映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< キング・オブ・キングス (1961) | TOP | 映画に愛をこめて アメリカの夜 >>

奇跡の丘

奇跡の丘 (1964 イタリア・フランス)

奇跡の丘(1964)原題   IL VANGELO SECONDO MATTEO
英語題  THE GOSPEL ACCORDING TO ST.MATTHEW
監督   ピエル・パオロ・パゾリーニ
脚本   ピエル・パオロ・パゾリーニ
撮影   トニーノ・デリ・コリ
音楽   ルイス・バカロフ
出演   エンリケ・イラゾクイ マルゲリータ・カルーゾ スザンナ・パゾリーニ
     マルチェロ・モランテ マリオ・ソクラテ

第39回(1966年)アカデミー賞音楽(編曲)、美術監督・装置(白黒)、衣装デザイン賞(白黒)ノミネート



新約聖書"マタイによる福音書"の映画化。俳優は全て素人を起用し、仰々しさを極力避けた演出。カメラアングルやゴスぺル主体の音楽などで他のキリスト伝映画とは一線を画す” ピエル・パオロ・パゾリーニ監督の映画”に仕上がっている。"イエスが海の上を歩く"場面もさりげなく盛り込む。台詞を怒鳴るように畳みかける、アクは強いがオーラに乏しいイエス像に戸惑う。そのためイエスよりもその弟子たちや母マリアなどイエスを取り囲む人々の表情のほうが印象に残る。ラスト、ゴルゴダの丘や復活場面をあっさり終わらせたことから見てもパゾリーニが本作で描きたかったのはイエスではなく周辺の人々の"物言わぬ思い"だったのかもしれない。
☆☆☆★★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



 マーティン・スコセッシ監督は本作を"キリストについての最良の映画"と語っている。

<新約聖書を題材にした映画>
マリア (2006)
キング・オブ・キングス (1927)
ゴルゴダの丘 (1935)
キング・オブ・キングス (1961)
偉大な生涯の物語 (1965)
ジーザス・クライスト・スーパースター (1973)
ジーザス (1979)
最後の誘惑 (1988)
パッション (2004)

スポンサーサイト


2017.04.26 Wednesday | 00:14 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1123

トラックバック

▲top