)

この作品は好きですね〜。インクレもよかったですが、それをさらに上回る出来でした!
2007/07/27 11:10 PM by moviepad
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
なかなか楽しめるアニメだったのですが、リングイ二君がちょっと不甲斐ないなぁ〜と感じていました。
でも、moviepadさんの「僕は他人を失望させたことはないんだ。期待されたことがないから」というセリフを読んで、今彼のキャラを反芻しているところです。
ドジで自信喪失していた青年が、レミーとの出会いで急に注目されて、思考錯誤しながらも自分らしい道を歩きだせたのだから、良かったのかもしれませんねぇ〜
この映画は、もう一回観ると、それぞれの役割が違って見えてきそうです。

ところで、『選挙』という映画で監督のコメントを頂いたのですね。素晴らしいですね!
2007/07/28 10:22 AM by 由香
由香さん、こんばんわ!

リングイ二君については、誰もが多かれ少なかれ似たようなことを思うでしょうね。
でも、"ネズミの手も借りたい"ほど心に余裕がなかったわけで、
彼が急に自我に目覚めたりしたら物語が成立しなくなる(笑)
なので、僕はあまり気にならなかったですね。

監督にコメントいただいたのはとても光栄です。
お礼のメールを差し上げたら丁寧なご返信までいただき恐縮しております。
でも、ブログならではのことですので、こういうことがもっと頻繁に起こって、
いちいちはしゃがなくてすむようになりたいですね(笑)
そのためにはいい記事書かなくては!
2007/07/28 6:13 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/119

トラックバック

レミーのおいしいレストラン/Ratatouille
                                                          {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} 渋谷センター街歩いてて2、3回道で見たことある{/ase/} 
(我想一個人映画美的女人blog 2007/07/26 9:37 PM)
感想/レミーのおいしいレストラン(試写)
夏休み東西アニメ決戦の大本命。『レミーのおいしいレストラン』7月28日公開。超グルメラットのレミー。愛読書は名シェフ・グストーの『誰でも名シェフ』。ひょんなことからグストーのレストランに辿り着くと、見習いシェフのリングイニがスープの味付けを台無しにしよ
(APRIL FOOLS 2007/07/26 9:37 PM)
『レミーのおいしいレストラン』
待ちに待ったピクサーの新作アニメーション『レミーのおいしいレストラン』(『RATATOUILLE』)。初めて画を見た時は「可愛くないネズミだな~」と思いましたが、実際スクリーン上で動き回り、喋り、料理するレミーを観てみると、意外と可愛い(^^) ストーリーの面白さと
(試写会帰りに 2007/07/26 10:40 PM)
『レミーのおいしいレストラン』
(原題:Ratatouille) ----これって予告だけで想像ついちゃう映画だよね。 フランス料理のシェフになることを夢見るネズミのレミーが シェフ見習いのリングイニをお手伝い。 ふたりで次々とおいしいレシピを生み出す-----んでしょ? 「まあ、手短かに言えばそうなる
(ラムの大通り 2007/07/26 11:37 PM)
「レミーのおいしいレストラン」を観る
エスプリの香り漂う、ピクサーの最新アニメはフランスが舞台。 「レミーのおいしいレストラン」はグルメの街パリに相応しい、星とりレストランで繰り広げられる人とネズミの友情物語でした。 ピクサーのアニメといえば、「モンスターズインク」や「Mr,インクレディ
(紫@試写会マニア 2007/07/27 12:43 AM)
まずは自分が変わる事。『レミーのおいしいレストラン(字幕版)』
一流シェフに憧れるネズミと料理の苦手な青年の物語です。
(水曜日のシネマ日記 2007/07/27 7:20 AM)
「レミーのおいしいレストラン」レビュー
「レミーのおいしいレストラン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *ディズニー/ピクサー *キャラクター(声優):レミー(パットン・オズワルト/岸尾だいすけ)、リングイニ(ルー・ロマーノ/佐藤隆太)、スキナー(イアン・ホルム)、コレット(
(映画レビュー トラックバックセンター 2007/07/27 8:55 AM)
レミーのおいしいレストラン
美味しいと感じる心。 幸せはそこから始まる。
(Akira's VOICE 2007/07/27 10:21 AM)
レミーのおいしいレストラン/吹替版(先行/映画館)
その出会いは”おいしい”奇跡の始まり・・・。
(ひるめし。 2007/07/27 1:09 PM)
「レミーのおいしいレストラン」:錦糸町駅前バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}{/onpu/}さかな、さかな、さかな〜、さかなをたべると、あたま、あたま、あたま、あたまがよくなる〜{/onpu/} {/hiyo_en2/}なに、気持ちよさそうに歌ってるのよ、「おさかな天国」なんか。 {/kaeru_en4/}あそこに見える魚寅って店、このあたりじゃちょっ
(【映画がはねたら、都バスに乗って】 2007/07/27 9:54 PM)
『レミーのおいしいレストラン』鑑賞!
『レミーのおいしいレストラン』鑑賞レビュー!『吹替え版を鑑賞』 料理が苦手な見習いシェフ リングイニと パリ一番のシェフになりたいネズミのレミー── その出会いは“おいしい”奇跡の始まり…。 ★review!★ 本作は、アニメ作品です
(★☆★風景写真blog★☆★healing Photo! 2007/07/28 12:23 AM)
レミーのおいしいレストラン
子どもと一緒に吹替え版で鑑賞―【story】料理が大好きで、一流レストランのシェフになる事を夢見るネズミのレミーは、ある日家族とはぐれてしまい、一人ぼっちでパリのレストランに辿り着く。そこはレミーが尊敬するシェフ、グストーのレストランだった。そこには料理
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2007/07/28 10:10 AM)
レミーのおいしいレストラン
予告を観た時、ネズミのレミーが可愛くて、料理も美味しそうだったので、絶対観たい!と思っていた。 レストランの話は、好きなんです。 食いしん坊なんで(笑) TVドラマでも『王様のレストラン』や『ランチの女王』や最
(描きたいアレコレ・やや甘口 2007/07/28 11:20 AM)
レミーのおいしいレストラン
ハズレ無しのピクサー製CGアニメ映画最新作『レミーのおいしいレストラン』の公開に胸躍らせて観てきました。 ★★★★ 洒落たパリの街や、実物以上に視覚的には完璧で美味しそうに描かれる繊細なフランス料理と同じく、ステキで抱きしめたくなる映画でした。 登場す
(そーれりぽーと 2007/07/29 12:37 AM)
先行ロードショーにて レミーとおいしいレストラン 観てきました。(もう一般公開しちゃってますが)
 先行ロードショーでレミーのおいしいレストランを観てきました。せっかく先行ロードショーだったのにブログの記事にする前に、普通に公開されちゃいましたね。(^^ゞ
(よしなしごと 2007/07/29 2:28 AM)
映画:レミーのおいしいレストラン試写会
レミーのおいしいレストラン試写会(一ツ橋ホール) 「誰でも名シェフになれる。だが勇敢な者だけが一流のシェフになれるのだ」 今日は他に2つ重なっていてかつどれも観たいものばかり。重なるときは重なるんですよね〜 で一番公開が近い作品のこちらを鑑賞する
(駒吉の日記 2007/07/29 10:11 AM)
『レミーのおいしいレストラン (吹替え版)』
? 『レミーのおいしいレストラン (吹替え版)』 ? 自分の限界を決めるのは自分自身である。    誰にでも料理はできる。 だが、勇気ある者だけが一流になれるのだ。       ――料理人グストーの言葉より ? PIXARの作るモノにハズレはないですか
(唐揚げ大好き! 2007/07/29 1:24 PM)
レミーのおいしいレストラン
レミーみたいに料理が上手なネズミがいたら、絶対飼っちゃうよねぇ〜!公開日はネズミじゃなくて、ハムスターの売上良かっただろうなぁ〜♪                           評価:★8
(Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) 2007/07/30 7:27 PM)
映画「レミーのおいしいレストラン」
2007年53本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督作品。字幕版を観ました。グルメの都パリを舞台に、シェフを夢見るドブネズミと料理の苦手な見習いシェフが巻き起こす奇跡をハートウォーミングに描く。安
(しょうちゃんの映画ブログ 2007/07/31 12:11 AM)
「レミーのおいしいレストラン」観てきました♪
☆「レミーのおいしいレストラン」 監督:ブラッド・バード 声の出演:パットン・オズワルト、ブラッド・ギャレット、ブライアン・デネヒー、ブラッド・ギャレット、ジャニーン・ガロファロー、イアン・ホルム フランスの片田舎で暮らすネズミのレミーは天才的な嗅
(りんたろうの☆きときと日記☆ 2007/07/31 10:26 PM)
レミーのおいしいレストラン 2007-40
「レミーのおいしいレストラン」を観てきました〜♪ ネズミのレミーは、天才的な嗅覚と味覚をもって生まれた。そんなレミーの夢は一流レストランのシェフになることだった。現実的には不可能な夢だった。ある日、パリの有名店「グストー」でリングイニに出会う・・・
(観たよ〜ん〜 2007/08/01 5:36 AM)
『レミーのおいしいレストラン』
ショートフィルム『 Lifted 』で、すっかり馬鹿笑いさせてもらってから始まったピクサーの最新映画『レミーのおいしいレストラン』は面白かった。原題は『 Ratatouille 』なんだけど、邦題の方が好きだなって思えるタイトルで、そこでもなにげに満足(笑) Ratatouille
(R-LiFE 2007/08/01 11:53 AM)
レミーのおいしいレストラン
おいしいは うまくやるで 舌なくし   ちょいとミルキー(観る気)はなかったが、時間の都合で観ただけよ。素直に楽しみゃそれでいい。なのに始まるマーケの眼。  家族みんなで大笑い、その後は親が子を思え。そんな中でのタラトゥーユ。これが原題、紐解けば
(空想俳人日記 2007/08/02 6:44 AM)
「レミーのおいしいレストラン」 しずちゃん効果?
「レミーのおいしいレストラン」オープニング土日興収3.6億円。昨年のディズニー
(映画コンサルタント日記 2007/08/02 10:29 PM)
『レミーのおいしいレストラン』
□作品オフィシャルサイト 『レミーのおいしいレストラン』□監督 ブラッド・バード□原案・脚本 ブラッド・バード□キャスト(声) パットン・オズワルト、ルー・ロマーノ、イアン・ホルム、ジャニーン・ガロファロー、ブラッド・ギャレット、ピーター・オトゥール
(京の昼寝〜♪ 2007/08/03 12:36 PM)
レミーのおいしいレストラン
原題 RATATOUILLE 製作年度 2007年 監督 ブラッド・バード 声の出演 パットン・オズワルト/ブライアン・デネヒー/ブラッド・ギャレット/ルー・ロマノ/ピーター・オトゥール 料理が大好きで、一流レストランのシェフになることを夢見るネズミのレミーは、ある日、尊
(to Heart 2007/08/04 9:07 PM)
映画「レミーのおいしいレストラン」
  ★★★☆☆   「アイアン・ジャイアント」、「Mr.インクレディブル」の 監督ブラッド・バードが放つ  ディズニーの新作アニメーション。  原題「Ratatouille」はフランス語で、 映画で重要な鍵を握る フランス南部の田舎風煮込み料理のことだ。 パリの高級レス
(富久亭日乗 2007/08/05 10:04 PM)
勝手に映画批評17
【レミーのおいしいレストラン】 8点 この映画には伝わってくるメッセージが2つあります。ひとつは、ルールやレシピなどという型に縛られず、自由な発想が何よりも大事だということ。2つ目は、ネズミだろうが人間だろ
(sons and daughters -blog- 2007/08/06 10:05 PM)
レミーのおいしいレストラン(字幕版)
子どもと一緒にでも安心して観ていられるいかにもディズニーらしい作品です。 すぐれた嗅覚と味覚を持つレミーは、調理場では特に嫌われるネズミでありながら、一流のシェフになることを夢見ています。ひょんなことからパリに辿り着いたレミーは、今は亡きフランス一
(日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 2007/08/09 7:01 AM)
【シネマ・こむぎスタイル】第24回 レミーのおいしいレストラン
みなさま、お久しぶりです。湯河原こむぎです。6月下旬に実家の(←ここポイント)母が倒れて入院しました。救急車で運ばれた6/22から、退院する8/4までほぼ毎日病院に通いました(2日欠席)。結果的に、娘にお留守番させる事が多くなりました。学校がある間は、お留守番時
(ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp] 2007/08/09 11:32 PM)
「レミーのおいしいレストラン」
公開中の映画「レミーのおいしいレストラン」を観賞。「トイ・ストーリー」「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」などでおなじみのピクサースタジオの新作。監督は大ヒット作「Mr.インクレディブル」のブラッド・バー ド。フランスの片田舎。ネズミのレミ
(やまたくの音吐朗々Diary 2007/08/12 7:21 PM)
レミーのおいしいレストラン
なかなかどうして。いいお話ではないですか。あの毒舌評論家の記事のナレーションシーンは涙でちゃいましたよ。 味のある(笑)作品に仕上がっています。
(八ちゃんの日常空間 2007/08/12 8:54 PM)
レミーのおいしいレストラン−(映画:2007年88本目)−
監督:ブラッド・バード 声の出演 :パットン・オズワルト、ブラッド・ギャレット、ブライアン・デネヒー、ブラッド・ギャレット、ジャニーン・ガロファロー、イアン・ホル 評価:91点 公式サイト (ネタバレあります) 子供の頃住んでいた家にはよくねず
(デコ親父はいつも減量中 2007/08/18 8:22 PM)
【劇場映画】 レミーのおいしいレストラン
≪ストーリー≫ すぐれた鼻と舌を持つネズミのレミーは、一流シェフになるのが夢。ひょんなことからパリにたどり着いた彼は、今は亡き名シェフ・グストーの幽霊に出会い、彼のものだったレストランへ導かれる。そこで料理の才能ゼロの見習いシェフ・リングイニが、店の
(ナマケモノの穴 2007/08/19 7:58 PM)
レミーのおいしいレストラン
先日レミーのおいしいレストラン 見たよ(*^▽^*) 8月の初めのほうだけど.....。 気まぐれの日記だからまたまた更新遅れてしまって    レミーのおいしいレストラン 見たのね。 最初あんま期待せずに見たら... いゃ〜ぁん めちゃ
(キャバ嬢このはの気まぐれ日記 2007/08/24 7:23 AM)
レミーのおいしいレストラン
今日は「映画の日」ということで、この作品を見てきました。 実はこれまで、アニメだし、子供向けでつまらないかなーと思って、ためらってきたのですが、意外や意外{/ee_2/} 大人が観ても充分面白いお話でした。 <あらすじ> 味覚・嗅覚に優れていたネズミのレミーは
(Yuhiの読書日記+α 2007/09/02 2:50 AM)
「レミーのおいしいレストラン」 志向しているのはナチュラルさ
よい食って人を幸せな気分にしますよね。 食べるのももちろんですが、お料理を作って
(はらやんの映画徒然草 2007/09/09 8:44 PM)
レミーのおいしいレストラン☆吹替え版
      9月16日、MOVX京都にて鑑賞。遅まきながらの鑑賞です。実は外出支援のお仕事で、利用者さんと鑑賞・・・・。費用は利用者さん負担なので、無料となりました。ラッキーひょっとしたら、この機会なかったら、逃していたかもしれません。  
(銅版画制作の日々 2007/09/29 2:57 PM)
『レミーのおいしいレストラン』'07・米
あらすじ料理が大好きなネズミのレミーは、ある日尊敬する料理人グストーの店にたどり着く。そこで働く雑用係のリングイニがヘマをしてスープを台無しにしてしまう様子を見ていたレミーはキッチンに入り込み、見事にスープを作り直すがその姿をリングイニに目撃され・・
(虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ 2008/02/12 9:20 PM)
レミーのおいしいレストラン
何だかこのアニメ、 評判良いので観てみました。 吹き替え版を鑑賞也。 フランスの片田舎で暮らすネズミのレミーは 天才的な嗅覚と味覚をもち、 一流のシェフになることを夢見ていた。 ところがある日、 家主に見つかり一族は古巣を追われ、 家族とはぐれた
(映画、言いたい放題! 2008/10/10 10:54 AM)

▲top