映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※コメントは承認制とさせていただいております

<< スター・ウォーズ/最後のジェダイ | TOP | 巴里の女性 >>

キッド

キッド (1921 アメリカ)

キッド(1921)原題   THE KID
監督   チャールズ・チャップリン
脚本   チャールズ・チャップリン
撮影   ロリー・トザロー
出演   チャールズ・チャップリン ジャッキー・クーガン
     エドナ・パーヴィアンス カール・ミラー チャック・ライスナー
     トム・ウィルソン ヘンリー・バーグマン
     アルバート・オースチン リタ・グレイ



チャップリンは車に置き去りにされていた赤ん坊を拾い育てることになる。5年後、成長した子供はチャップリンのいかさま商売を手助けして生活していた。そこに生母であるエドナが現われ...。チャップリンの長編映画第1作。映画史上はじめて喜劇の中に涙を入れた作品と言われている。子供が石を投げて民家のガラスを割り、その家の前をチャップリンが現われ修理して回る場面が個人的に好き。その後、近所の子供と喧嘩する。走り方、殴り方、アニメみたいでかわいい。2人がパンケーキを分けて食べる場面はジャッキ―・クーガンが飢えてガツガツしている感じがなかなか出せず、撮影に2週間費やしたという。チャップリンの"食"へのこだわり!
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



The kid Charlie Chaplin best scenes


<チャップリン長編映画>
巴里の女性 (1923)
チャップリンの黄金狂時代 (1925)
サーカス (1928)
街の灯 (1931)
モダン・タイムス (1936)
チャップリンの独裁者(1940)
チャップリンの殺人狂時代 (1947)
ライムライト (1952)
ニューヨークの王様 (1957)
伯爵夫人 (1967)

<チャップリン伝記映画>
チャーリー (1992)

2017.12.23 Saturday | 23:37 | 映画300字レビュー | comments(0) | - |

スポンサーサイト


2020.01.20 Monday | 23:37 | - | - | - |

コメント

コメントする









▲top