映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ラビング 愛という名前のふたり | TOP | JFK >>

ムーンライト

ムーンライト (2016 アメリカ)

ムーンライト(2016)原題   MOONLIGHT
監督   バリー・ジェンキンズ
原案   タレル・アルヴィン・マクレイニー
脚本   バリー・ジェンキンズ
撮影   ジェームズ・ラクストン
音楽   ニコラス・ブリテル
出演   トレヴァンテ・ローズ アンドレ・ホランド ジャネール・モネイ
     アシュトン・サンダーズ ジャハール・ジェローム アレックス・ヒバート
     ナオミ・ハリス マハーシャラ・アリ

第89回(2016年)アカデミー賞作品、助演男優(マハーシャラ・アリ)、脚色賞受賞。監督、助演女優(ナオミ・ハリス)、編集、撮影、作曲賞ノミネート



内気な黒人少年シャロン。母親は麻薬中毒で学校ではいじめられてばかり。孤独な日々を送っていたが、心優しき麻薬ディーラー、フアンとその恋人テレサが彼を気にかけ、世話をしてくれる。やがて唯一の友達ケヴィンに友情以上の気持ちを抱き、自分のセクシャリティに悩み始める。黒人映画としては抑制のきいた、アート映画チックな仕上がり。成人したシャロンの変貌ぶりに戸惑うが、うつむきながら不味そうに食事をする姿に昔の面影を漂わせる。フアンはシャロン少年に過去の自分を見たのかもしれない。moonlightは夜の裏の活動という意味もある。夜のしじま、月光は人が本当の心をほのかに照らし出す。静かな余韻がひろがる良質な作品。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!

スポンサーサイト


2017.06.24 Saturday | 08:41 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1138

トラックバック

「ムーンライト」
地味だけど、良作。良作だけど、胸が苦しい。アカデミー賞作品賞受賞の本作、事前知識など何も持たずに観に行った。つまり私が本作について知っている事と言えばアカデミー賞作品賞受賞作品だという事のみであった。ストーリーも展開もテーマも、ここまで何も知らずに観
(ここなつ映画レビュー 2017/04/17 6:38 PM)

▲top