映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ドリーム | TOP | クローン >>

トータル・リコール (1990)

トータル・リコール (1990 アメリカ)

トータル・リコール(1990)原題   TOTAL RECALL
監督   ポール・ヴァーホーヴェン
原作   フィリップ・K・ディック 『追憶売ります』
脚本   ロナルド・シャセット ダン・オバノン ゲイリー・ゴールドマン
撮影   ヨスト・ヴァカーノ
音楽   ジェリー・ゴールドスミス
出演   アーノルド・シュワルツェネッガー レイチェル・ティコティン
     シャロン・ストーン マイケル・アイアンサイド ロニー・コックス
     マーシャル・ベル メル・ジョンソン・Jr マイケル・チャンピオン
     ロイ・ブロックスミス レイ・ベイカー リシア・ナフ

第63回(1990年)アカデミー賞特別業績賞(視覚効果) 受賞。音響、音響編集効果賞ノミネート



火星移住の夢をもつタグは"旅の記憶を売る"リコール社を訪れ、「秘密諜報員として火星を旅し、ブルネット美女と恋に落ちる」コースを選択するが、記憶の植え付けに失敗。タグが過去、火星に行ったことがある疑惑がわきおこる。やがて、タグは自分が"ハウザーという男が事情により記憶を消された仮の姿"であることを知る。鬱陶しいドラマを描かず、ひたすらテンポよくガンガン進む展開は、SF娯楽映画の良い手本。ポール・ヴァーホーヴェン監督の攻撃的な作風が最良の形で活かされている。セピア色の火星の映像、火星内パブ「最後の楽園」の猥雑さがよい。ラストは"破壊の美"と呼びたくなる美しさ!まあ、こんな夢は見たくないですけどね。
☆☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!




<フィリップ・K・ディック原作映画>
ブレードランナー (1982)
スクリーマーズ (1995)
クローン (2001)
マイノリティ・リポート (2002)
ペイチェック 消された記憶 (2003)
スキャナー・ダークリー (2006)
NEXT -ネクスト- (2007)
アジャストメント (2011)
トータル・リコール (2012)

 「バルジョーでいこう!」(1992)は未見

スポンサーサイト


2018.08.05 Sunday | 00:53 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1152

トラックバック

▲top