映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< フェンス | TOP | ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ >>

スーパーサイズ・ミー

スーパーサイズ・ミー (2004 アメリカ)

スーパーサイズ・ミー(2004)原題   SUPER SIZE ME
監督   モーガン・スパーロック
脚本   モーガン・スパーロック
撮影   スコット・アンブロジー
出演   モーガン・スパーロック アレクサンドラ・ジェイミソン
     ダリル・アイザック リサ・ガンジュ スティーブン・シーゲル
     ブリジット・ベネット エリック・ローリー ジョン・バンザフ
     デビッド・サッチャー リサ・ヤング ケリー・ブラウネル      

第77回(2004年)アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞ノミネート


生まれて初めてマクドナルドに言った時のことを今でも何となく覚えている。ハンバーガーに関してはさほど印象に残らなかったが、いっしょに頼んだマックシェイクが...ストロー吸うのにやたら力がいる!子供だったので結構大変。飲むのに時間がかかるため、量が多いような錯覚を感じるのがよかった!?マクドナルドは1971年に初めて日本に進出。当時は物珍しさから"牛肉100%なんて真っ赤なウソで、実際は猫肉100%。マクドナルドの店の傍にあるゴミバケツには猫の皮が大量に捨ててあり、それを三味線製造業者がもらいにくる"という、訳のわからぬ都市伝説を聞いたものでしたが、今やすっかりメジャーになり"アメリカにもマクドナルドがあって驚いた!"などとぬかすアホが大量に発生する始末となりました。そのアメリカのマクドナルドには"量が多いような錯覚"どころがスーパーサイズと言われる大容量の商品があくさんあったんですね。『スーパーサイズ・ミー』はそのマクドナルドを扱ったドキュメンタリー。30日間朝・昼・晩マクドナルドを食べ続けたらどうなるか?というアホとしか言いようがない企画を軸に、アメリカの肥満社会を浮き彫りにします。公開当時、大反響を呼び、全米興行成績で2週間ベスト10に入るなどドキュメンタリーとしては異例の大ヒットとなりました。

昔はよくマクドナルド商品を食べていた。通勤途中に朝マック。夕食もマックですませることが時たまあった。休みの日はマックで"朝昼兼用"していたことも多々。日本のマックは"スーパーサイズ"などないから、健康を害することはなかったですが...。時は流れ、ここ数年は全く口にしていない。ファーストフードを食べなくなったわけではない。あくまでマクドナルドの商品を食べなくなった。(理由は後述)

『スーパーサイズ・ミー』が公開された頃は、文字通りマックのヘヴィー・ユーザー。この映画の評判ははやくから聞いており、日本での劇場公開時初日に観に行った。正直言うと期待外れ。本作を観た映画ファンの人たちは「面白かった」「毒の薄いマイケル・ムーアみたい」と概ね絶賛していたんだけど...。僕の印象はマイケル・ムーアなんてもってのほか(当時の人気TV番組)電波少年みたいで映画を観た気がしない、単なる自己責任で終わる話じゃないのか、というのが正直な感想だった。

やはり"マクドナルドを一日3食、1か月間食べ続けたらどうなるか"というテ―マは多くの人の好奇心を刺激するのか
『スーパーサイズ・ミー』は劇場公開から10年以上たった今でも、レンタルDVDなどで手軽に見ることができる。
ドキュメンタリーは残りにくいんですけどね。普遍的なテーマ?
日本のwikipediaでも呆れるくらい詳しく書いてあります。スーパーサイズ・ミー(wikipedia)

なので、詳細はwikiに譲り、内容は簡単にまとめたあと先に進みます。



監督のモーガン・スパーロックは、若い女性2人が「肥満症になったのはハンバーガーのせい!」という理由でマクドナルドを訴えた報道を目にする。そこで彼は自分を実験台にして1か月間マクドナルドの商品だけを食べ続けたらどうなるか?という“最高で最悪のアイデア”スーパーサイズ・ミー(僕を特大にしよう)を思いつく。

実行にあたってはルールをもうけた。
(1)ファーストフード店内に存在するものしかオーダーしてはならない(水も含む)。
(2)“スーパーサイズ”を勧められたら、断らない。
(3)全てのメニューを必ず1度は食べる。
(4)朝・昼・夜の3食全て残さず食べなくてはならない。

また運動量は平均的なアメリカ人の一日の歩行2500歩までに抑える。

スパーロックは実験にあたって、内科医ダリル・アイザック・胃腸科医リサ・ガンジュ・心臓専門医スティーブン・シーゲル・栄養士ブリジット・ベネットに診察を依頼。実験前は健康そのものであった。

実験の経緯は以下のとおり
------------------------------ 一応ネタバレあり ------------------------------

3日目 胃の調子が悪くなり、陰茎に違和感を覚える
5日目 はじめて"スーパーサイズ"を注文。
理想的な1日のエネルギー摂取量が20〜30代男性2500Kcalのところ、1日平均4986Kcal摂取。(20〜30代男性の理想は2500Kcal)
実験前の体重84.3kg→88.5kgに増加。
7日目 胸に圧迫感をおぼえる。
9日目 気分がめいる。食べてまたすぐ食べたくなる→中毒症状と指摘される。
12日目、体重92kg。当初から7.7kg増加。
18日目、頭痛がする。でも食べたら気分はハッピー。
総コレステロールが大幅に上昇、肝臓に(理由は特定できないが)異常をきたしていると診断される。
21日目、動悸も激しくなった気がした。
尿酸値が上昇・高尿酸血症・痛風を起こす・腎臓結石・肝臓の状態も想像よりもはるかにひどくなっている。このままでは命が危ない、いつ救急車で運ばれるかわからない、医師は「すぐにやめなさい」と忠告する。だが、スパーロックは実験を継続する。

------------------------------ 一応ネタバレ終わり ------------------------------

映画では詳細は述べられていないが、スパーロックはその後、ベジタリアンの恋人アレクサンドラ・ジャサミンの協力で解毒に励み、肝機能修繕に2か月、元の体重に戻すのに1年2か月を費やしたという。アレクサンドラはこの時の解毒食をもとに『The Great American Detox Diet』を出版している。



実験の様子をたどるだけでは映画として成り立たないと思ったのか、アメリカの肥満率の高さについての考察をところどころに交える。

・アメリカの学校の多くは、健康面を考慮して給食を出していない。
・マクドナルドは広告を打ち、ピエロで子供を誘惑し、子供向けの遊び場や誕生パーティなどでかなり早い段階から子供を洗脳していること。
・マクドナルドはネットで成分は公表しているものの、店舗内でそれを確認できる資料を用意していない。
(用意してはいるものの、看板で隠してあるという描写もありましたね)
・サラダなど健康を考慮したメニューを発表するも、そのメニューのカロリーはハンバーガーより高かった。
・食品会社はあくまでも利益追求最優先。

などなど...ああ、誕生パーティ用の部屋を別に設けているマクドナルド、日本でも見たことある。
喫煙ほど社会問題とされないことに不満を述べる人も出てきますが、ちょっと性質の違う問題かもしれません。
まあ、肥満気味の方が満員電車に乗ってきたら迷惑ですけどね。

映画最初のほうに"どこまでが企業責任でどこまでが自己責任か"と問題定義がある。上記の内容は"企業責任"の余地ありの問題であるが、素材を投げ出すだけで終わっている感がある。

・1年で9割の食事をビッグマックで済ませている男の話、一日3〜8個食べるとか(体調不良なし)
・一日8リットル、ソーダ水を呑んでいたオッサンの話(体調不良、入院)
・ファーストフード中毒を克服したおっさんの講演を聞いたあとの少女
「ためになる話だった。でも私には無理ね」

まあ、こーいうのは自己責任ですねえ。

あと、どこまでいくと中毒となるか...
マクドナルドなどのファーストフードに限らず、気が付いたら"惰性"で毎日同じものを食べている人は少なくないと思う。アル中だけが中毒ではない!本作では9日目にして中毒症状とみなされるが、どの程度の量をどれだけの頻度でどれくらい続けたら中毒の危険があるのか、そのあたりをもう少し詳しく分析してほしかった。モーガン・スパーロックは本作のために250時間のフィルムを撮影したらしいが、そういうことの考察はなかったのかな?消費者としては"企業責任か個人責任か”より、中毒性のほうが関心がある。

この映画の結論としては"スーパーサイズをやめよう"
高邁なだけで抽象的な提案よりずっと具体的でよいと思うが、考察結果としては物足りないと言わざるをえない。
この結論なら調査・分析以前の脚本の段階で出てたでしょ!?企業責任と中毒性について素材を投げ出すだけでなく、もう少し追求してくれないと。

『スーパーサイズ・ミー』がサンダンス映画祭で上映された後、マクドナルドは『スーパーサイズ』のオプションを廃止し、より健康的なメニューの提供を開始すると発表。(映画の影響ではないというただし書きつき(^^;)。うぬぼれないでください。そもそも健康を気にする人は最初からマクドナルドなんて行きません

ちなみに本作の日本公開(2004/12/25)から約2年後、日本マクドナルドではメガマックを発売しています。日本マクドナルド、意識低い系ですね。案の定、メガマック中毒になりかけた人が周りにいたので、"死ぬぞ"と忠告しておきました(笑)。自分も2、3回食べましたが、ビッグマックで十分じゃんと思いました。

ところで、筆者がマクドナルド食品を食べなくなった理由は比較的単純である。

・全面禁煙となったこと(そもそも健康を気にする人はマクドナルドなんか...しつこい?)
・100円マック(最近、復活してる?)、ランチメニューの廃止など消費者の利便をないがしろにした施策がめだったこと。

そもそもマックなんて、モス・バーガーのような味や丁寧さがあるわけでもなく、ロッテリアのような独自性があるわけでもなく、安さと店舗数が多いこと以外取柄なくない?

個人的マック離れを決定づけた出来事がある。
ある日の15時ごろ、筆者は小腹がすいたため100円マックと100円コーヒーを求めてマックに立ち寄った。
休日(土曜か日曜)、場所は某新幹線到着駅に隣接するビルの中にある店舗である。

休日だけあって店舗は込んでおり、家族連れも多かった。
筆者は前もってひとり分の空席がいくつかあることを確認したあと、レジで注文した。
ところが接客した店員は「今日は込んでますので」と言い放ち、強制的に持ち帰り扱いにして商品を袋に入れ始めたのだ。
持ち帰りでお願いしますなど一言も言っていないのに...。
新幹線到着駅の近くなんかに家なんてないよ!まして休日だし、どこで食えっていうの?

紙袋を渡され、途方にくれた筆者。奥のひろいスペースを眺めると空席もちらほら。どこが込んでいるの?
頭にきたのでレジ近くの空席に座り、紙袋を大げさに音をたてて引き裂き食って帰りました。
ああ、不味かった!

0円のsmileすら振りまかず、やる気もなさそうな肥満症気味の若い女性店員が自分の判断で行ったとはとても思えない。”ひとり客は強制的に持ち帰りにしろ"という会社の指示に従っただけであろう。そもそもファーストフードを利用するのは一人暮らしとか独身者が主要顧客じゃないの?子供を連れてマクドナルドにくるなんてロクな親じゃ...(以下省略)。いくら収益性が悪いとはいえ、個人客をないがしろにするサービス業は一切利用しないことに決めている。今後も死ぬまでマクドナルド食品を口にすることはないだろう。

さて、この『スーパーサイズ・ミー』を観たあと、マクドナルドなんて食う気も起こらないかというとそうでもないんですね。いやがおうにも何度となく映し出される商品、サブリミナル効果というか逆に食べたくなります。劇場で本作観たあと、マクドナルド行ったような気が...。それ以来、10何年ぶりに本作を再見しましたが...負けないぞ!(笑)。もうね、モーガン・スパーロックがゲロを吐く場面をラストにもってきてほしかった

"Look after the customer and the business will take care of itself" Ray Kroc Mcdonald's founder
-"お客様を大切に。そうすれば商売は自然とうまくいく" レイ・クロック マクドナルド創業者-
映画冒頭に示されるこの台詞、多分笑うところなんでしょう。
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2017.09.24 Sunday | 13:09 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1148

トラックバック

▲top