映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< ヒッチコック/トリュフォー | TOP | ジーザス・クライスト・スーパースター >>

偉大な生涯の物語

偉大な生涯の物語 (1965 アメリカ)

偉大な生涯の物語(1965)原題   THE GREATEST STORY EVER TOLD
監督   ジョージ・スティーヴンス
原作   フルトン・オースラー
脚本   ジェームズ・リー・バレット ジョージ・スティーヴンス
撮影   ウィリアム・C・メラー ロイヤル・グリッグス
音楽   アルフレッド・ニューマン
出演   マックス・フォン・シドー チャールトン・ヘストン キャロル・ベイカー
     シドニー・ポワチエ ジョン・ウェイン ヴァン・ヘフリン クロード・レインズ
     ドロシー・マクガイア ホセ・ファーラー サル・ミネオ マイケル・トレン
     デヴィッド・マッカラム テリー・サヴァラス アイナ・バリン
     アンジェラ・ランズベリー ジャネット・マーゴリン シェリー・ウィンタース
     マイケル・アンサラ ロバート・ブレイク パット・ブーン ヴィクター・ブオノ

第38回(1965年)アカデミー賞撮影(カラー)、作曲、美術監督・装置(カラー)、衣装デザイン(カラー)、特殊視覚効果賞ノミネート



最初、30分近くまでイエスの顔が出てこない。イエスのおことばをいっぱいまぶそうとしすぎて、演出が全体的に助長気味。エルサレム入城の場面は迫力あるが、悪魔との闘いを洞窟で出会った老人とのやりとりで表現するなど変な脚色が鼻につく。奇跡も出てくるが、病気を治したとかばかりを描き、金がかかりそうな奇跡は言葉による説明だけ。大スター、チャールトン・ヘストンの出番を増やすためか、洗礼者ヨハネの登場時間が必要以上に長い。聖書映画全般に言えることだが、重要な箇所の描写が薄く、どうでもいい描写をダラダラ。おことばの羅列よりも映像で示してほしいのに。十字架を背負って歩く場面ですらさほど辛そうじゃないんだな...。
☆☆☆
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



<新約聖書を題材にした映画>
マリア (2006)
キング・オブ・キングス (1927)
ゴルゴダの丘 (1935)
キング・オブ・キングス (1961)
奇跡の丘 (1964)
ジーザス・クライスト・スーパースター (1973)
ジーザス (1979)
最後の誘惑 (1988)
パッション (2004)

スポンサーサイト


2017.09.24 Sunday | 00:09 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1120

トラックバック

▲top