映画のメモ帳+α

音楽映画、アカデミー賞関連の記事に力を入れています。
ゾンビ、スタートレック、ヒッチコック監督作、ドキュメンタリー映画のカテゴリーもあり。
映画300字レビュー、はじめました。
※TB、コメントともに承認制とさせていただいております

<< サムソンとデリラ(1949) | TOP | 愛欲の十字路 >>

砂漠の女王

砂漠の女王 (1960 アメリカ)

砂漠の女王(1960)原題   THE STORY OF RUTH
監督   ヘンリー・コスター
脚本   ノーマン・コーウィン
撮影   アーサー・E・アーリング
音楽   フランツ・ワックスマン
出演   スチュアート・ホイットマン トム・トライオン エラナ・イーデン
     ペギー・ウッド ヴィヴェカ・リンドフォース ジェフ・モロー
     セイヤー・デヴィッド レス・トレメイン



旧約聖書で最も短い書といわれる「ルツ記」をモチーフとした物語。元ネタが短いせいか前半は完全な創作。聖書に沿っている描写はルツが義母ナオミに付き添い、落穂拾いをしているところを地主のボアズに見初められる箇所くらい?ルツが聖書の一遍に名を連ねることができたのは、異教徒モアブ人だったにもかかわらず、故郷を捨ててまでイスラエルの神に従い、一族の血を守ったため。(ルツの血筋からダビデ王、そしてソロモン王が生まれたことで知られる。)物語の骨格はふまえているので脚色だらけでもさほど気にならない。ルツ役エレナ=イーデンの強い眼差しも印象的。ただし、男2人がルツを取り合うラストは蛇足。邦題は全く持って意味不明。
☆☆☆★★
人気blogランキングこの記事が参考になりましたら左のバナーにクリックお願いします!



 参考 ルツ記(wiki)

 ルツ フランチェスコ・アイエツ(1835年の作品)
ルツ フランチェスコ・アイエツ(1835年の作品)
残念ながらこんな場面は出てきません...。


<旧約聖書を題材とした映画>
天地創造 (1966)
ノア 約束の舟 (2014 アメリカ)
十戒 (1956)
プリンス・オブ・エジプト (1998)
エクソダス:神と王 (2014)
サムソンとデリラ (1949)
愛欲の十字路 (1951)
ソロモンとシバの女王 (1959)

スポンサーサイト


2017.03.27 Monday | 01:05 | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://moviepad.jugem.jp/trackback/1114

トラックバック

▲top