映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 第89回(2016年)アカデミー賞 | TOP | ムーンライト >>

ラビング 愛という名前のふたり

ラビング 愛という名前のふたり (2016 アメリカ)

ラビング 愛という名前のふたり原題   LOVING
監督   ジェフ・ニコルズ
脚本   ジェフ・ニコルズ
撮影   アダム・ストーン
音楽   デヴィッド・ウィンゴ
出演   ジョエル・エドガートン ルース・ネッガ
     マートン・ソーカス ニック・クロール テリー・アブニー
     アラーノ・ミラー ジョン・ベース マイケル・シャノン

第89回(2016年)アカデミー賞主演女優賞(ルース・ネッガ)ノミネート



1958年、バージニア州。大工の白人リチャード・ラビングは黒人の恋人ミルドレッドが妊娠したのを機に結婚する。だが、当時のバージニア州では異人種間結婚は法律で禁止されていた。そのため法的に認められていたワシントンD.C.で結婚したあと、地元に戻る。ある日、保安官が訪れ、2人を逮捕。離婚か生まれ故郷を立ち去るかの選択を迫られ...。実話の映画化。歴史的事象にもかかわらず、これ以上ないほど抑制のきいた演出。時折ぽろりと挿入される音楽が、先の見えない不安感をさりげなく醸し出す。弁護士もどこか胡散臭くみえる。結婚して裁判をおこすまで5年もかかるなど実際の2人の控えめな性格を反映させた誠実な語り口に好感。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!


 本作が参照したドキュメンタリー The Loving Story (2011)


ラビング夫婦についてはThe Loving Story (2011)の解説であるこの記事が詳しい。The Loving Story / 日本未公開 (2011)

スポンサーサイト


2017.08.15 Tuesday | 09:52 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1134

トラックバック

▲top