映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 魅惑の巴里 | TOP | シェルブールの雨傘 >>

私は死にたくない

私は死にたくない (1958 アメリカ)

私は死にたくない(1958)原題   I WANT TO LIVE!
監督   ロバート・ワイズ
原作   バーバラ・グレアム エドワード・モンゴメリー
脚色   ネルソン・ギディング ドン・マンキウィッツ
撮影   ライオネル・リンドン
音楽   ジョニー・マンデル
出演   スーザン・ヘイワード サイモン・オークランド ヴァージニア・ヴィンセント
     セオドア・バイケル ウェズリー・ラウ ルー・クラグマン
     フィリップ・クーリッジ ジェリー・マリガン バートレット・ロビンソン

第31回(1958年)アカデミー賞主演女優賞(スーザン・ヘイワード)受賞。監督、脚色、編集、撮影賞(白黒)、音響賞ノミネート

私は死にたくない』は独り身の老婦人を殺した罪で共犯の男2人と共に逮捕されたが、一貫して無罪を主張し続けた実在の女性死刑囚バーバラ・グレアム(1923-1955)の手記をもとにした作品。死刑制度の是非を問いかける内容で、監督はロバート・ワイズ。バーバラ・グレアムを演じたスーザン・ヘイワードは、アカデミー主演女優賞にこれまで4回候補にあがっていましたが受賞なし。"アカデミー賞をとることを目標"に仕事をしてきた彼女は、”この役ならオスカーがとれる!"とバーバラ役に飛びつき、見事受賞。スーザン・ヘイワードは演技が上手いというよりは、熱演タイプの美人女優。バーバラ役は彼女の資質が存分にいかされていた。冒頭にジェリー・マリガン、アート・ファーマーなどの人気jazzプレイヤーが登場。ハリウッドがはじめて映画音楽としてJazzを起用した作品とも称されている。



今までもJazzが映画に登場したことは山ほどありますが、それは演奏シーンに限ったことでした。商業映画において、映画音楽としてJazzがはじめて起用されたのは1957年のフランス映画『大運河』(ロジェ・ヴァディム監督)。サウンドトラックをMJQ(モダン・ジャズ・カルテット)のミルト・ジャクソンが手掛けました。同じ年に同じフランスのルイ・マル監督が『死刑台のエレベーター』ではマイルス・デイヴィスを即興で音楽をつけたことが話題を呼び、、1959年にはまたしてもロジェ・ヴァディム監督が『危険な関係』でセロニアス・モンク、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズを起用、テーマ曲『危険な関係のブルース』がヒットしました。そんな"シネ・ジャズ”の流れを受け、ハリウッドがようやく重い腰をあげたのがこの『私は死にたくない』です・

※ 参照


冒頭、酒場の場面でジェリー・マリガン(バリトン・サックス)、シェリー・マン(ドラム)、レッド・ミッチェル(ベース)、アート・ファーマー(トランペット)、フランク・ロソリーノ(トロンボーン)、バド・シャンク(アルト・サックス)、ピート・ジョリー(ピアノ)という当時のウエストコースト系と言われたJazzミュージシャン7人による演奏場面が登場。jazzファンへのサービス・カットですね。映画音楽監修はジョニー・マンデル。本作以降、彼は積極的に映画と関わるようになり、『いそしぎ』(1965年)の主題歌"The Shadow of Your Smile”でアカデミー歌曲賞を受賞しています。

Jazzはミステリー映画で使われることが多いのですが、死刑囚の映画でもしっくりはまります。音楽が流れるのは主に前半。死刑執行日がきまり、バーバラがうなされる場面ではちょっとJazzは不釣り合いだと感じましたが、全体的にモノクロの映像とぴったりマッチ。ラストの死刑執行場面でも抑制のきいた音色が効果的に使われています。バーブラが独房でシェリー・マンのレコードを聴きながら踊っていたり、「ジェリー・マリガン、どの曲も覚えているわ」という台詞があったり、ゲストへのリップサービスも忘れません(笑)。



当サイトでは本作を便宜上Jazz映画のカテゴリーに分類していますが、実際のところ、"本人は最後まで無実を主張しながら死刑を執行された女性死刑囚"を通して死刑制度の是非と問う、いわゆる社会派映画です。死刑は映画前半で宣告され、後半は死刑執行日までの主人公の不安をじっくりと描き出す心理サスペンスとしての要素も兼ね備えてます。

「これは実話です。私(エドワード・モンゴメリー)の書いた記事やシュシュの記録、インタビュー、バーバラ本人の手紙に基づいて映画化されました」
映画、冒頭とラストでこのただし書き。

続いて、映画タイトルの"I WANT TO LIVE!”の文字が浮かび上がり、だんだん奥に沈んでいくように見える。
主人公の心の動きを象徴しているようで、さりげなくうまい。

それにしても奇妙な話です。まず、犯罪じたいがちゃち。
当時64歳の未亡人メイベル・モノハン宅にバーバラはパーキンスとサントという2人の男と一緒に侵入し、現金と宝石を出すように要求したが、モノハンが拒否したため殺した。だが、一味は金目のものを何も見つけられず殺したたけで帰った。実際はクローゼットの中に隠された財布に5,000ドル相当の宝石や貴重品があったのだが...。超アマチュア犯罪者...。

物証に乏しかったにも関わらず、死刑になってしまったのはバーバラ・グレアムという女性に"不利な材料"が多すぎたため。

まず、彼女が"若くて美人"だったこと。(バーバラが死刑執行されたときは33歳、当時スーザン・ヘイワードは41歳...)
本来、これはプラスに働くはずなのですが、いざ犯罪者となってしまうとことごとくマイナスに影響します。

※ 彼女の写真、確かに美人!"The Ballad of Barbara Graham" - Val Normanより


まず、共犯者男2人(の弁護士?)が彼女を主犯であるかのように証言します。若い女性の場合は刑が軽くなりやすい。よって彼女を主犯に仕立て上げれば自分たちの罪も軽くなる...戦略ですね。実際、誰が主犯かはよくわからないのですが。事件の夜、彼女は現場におらず、家で夫と口論、その結果夫は失踪してしまったと主張していた。
次に、容疑者が"若くて美しい女性であれば、より一般受けする。よってマスコミは他の共犯2人には目もくれず、彼女ひとりをスターにまつりあげます。新聞の売れ行きを伸ばすため。TVの視聴率を稼ぐため。バーバラが毒舌をはかずにいられない性分だったこともマスコミには好都合だった?何か気に入らないことがあるたびに叩くにくまれ口が痛快。死刑が決まり、群がる報道陣に対し言い放つ。
「皆さんに感謝します。見出しで陪審員の心を揺るがしてくれて。処刑の日にご招待するわ」

決定的だったのは彼女に売春と偽証罪の前科があったこと。
それに加えて、警察の罠にひっかかってしまい、「現場にいた」と証言してしまった。
これまで彼女はことごとく"現場にいなかった"と主張していたのですが、夫は失踪しておりアリバイもない。
あせった彼女のもとに、同僚の受刑者から「金で証言してくれる男がいる」と聞かされ、まんまと罠にはまってしまった。犯行当時、彼女と一緒にいた、と法廷で証言してくれるはずだったが...。その男は彼女に自白させるためにしむけられたものだった。「現場にいた」と言えば証言すると主張する男に、バーバラは思わず口走る。「わかったわよ、いたわ、いた。これでいいでしょ」その部分が録音され、法廷での証拠となる。この男、映画では警察官となっていましたが、実際は減刑を条件に警察に協力した囚人だった模様。まあ、警察がやったと一緒ですけどね。

偽証罪の前科があり、かつアリバイ証言を金で買おうとした...。もう誰も彼女を信用しません。
やっと見つかった夫は当時のことを「覚えていない」。彼はヤク中だったのだ。

ずっと彼女を取材し、スターに仕立て上げてきた記者エドワード・モンゴメリー(サイモン・オークランド)はだんだん彼女が無罪なのでは?と思い始めた。彼女についた心理学者カールは"虚言癖がある。だが、反応は暴力拒否を示している。今まで彼女が犯した犯罪に暴力的なものはない"と分析。カールは彼女のために動き、彼女もカールを頼っていた。カールの尽力のおかげで?刑執行日は半年延期される。だが、カールは病死してしまい、その後の展開は望めなくなる。バーバラ,ふんだりけったりの状態でついに死刑の日を迎えます。死の間際まで”夫が銀行で出世しそうになったから別れた"などと虚言を...。

ここで死刑執行の準備をする刑務所員の描写がリアルで怖い。硫酸と記された瓶のアップ。

刑執行予定時刻は1955年6月3日a.m10時。
ここでまた死刑執行が保留。”弁護士に弁明の機会を与えただけだ。あまり期待しないように"と言われる。
電話が入り、申し立ては却下され、死刑執行時刻は10時45分と言い渡される。
時間となる。牢獄から出るバーバラ。そのとき電話が鳴り響く。
「まるで拷問よ。なぜいじめるの」
修正申し立て書が提出されたという。
このあとの沈黙。そして再び電話が鳴って....11時30分に執行が決まる。
アイマスクを要求するバーブラ。「見物人を見たくないの」
沈黙の中、刑は執行された。
一連のじらし描写はどんなサスペンス映画より怖い。

この映画だけを見ると、バーバラ・グレアムはまるで冤罪により死刑を執行されたかのように見える。
だが、冤罪と断定できる証拠もなかったようだ。スーザン・ヘイワードは演じるにあたって相当リサーチをした。"彼女はクロと思うか"とインタビューで聞かれた際、彼女は答えるのを嫌がったが根負けし、”やったと思う"と言ってしまったという。
確かに言えることは"バーバラ・グレアムは最後まで無実を主張していた"ことのみ。
警察が自白させようと彼女をだましたり、何度も死刑執行が延期されたことをみると物証は相当弱かったのだろう。(ちなみに本作には殺人実行の場面は描かれていない。)そういう状態で"死刑"を執行してよいのか?本作のテーマをあえて探すとこうなる。

だが、映画はそのようなことは何も語らない。脚本をてがけたドン・マンキウィッツはラストに死刑制度反対のメッセージを入れるように主張。監督のロバート・ワイズ は観客の反応が多様であることを考え、躊躇。メッセージ入りも撮影はしたが、結局採用は見送った。結論は観客に委ねるべき。これは適切な判断だと思う。それでもLAタイムスの記者で当時、バーブラの事件を担当していたジーン・ブレイクは本作を"死刑廃止運動のドラマティックで雄弁なプロパガンダ映画"と評している。

映画『私は死にたくない』、最初は小粋なJazzの音色とバーブラの豪快なキャラにつられるが、何とも後味の悪い余韻を残しまくる。真実は永遠に闇の中。一度見たら忘れられない作品だ。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

2017.12.29 Friday | 20:04 | Jazz映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト


2018.04.23 Monday | 20:04 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1182

トラックバック

▲top