映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ゾディアック | TOP | 殯(もがり)の森 >>

キサラギ

キサラギ(2007 日本)

「キサラギ」公式サイトにリンク監督   佐藤祐市   
原作   古沢良太   
脚色   古沢良太      
撮影   川村明弘                 
音楽   佐藤直紀
主題歌: ライムライト 『キサラギ』                
出演   小栗旬 ユースケ・サンタマリア
      小出恵介 塚地武雅 香川照之

舞台は、ある薄汚い部屋の一室。登場人物は男5人のみ。
この5人の会話だけで展開していくワン・シチュエーションコメディ。脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」の古沢良太。
映画『キサラギ』はストーリーの面白さだけでまさに直球勝負!の作品です。


〜物語〜
マイナーなグラビアアイドルだった如月ミキ
謎の焼身自殺をして1年、掲示板を通して知り合ったファン5人、家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、イチゴ娘(香川照之)のファン5人は一周忌追悼会を開くことになった。秘蔵コレクションの公開など思い出話で大いに盛り上がるはずだったが、オダ・ユージの「彼女は自殺じゃない。殺されたんだ」という言葉が波紋を拡げ、会の雰囲気は一変する...。

困った映画だ。
これ以上書けない...。
当ブログは、"ネタバレ"という概念を知らないのでは?と疑われかねないほどネタバレが多い。
核心部分については(なるべく)事前にお断りを入れるよう心がけてはおりますが...。
ただし、無差別攻撃をかけているわけではありませぬ
映画全体に明確なテーマ性をもっている作品、斬新な映像表現を売りにしている作品などストーリーをたどることは2次的な魅力にすぎないと思われる映画に限定して"過剰なネタバレ"は行っている。
ネタバレを避けようとするあまり、つまらぬ感想や日記まがいの戯言をだらだらと書き連ねるくらいなら映画の内容にきちんと踏み込んだほうが、読んでくれた方に映画のイメージをより具体的に抱いていただけるのでは?という思いもある。

この映画『キサラギ』の命は、1にも2にも緻密に計算された脚本によるストーリー展開。
これ以上映画の内容に踏み込むと、未見の方の楽しみを確実に奪ってしまいます。

あえていえば登場人物の名前、職業、写真、小道具...ストーリー展開に関係しない無意味な設定はほとんどない。物語は大どんでん返しとまではいかずとも、2転3転どころが登場人物の数だけ...、そう5転くらいします。ちょっとでも見逃したらストーリーがわからなくなるかもしれません。
ある日本映画のベテランプロデューサーがこんな内容のことを言っていたのをふと思い出しました。
部分的に見逃しても意味がわかるのがTVドラマ。一瞬でも見逃したらついていけなくなるのが映画
その通りだと思います。この作品はそういう意味では非常に映画的なつくりとなっています。

5人のシルエットが繰り出すタイトルバックもなかなか粋なつくりですし、キャスティングもまさにドンピシャリ。ユースケ・サンタマリア演じる"オダ・ユージ"。「本当はあこがれてるんだろ!」と聞かれ、「違う!」と答える姿、妙に力がはいってましたね(笑)
ただし、それぞれの役に別の俳優がキャスティングされたとしてもそこそこ面白い映画になったでしょう。それくらいよく出来た脚本です。ちょっと引っかかったのは「喪服じゃないと盛り上がれないなんて変だよな」など笑いのツボをわざわざ説明してくれる箇所が2、3ばかりあったこと。そんなことしなくてもお客さんはちゃんと笑ってましたよ。
それにしても「永遠の清純派グラビア・アイドル」なんてこの世に存在したことがあるのでせふか(爆)

この5人が集まるきっかけとなった"掲示板をきっかけとしたオフ会"。
僕も数年前、その類のものに参加したことがあります。
当時は結構盛り上がり、月1回くらいのペースで行われていましたね。
この映画で"オダ・ユージ"さんが本名を名乗ろうとする場面がありますが
(これが何を意図していたかは後半わかります)
混乱するからという理由で、ハンドルネームだけの紹介となりました。
これは実際のオフ会でもそうですね。
自分が参加した会の中には、オフ会マニアみたいな人がいて
「本名を名乗ったこともあるんだけど、訳わからなくなるんでハンドルネームだけで通すことが大半」だと言ってました。10回以上あったことのある人の、本名も職業も知らないというのはかなり奇妙な話ではあります。年齢は大体わかりますけどね。
それでも共通の話題があるというのはやっぱり強い
掲示板等でお話しているので、初対面でも比較的すんなり話ができます。
映画の中のセリフにも出てきたように、実際に本人と会ってみてイメージが大きく違ったということはほとんどありません。まあ、この映画での"イチゴ娘"さんのようにハンドル・ネームと本人のビジュアルのイメージが違いすぎるということはありましたけどね。
そのオフ会には顔を出さなくなって久しいですが、この映画の冒頭の場面でふとなつかしく思い出したりしました。そう、コレクションをひけらかす奴もいますよ。必ずといっていいほど(爆)

このブログでは最近、シビアな題材を扱った映画をよく取り上げています。
眉間のシワが見えてくるかのような記事ばっかり書いてますね(^^;
けれど僕が本当に観たい映画は実のところ「よく出来たコメディ」なんです。
なぜそれを取り上げない?

.....ないんです。
ここ数年、劇場公開された映画の中でソレに該当する作品が。
だから書きようがない。
シビアな題材のよく出来た映画ならいっぱいあるもんでね...。

それに該当するものを思い起こしてみれば『シリアル・ママ』(1994)『ブロードウェイと銃弾』(1994)くらい。もう10年以上なかったのか(^^;
この映画『キサラギ』はまさにソレに該当する快作です。
本当に久しぶりのソレが日本映画から出てくるとは正直言って夢にも思いませんでした。

大爆笑といった感じのものは少ないですが、前述のとおりオフ会の描写はニンマリさせられるし、ウィットの聞いたセリフはまさにお見事としかいいようがありません。
上映時間108分、まったく飽きることなく楽しませてもらいました。
あえて文句を言えばラスト。もうコレで終わりかと思いきや、おまけみたいな思わせぶりの場面が出てくる。
あの手の謎をふっかければリピーターが増えるとでも思っているのでしょうか?
アレいらないよ。10点減点もの。ある解釈の余地も出てこなくもないですが、それじゃ〜この物語全体がドッチラケになる。
多分あのラストに意味など何〜にもないと思います。(笑)
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!


2007.07.09 Monday | 21:06 | 映画 | comments(6) | trackbacks(24) |

スポンサーサイト


2017.11.24 Friday | 21:06 | - | - | - |

コメント

こんばんわ〜♪
コレは面白かったですよね!
ジョニーのソノ角度はファンのワタシでもさっぱり判りません(笑)

なのに、なのに、アレですよ、アレ!
アレ、ない方がいいのになぁーって面白かっただけにチト残念に思いました(^^;





2007/07/09 9:34 PM by
たぶんこべにさんだと思われる名無しさん、こんばんわ(爆)

>ジョニーのソノ角度はファンのワタシでもさっぱり判りません(笑)

わかる人はこの世にいないでしょう(笑)

アレねえ...ホントに困ったもんです。
アレさえなければ諸手をあげて大絶賛できたんですけど。



2007/07/09 9:50 PM by moviepad
こんばんは!
オフ会の話、面白く読みました。
イメージが、大きく違う事は無いんですか。
でも、ビジョアルが違うことはあるんですね(笑)

ジョニーの角度、分かりませんっ!
えらいモテキャラのやっくんでした(笑)

最後のアレは『あれ?』って思いました。
『憑神』の浅田次郎もヤだったなぁ〜。
文字どおり、蛇足ですねぇ...。
2007/07/09 11:07 PM by あん
あんさん、こんばんわ

>イメージが、大きく違う事は無いんですか。
>でも、ビジョアルが違うことはあるんですね(笑)

この映画ほど仰々しいハンドルネームつける人ってあんまりいないんですよ(笑)
ビジュアルが違う人はたま〜にいましたね。
ただ、イチゴ娘さんほど極端な人は記憶にありませんが(爆)

最後はね〜、今からでも遅くない!
再編集してカットしろ!!!(爆)
2007/07/09 11:40 PM by moviepad
こちらにも♪
本当は読ませていただいて退散するつもりだったんですが、すごく嬉しくなって、ついつい書き込みしてしまいたくなり、ついでにTB飛ばしてしまいました♪
moviepadさんもオフ会をよくやられていた時期があったんですね!
私は、PC歴浅くて、1年ちょっとなので、まだ数回しかオフ会したことないんです。
ですが、行く前の30分前は、いっつも、ドタキャンしようかどうしようか本気で悩み、胃が痛くなるほど緊張してしまいます。
そうですか、イメージと違うことって、そんなにないんですか〜。
moviepadさんは、正しい想像力をお持ちなんですね^^素晴らしいです。
2007/07/16 10:41 PM by とらねこ
とらねこさん、再びこんばんわ!

コメントもTBもじゃんじゃん飛ばしてください!当方、最近TBさぼり気味なのでいただけると大喜びします(笑)

オフ会って最初は誰でもそうですね。
その壁を乗り越えるとラクになります。
イメージと違うことはビジュアルはともかく性格的にはそんなにないですね。
ただ、ネット上だとやたらはしゃいでるんだけど実際会うとおとなしい人だったということはありました。

最近は全然行かなくなったので...昨今のオフ会事情はどうなんでしょうね? この映画の描写にはニンマリしてしまいました。喪服を強制されたことなどはもちろんないですけどね(笑)
2007/07/16 11:05 PM by moviepad

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/114

トラックバック

キサラギ
キサラギ  6/16(土)@ユナイテッドシネマ豊洲 監督:佐藤 祐市 脚本、原作:古沢良太 出演:小栗 旬/ユースケ サンタマリア/小出 恵介/塚地 武雅/香川 照之 他 配給:ショウゲート いやー なかなかどうして面白かったですわっ 私的には小栗くん
(シュフのきまぐれシネマ 2007/07/09 9:37 PM)
『キサラギ』
イチゴ娘...HNもヒドイが、怪しい、いかにも怪しい。 怪しいおっさん、アブないおっさん、キモイおっさん、演じるのは、香川照之! いや〜、香川さんは凄いです。 凄すぎて、香川さんの深さをまだ描ききれてないの
(描きたいアレコレ・やや甘口 2007/07/09 11:07 PM)
キサラギ 笑えた笑えた!
 予告編を見てツボにはまってしまったので、B級映画だろうなあと思いながら、絶対に観に行くぞ!と心に誓った作品、キサラギをようやく観てきました。
(よしなしごと 2007/07/10 1:53 AM)
【2007-87】キサラギ
人気ブログランキングの順位は? 自殺したアイドル・如月ミキの一周忌 ファンサイトで知り合った、男、5人 この部屋で事件は起こる・・・
(ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! 2007/07/10 11:59 PM)
キサラギ(07・日)
観るものを、裏切り続ける面白さ。 「遅れてやってきた清純派アイドル」如月ミキの自殺から1年後の2月4日、ネット掲示板に集う5人のメンバーの家元、スネーク、安男、オダ・ユージ、イチゴ娘が追悼会を開いた。初めて顔を合わせた5人は如月ミキの自殺理由に疑問を持
(no movie no life 2007/07/11 1:25 AM)
「キサラギ」映画感想
世の中何が起こるか解らない物ですが、まさか自分がこの映画を見るとは思いませんでし
(Wilderlandwandar 2007/07/11 1:58 AM)
キサラギ
脚本ゼミの仲良しで作る「映画を観る会?5月場所」を決行する。 7月なのに5月場所。 なかなか皆のスケジュールが合わなかったので。 まー、決行できて良かった。(^^) 売れないアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、 ファンサイトで知り合った 家元、オダ
(映画、言いたい放題! 2007/07/12 2:42 AM)
『キサラギ』
□作品オフィシャルサイト 『キサラギ』□監督 佐藤祐市 □原作・脚本 古沢良太□キャスト 小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之■鑑賞日 6月16日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★ (5★満点、☆は0.5) <感想
(京の昼寝〜♪ 2007/07/12 5:21 PM)
『キサラギ』舞台挨拶付きプレミア試写会@九段会館
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο は『キサラギ』を応援しています!!!小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅(ドランクドラゴン)、香川照之出演『キサラギ』のプレミア試写会へ行った。場所は九段会館。この前『クローズド・ノート』の撮影(ココ)で来
(|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο 2007/07/14 3:31 PM)
「キサラギ」:木場四丁目バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}なんともファンタジックな光景ね。 {/kaeru_en4/}こういう景色の中でほほえんでいる少女のイメージなんだよなあ、ミキッペって。 {/hiyo_en2/}ミキッペって、まさか映画「キサラギ」の如月ミキ? {/kaeru_en4/}そう、そう、愛しのミキッペ。 {/hiyo_en2/}
(【映画がはねたら、都バスに乗って】 2007/07/14 7:05 PM)
「キサラギ」 傑作ワン・シチュエーション・コメディ
自殺したアイドル如月ミキの1周忌に、ネットで知り合ったコアなファンが5人が集まっ
(はらやんの映画徒然草 2007/07/14 9:47 PM)
キサラギ−(映画:2007年77本目)−
監督:佐藤祐市 出演:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雄、香川照之 評価:92点 公式サイト ネットでの評価が高いので、それなりに期待して観たが、十分に期待に応えてくれる面白さだった。 非常に濃いキャラ5人を一室に閉じ込めて、少
(デコ親父はいつも減量中 2007/07/15 2:19 PM)
#93.キサラギ
文句なく面白い!最近で一番面白かった邦画は?と聞くと、これ!と自信を持って答える私が居ることでしょう!ワンシチュエーション、舞台劇のようなソリッドな空間の、絶妙なコメディ。こういう邦画を待ってた!!という感じでした。
(レザボアCATs 2007/07/16 10:37 PM)
キサラギ☆★☆★5人の男と売れないアイドル???
  2月4日、売れないアイドル・如月ミキの一周忌ーーー。 ファンサイトで知り合った、5人の男。この部屋で事件は起こる???? 6月29日、京都シネマにて鑑賞。とにかく超人気の映画らしく、連日満員だ立ち見もでるくらい・・・・。小栗旬、小出恵介という若手
(銅版画制作の日々 2007/07/20 5:27 AM)
「キサラギ」
自殺したB級アイドル如月ミキの一周忌追悼オフ会に集まったファン5人。会場となるその部屋のみで展開されるストーリー。5人(…いや4人か?笑)それぞれの正体、ミキとの関係性がどんどん暴かれていくと共にめまぐるしく展開していくストーリー。なんて事ない会話に多
(Tokyo Sea Side 2007/07/25 2:41 PM)
キサラギ 2007-38
「キサラギ」を観てきました〜♪ あるマンションの1室、家元(小栗旬)、安男(塚地武雄)、スネーク(小出恵介)オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、いちご娘(香川照之)たちが集まってくる。男たちは、1年前に謎の自殺をしたB級アイドル如月ミキのファンサ
(観たよ〜ん〜 2007/07/25 8:17 PM)
「キサラギ」ずれているのはどっちなのか、楽しんだものが勝ち!
「キサラギ」★★★★面白いよ! 小栗旬、ユースケサンタマリア、小出恵介主演 佐藤祐市 監督、2007年、108分 3流アイドルが自殺した、 ひとりのファンがその一周忌をネットで呼びかけ 5人のファンが集まった。 面白いと評判の映画をやっと見た。 ひ
(soramove 2007/07/31 7:51 PM)
「キサラギ」
公開中の映画「キサラギ」を観賞。監督は佐藤祐市、原作&脚本は古沢良太、出演は小栗旬、小出恵介、ユースケ・サンタマリア、香川照之、塚地武雅(ドランクドラゴン)ほか。マイナーなグラビアアイドル、如月ミキが自殺を図ってから一年後、彼女のファンサイトに集う5
(やまたくの音吐朗々Diary 2007/08/03 11:17 PM)
キサラギ
製作年度 2007年 監督 佐藤祐市 原作・脚本 古沢良太 音楽 佐藤直紀 出演 小栗旬/ユースケ・サンタマリア/小出恵介/塚地武雅 /香川照之 売れないグラビアアイドル如月ミキが自殺して1年、彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まる。家元(小栗旬
(to Heart 2007/08/20 11:48 PM)
映画「キサラギ」・・・笑いっぱなし!!!
  映画「キサラギ」・・・ めちゃめちゃ、面白かった!!!「知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち―家元、オダユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。そ
(システムエンジニアの晴耕雨読 2007/09/16 1:15 AM)
サスペンス・コメディ☆『キサラギ』☆
全編通して登場してくるのは、ほぼ主要キャストの小栗旬、ユースケ・サンタマリア、塚地武雅、小出恵介、香川照之の5人だけだし、場所もこの5人が集まってるとある一室。 そんな舞台のような設定でも、新事実が次々と飛び出し最後まで観ていて飽きない。
(honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 2007/11/14 9:22 PM)
キサラギ
入り乱れる興奮と満足と失速感。
(Akira's VOICE 2007/12/18 5:44 PM)
キサラギ
レンタルで鑑賞―【story】売れないグラビアアイドルが自ら命を絶って1年、彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まる。家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、いちご娘(香川照之)は、思い
(★YUKAの気ままな有閑日記★ 2008/01/14 1:02 PM)
【映画】キサラギ
■状況 109シネマズ佐野にてレイトショウで観賞 ■動機 シチュエーション映画というのを見てみたかった ■感想 圧巻。参りました。お奨めです。 ■あらすじ C級アイドル・如月ミキの1周忌に、彼女のファンサイトの常連、家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユー
(新!やさぐれ日記 2008/01/17 8:28 PM)

▲top