映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ブレードランナー 2049 | TOP | そして誰もいなくなった (1945) >>

ゲット・アウト

ゲット・アウト (2017 アメリカ)

ゲット・アウト(2017)原題   GET OUT
監督   ジョーダン・ピール
脚本   ジョーダン・ピール
撮影   トビー・オリヴァー
音楽   マイケル・エイブルズ
出演   ダニエル・カルーヤ アリソン・ウィリアムズ ブラッドリー・ウィットフォード
     ケイレブ・ランドリー・ジョーン スティーヴン・ルート キャサリン・キーナー
     リルレル・ハウリー ベティ・ガブリエル マーカス・ヘンダーソン
     レイキース・スタンフィールド エリカ・アレクサンダー ジェラルディン・シンガー

 警告↓この予告編はここが怪しいというところが全部網羅されています。オチに近い部分まで...。事前に見ても意味がわからないでしょうが、映画未見の方は観ないほうが無難。


カメラマンである黒人青年クリスは白人の恋人ローズから実家に招待される。ローズが恋人が黒人であることを実家に告げていないと聞かされ、クリスは不安を隠せない。家族は歓迎してくれたが、使用人として働く黒人に違和感を覚える。翌日、既に亡くなったローズの祖父を称えるパーティが開かれるが...。人気コメディアン、ジョーダン・ビールの初監督作。製作費450万ドルにして世界興行収入2.5億ドルを突破するメガヒットとなった話題作。脚本、役者の演技、音楽の使い方も良く、優れた人種差別スリラーに仕上がっている。日本人にはわかりにくい人種差別メタファーも多いが、とりあえず冒頭、拉致される男の顔をよく見ておきましょう。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

 一見するとB級スリラー風味だが、興行大成功かつ映画批評まとめサイトrotten tomatoesにおいて99%の高評価を受けた結果を受けて、映画配給会社は早くもアカデミー賞キャンペーンを開始しているという。台風の目となるか?

参照
Get Out(boxofficemojo)
Get Out(2017) rotten tomatoes

 前評判にたがわず面白い映画でした。ネタバレしてはいけないタイプの作品だけに何も書けないのがつらい。ただ...前述のとおり怪しいところはほぼ全て予告編に含まれています。映画を観たあとで予告編をみるとよいでしょう(笑)。いずれ、日本でもDVD化されてコメンタリーなどで解説があるでしょうが、待ちきれない人は頑張って英語を読んでみましょう(^^;。特にSpoilersから下の部分を。Get Out (I) (2017)Trivia

スポンサーサイト


2017.12.10 Sunday | 17:23 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1167

トラックバック

「ゲット・アウト」
だいたい最初に見た時からあの女は性格が悪いと思っていた。ということを差し引いたとしても、悪趣味な作品である。もちろん「性格が悪い」などという生易しいものではないのだけれど。ごく普通の白人女性と黒人男性のカップルが、郊外にある彼女の実家を訪問する。彼女
(ここなつ映画レビュー 2017/11/21 1:17 PM)

▲top