映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< 十戒 (1956) | TOP | エクソダス:神と王 >>

プリンス・オブ・エジプト

プリンス・オブ・エジプト (1998 アメリカ)

プリンス・オブ・エジプト(1998)原題   THE PRINCE OF EGYPT
監督   ブレンダ・チャップマン スティーヴ・ヒックナー サイモン・ウェルズ
脚本   フィリップ・ラゼブニク
音楽   ハンス・ジマー
声の出演 ヴァル・キルマー ミシェル・ファイファー レイフ・ファインズ
     サンドラ・ブロック ジェフ・ゴールドブラム パトリック・スチュワート
     ダニー・グローヴァー ヘレン・ミレン スティーヴ・マーティン マーティン・ショート

第71回(1998年)アカデミー賞歌曲賞("When you Believe")受賞。音楽賞(オリジナル・ミュージカル/コメディ)ノミネート



旧約聖書の「出エジプト記」をテーマとした物語。モーセが宮中でどのように育ったか旧約聖書に書かれていないことをいいことに?前半、モーセとラメセスがやたら仲の良い"兄弟"となっている描写に違和感。音楽は悪くないが、物語として重要な部分はあっさり流し、どうでもいい描写に時間をたっぷりかけるのは…アニメだから仕方ないのかなあ。壁画や海が割れる場面をはじめ、映像はかなり見応えアリ。ただし、顔形の絵面は総じてダメ。あんなカクカクした顔みて誰が喜ぶの?「出エジプト記」入門として本作を観るにはあまりお勧めしない。どんなに神の声を聴いたところでラスト、ホイットニー&マライアの歌声で世俗にがっつり引き戻されます。
☆☆☆★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



 アカデミー賞歌曲賞を受賞したホイットニー・ヒューストンとマライア・キャリーのデュエット"when you believe"。あまりに露骨なヒット狙いの組み合わせに世間がドン引きしたか、ビルボード最高15位と期待外れの結果に終わった。曲は良いんだけどね...。力強く、安定感のあるホイットニーの歌声と重なると、マライアの技巧的な歌い方が余計目立つ。マライアはラストのハイトーン奇声でかろうじて存在感。



 ドリームワークスは本作のあと、またしても旧約聖書を題材とした『ヨセフ物語〜夢の力〜』を製作。こちらは劇場公開なしのDVDスルー作品として製作。セールスは好調だったらしい。こちらのほうが『プリンス・オブ・エジプト』よりは旧約聖書の描写に忠実なつくり。それにしてもドリームワークスはアニメでは兄弟愛を語っておけばよいと考えているのかな。モーセとヨセフの顔がおんなじなんですけど...。




<旧約聖書を題材とした映画>
天地創造 (1966)
ノア 約束の舟 (2014 アメリカ)
十戒 (1956)
エクソダス:神と王 (2014)
サムソンとデリラ (1949)
砂漠の女王 (1960)
愛欲の十字路 (1951)
ソロモンとシバの女王 (1959)

スポンサーサイト


2018.12.17 Monday | 00:36 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1115

トラックバック

▲top