映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< スクリーマーズ | TOP | ペイチェック 消された記憶 >>

マイノリティ・リポート

マイノリティ・リポート (2002 アメリカ)

マイノリティ・リポート(2002)原題   MINORITY REPORT
監督   スティーヴン・スピルバーグ
原作   フィリップ・K・ディック 『少数報告』
脚本   ジョン・コーエン スコット・フランク
撮影   ヤヌス・カミンスキー
音楽   ジョン・ウィリアムズ
出演   トム・クルーズ コリン・ファレル サマンサ・モートン
     マックス・フォン・シドー ロイス・スミス ピーター・ストーメア
     ティム・ブレイク・ネルソン スティーヴ・ハリス キャスリン・モリス マイク・バインダー
     ダニエル・ロンドン ドミニク・スコット・ケイ ニール・マクドノー ジェシカ・キャプショー
     パトリック・キルパトリック ジェシカ・ハーパー アシュレイ・クロウ アリー・グロス

第75回(2002年)アカデミー賞音響効果編集賞ノミネート



2054年、政府は予知能力者プリコグによって未来に起こる犯罪を事前に察知し、事件が送る前に犯人を逮捕するというシステムを構築し成果をあげていた。ある日犯罪予防局の責任者アンダーソンは、自分が36時間以内に全く面識のない他人を殺害すると予知されたことを知る。彼はいったん逃亡しつつ、自分への嫌疑を晴らそうと奔走するが...。原作は1956年発表の短編小説。"政府が犯罪を想定して事前逮捕すること”への問題定義は今でも十分通じる。原作では他に「多数報告」「少数報告」に関する興味深い記述があるが、いざ映画となると家族愛や逃亡シーンなど娯楽的味付けがてんこ盛りすぎて、肝心の問題定義が埋もれ気味なのが残念。
☆☆☆★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!




<フィリップ・K・ディック原作映画>
ブレードランナー (1982)
トータル・リコール (1990)
スクリーマーズ (1995)
クローン (2001)
ペイチェック 消された記憶 (2003)
スキャナー・ダークリー (2006)
NEXT -ネクスト- (2007)
アジャストメント (2011)
トータル・リコール (2012)

 「バルジョーでいこう!」(1992)は未見

スポンサーサイト


2018.12.17 Monday | 09:15 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1151

トラックバック

▲top