映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ベン・ハー(1959) | TOP | カストラート >>

アラビアのロレンス

アラビアのロレンス (1962 イギリス)

アラビアのロレンス(1962)原題   LAWRENCE OF ARABIA
監督   デヴィッド・リーン
原作   T・E・ロレンス
脚本   ロバート・ボルト
撮影   フレデリック・A・ヤング ニコラス・ローグ
音楽   モーリス・ジャール
出演   ピーター・オトゥール アレック・ギネス オマー・シャリフ
     アンソニー・クイン ジャック・ホーキンス アーサー・ケネディ
     クロード・レインズ ホセ・ファーラー アンソニー・クエイル
     ドナルド・ウォルフィット マイケル・レイ ジョン・ディメック

第35回(1962年)アカデミー賞作品、監督、編集、撮影(カラー)、作曲、美術(カラー)、音響賞受賞。主演男優(ピーター・オトゥール)、助演男優(オマー・シャリフ)、脚色賞ノミネート



第一次世界大戦中、ドイツと手を組んだトルコの支配下にあったアラブの叛乱を指揮した英国人トーマス・エドワード・ロレンスの姿を描いた作品。前半の大部分が砂漠での場面。"砂漠の表情の移り変わり"で物語が綴られていく。時折、挿入されるフルショット、あまりに小さな人影。砂漠の大きさと登場する人間の器の小ささを対比しているような印象を受ける。ロレンスを英雄ではなく、等身大の人間として描く。今なお、評価が分かれるロレンスの功績、そして彼自身の複雑怪奇な性格を映画は見事に浮かび上がらせる。同性愛者説もあるロレンスを艶やかに演じたピーター・オトゥールには"意図的に主演女優の気分で演じた"という評も見受けられた。
☆☆☆☆★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



 ロレンスは「アラブ諸国の独立に尽力した人物」として評される一方、イギリスの国益のための行動にすぎないとみなされることもある。イギリスがアラブ反乱に対して「イギリスの三枚舌外交」と呼ばれる三つの協定を締結した事がパレスチナ問題や、クルド人問題などの原因となったとも言われている。

 ロレンスがかなり面倒くさい性格であったことは、冒頭、彼に対するコメントが人によって全く違うことでもよくわかる。
山田風太郎氏『人間臨終図鑑』の言葉を借りると
「死を恐れぬ冒険欲と、途方もない自己顕示欲を持つ反面、人間ぎらいの隠遁性と自己抹殺欲とがうらはらになり、かつそういう時自分を冷ややかに見まもるもう一つの芸術的な自分を持つという複雑怪奇な人間であった」

スポンサーサイト


2018.08.18 Saturday | 22:32 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1185

トラックバック

▲top