映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< メッセージ | TOP | ハクソー・リッジ >>

セールスマン

セールスマン (2016 イラン・フランス)

セールスマン(2016)原題   فروشنده
監督   アスガー・ファルハディ
脚本   アスガー・ファルハディ
撮影   ホセイン・ジャファリアン
音楽   サッタル・オラキ
出演   シャハブ・ホセイニ タラネ・アリドゥスティ
     ババク・カリミ ミナ・サダティ

第89回(2016年)アカデミー賞外国語映画賞受賞。第69回(2016年)カンヌ国際映画祭男優賞(シャハブ・ホセイニ)、脚本賞受賞



「セールスマンの死」の上演直前の劇団員夫婦。転居間もない家で妻が何者かに襲われた。妻は心を病み、事件を表沙汰にしたがらない。夫はそんな妻に苛立ちながらも自力で犯人を捜し出そうとする。前半は冗長さが目立ち、「セールスマンの死」の舞台場面も効果をあげているとは言い難い。"前住居人が荷物を残し、鍵のかかったままの部屋がある新居"というシチュエーションは面白いが、ミステリーとしてはかなり弱い。犯人が置いていった金に憤慨し、夫の行動はエスカレート。彼が何を目的として復讐しているのか曖昧になっていく。ラスト、夫が"ある選択"を迫られる場面での濃密な心理描写はさすが。度の過ぎた復讐劇は結局、返り血を浴びる。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2017.09.24 Sunday | 16:25 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1144

トラックバック

▲top