映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< キッド | TOP | チャップリンの黄金狂時代 >>

巴里の女性

巴里の女性 (1923 アメリカ)

巴里の女性(1923)原題   A WOMAN OF PARIS
監督   チャールズ・チャップリン
脚本   チャールズ・チャップリン
撮影   ロリー・トザロー ジャック・ウイルソン
出演   エドナ・パーヴィアンス カール・ミラー アドルフ・マンジュー
     クラレンス・ゲルタード リディア・ノット 
     チャールズ・フレンチ ベティ・モリシー



恋人ジャンと巴里に駆け落ちをする決意をしたマリー。停車場で彼の到着を待つが、父が危篤したためジャンはやってこなかった。マリーは一人で巴里に出掛け、富豪ピエールの愛人となる。ひょんなことからマリーは画家となったジャンと再会。自分の肖像画を描くように頼む。チャップリンがエドナ・パーヴィアンスのために作った作品。カメオ出演のみで監督に専念、悲劇に徹した。批評家は絶賛するも、観客には不評だった。孤児院を経営しているマリーが乗る荷馬車とピエールが乗る自動車がすれ違うラスト場面が秀逸。パリのブルジョアへの風刺、暗示、洗練、いわゆるソフィスティケーションという手法はその後の映画製作に大きな影響を与えている。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



<チャップリン長編映画>
キッド (1921)
チャップリンの黄金狂時代 (1925)
サーカス (1928)
街の灯 (1931)
モダン・タイムス (1936)
チャップリンの独裁者(1940)
チャップリンの殺人狂時代 (1947)
ライムライト (1952)
ニューヨークの王様 (1957)
伯爵夫人 (1967)

<チャップリン伝記映画>
チャーリー (1992)
2017.12.23 Saturday | 23:38 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2020.08.03 Monday | 23:38 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top